2012年09月14日

K50リアブレーキの不具合解消

今夜の仕事はK50まほろば号で行った。
会場の駐輪場に、またあの電動スクーターがいた。
20120914.JPG
サイクルコンピューターを付けたりして、さりげなく遊んでるぞ、このオーナーさん。
イイなぁ、こういうのも(^-^)。
ほんと物欲を刺激されるわw。

それはさておき、ここのところリアブレーキのカツン!現象に煩わされていたまほろば号だが、今日は全くそれが出なかった。
かなり強くリアブレーキペダルを踏んでも再現しなかったので、直ったと言ってよいだろう。
おまけに、明らかにリアブレーキペダルに伝わってくる剛性感もアップした。
うん、以前より乗り易いくらいだ^^。
やはり、リアブレーキパネルとスイングアームをつなぐトルクリンクの固定ボルトとナットのナメとユルミが原因で、ブレーキパネルやロッド周辺に不要なガタが出ていたらしい。
よく憶えておこう。

さて、こうなると、テストがてらどっか行きたいぞw。

2012年09月08日

K50 リアブレーキトルクリンク固定ボルト・ナットの交換@13309km

夕方、仕事から早めに帰宅できたので、K50まほろば号いじりをした。

最近まほろば号に出てきたリアブレーキの「カツン!」現象だが、ネットを見回ると、K50系バイクではちょくちょくみられる不具合らしい。
たとえばコチラでも嘆かれておられる。
うん、同じ悩みを持つ人の存在を知ると、ちょっと気が楽になるから不思議だw。
たぶん、シューの残量が多い間は、ブレーキロッドとトルクリンクとのクリアランスは充分にあるのだろう。
だが、ある程度減ってくると、色々微妙な位置関係になってくる感じだ。
そしてまほろば号の場合、トルクリンクとブレーキパネルとの接続部のボルト・ナットがなめているので、走行中のブレーキング時に不要なズレや遊びが生じるのかもしれない。
ともかく、それらを新品交換して、カッチリ固定しよう。

積算走行距離13309km。
BrakeRearMainte@13309km20120908-172630.JPG

取り寄せたのは、赤印を付けたパーツ。
BrakeRearMainte@13309km20120908-171652.JPGBrakeRearMainte@13309km20120908-171726.JPGBrakeRearMainte@13309km20120908-171833.JPG
BrakeRearMainte@13309km20120908-171758.JPGBrakeRearMainte@13309km20120908-172025.JPGBrakeRearMainte@13309km20120908-171939.JPG

外す。
BrakeRearMainte@13309km20120908-172717.JPGBrakeRearMainte@13309km20120908-173618.JPG

そして、新品と交換。
BrakeRearMainte@13309km20120908-175007.JPGBrakeRearMainte@13309km20120908-174944.JPG

簡単な作業だったが、やっぱりなめてないボルトとナットはシッカリ締まるわw。
明らかに固定部の強度が増した。
もう、カツッ!って言わないでくれ。
頼む(-人-)。

ま、これでダメなら、ブレーキシュー交換。
フルブレーキでも、指示刻線はまだ残量インジケーター内にとどまっているけれど、なんせ1万3千km以上使い続けられてきたシュー。
BrakeRearMainte@13309km20120908-175628.JPG
もう十分使ったろう。
もったいないお化けも出るまい。

2012年09月07日

やっぱり変だわ リアブレーキ

今夜の西東京仕事へは、まほろば号で行った。
今日の駐輪場には、ホンダの赤いスクーターがいたぞ。
20120907.JPG
50ccのスクーターもいいなぁ…。
2ストのヤツが欲しいなぁ…。
国産ならヤマハのアレだなぁ…。
TLの整備が一段落したら、また考えよう。

まほろば号は、基本的には快調。
コイツにはハイオクを入れた方が、エンジンの回り方が滑らかで静かだわ。
ただ、リアブレーキは、やっぱりちょっと変。
強めに踏むと、時々カツっと引っかかるようなイヤな感触がする。
ブレーキパネルとトルクロッドとをつなぐボルトとナットは取り寄せ済みだから、近日中に交換しよう。
それで直らなければ、シューが減って使用限界を越えているのかもしれないから、交換だ。
ま、作業は早くて来週だな。
それまでは、まほろば号での遠乗りは禁止だ。

2012年08月26日

まほろば号K50のリアブレーキ点検

昨日の林道走りの途中で、まほろば号のリアブレーキに変な感触があらわれた。
ブレーキペダルを強く踏み込むと、カキっと何かが引っかかる。
ロックするほどでもないのだが、唐突に起きるので、なかなかおっかない;;;。

ほい、点検しましょ^^。

積算走行距離13282km。
BrakeRearAdjust@13282km20120826-123036.JPG

リアブレーキのアーム付近の現状は、こんな感じ。
BrakeRearAdjust@13282km20120826-114632.JPG
リアタイヤ交換時に確認したようにシューはそこそこ減ってはいるけれど、まだ使える残量はあるので、ブレーキペダルを目いっぱい踏み込んでも、ブレーキカムの刻線は残量目盛りの中に納まっている。
BrakeRearAdjust@13282km20120826-114705.JPG
だが、色々チェックしてみると、どうもトルクリンクとブレーキロッドが接触するようだ。
BrakeRearAdjust@13282km20120826-114727.JPGBrakeRearAdjust@13282km20120826-114732.JPG

そこで、いったんブレーキロッドやらアームやらをすべて外して、総点検。
その結果、2点の原因らしきもの判明。
まず、ロッドが車体内側方向に少し曲がっていた。
石にでもヒットしたのだろうか。
これは、手で矯正。
それから、トルクリンクのブレーキパネル側の固定ボルトが、緩んでいた。
ナットを締め直してみると、どうもボルトがなめているらしい。
ともかく、応急処置的に軽く適当に締め付けておく。
割ピンもあるから脱落する事は無いだろうけど、早急に新しいボルトとナットを取り寄せておこう;;;。

そんなわけで、とりあえず接触解消。
BrakeRearAdjust@13282km20120826-124535.JPG
ついでに、ブレーキアームにブレーキカムの刻線位置をマークするために、ポンチと金づちで刻点を打っておいた。
BrakeRearAdjust@13282km20120826-123353.JPG
よし、百均のポンチ、役に立ったぞ^^。

これで直ればいいんだけどな。

2012年07月21日

K50まほろば号のリアタイヤ交換@13049km

ひところの猛暑が嘘のように、昨日今日と涼しい日が続いている。
朝方などは肌寒いくらいだった。
今日は土曜オフ日なのだが、残念ながら朝から雨が降ったり止んだり…。
こりゃバイクいじりはダメかな、と思っていたのだが、14時過ぎて、何となく空が明るくなった。
TireRearKoukan@13049km20120721-150444.JPG
お、これなら、もう降らないかな…。
え〜い、やっちゃおう!
こんなに涼しい日は、夏の間にそうあるもんじゃないから。

先日、猛暑のあまりフロントタイヤ交換だけで終わったK50まほろば号
TireRearKoukan@13049km20120721-150349.JPG
今日は、その後ろ足の交換だ。

積算走行距離13049km。
TireRearKoukan@13049km20120721-150408.JPG

15時、作業開始。

カブに似ていてちょっと違うK50のリア周り。
TireRearKoukan@13049km20120721-155401.JPG
ちょっと戸惑って、後輪外しに1時間弱かかった。

外してしまえば、あとは普通のタイヤ交換。
TireRearKoukan@13049km20120721-155414.JPG

先にブレーキの清掃整備。
ふむふむ、それほどひどくは汚れてないな。
TireRearKoukan@13049km20120721-155601.JPGTireRearKoukan@13049km20120721-155631.JPGTireRearKoukan@13049km20120721-155621.JPG
バラして、パーツクリーナー等で清掃。
ブレーキシューはそこそこ減っていたけれど、次回のタイヤ交換までは持つと判断し、継続使用する。
TireRearKoukan@13049km20120721-172819.JPGTireRearKoukan@13049km20120721-172830.JPG
リアのブレーキアームは、フロントのそれと異なり、ブレーキカムシャフトに対して少し傾けられて取り付けられていたので、今回もそのままの角度で付けた。
TireRearKoukan@13049km20120721-171835.JPG
ほい、ブレーキクリーニング、終了。
TireRearKoukan@13049km20120721-174219.JPG

今回はこのあとドリヴンスプロケットの交換もしたのだが、それは別立て記事として書くとして、次はタイヤ交換作業。
2009年8月1日7990km時から、5000kmちょい走ったD107は、こんな様子。
TireRearKoukan@13049km20120721-155723.JPG
ま、使い切ったと言ってよかろう。
新しいブリヂストン/RSS 2.25-17と交換…。
リムバンドとチューブも新品に…。
ホイールリム内側の錆は軽いのが数か所あったので、例によって5-56とブラシで落として、パーツクリーナーで脱脂して、ジンクスプレー処理した。
TireRearKoukan@13049km20120721-174606.JPG
このタイヤ、フロントよりビードが硬くて、なかなか上手くいかない…;;;。
このあたりブリヂストンらしいな、よしよし^^。
暗くなってきたので、写真なんて撮らずに作業を急ぐ;;;。
ふう〜、でけたぁ〜(´ο`)。
TireRearKoukan@13049km20120721-183054.JPG

19時前、すっかり暗くなった中、懐中電灯を頼りに車体への取り付け作業。
ミスっちゃいけないので慎重にやるから、モタモタオッサンの作業スピードがよけい遅くなるw。

苦手のチェーン引きは、左右とも前から2目盛り位置でわりとすんなり通過v(^-^)。
TireRearKoukan@13049km20120721-191755.JPGTireRearKoukan@13049km20120721-191842.JPG
スプロケを替えたから、本当はチェーンも交換した方が良いのだけれど、思いの外状態が良いので、とりあえずこのまま使う。
SprocketRear35Tto36T@13049km20120721-191733.JPG
長さも問題無かった。
ま、新品は持っているので、近いうちにまた替えるかも。

あとは、各部のボルトやら割ピンやら、出来るだけ丁寧に作業して、最後にチェーンカバー取り付け。
あっ(°o°)!
チェーンカバーの上側は、リアショックの下側を外さないと付けられないや…;;;。
う〜ん、K50のチェーンカバーは、カブのそれ以上に上下の嵌め合いが難しいわ…;;;。
よしゃ、できた。
TireRearKoukan@13049km20120721-200922.JPG
華奢だけど、密閉性も高そうだな。

20時過ぎ、作業完了。
TireRearKoukan@13049km20120721-201134.JPGTireRearKoukan@13049km20120721-201205.JPG
よし、2年越しの懸案、とりあえず解決だ。
真っ暗で、やぶ蚊がすごい;;;。
試走は、また後日。

2012年07月16日

K50まほろば号のフロントタイヤ交換@13049km

朝からアヂ〜;;;;;。
午前中ですでに30℃オーバーらしい。
TireFrontKoukan@13049km20120716-104607.JPG
こりゃ、猛暑日だ;;;;;。
だが、雨じゃない事をありがたく思おう。
まめに水分っ摂りながら、気合いで少しでもやろう、バイクいじり^^。

K50のカバーをはがす。
TireFrontKoukan@13049km20120716-104143.JPG
タイヤ交換をするぞ!
前後いっぺんは無理なら、ともかくフロントだけでも。

積算走行距離13049km。
TireFrontKoukan@13049km20120716-104628.JPG

スピードメーターとブレーキのケーブルを外して、アクスルシャフトを抜き、フロントホイールを外す。
TireFrontKoukan@13049km20120716-110532.JPG

2009年8月3日7990km時に装着したDUNLOP/D107Fは、3年弱5059m走って、こんな感じ。
TireFrontKoukan@13049km20120716-111116.JPG
まだ使えるけど、ま、よかろう、おつかれさん^^。

空気を抜いてから、ホイールとタイヤを分離。
TireFrontKoukan@13049km20120716-111034.JPG
おぉ、暑さで柔らかいから、腕だけで外せたわぃ。
夏のタイヤ交換は、やっぱりラクだ。
ふむ、チューブの痛みは少なめだから、予備として取っておく事としよう。

ホイールの内側は、前回交換作業同様3か所くらいに軽い錆びがあったので、CRC5-56とスチールブラシで赤錆を擦り落とした後、パーツクリーナーで患部を脱脂して、亜鉛の防錆スプレーを吹き付けておいた。
TireFrontKoukan@13049km20120716-111144.JPGTireFrontKoukan@13049km20120716-113025.JPGTireFrontKoukan@13049km20120716-114003.JPG
このスプレー、カブのタイヤ交換でも使ったけど、どのくらい防錆効果あるんだろうね。
まだ結果は分からないけど、ま、何もしないよりはマシだと思って、今回も使おう。

ジンクコートが乾くまでの間、ブレーキ関係の清掃。

まずは、ハブ内側。
TireFrontKoukan@13049km20120716-114622.JPG
パーツクリーナーとボロ布だけで、こんなにキレイになりました^^。

そして、ブレーキパネル。
TireFrontKoukan@13049km20120716-114732.JPG
全体的にそんなにひどい汚れ方はしていないけど、やっぱりカムあたりにはブレーキダストが溜まるわな。
TireFrontKoukan@13049km20120716-114754.JPG
ほい、分解掃除…。
TireFrontKoukan@13049km20120716-122043.JPG
ブレーキシューは、社外品の新品も買ってあるけれど、まだ残りがたっぷりあるから、今回はまだこのまま使おう。
TireFrontKoukan@13049km20120716-122105.JPG
ブレーキ用モリブデングリースを要所要所に使い、再組み立て。
TireFrontKoukan@13049km20120716-123842.JPG
念のため、最後にもう一度、シュー表面をパーツクリーナーでよく脱脂しておく。

ジンクコートの乾いたホイールに、新しいリムバンドをはめる。
TireFrontKoukan@13049km20120716-124220.JPG
あとは、新しいブリヂストンのチューブとタイヤをホイールに組んで、車体に取り付けて…。
もう、暑すぎて、写真なんか撮ってられるかぃっ!(;゚;Д;゚;;)

ほい、出来た;;;。
TireFrontKoukan@13049km20120716-133122.JPG
ふうん。
同じ2.25-17なのに、なんか少しタイヤが太く見える。
今までのD107Fよりも、このFS 2.25-17の方が、断面形状が丸い感じがするから、そのせいかな。

…おや?
ブレーキケーブルを調整すると、なんかずいぶん余りが増えたような…。
TireFrontKoukan@13049km20120716-133153.JPG
暑さのせいかな?
あ〜、違うわ。
ブレーキカムとアームの取り付け角度がズレてらぁ;。
早速手直し…。
あぁ、暑い暑い暑い(´Д`;)。
ほい。
TireFrontKoukan@13049km20120716-160900.JPG
サービスマニュアルによると、フロントブレーキでは、アームの取り付け穴の切れ欠け部分と、カムシャフトの刻線とが、こんな風に一致してなきゃダメなんだそうな。

但し、リアブレーキについては、そのあたりがマニュアルに明記されていない。
実際、K50のリアブレーキで、このようにアームの切欠きとカムの刻線を一致させてセッティングすると、ブレーキアームが不自然に前の方へ出てしまう。
リアに関しては、要するに「良きに計らえ」なんだろうね。

ま、そんなわけで、まほろば号のフロントタイヤ交換完了。
そして、シャワー浴びて、エアコン効かせて、ふぅ〜(-。-)。
リアタイヤ?
そんなの今日はもう無理です。
煮えた。

2012年03月03日

真秀驢馬号用石橋輪胎待機中

今日は1日ずっと確定申告書類の作成に掛かりきりだった。

でも、それじゃあんまりさびしいんで、休憩時間にほんのちょっとだけバイクいじり。
と言うか、部屋の隅で一昨年からK50に装着されるのを待ち続けているブリヂストンタイヤたちを、ボロ布で拭いてやった。
TyreBridgestoneReady20120303-134945.JPGTyreBridgestoneReady20120303-135239.JPG
タイ製だけど、なんか品質の良さを感じるなぁ。
内側まで、美しい。
TyreBridgestoneReady20120303-135509.JPG
ほんと、
装着するのが楽しみだ。

あ、そうそう。
チューブも、ブリヂストンのを買いました。
TyreBridgestoneReady20120303-135612.JPG
だって、これまたモノタロウでは1本565円なんだよ。
どんだけデフレ加速に加担するのだ、モノタロウ。
でも、好きよ、うふ^^。

2012年03月02日

真秀驢馬号用制動装置関連部品準備中

昨日、スズキワールド店へ行って、頼んであったK50用のパーツを受け取ってきた。

58100-07711 フロントブレーキケーブルアッシー L:1215
⇒58100-07502
FrontBrakeParts20120302-150738.JPG

09287-07001 ダストシール
FrontBrakeParts20120302-150811.JPG

09443-07044 スプリング L:37.8 (4個)
FrontBrakeParts20120302-150901.JPG

以上、合計1953円。
FrontBrakeParts20120302-153627.JPG
1個1個の値段の分かる明細書は、注文時にも受け取り時にも、何故かもらえなかった。
ま、このあたりがスズキなのかなw。

+++++

夜の西東京仕事から帰宅すると、更にブレーキシューも届いていた。

NTBのBS310
FrontBrakeParts20120302-221551.JPG
コチラはモノタロウで通販購入。
なんとまぁ、2セットで1701円だよ。
1セット1400円で売ってる所だってあるのに、何だか知らんが激安。
あ、スプリング、付いてら;;;。
FrontBrakeParts20120302-221705.JPG
製造は、R.O.C.=the Republic of China=中華民国=台湾。
FrontBrakeParts20120302-221929.JPG
ノンアスベストながら「効きと鳴きの特性を両立させた新素材です。常用範囲内での効きが安定しており、又、鳴きや異音の発生が極めて少なく、快適なブレーキングが実現できます。」だそうな。
FrontBrakeParts20120302-222045.JPG
期待しよう。

2012年02月28日

K50用ブレーキワイヤー到着

スズキワールド店から携帯留守電あり。

ブレーキワイヤー等入荷。

2010年12月08日

K50用“FS”&“RSS”到着

5日に発注したK50用のタイヤとリムバンドは、中1日置いて、昨日7日午前中に届いた。
Touchaku2010_1208_202154.jpg
すごいねぇ、便利だねぇ、ネット通販の進化バンザイ\(^O^)/。

そして今日、仕事から帰宅して納品チェック。
Touchaku2010_1208_202259.jpg
ぐるぐる巻きにされたサランラップをめくっていくと、ゴムが薫り立ってくる。
お、なんか新鮮なニオイだぞ^^。

まずは、フロントの“FS 2.25-17”を見てみよう。
Touchaku2010_1208_202837.jpg
“FSA”というモデル名になっているのが興味深い。

トレッド面は、いわゆる‘タテ溝’のもの。
Touchaku2010_1208_202556.jpg
センターサイドの細かい線が面白い。
取り付け回転方向の指定は無いみたいだけど、斜めに付いてるこの細かい線の事を考慮して付けてみようかな。
あ、今気づいたけど、出品サイトに載っていた写真と違うわ。
225 17 FS.jpg
タテ5本スジは“FS10”だよ、出品者さん^^。

“BRIDGESTONE”の刻印が、クッキリと誇らしげ^^。
Touchaku2010_1208_202641.jpg
おっ、生産国は“THAILAND”だな。
Touchaku2010_1208_202814.jpg
今年の何時だったか、どこぞのホームセンターでこのタイヤを見た時には、“INDONESIA”と記されていたんで、コレもそうかと思っていたけれど、なんか嬉しい誤算だぞ。
個人的にはもはや何の不安も感じません、信頼のタイタイヤ(^-^)。

そして、製造年週。
Touchaku2010_1208_202953.jpg
2010年の第32週。
おぉ、今年の8月頃じゃん。
こりゃ、新鮮新鮮v(^-^)。

続いて、リアの“RSS 2.25-17”。
Touchaku2010_1208_212231.jpg
こちらは、“RSS”のままだな。

トレッド面のデザインは、DUNLOPとはまた違うBRIDGESTONEならではのもの。
Touchaku2010_1208_203135.jpg
現物をジックリ見ると、それなりにトラッド&スポーティーでけっこうカッコイイ。
Touchaku2010_1208_203714.jpg
そして、思いの外ヒゲがすごくて逞しいw。

このリア用タイヤには、最大荷重の表記がある。
Touchaku2010_1208_212321.jpg
空気圧225kPaで最大荷重115kg。
ふむふむ、このタイヤを使った一輪車に私が乗る時は、バーストに気を付けねばw。

コチラの生産年週も、新しい。
Touchaku2010_1208_203309.jpg
2010年の第36週。
この秋製じゃん。
このサイズのタイヤってショップやホームセンターでも売ってるけど、平気で古いの置いてる事多いんだよね。
3年前に製造された物なんて、ざら。
だから、正直言って今回、値段が安めなので、長期在庫品が来るもんだと覚悟してたんだ。
なんともラッキーだったわぃ^^。

リムバンドも、無銘だけど、仕上げのちゃんとした物。
Touchaku2010_1208_203439.jpg
リムバンドなんて大したもんじゃないし、原付のホイールくらいならビニールテープでも代用できるのも知ってるけど、でもほれ、下着に気を使うのってがほんとのオシャレってもんよ。
ま、オッサンは、パンツなんて多少臭おうが茶色くなろうが平気で数年使うけどねw。

そんなわけで、この年末年始休みのK50整備の準備は整ったぞ。
なるべく冷え込まないでくれ、頼む(-人-)。

2010年12月05日

K50用のタイヤとリムバンド発注

この冬の間に行ないたいK50まほろば号のメンテ作業が、2つある。
ひとつはK50まほろば号のフロントサスペンションのオーバーホール。
そして、リアスプロケットの1T増しだ。

サスのOHなんてやった事無いけど、なるべくスムーズに作業できるといいなぁ…。
実際に出来るのは、年末年始だろうなぁ…。
出来る限りの準備はしとかなきゃ…。

そんな事を考えていて、ふと思った。
「そうだ、ついでに前後のタイヤも新調しよう」と。

現在K50まほろば号が履いているのは、“Dunlop/D107F & D107”で、サイズはともに純正の2.25-17。
D107F.jpgD107.jpg
昨年の8月初めに交換してから、現時点まで約4000km走った。
このタイヤ、5年くらい前にカブで使った時には7000km近く使ってもスリップサインは出なかったが、今のK50では減り方が早いようだ。
現在、フロント3分山、リア2分山。
この原因は、カブ70のリアは2.50-17、K50のは2.25-17というサイズの違いもあるだろうが、それとともに当時と今との走り方の差が大きいように思える。
5年前かぁ…、オッサン、おっかなくて50km/h以上なんてほとんど出さなかったものなぁw。
この秋の紅葉遠足では、やや減り気味のまほろば号のリアは舗装林道でのブレーキングで、たびたび滑った。
転倒するほど怖さはなかったけれど、いつだか秩父の林道を走っている時など、突然の対向車の出現に強めにリアブレーキを踏んだら、リアが滑って車体全体が真横を向いたりもした。
もう交換しても、そんなにもったいなくもなかろう。

そこで、冬の宿題にかかる前に、次のタイヤを発注しようと思った。
何にしよう…?
Michelin、Pirelli、VietnamYokohama、Duro…
ほんと色々迷った…。

でも、今回はコレにした。
“Bridgestone/FS & RSS”。
fs.jpgrss.jpg
サイズは、今まで同様、純正サイズの2.25-17。
225 17 FS.jpg225 17 RSS.jpg
敢えて、これまでの“D107”と同じカテゴリーの実用タイヤをチョイスした。

わが国を代表するタイヤメーカーのD社とB社。
その差を、言わばボトムエンドの製品で感じてみたいと思うのだ。
それに、現在CG125赤タフどんで使っているブリヂストンタイヤが、事前の予想に反して大変具合が良い事に驚かされたのもある。
日本メーカーの物で良いなら、何も偏狭なフランスや女たらしのイタリアの製品を使う事もなかろう。
日本人なら、深々とお辞儀をしつつ、茶碗を手に持って米を食らい、生の魚の小さな切り身に黒い醸造液を付けて味わおう。
…んな事言っても、たぶん東南アジア製のタイヤが送られてくるんだろうけどさw。

チューブは、今のIRCを継続使用してみよう。
外してみてよっぽど痛んでいるか、交換作業でボコボコに穴でも開けない限り。

FS;1680円 + RSS;1680円 + リムバンド2本;360円 + 送料;740円 + 送金手数料;198円 = 総計4658円。
このくらいの値段なら、ま、よかろう^^。

2010年10月22日

K50 ブレーキペダル交換@11623km

仕事から早く帰れたので、急いでK50まほろば号の曲がったブレーキペダルの交換作業をした。

積算走行距離11623km。
BrakePedal11623km2010_1022_150117.jpg

「サービスマニュアル」の記述に従って進めよう。
BrakePedal11623km2010_1022_150157.jpg

まず、「マフラーを取り外す」。
エキゾーストパイプ部は、クラウンナットをフックレンチで回し外せば、外れる。
BrakePedal11623km2010_1022_150344.jpg
マフラー部は、スイングアームピボットシャフトに共締めされた14mmナットと、下部の12mmナットと回し取れば、外れる。
BrakePedal11623km2010_1022_151033.jpg

マフラーが無いと、また新鮮な眺めだな^^。
BrakePedal11623km2010_1022_151137.jpg

次は、「ブレーキロッドのアジャスト・ナットを外す」。
BrakePedal11623km2010_1022_151220.jpg

それから、「ブレーキスイッチ・スプリングを外す」と「割ピンを外す」。
BrakePedal11623km2010_1022_152234.jpg

そして、「ワッシャー、ブレーキペダル、スプリングを取り外す」。
BrakePedal11623km2010_1022_152936.jpg
このスプリング外しが、思いの外手間取った。

外したペダルには、リアブレーキロッドが割りピンとワッシャーでくっ付いているので、プライヤー等で慎重に分離する。

さて、曲がったペダル(右)と新たに付ける中古ペダルとを比較してみよう。
BrakePedal11623km2010_1022_153522.jpg
パッと見たところ、そんなに大きく歪んではいないのだけれど、この程度の曲がりでもペダルの踏む位置がセンチ単位で変わってしまう。
BrakePedal11623km2010_1022_153552.jpg
微妙なもんだよね。

ひと通りパーツが外れた所で、普段お手入れできない部分を観察したり塗ったり磨いたり。
BrakePedal11623km2010_1022_154701.jpg
ブレーキペダルの根元やセンタースタンドのピボット部分の汚れを取って、スプレーのモリブデングリースを吹き付け。
それから、スイングアームシャフトも抜いて、5-56とスチールウールで磨いてから、こちらは手塗りのモリブデングリースをたっぷりと塗布して、挿し直した。

外したマフラーも、裏側までひと磨き。
BrakePedal11623km2010_1022_164106.jpg
それにしても、全然ベタベタしないのは大したもんだわ、カストロールのTTSレーシングっつうオイルは。

その後は、各摺動部にしっかりグリースアップしつつ、逆の手順で組み付け。
その際、やはりスプリング類の組みつけに少々てこずった。
ペダルスプリングとブレーキスイッチスプリング。
ま、今回の作業で、なんとなくコツは分かったので、今度曲げた時はもう少し楽に直せそうだw。

そんなこんなで、無事終了。

さて、明日は、まほろば号にひとつ‘余計な事’をしてみる予定。
うまくいったらちょいと‘シャレ’の効いたK50になるぞ、へへ。

2010年10月21日

雨なのでブレーキペダルを磨こう

今日は、オフ日。
だが、雨。
何だか知らんが、この秋は雨が多すぎないかぁ?
どうにかしてよ、お天道様(--,)。

仕方ないので、室内でシコシコ作業だ。

昨日届いたK50用の中古ブレーキペダルを磨いてやろう。
BrakePedal-2010_1021_135458.jpg
CRC5-56を吹きかけて、スチールブラシやら真鍮ブラシやらスコッチブライトやらスチールウールやらで、シコシコシコシコ…。

ま、こんなとこかな。
BrakePedal-2010_1021_143613.jpg

路面側の傷と錆も、ある程度キレイになった。
BrakePedal-2010_1021_143723.jpg

曲がりは無し。
BrakePedal-2010_1021_143905.jpg

各部のこすれ方を見る限り、そんなに使い込まれたペダルじゃないみたいだね。
BrakePedal-2010_1021_143739.jpg
BrakePedal-2010_1021_143750.jpg

さ、なるべく早く付け替えよっと。

2010年10月20日

K50 中古ブレーキペダル到着

仕事から帰宅すると、宅急便の荷が届いていた。
Pedal2010_1020_013820.jpg
中味は、間違いなくブレーキペダルだろうw。

日曜日に御岳山林道でペダル曲げちゃって、月曜にヤフオクで1260円で落札したものが、今日水曜日に到着。
発注から入手まで、わずか3日間。
相手は解体部品の業者さんだけに、さすがの素早さだ。
ただ、送料やら振込手数料やらで、1060円もかかっちゃったけどね;;;。

では、開封チェック。

うん、まあまあキレイですな。
Pedal2010_1020_020010.jpg
Pedal2010_1020_020022.jpg
メッキのくすみも、スチールウールと5-56でさっと磨けば落ちる程度。
Pedal2010_1020_020110.jpg
ペダルの最下部には、擦り傷と錆がある。
Pedal2010_1020_020033.jpg
でも、これって仕方ないんだよね…。
K50やコレダって、カブあたりより、許されたバンク角がずうっと浅い。
右にターンしながらリアブレーキ踏むと、そんなに倒していなくても簡単に路面に擦っちゃうんだよ。

ともあれ、うん、特に問題は無かろう^^。
時間を見つけて、交換してやらなきゃ。

2009年08月03日

K50 フロントタイヤ交換とブレーキ点検整備@7990km

今日は久しぶりに夏らしい晴天だった。
汗もたくさんかいたけれど、気持ち良く仕事できた。
そして、道も空いていたのでクルマでの帰宅も早かった。
17時、まだ充分に明るい。
よし、頑張って動いて、このラッキーな1日をまほろば号のフロントタイヤ交換で締めくくろう^^。

積算走行距離7990km。
TireFrontKoukn7990km2009_0803_170953.jpg
いろいろ整備した一昨日からまだ一度も試走すらしていないから、結果的には‘前後タイヤ同時交換’になったな^^。

フロントブレーキケーブルとスピードメーターケーブルを外し、割りピンを外し、アクスルシャフトを抜いて、フロントホイールを外す。
TireFrontKoukn7990km2009_0803_172605.jpg
前が軽くなるからセンタースタンド掛けでもフロントが宙に浮くだろうと思っていたら、意外にも相撲の仕切りみたいにフロントフォークが接地する。
で、久しぶりにバイクスタンドを引っぱり出してきて、フロントの下に置いた。
ハイ、しばらくこれで待っててね^^。

フロントのINOUEタイヤは、1992年第27週製だった。
TireFrontKoukn7990km2009_0803_172325.jpg
ふむふむ、フロントの方が約3週遅いのだな。
ともかくこれで、このK50Mは1992年の夏以降に製造された物だと分かったぞ。

さて、先日のリアタイヤ同様、フロントのタイヤも空気を抜いてから腕でホイールとタイヤをこじったらいとも簡単に外れた。
TireFrontKoukn7990km2009_0803_172929.jpg
リム内側の錆も、リア同様まったく大した事なし。
リムを5-56と真鍮ブラシで、ハブ内のブレーキハウジングをパーツクリーナーとウェスで磨き、ハイ、タイヤ組み付け準備完了。
TireFrontKoukn7990km2009_0803_173702.jpgTireFrontKoukn7990km2009_0803_174600.jpg
そして、リムバンドとタイヤとチューブを組み付ける…。
あ〜、すぐ出来た^^。
TireFrontKoukn7990km2009_0803_180410.jpg
やっぱり簡単だぁ、D107F^^。

おっと、日が陰ってきたぞ…。
さぁ、急いで、次はブレーキパネルの整備だ。
TireFrontKoukn7990km2009_0803_180511.jpg
リアブレーキよりは汚れが目立つけれど、でもキレイ。
そして、さすがに車速を拾うギヤ回りのグリースは残っているが、それ以外にはやはり油っ気極少(汗)。
TireFrontKoukn7990km2009_0803_180530.jpgTireFrontKoukn7990km2009_0803_180517.jpgTireFrontKoukn7990km2009_0803_180523.jpg
パーツクリーナーで入念に清掃し、要所要所にモリブデングリースを塗布。
ブレーキシューは、パッド表面をスコッチブライトでしっかり磨いてから、更にパーツクリーナーで丁寧に脱脂。
TireFrontKoukn7990km2009_0803_184057.jpg
そして、組み立て。
TireFrontKoukn7990km2009_0803_184619.jpg
さぁ、静かにしっかり効いてくれよ、ブレーキ君^^。

19時少し前、すっかり暗くなった玄関前で、懐中電灯をつけながらホイール取り付け作業。
K50の前輪を貫いているシャフトって、片側はクラウンナットなんだけど、もう一方のボルト頭は六角形じゃなくて丸くて穴が開いているタイプなんだよね。
TireFrontKoukn7990km2009_0803_190324.jpg
だからそこにドライバを突っ込んでしっかり握り、もう一方の手でレンチを持ってクラウンナットを締めこむ。
こういうのって初めてだから、なんか面白かった^^。

さぁ、これでめでたく前後タイヤが新品になったぞぉ。
バンザーイ\(^O^)/。
では、ちょっと寝酒用の焼酎仕入れがてら、近所のスーパーまで試走してみよう。
TireFrontKoukn7990km2009_0803_200100.jpg
おぉ、軽い〜。
走り易い〜^^。
まだギアオイルの交換が残っているけど、それさえ終わったら、さっそく小遠足だな。
青カブ君よりスピードは出ない(法的に出してはいけない)けれど、走り心地に関してはK50の方が楽かも知れないぞ…。