2013年06月04日

まほろば号スプロケット雑考

☆ K50の純正スプロケット
F:13T
R:35T
減速比2.69

+++++

<1> 現在のK50まほろば号のスプロケット
F:13T[純正]
R:36T
減速比2.77

<2> 上記<1>の前を1T増やした場合
F:14T
R:36T
減速比2.57

<3> 上記<2>の後ろを1T減らした場合
F:14T
R:35T[純正]
減速比2.50

+++++

エンジン負担の軽減を考えると、登坂力の低下には目をつぶって、<2>にした方がイイかもしれない。
<3>だと、以前やった時、デブが乗るにはハイ・ギアード過ぎたし。
チェーンが足りるようなら、やってみようかな。
エンジンのボーリング修理にかかる前に。

2013年02月23日

K50のチェーン交換@13764km

午後、時間が出来たので、まほろば号K50のチェーン交換をした。
正確には、ドライブチェーン交換だね^^。

積算走行距離13764km。
ChainOSAKI Koukan@13764km20130223 133745.JPG
2009年7月に7927kmでウチにやってきた、まほろば号。
走行距離自体は少ないが、なんせもう20年以上前の原付だから、チェーンも20年物。
ツーリングに行く事などを考えると、ここらで交換しておいた方が良かろう。

さて、新たに装着するチェーン。
今、手元には2本の420サイズのチェーンがある。
1本は、OSAKIというタイのメーカーのハードチェーン
もう1本は、現在青カブ君に使っているのと同じ、江沼のスタンダードチェーン
前者は青カブ君用に、後者はまほろば号用に、と思って買った物だ。
だが、色々考えて、今回、K50まほろば号には、前者OSAKIチェーンを取り付ける事にした。
ChainOSAKI Koukan@13764km20130223 132032.JPGChainOSAKI Koukan@13764km20130223 132144.JPG
あ、ステッカーは自作ね^^。
正直言って、ちょっとだけ不安なのだ、タイ製チェーン。
ChainOSAKI Koukan@13764km20130223 132050.JPG
だから、パワーのより少ないK50でその実力を試してみたいと思った。
ChainOSAKI Koukan@13764km20130223 132319.JPGChainOSAKI Koukan@13764km20130223 132537.JPG
まぁ、要するに、逃げだよ逃げw。

さて、交換作業。

K50の場合、リアサス下部をスイングアームから外さないとチェーンカバーの上側が外せないので、今回は下側だけを外す。
ChainOSAKI Koukan@13764km20130223 134228.JPG
今までのチェーンのクリップを外す。
ChainOSAKI Koukan@13764km20130223 134501.JPGChainOSAKI Koukan@13764km20130223 134649.JPG
古いチェーンに新しいチェーンを仮繋ぎし、ゆっくりとホイールを回してチェーンの入れ替え。
替わりきったら、仮接続を外して、リアアクスル部分をゆるめてリアホイールを一番前位置に出す。
そして、新チェーンの長さチェック。
ふむふむ、6リンク切るとイイみたいだな。
チェーンカッターでカット。
ChainOSAKI Koukan@13764km20130223 143432.JPG
110-6=104L、うん、パーツカタログ通りだ^^。

新チェーンをクリップで繋いだら、あとは、大好きなチェーン引きw。
ChainOSAKI Koukan@13764km20130223 143829.JPGChainOSAKI Koukan@13764km20130223 150638.JPGChainOSAKI Koukan@13764km20130223 150612.JPG
前から2目盛りめでオーケー。
あ、作業に、こないだ拾った12-14のメガネレンチ使ったよ^^。
リアアクスルシャフトの頭が回らないようにするのに。
オフセットが少なめで、使いやすかったw。

最後は、チェーン給油。
新品なんだけど、あらためて自分でグリース塗ろう。
ChainOSAKI Koukan@13764km20130223 150954.JPG
馴染みをスムーズに進めるためと長持ちさせるために、新品バッテリーへの初期充電と同様、やっておいて損は無いひと手間だと思う。
ただ、このグリーススプレーは吹き付けてから30分待たないとポタポタと滴がしたたり落ちる。
ChainOSAKI Koukan@13764km20130223 151757.JPG
で、その待ち時間の間に、チェーンカバーの清掃。
チェーンカバー内側の汚れって今まで色々苦労して拭き取ってきたんだけど、ボロい軍手を布代わりにして5-56で拭いてやればラクにキレイに出来るんだね。
ChainOSAKI Koukan@13764km20130223 152905.JPG
今日初めて気づいたわw。

30分後、チェーンカバー取り付け。
そして、仕上げに自作ステッカーを貼る。
ChainOSAKI Koukan@13764km20130223 160440.JPG
どだ^^。
ChainOSAKI Koukan@13764km20130223 161408.JPG
冴えない肥満中年の乗っているビジネスバイクだけど、ちょっとだけいじってあるのよ。
ほんのちょっとだけ…。
ほとんどノーマルだけどw。

2012年10月11日

まほろば号 チェーンメンテ@13380km

ついでのついでに、K50まほろば号のチェーンも点検した。

積算走行距離13380km。
ChainKyuuyu@13380km20121011-150939.JPG

この7月のリアスプロケ交換の際に調整したから、伸びは無し。

注油には、青カブ君と同じく「デイトナ/チェーンルブ622」を使用。
ChainKyuuyu@13380km20121011-151722.JPG

よし、これまた準備完了だぞ^^。

2012年07月21日

K50のリアスプロケを35Tから36Tに交換した@13049km

K50,コレダスポーツ50,コレダスクランブラー50の3兄弟。
フロントのドライブスプロケットは、同じで13T。
しかし、リアのドリヴンスプロケットは少し違う。
K50とコレダスポーツは、35T。
K50.jpgcolleda sport.jpg
コレダスクランブラーは、36T。
colleda scrambler.jpg
トランスミッション内のギアは1〜4速とも3車同一なので、スクランブラーの「悪路走破性」は、主にキャブレターセッティングとリアスプロケに依っていると思われる。
そこで、山道走りの多い私は、K50まほろば号のリアスプロケットを、純正の35Tから、スクランブラーと同じ36Tにしようと思い、一昨年1月、社外スプロケを買った
製造は青カブ君でも使っている信頼の“JOMTHAI ASAHI”だ。

ただ、買ったはいいけど、なかなかヤル気が出なくてねぇ^^;。
おまけに、昨年は地震の精神的影響で、あんまりバイクいじりをする気になれなくて…。

でも、今日、タイヤ交換のついでに、とうとうやりました^^。
大した作業じゃないのに、2年越しだぞ。
どんだけモノグサなんだ(笑)。

K50の純正リアスプロケットは、肉抜き穴など無い、全く以って質実剛健そうなものでありました。
SprocketRear35Tto36T@13049km20120721-155434.JPGSprocketRear35Tto36T@13049km20120721-155542.JPG
スプロケの取付ナットには、金属の回り止めが掛かってます。
SprocketRear35Tto36T@13049km20120721-155454.JPG
で、私はショックドライバーと金づちで軽く叩いて平たくしました。
SprocketRear35Tto36T@13049km20120721-161337.JPG
…貫通ドライバーの1本くらい、持ってないとダメだな、俺;;;。
そして、「リアスプロケットマウンチングドラム」をホイールに乗せた状態で、ナットを外します。
SprocketRear35Tto36T@13049km20120721-161602.JPG
ほい、取れた。
36Tと比べてみても、パッと見、あんまり変わらない。
SprocketRear35Tto36T@13049km20120721-161842.JPG
ま、多少の効果はあるだろうw。
そして、取り付け。
SprocketRear35Tto36T@13049km20120721-164643.JPG
チェーンの長さが足りなくなるのが心配だったので、新しい物も準備してあったのだが、今までの物が問題無く使えた。
SprocketRear35Tto36T@13049km20120721-191733.JPG
とりあえず、このままいってみよう。

さぁ、どの程度変わるのかな?
最高速のダウンは覚悟の上だ。
問題は、登坂性。
試乗は、後日。

2010年04月29日

K50 新チェーンが届いた

バイク散歩から帰宅すると、メール便が1つ届いていた。
EK Chain1.jpg
K50まほろば号の積算走行距離1万kmオーバー記念に、ヤフオク経由で発注していたドライブチェーンだな。
よしよし^^。

早速開封。

江沼チェーン」で最も廉価な「ノンシール スタンダードチェーン」。
EK Chain2.jpg
これは、青カブ君でも使っている物で、個人的には全幅の信頼を寄せている。

サイズは、420-106L。
EK Chain3.jpg
K50のドライブチェーンは104Lだから、2コマカットして装着する事になる。

価格は、1610円+送料160円。
在庫一層セール価格らしいけど、それでも安いよなぁ。
ほんと、大概のバイクパーツって通販の方が安いから、ショップは大変だよなぁ…。

2010年01月06日

スズキ50ccビジバイ用36Tスプロケット入手

まほろば号K50に乗り始めた当初、フロントスプロケットを純正の13Tから社外14Tに交換して、すぐ元に戻した事があった。
フロントスプロケ14Tにしても、平地では何の問題も無かった。
手動クラッチだから発進時のもたつきはクラッチワークで誤魔化せたし、走行時のエンジンの回転数は抑えられるし、最高速も少しだけ伸びた気がした。
しかし、問題は登り坂。
山に行くと、その非力さに当惑せざるを得なくなった。
ともかく登らない。
1速ですら、半クラを駆使・継続しないと上がっていかない。
ローギアなのに、狭いパワーバンドに入らない感じ。
私の場合‘バイクに乗る’という事のかなりの部分は‘山道を走る’に占められているので、これはマズイ、悲しい。
で、即座に純正の13Tに戻したのだった。

ところが、13Tに戻しても、このK50というヤツはやっぱり上り坂に弱い。
笑えるくらいだw。
ネット上の色んな書き込みを探して読んでも、K50やコレダに関しては「上り坂になるととびきり遅い」という記述が、けっこうたくさん見つかった。
こりゃ、どうやら、コイツの‘個性’なのだ。
ま、‘欠点’とも言うw。

ただ、ふと疑問が浮かんだ…。
K50・コレダ兄弟には、K50とコレダスポーツというロードモデルに加えて、精悍なアップマフラーのコレダスクランブラーというオフロード(デュアルーパス)モデルもあった。
これらはエンジンも変速機も同一だけど、スクランブラーもこんなに坂を登らないのだろうか?
いくら‘鈴菌’でも、そんなあからさまな着せ替え人形はしないような気がする…。

そこで、コレダスクランブラーの中古パーツカタログを手に入れて、確認してみた。
すると、やっぱりだ^^。
減速比がわずかにローギアに変えてある。
フロントスプロケットは、K50もコレダスポーツもコレダスクランブラーも、同じ13T。
だが、リアスプロケットが、前二者の35Tに対して、スクランブラーは36Tになっているのだ。

リアのスプロケットの歯が1つ多いの少ないのって、パッと考えると大差ないように思えるけれど、実際はけっこう‘効く’。
ウチの青カブ君にしてからが、最初フロントを14Tから15Tに変えただけだと発進加速が遅すぎて困ったけれど、リアも36Tから37Tに増やしたらイイ感じになった。

そっかぁ…、やってみるか^^。
K50まほろば号は、基本的にオリジナル状態を尊重して乗り続けるつもりなのだが、ひとつだけ‘改造’っぽい事をしたいと思った。
「 K 5 0 の リ ア ス プ ロ ケ ッ ト の 3 6 T 化 」だ。
‘改造’というより、使用状況に合わせた‘調整’かな。

一番簡単な手は、スクランブラーの純正スプロケットを入手する事。
もちろん新品ならスズキから出るだろうけれど、お値段もけっこうする。
で、ヤフオク等で中古を探してきたけれど、これがなかなか出ない。
そりゃそうだわな、K50やコレダ自体が‘稀少車’の領域に入りつつあるし、その上スクランブラーとなったらそりゃレア物だわ。

そうなると当然‘社外品’を探す事になる。
ところが、これまたなかなか無い。
K50やコレダ用のカスタムパーツとして売られている物なんて、ほんと数えるほどしかないのだ。
スプロケットも、フロントは「キタコ」から出ているけれど、リアはなんだか良く分からない。
このあたりは、スーパーカブ用パーツとは全然違う世界だ…。
う〜ん、困った…(´ヘ`;)。

でも、まぁ、このままでも普通に走るのだからノンビリ探そう^^。
妙に長〜い屁のように、ぷ〜ぷ〜調べたオッサン的日々…。

おっ、なんかさぁ、スズキの50ccのミッション車のリアスプロケットって、ほとんどみんな互換性あるんじゃないのかな…?
ウルフ50も、マメタン50も、バーディ50も、ガンマ50も、バンバン50も…。
だとすると、K50やコレダも同じなのではなかろうか?

そして、こんなのを見つけた。
RC-ENGINEERING”かぁ、聞いた事あるぞ。
通販もやってるみたいだから、ダメ元で取り寄せてみるか、420-36Tのスズキ用スプロケット。

昨年末に発注して、年末年始の休みもあって、今夜到着。
SprocketRear36T2010_0106_183806.jpg
商品価格は1700円だけど、送料と代金引換手数料が650円かかったので、合計2350円。
高くついたかな…?
ま、いいや、正月だw。
SprocketRear36T2010_0106_183842.jpg
‘MADE BY RC ENGINEERING’とは書いてあるけれど、それは販売代理店名であって、メーカーは違うと思うなぁ。
SprocketRear36T2010_0106_183825.jpg
この‘朝日’の刻印。
これってタイの“JOMTHAI ASAHI”のものだよ。
青カブ君で使っているのと、同じマークだもんw。
RR-DRIVENSPROCKET040627.jpg
ほらっ^^。

でも、このメーカーの製品なら、個人的には逆に安心^^。
原料の鋼は日本の物を使っているし、今まで青カブ君で5年半以上使ってきたけど全く問題なしだ。
うん、これならイイぞ、いけるぞ^^。

問題は、まほろば号にちゃんと付くか否かだけ…;。

2009年08月14日

K50 勇気ある撤退@8173km

先日の奥多摩走りで、まほろば号が登坂路であまりに四苦八苦しているのを感じて、フロントのドライブスプロケットを純正の13Tに戻そうと思った。
やはりエンジン回転でパワーを出す2ストの場合、安易なギア比変更は決して好結果につながらないようだ。
反省。

積算走行距離8173km。
SprocketFr13T8173km2009_0814_163228.jpg
作業開始。
SprocketFr13T8173km2009_0814_150751.jpg

約半月、距離にして183km試したキタコの14T。
SprocketFr13T8173km2009_0814_150809.jpg
カッコは言う事無かったんだけどな…、外からは見えないけどw。

外して、純正の13Tと比べてみる。
SprocketFr13T8173km2009_0814_151721.jpg
たった1歯の違いなのに、純正13Tがえらく小さくて歯が少なく見えるのが不思議だ^^。

そして、スズキ純正の13T再装着。
SprocketFr13T8173km2009_0814_152244.jpg
スプロケット回りのスペースはたっぷりあるのに、なんかもったいないな(笑)。

もちろんチェーンの張り調整もやり直し。
SprocketFr13T8173km2009_0814_154012.jpg

そして、近所を試走。
おぉ、コッチの方が全然イイ(^-^)。
エンジン回り方が軽やかだし、加速もイイ。
別に最高速が14Tより下がった感じは全然しない。
カブでもそうなんだけど、やっぱり純正のセッティングって良く出来てるわ。
特に原付みたいに‘限界設計’してある物は、メーカーがコストかけて重ねたテストに勝る物は無い。
カブもK50も、オリジナルが一番だよ。
でも、そんなこと分かってて、いじってるんだけどさ(笑)。

よし、明日、雨じゃなかったら、また奥多摩行ってテスト走行しよっと^^。

2009年08月01日

K50 ドライブスプロケット交換とチェーン点検整備@7990km

まほろば号のリアタイヤ交換作業と平行して、ドライブスプロケットの交換もした。

積算走行距離7990km。

まずは、純正スプロケットの取り外し作業。

固定ナットの回り止めをしているめワッシャーの曲げられた部分を、先の細いドライバーで慎重に外す。
SprocketFr14T7990km2009_0801_153826.jpg

そして、固定ナットをメガネレンチで回す。
SprocketFr14T7990km2009_0801_154437.jpg

無事外れましたv(^-^)。
SprocketFr14T7990km2009_0801_154605.jpgSprocketFr14T7990km2009_0801_154632.jpg

主にチェーンから飛んだと思われる油汚れをパーツクリーナとボロ布で掃除して、いよいよ新スプロケット取り付け。
純正の13Tから、キタコの14Tへ。
K50Parts2009_0725_230615.jpgSprocketFr14T7990km2009_0801_160750.jpg
固定ナットをしっかり締めて、ウォータープライヤーでワッシャーの回り止めを起こす。

はい、完了。
SprocketFr14T7990km2009_0801_162240.jpg

続いて、チェーンのチェック。

ふむふむ、錆は多少出ているけれど、清掃・注油すればまだまだ使える状態だな。
SprocketFr14T7990km2009_0801_133234.jpg

汚れ自体はチェーンフルカバーのお陰で大したものではないので、ボロ布とCRC5-56でザッと拭い取る。
SprocketFr14T7990km2009_0801_164748.jpg
そして、クレの「スーパーチェーンルブ」を1コマ1コマ丁寧にスプレー。
SprocketFr14T7990km2009_0801_164803.jpg
うん、空回りさせても、チェーンがカラカラ言わなくなったぞ^^。
やっぱり油切れっぽかったんだなぁ。

そして、慎重にチェーン引き。
苦手な作業だけど、今回は割りとすんなり決まったぜぃ。
ラッキー^^。

2009年07月16日

K50のスプロケット互換性

K50の純正ドライブスプロケットは、13T。
ネットで拾った写真だと、こんな物らしい。
K50DrSprocket.jpg
他のどんなモデルと、互換性があるんだろ?

調べてみると、“KITACO”からK50用のスプロケが出ているらしい。
その対応表に寄れば、次のモデルにも同じドライブスプロケットが使える。
YSR50,RD50,MR50,YB-1(58E),YB50(58E),GT50,ポッケ,フォーゲル,K50,コレダスポーツ,コレダスクランブラー,OR50,ギャグ,GS50。
ほおほお、ヤマハとスズキの相互乗り入れなんですな。

つい最近まで出ていたGS50のドライブスプロケットも同じ物かぁ。
こりゃ、この線で探すと、魅力的なパーツがあるかもなぁ…^^。