2016年10月21日

まほろば号 始動チェック

続いて、K50まほろば号。
Check 20161021-145829.JPG

エンジン始動にはそうとう手こずると思っていたけれど、チョーク引いてキックを繰り返していたら、覚悟していたほどの苦労はせずにかかった。
Check 20161021-145818.JPG
連キックの途中、キーSWが怪しい気がしたのでキーを何回か左右に回したら、数回で始動。
したがって、始動困難が、キックのせいかSWのせいかは判別できずw。
バッテリーはもうダメだ。
でも、かかった証しにニュートラ点いてます。
posted by REI at 23:28| Comment(0) | K50−整備七転八起 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

K50 チェック@14293km

コヤマ君の次は、K50まほろば号の点検。
Check20160724-161417.JPGCheck20160724-161448.JPG
小っちゃくて古い2ストビジネスだけど、やっぱりカッコイイんだよなぁ…。
手離すのは簡単なんだけど、やっぱりエンジンを完全に復調させるまで面倒みてやりたいんだよなぁ…。

燃料コックをONにして、チョークを少し引いて、キック!
なんと4回目でかかった!
Check20160724-161525.JPG
嬉しい予想外だ。
コイツ、厳寒期の始動性はものすごく悪いけど、温暖期は機嫌イイんだなぁ。
真冬には何度キックしても、泣けるほどかからなかったのに、季節によってこんなにも違うなんて。

始動直後のスモークは結構出たけど、しばらくするとさほど目立たなくなった。
基本的にはシッカリしてるんだよなぁ、コイツ。
ともかく問題はエンジン。
Check20160724-161501.JPG
シリンダーのボーリングと、ピストン交換と、オイル滲み止め。
少しでも早くできればいいな。
posted by REI at 23:10| Comment(0) | K50−整備七転八起 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

実家保管バイクの始動点検1/3−K50−

連休の狭間の月曜平日。
クルマでの通勤帰りに、実家に寄る事にした。

その前に遅昼。
新座でこんなお店の前を通りかかったので、寄ってみた。
Check20160502-133738.JPG
武蔵野自家製麺 大将うどん」。
初めてなので、定番にした。
Check20160502-132055.JPG
茹で置きなのか、わりとすぐ出てきた。
Check20160502-132436.JPGCheck20160502-132442.JPGCheck20160502-132448.JPG
いわゆる武蔵野うどんとしても硬い部類に入る太麺だ。
やや粉っぽい味わいも含めて、この店の狙いが分かる。
ツユは、味が薄めだが、たっぷり豚バラ肉が入っていて、長ネギとともにコクを出している。
全体としてちょっと粗野な感じの個性派だけど、僕はまぁキライじゃないな。
ごちそうさまでした(-人-)。

途中のスーパーで、カーネーションを見つくろう。
今年はこのフリルっぽいものにしよう。
Check20160502-142607.JPG
あ、鉢植えです。
切り花はあんまり好きじゃないから。

西東京の実家に着いて、呼び鈴を押すと、オフクロが出てきた。
連絡なんてしないでいきなり来たから、いなければ玄関先に置いて帰るつもりだったけど、いたから「ホイ、これ」と渡す。
じつに安い親孝行であるw。

さて、ついでに実家保管のバイクたちの始動点検をしておこう。
Check20160502-145840.JPG
あ、かからないのが分かっているSRV250は、今回はノータッチw。

まずは、K50。
Check20160502-150735.JPGCheck20160502-150704.JPG
燃料コックをONにして、空キックを数回してから、キーをONにしてキック!
さすがになかなかかからない。
あ、チョークを引くのを忘れてた。
引いてキック!
そう簡単にはかからないw。
それから10分くらいキックの鬼。
うーんと思いつつ、試しにキーを何度か抜き差しして、キーを何度もひねったりして、チョークをいっぱいに引いて、キック!
あ、かかった!(^O^)/
Check20160502-150751.JPG
単に何度もキックしたからかかったのかもしれないけど、ひょっとしたら鍵穴から水やらゴミやら入っちゃってるのかもなぁ。
Check20160502-150927.JPG
後日またあらためてチェックして、キーシリンダーに浸透潤滑剤でも吹き込んでおこう。

あ、バッテリーは完全に死んでるみたい。
エンジン回していても、ウィンカーがまともに点滅しないや。

それにしても、久々に回したK50のエンジンの快いヒュンヒュン感^^。
寝起き当初は何やら色んな音がしていたけれど、しばらく暖機して軽く煽っているうちに、あの軽やかで滑らかなリュリュヒュンヒュン振動が戻ってきた。
あぁ、コイツも早く本調子に戻してやらなきゃ。
SRVの次に必ず取り掛かってやるからな。
ごめん、待っててくれ;;;。
posted by REI at 18:44| Comment(0) | K50−整備七転八起 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

まほろば号がなかなか目覚めなくてひどく焦った

青カブ君のエンジン始動以上に苦労したのだが、まほろば号K50の始動。
Check20150806 153606.JPG
ともかく何回キックしてもかかる気配すらない。
小排気量の2ストだから、キックの際の足応え自体が弱いので、よけいキックしていて焦りが増してくる。
5分…。
10分…。
15分…。
途中で軽い足攣りやフワッとした感じといった熱中症っぽい症状が出てきた時には、「あぁ、ザックスに続いてコイツも不動者の仲間入りか!」と泣けてきたりもした。
でも、諦めずに続けていたら、初爆っぽい震動が来て、やがてかかった!
そして、かかってしまえば、最初こそワッと白煙が出たけれど、その後は気温の高さもあって煙はほとんど見えないし、エンジン回転もなかなかスムーズだ。
Check20150806 153644.JPG
やっぱりイイねぇ、この感じ。
K50独特の感触と震動^^。
バッテリーはもうダメっぽいので電装系の動作はちょいと不安定。
でも、エンジン本体の不安さえ消せれば、やっぱりコイツはイイヤツだ^^。
Check20150806 153830.JPGCheck20150806 153820.JPGCheck20150806 153751.JPG
少しでも早く、本調子に戻してやりたいものだ。
posted by REI at 23:57| Comment(0) | K50−整備七転八起 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

雪も解けたのでエンジンをかけてみた <まほろば号>

今回チェックした3台の中で一番エンジン始動に手間取ったのは、まほろば号K50だった。
Check20140223 164318.JPG
チョークを引いたり戻したりしながら何回キックしたろう?
10回や20回じゃきかない。
時間的に15分くらいは格闘していたと思う。
もうダメかと思うくらい…。
だから初爆が来た時は、なんか軽く感動したぞw。
ともかく、なんとか始動して、しばらくアイドリングと軽いレーシングで「身体ほぐし」をしておいた。

そして、悲しい現実を発見。
Check20140223 165252.JPGCheck20140223 165314.JPG
古いバイクの常とはいえ、シートの破れは寂しいねぇ(T。T)。
安い中古を探すか、オリジナルパーツにこだわって表皮張替えに出すか、迷うところだな。
とりあえず、アンコに水が染みないように、ガムテープを貼っておこう。
Check20140223 165440.JPG
それ以上に、コイツの課題は、シリンダーのボーリング発注とオーバーサイズピストンとの交換。
Check20140223 164350.JPG
小遣い貯めて、夏までには何とかしてみたいものだ。

ほんと、以前からの課題が手付かずのまま蓄積されているなぁ、我がバイク趣味。
時間もカネも無いというのは、なんと悲しい事か(;_;)。
posted by REI at 18:09| Comment(25) | K50−整備七転八起 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

ぱらのいあてきおそうじ

端午の節句。
マイ連オフ2日目。
今日は素晴らしい快晴だったのだが、朝からずっとウチにいた。
ちょっとひっかかる楽譜があってね、それを細かに読んでいたらあっという間に6時間経ってしまったのだ;;;。
ま、音楽家なんてみんなそんなパラノイアなんだと思う…。
と言うか、僕はそう、真正パラノイア〜!(^o^)/
気になる事は徹底的に気にする。
でも、関心の無い事はまったくもってどうでもいい。
ファッションの話とか、他人の恋愛話とか、ほんと聞きたくも無い。
服なんて、他のヤツがどう思おうと巷で何が流行っていようと、自分が気に入ったものを身に付けてりゃいいじゃん!
他のヤツが誰と付き合ってどうなろうと、オレの知った事かっ!
ステキな彼女が欲しいのは、コッチでぃっ!

閑話休題。

このまま休日を終えるのも口惜しいので、夕方、ガラスクリーナーとクリーナーワックスと液体ワックスとボロ布で、K50まほろば号を磨いた。
Cleaning20130505 160346.JPG
たぶんなかなかいないよ、玄関先にグレーのジャージ上下でしゃがみ込んで、古いビジネス原付バイクを一心不乱にシコシコ磨いている白髪頭で肥った中年男って。
たぶん、ホラー映画の一コマに使えるような不気味さではある。

だが、よいか、美というものはしばしば不気味さの中からこそ生み出されるものなのだ!

この顔を見よ!
Cleaning20130505 162330.JPG
この身体を見よ!
Cleaning20130505 171734.JPGCleaning20130505 171634.JPGCleaning20130505 171645.JPG
Cleaning20130505 173717.JPGCleaning20130505 162343.JPGCleaning20130505 165500.JPG
Cleaning20130505 171853.JPGCleaning20130505 171622.JPGCleaning20130505 171910.JPG
このハートを見よ!
Cleaning20130505 171815.JPG
この破れを見よ!
Cleaning20130505 172030.JPG
このサビを見よ!
Cleaning20130505 171937.JPG
そして、この尻を見よ!
Cleaning20130505 172214.JPG
おぉ、斯様に20年生き延びし者の余生に、幸多からん事を!
Cleaning20130505 172821.JPG
ほい、おつかれさん^^。
posted by REI at 20:43| Comment(2) | K50−整備七転八起 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

まほろば号の年末化粧

2012年も、残すところ7時間半。
西東京の実家へ出かけるまでちょいと時間があるので、ひと作業だけちゃちゃっとやっちゃおう。

ずいぶん前に買ってあった細身のモール。
TankMold20121231-145735.JPG
これを、まほろば号のガソリンタンクのフランジに付けるのだ。

「モール」ってカタカナ言葉、不思議だよね。
洋服との刺繍飾りとしてのモールなら、mogol。
樹脂成型物としてのモールなら、mold。
商店の集合体としてのモールだと、mall。
moleは、モグラ。
いわゆる「タンクモール」って、Tank Moldなのかな?
意味的には、Tank Mogolの気もするけど。
…ま、いい、時間が無いw。

気温が低いから、いささか硬いモールをなんやかんやしながら、はい付いた。
要らない部分は、ニッパーでチョッキン。
TankMold20121231-151745.JPG
作業とは全然関係ないけど、来年は無駄な出費をひたすら抑えて、少しでも貯金しよう。
恥ずかしながら、現在自分名義の貯金はゼロ;;;。
カード経由の借金が10数万、とほほ(T_T)。

よし、けっこう感じ変わったぞ^^。
TankMold20121231-152624.JPGTankMold20121231-152804.JPGTankMold20121231-152641.JPG
安っぽいなりにキラキラさ。
TankMold20121231-152552.JPG
来年も、バイクを楽しめる平穏な年でありますように(-人-)。
そして、昨年の震災に苦しむ方々が、今年こそ少しでも癒されますように(-人-)。

では、みなさん、よいお年を!
posted by REI at 16:27| Comment(2) | K50−整備七転八起 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

K50点検@12682km

心地よい晴天の日曜日。
バイクでお出かけしたかったのだが、やっぱりウチでしなきゃいけない勉強ができちゃった;;;。
例年は暇が多い2月に仕事があるのはありがたい事だけど、少々欲求不満…。

で、ちょっとだけ外に出て、冬眠中のK50まほろば号の点検をした。

積算走行距離12982km。
Tenken@12682km20120212-150947.JPG

チョークをいっぱいに引いてキック!
しばらく眠っていたのに、よし、3回で無事始動^^。
Tenken@12682km20120212-151005.JPG
でも、エンジンが温まるまではそばにいてやらないと、すぐ止まっちゃうんだけどねw。

暖機運転しながら、前後タイヤのチェック。
Tenken@12682km20120212-150924.JPGTenken@12682km20120212-150831.JPG
あぁ、このくらい減れば、もういつ新品交換してもいいな。
春までにはやらなきゃ。
フロントサスのオーバーホールや、リアスプロケの1T増しといっしょにね。

では、ちょいと動画撮影。

これでも、冬場の方が煙少ないんだよね^^。

ま、そんな感じで、特に問題無しのまほろば号でありました。
Tenken@12682km20120212-151034.JPG
あ〜、走りたい〜;;;。
posted by REI at 16:51| Comment(3) | K50−整備七転八起 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

まほろば号の新寝間着

先日14日の雪で、まほろば号のバイクカバーの色んな所が一気に裂けてしまった。
BikeCoverNEW2011_0226_162140.jpgBikeCoverNEW2011_0226_162148.jpgBikeCoverNEW2011_0226_162126.jpg
2,3ヶ所だけなら裏からガムテープでも貼ればいいのだが、こけだけたくさん裂けていて、しかも軽く引っぱるだけでも簡単に破れてしまうほどに生地が劣化しているので、この際、新しいカバーと交換する事にした。

一昨日、ヤフオクを見回り、安い物を落札発注。
980円+メール便送料240円+送金手数料。
本日到着。
BikeCoverNEW2011_0226_155912.jpgBikeCoverNEW2011_0226_155957.jpg
しかし、まあ何と言いましょうか、「郵便」でありながら「メール」って、極めて不可解なサービスだわなw。
BikeCoverNEW2011_0226_160213.jpgBikeCoverNEW2011_0226_162046.jpg
サイズは、Lでも良かったのだが、リアケースを付けたままかぶせる時の事も考えて、LLをチョイスした。

安いだけあってえらく薄手だし、袋の詰め方がかなり無理やりっぽいので、広げてかぶせてみると、なんだかクシャクシャ。
BikeCoverNEW2011_0226_162438.jpg
「原付のアルミホイル包み焼き」みたいだよw。
日本製ではない事は間違い無さそうで、耐久性もまったく期待できないけれど、ま、仕方ないや、安かったから。
posted by REI at 17:25| Comment(0) | K50−整備七転八起 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

K50 クラッチケーブル給油@10022km

ホントに清々しい青空になった^^。
ClutchCablOil10022km2010_0417_152304.jpg
昨夜の寒さや雪には恐れ入ったが、これなら明日はちょっとしたバイク散歩には行けそうだぞ^^。

クルマのスモール球も交換したし、さぁ、もう一丁、バイクいじりもしよう。
K50まほろば号のクラッチケーブルへの注油だ。

積算走行距離10022km。
ClutchCablOil10022km2010_0417_152255.jpg

アジャスターを回してクラッチケーブルをいっぱいにゆるめてから、クラッチレバーを外して、クラッチケーブルを外す。
そしてワイヤーインジェクターをセットして、注油。
ClutchCablOil10022km2010_0417_155225.jpg
今回は、とりあえずエーゼットのスプレーオイルを吹いてみた。
ただ、このクラッチケーブル、どうも構造上うまくオイルが入っていかない。
本気で注油したいなら、ケーブル全体を外して垂直にぶら下げながらインジェクターで注油しなきゃダメみたい。
ま、ともかく、今回はテストのつもりで、ハンパでも良しとしておこう。

エンジン側とケーブルとの接続部分もチェックしたかったので、右側のクランクカバーを外してみた。
ClutchCablOil10022km2010_0417_155335.jpg
キレイだけど、ちょっと油っ気が足りないくらいだな。
グリースがすっかり干からびて茶色いこびり付きみたいになっていたので、ウェスで拭きとってから、各リンク部にモリブデングリースをスプレーした。

そして、クランクケースを閉じて、レバーを付け直して、ケーブルを再セット。
ClutchCablOil10022km2010_0417_161813.jpg
レバー根元には、入念にモリブデングリースをスプレー。

そして、ケーブルの長さを調整して、終了。
うん、少しは軽く操作できるようになったかな。
明日のバイク散歩はまほろば号で行って、走行チェックしてみよう。
posted by REI at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | K50−整備七転八起 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

ペタペタペタジーニU

快晴の木曜オフ日。
StickerTune2010_0225_141511.jpg
午前中はちょいとウチでせねばならないデスクワークがあったので、それをして、午後、ほんじゃバイクで散歩でも…。

と、思ったところに宅急便が来た。

先日通販発注していたボウズ用の自転車のサドル。
もう表皮がボロボロで水がしみ込むからコンビニ袋でカバーして乗っているんで、ちゃちゃっと替えてやろう…。

と、作業していたら、ボウズが帰ってきた。

「サドル替えてやったから、たまにゃ手入れせぃ!」と、ボロ布と5-56とグリーススプレーとコンパウンドとクリーナーワックスを渡して、整備指導。
StickerTune2010_0225_140100.jpg
ほぉれ、キレイになると気持ち良いだろが^^。

さてと、オヤヂもちょいとやるか。

先日、リアフェンダー下部に自作ステッカーを貼ったのだが、ちょっとデカ過ぎるのとインクの発色が貧相なので、小金井散歩の途中ではがしてしまった。
StickerTune2010_0225_134528.jpg
でも、何にも無いと、やっぱり寂しいんだよな…。

で、これまた先日ヤフオク経由で2枚の‘コーティングラバーステッカー’なる物を買ってみた。
StickerTune2010_0225_134048.jpg
350円x2枚+メール便送料80円。
もちろん社外品だから質的には全く期待していなかったけれど、実物を見るとなかなかちゃんとした仕上げで、何にも言わなきゃ‘純正品’で通じちゃう感じだ。

どっちもイイんでSか○か軽く迷ったけれど、ヘッドライトの丸に合わせて○をチョイス。
ほんで、またペタペタペタジーニ。
StickerTune2010_0225_135146.jpg
うぉぉ、バッチグー!
タテヨコともに4cmチョイという寸法だが、まさにジャストフィット。
なんか高級感まで出ちゃったぞw。

よかろう(o^-')b。
posted by REI at 16:24| Comment(2) | TrackBack(0) | K50−整備七転八起 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

K50 サービスマニュアル入手

まほろば号ことK50Mのメンテナンスの為には、これまで次のような‘公式資料’を入手してきた。
「サービスガイド」と「パーツリスト」。
ServiceManual2010_0214_171150.jpg
そして参考資料として、コレダ50S,コレダスクランブラー,K90の「パーツリスト」。
ServiceManual2010_0214_171316.jpg
特に大きな改造をするわけでもないから、これで充分と言えばそれまでなのだが、先日ヤフオクを覗いていると、見た事無いものが出ていた。
へえ、中古本「K50 サービスマニュアル」だってさ(・。・)。
「サービスガイド」とは違うみたいだし、送料等込みで2600円ほどなので、思い切って落札してみた。

先ほどメール便で届いたので、早速開封。
ServiceManual2010_0214_171410.jpg
ほんとだ、「サービスマニュアル」じゃん。

表紙の右下には「K50 (A-K50-3)」。
ServiceManual2010_0214_171434.jpg
ウチのまほろば号と同じ型式だ。

裏表紙左下には、大きな「P」。
ServiceManual2010_0214_171451.jpg
これは「K50P」用という意味だろうな。

ウチの“K50M”は1991年2月に販売が始まった型だが、その次、1993年3月に発売されたのが“K50P”。
変更点としては、外観上のデカール変更と、細かな部品の改良といったところで、全体としてはほぼ同じ物といえる。

冊子をめくってみると、おぉ、まごう事無く「サービスマニュアル」ではないかっ!
ServiceManual2010_0214_171619.jpgServiceManual2010_0214_171705.jpg
ServiceManual2010_0214_171739.jpgServiceManual2010_0214_171755.jpg
ホンダのカブやCG125の物と同様、写真入で整備手順やデーターが詳しく載っている。
こりゃイイ!
バイクの‘シロウト’にはあんまり役に立たない「サービスガイド」の不親切さとは大違いだ。

部品番号としては、40-23250。
ServiceManual2010_0214_171903.jpg
これで取れるなら、最初からコッチを買っておきゃよかった…;。

さぁ、これからは少し安心してまほろば号をいじれるぞ^^。

ザッと見てたら…、こないだいじったシリンダーヘッドナットの締め付けトルクが、「ガイド」と「マニュアル」では変わってるわ。
「サービスガイド」66ページでは、60〜90kg・cm。
「サービスマニュアル」4-31ページでは、13N・m(1.3kgf・m)。
前者の頃はナットとスプリングワッシャーだったのが、後者ではセルフロックナットになってるから、変わったんだろうな。
まほろば号のもそれに代わってるから、今度トルクレンチ使って増し締めしとこ。
posted by REI at 21:04| Comment(2) | TrackBack(0) | K50−整備七転八起 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペタペタペタジーニ

イマイチ冴えない天気と気分の日曜日。
何にもヤル気が起きないけれど、何にもしないのもクヤシイので、幼稚園児に戻ったつもりでバイクにシールを貼る。

タンクの上に、ぺた。
StickerTune2010_0214_154229.jpg

リアフェンダーに、ぺた。
StickerTune2010_0214_155045.jpg

リアボックスを付けると、こんな感じ。
StickerTune2010_0214_155116.jpg

ペタペタペタジーニ。
posted by REI at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | K50−整備七転八起 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

予期せぬ物

初山道散歩の後、レッグシールドの撤去に続いて、もうひとつ大切な再検査をした。

それは、リアブレーキの違和感と言うか、不具合と言うか、異音と言うか…。

ブレーキの効き自体は、とても良いのだ。
下り坂でフェードっぽくなる事も無かった。

しかし、まったく不定期な現象として、ブレーキペダルを踏み込んだ時に「ガッ!」と嫌な感触と音がしたり、ほんの一瞬ペダルが引っかかったようになったりする。
先日のリアタイヤ交換の時に、ブレーキパネル回りには丁寧にグリースアップしたつもりなんだけど、ここでもう一度、リアブレーキ関係を入念に調べよう。

そして、不具合が2点、発覚した。

その一番目は、リアブレーキパネルとトルクロッドを締めているナットが、緩んでいたのだ。
BrakeCheck8158km2009_0808_164012.jpg
当然締め直したのだが、どうもこのナット、ナメぎみだ。
新品に交換した方がイイみたい。
書き込みを頂いた方の言う通り、ロックナットに交換するのもいいなぁ。
時間があったら、ジョイ本、行くか。

そして、その二番目が、ちょっとビックリだった。
ブレーキペダル周辺を、今一度ジックリ調べてみたのだ。
稼動部分も、固定部分も。
う〜ん、少し泥が付いてはいるけれど、別におかしな所は無いなぁ。
ペダルの動作も、停車状態だとまったく問題無いし。
仕方ない、ま、せっかく見たんだから、せめてボロ布でピカピカに磨き上げてやるか…。
と、拭き始めたところ、なんか変な感じ…。
あれ?
これ、ただの汚れじゃないのか?
ペダルとフレームの間の一番奥まった所に、なんか固形物がある。
割り箸でほじくる…。
あぁぁぁぁぁ!
BrakeCheck8158km2009_0808_165845.jpg
石が出てきましたぁ!
しかもこんなデカイやつ!
まるで削って会わせたようにピッタリとはまり込んでいたので、フレームの溶接の盛り上がりに見えていたのだった。
コイツが、なんかの時に遊び踊っていたわけだな、こんちくしょー。

何時入ったんだ、こんなの?
ひょっとすると、前オーナーの時代から?
ま、ともかく、たぶんコレでブレーキの不具合は解消したのではなかろうか。
そう祈ろう(-人-)。
posted by REI at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | K50−整備七転八起 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

まほろば号についての初期雑感

まほろば号K50Mが我があばら家に到着してから、早や半月が経った。
当初予定していた‘納車後整備’もひと通り終わり、いよいよこれからが本格的乗用の始まりだ。
今夜も、仕事のある西東京まで往復23kmほどの通勤。
基本的にはとても気持ち良く走る。
気持ちイイねえ、2ストの「ビーーーン」も^^。

ただ、ちょっと気になる事や予想外の事柄が出てきたのも事実だ。
で、思いつくままに、ちょっとメモ。

-@-
今日の通勤時、近所の小さな交差点で青カブ君に乗っている時と同じ感じで右折しようとしたら、右下から「ババババ〜!」と嫌な摩擦音が。
あわてて路肩に止めてチェックしたら、レッグシールドの右最下部をこすっていた。
うわぁっ、バンク角、浅っ!!
自慢じゃないけど私は怖がりなので、バイクをそれほど倒して曲がったりはしない。
それなのにこすれるとは、レッグシールド付きのK50のバンク角は、間違いなくスーパーカブ以下だ。
まほろば号で山に行くなら、レッグは外した方がイイのかも。

-A-
青カブ君でも赤タフどんでも、アイドリング時のエンジン回転数と、ある程度走ってエンジンが温まってからの回転数とでは、後者の方が高くなる。
それは知ってる。
ただ、まほろば号の場合、その度合いがだいぶ高い感じがする。
タコメーターが付いていないから数値データーは掲げられないけれど、新青梅街道あたりを全開で安全に走ってからの信号待ちなどでは、アイドリング回転数がかなり高くなる。
こんなもんだっけ、2スト50ccエンジンの動作安定度って?
久々だからまるで忘れちゃった、昔乗ってた2ストバイクの感じ^^;。

-B-
大きめの段差を走ると、下の方から「ガシャガシャ」という音が出る時がある。
スタンドが何処かにぶつかるんだろうか?
ダンプラバーでもとれてるのかな?
あるいは、フロントサスがヘタって、スプリングがカバーの中で暴れているんだろうか?
パーツカタログで要チェックだ。

-C-
リアブレーキを強く踏み込むと、「コッ!」と角のある嫌な感触が伝わってくる時がある。
一瞬何かが引っかかる感じ。
リアブレーキのリンケージ関係をもう一度しっかりチェックして、グリースアップしよう。

-D-
納車時にタンクいっぱいにしたエンジンオイル。
あれから100km弱走ったけれど、ごくわずかしか減っていない。
タンク容量1.1litreを使い切るには、少なくとも1000km以上はかかりそうだ。
思ったほど減らないんだねぇ。

-E-
ブレーキは純正のままで充分によく効く。
交換は不要だろう。

-F-
やっぱりリアに箱でも付けようかなぁ…w。
posted by REI at 23:44| Comment(4) | TrackBack(0) | K50−整備七転八起 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする