2018年02月25日

赤タフどんCG125のバッテリー交換@26562km

15時、仕事から帰宅すると、先日発注したバッテリーが届いていた。
Battery2570yen@26562km20180222-220724.jpgBattery2570yen@26562km20180222-220738.jpgBattery2570yen@26562km20180225-150645.JPG
“MAXIMA / GEL BATTERY MB3L-X(G)”
Battery2570yen@26562km20180225-150718.JPGBattery2570yen@26562km20180225-150815.JPGBattery2570yen@26562km20180225-150741.JPGBattery2570yen@26562km20180225-150805.JPG
体験上、パッケージや製品自体に中国製と明記してある物って品質がイイ事が多いので、これにも期待しよう。
Battery2570yen@26562km20180225-150829.JPGBattery2570yen@26562km20180225-151059.JPG
箱の中身は、バッテリー本体とネジとナットと取扱説明書と保証書。
Battery2570yen@26562km20180225-151037.JPG
本体の作りは、まったく問題ない質に見える。
Battery2570yen@26562km20180225-151059.JPGBattery2570yen@26562km20180225-151112.JPGBattery2570yen@26562km20180225-151149.JPG
昔の中国製のバッテリーって電極周辺の造作が雑だったり華奢だったりしたけど、今日び、もうそんな事言ってる事自体が古いんだろうなw。
Battery2570yen@26562km20180225-151213.JPG
無問題だと思います。

広告のうたい文句では「すぐ使える」という事になっているけれど、念のため充電器につないでみる。
Battery2570yen@26562km20180225-151459.JPG
大丈夫だろうけど、ちょっとだけ充電しとくか…。
Battery2570yen@26562km20180225-151518.JPG
1時間ほど充電。
Battery2570yen@26562km20180225-162346.JPG
よかろう。

まだ日があるので、交換作業もしてしまおう。

積算走行距離26562km。
Battery2570yen@26562km20180225-163800.JPG

左サイドカバーを外すと、先日電極回りの掃除をしたはずなのに、もう白い電蝕物が湧いている。
Battery2570yen@26562km20180225-163830.JPGBattery2570yen@26562km20180225-163930.JPG
あぁ、もう完全に寿命だわ。
新しいの取り寄せといてよかった。
新旧を見比べる。
Battery2570yen@26562km20180225-164227.JPG
寸法がほぼ同一なのはもちろん、外見上のクオリティーも遜色無し。
Battery2570yen@26562km20180225-164309.JPG
安心して取り付ける。
Battery2570yen@26562km20180225-165156.JPG
そして、エンジンをかけ、電気関係の動作チェック。
Battery2570yen@26562km20180225-165552.JPG
うん、ウィンカーの明滅や作動音が軽やかでカッチリした。
Battery2570yen@26562km20180225-165646.JPG
あとは寿命の長さだ。
期待しよう。

2018年02月22日

CG125用バッテリー発注

準備は早いに越した事はないので、赤タフどんCG125の劣化したバッテリーに替わる新品を発注した。
純正は開放型のYB3L-Aだが、今回は試しにジェルバッテリーを選んでみた。
600x450-2017062601039.jpgGEL2.jpgGEL1.jpg
1880円+送料640円=2570円。
来週早々には届くだろう。

CG125 バッテリー補水@26557km

昨日今日は寒さがぶり返している。
BatteryMaint@26557km20180222-143839.JPG
しかも昨夜から、上空では小雪であったろう小糠雨。
BatteryMaint@26557km20180222-143937.JPG
今日はオフ日なのだが、仕方なく家の中で過ごす。
けれど14時あたりには雨も上がったようなので、最近ぜんぜん乗っていない赤タフどんCG125のエンジンをかけてやる事にした。
BatteryMaint@26557km20180222-144808.JPG
積算走行距離26557km。
BatteryMaint@26557km20180222-144828.JPG
さすがの赤タフどんのエンジンもいつになく目覚めが悪かったけれど、チョークを引いて何度もキックしているうちにかかった。
暖機させながら、シリコンたっぷりのグラスターゾルとボロ布で、点検かたがた拭き掃除。
BatteryMaint@26557km20180222-150326.JPG
美しきかな、メッキや塗装面の輝き^^。
BatteryMaint@26557km20180222-150537.JPGBatteryMaint@26557km20180222-150602.JPGBatteryMaint@26557km20180222-150442.JPG
BatteryMaint@26557km20180222-150425.JPGBatteryMaint@26557km20180222-150906.JPGBatteryMaint@26557km20180222-150845.JPG
あぁ、早く暖かな気候にならないかなぁ。
BatteryMaint@26557km20180222-150615.JPG
最後にサイドカバーを外してバッテリーを点検してみると、うわっ、マイナス端子まわりからビックリするほどの量の白い粉!
写真を撮るのも忘れるほど驚いたw。
バッテリーを外し、各部を点検清掃。
距離は走ってないけど4年半使っているから、もう寿命なんだろうね、台湾ユアサ。
BatteryMaint@26557km20180222-153701.JPG
とりあえずバッテリー補充液で液面を揃えて、再取り付け。
BatteryMaint@26557km20180222-154455.JPGBatteryMaint@26557km20180222-155758.JPG
この春には新品交換してやろう。

2017年04月10日

CG125のバッテリー電圧点検@25411km

昨日久しぶりにテスターを取り出して、赤タフどんのバッテリー電圧をチェックしようと思った。
BatteryCheck@25411km20170410-152944.JPG
ところが全く反応しない。
導通テスト用のブザーも鳴らない。
裏蓋を開けてみると、単3電池の電池切れと、0.5A/250Vのヒューズの断線らしい。
今日の仕事帰り、ホームセンターに寄って購入。
帰宅して交換。
BatteryCheck@25411km20170410-151053.JPG
よっしゃ、動くようになったぞ^^。
BatteryCheck@25411km20170410-151321.JPG

では、バッテリーの電圧点検しよう。

積算走行距離25411km。
BatteryCheck@25411km20170410-151816.JPG

サイドカバーを外して、バッテリーと対面する。
BatteryCheck@25411km20170410-152249.JPGBatteryCheck@25411km20170410-151808.JPG
測定。
BatteryCheck@25411km20170410-151755.JPG
あ、ちゃんと12V+α出てるわ。
よしよし、ではまだ買い替えずに、このまま使おう。

2017年04月06日

CG125 バッテリー端子メンテ

今日のバイク散歩で、信号待ちの時に何の前触れも無くふっとエンジンが止まる事が2度あった。
走行中は快調そのものだから、なんとなく電気の流れが悪いせいのような気がした。
帰宅してバッテリーを見てみると、マイナス端子にたくさんの電蝕物が付いている。
BatteryConnectorMaint@25405km20170406-163533.JPGBatteryConnectorMaint@25405km20170406-163546.JPG
あらま…;;;。
これがエンストの原因かどうかは分からないけれど、ともかくクリーニングしてやろう。
積算走行距離25405km。
BatteryConnectorMaint@25405km20170406-163144.JPG
マイナスはもちろんプラスの端子とケーブルも外して、接点復活剤とボロ布でシッカリ掃除。
BatteryConnectorMaint@25405km20170406-164756.JPGBatteryConnectorMaint@25405km20170406-164801.JPG
ほい、これでどうかな?
BatteryConnectorMaint@25405km20170406-165350.JPG

2016年07月25日

CG125のバッテリー整備@24542km

昨日あばら家へと戻ってきたが、ほぼ1年間の休眠の間にバッテリーがだいぶ弱々しくなってしまったCG125赤タフどん。
WelcomeHome20160724-182619.JPG
昨夕、早速バッテリーのメンテナンスをしてやった。
左サイドカバーを外して、バッテリーを取り外す。
BatteryMaint@24542km20160724-182818.JPGBatteryMaint@24542km20160724-182835.JPG
液面が下がっていたので、先日他の物と一緒にモノタロウ経由で買った「バッテリー補充液」を足してやった。
BatteryMaint@24542km20160724-190330.JPGBatteryMaint@24542km20160724-191157.JPG
たださぁ…、以前にも書いたけどこの手のバッテリー補充液って、原料表記を見ると「精製水(100%)」なんて書いてあったりする。
要するに「きれいな水」w。
浄水器を通した水道水を入れたって、実用上は大きな問題は無いわな。
バッテリー補充液なんて、もっと高価なバッテリーを何年も使うなら別だけど、ケチっていいもののひとつだとも思う。
さて、液面を適正にしたところで、充電器と接続。
BatteryMaint@24542km20160724-193047.JPG
13時間充電して、今朝、外してから出勤した。
18時過ぎ、仕事から帰宅。
BatteryMaint@24542km20160725-183228.JPG
まださほど暗くない。
急いでバッテリー取り付け作業。
BatteryMaint@24542km20160725-182040.JPGBatteryMaint@24542km20160725-182358.JPG
キーをひねると、おぉ、緑色のニュートラルランプが明るい^^。
BatteryMaint@24542km20160725-182716.JPG
エンジンをかけて、ウィンカーの動作をチェック。
BatteryMaint@24542km20160725-182803.JPGBatteryMaint@24542km20160725-182926.JPG
よし、生き生きと明滅するようになったぞ^^。
積算走行距離24542km。
赤タフどんの夏はこれからだ^^。

2013年08月22日

CG125 バッテリー交換@22680km

午後、チャチャッと赤タフどんのバッテリー交換をした。

積算走行距離22680km。
BatteryNewSetting@22680km20130822 133801.JPG


“KAMIKAZE”という全く以って生産国不明なバッテリーを使い始めたのは、2010年1月4日16404km時。

BatteryNewSetting@22680km20130822 134148.JPG
あれから3年8ヶ月。
走行距離こそわずか6200kmだけれど、だからなおの事、恵まれない環境の中で良くもったよなぁ、この2108円バッテリー。
おつかれさまでしたm(_ _)m。

さ、これからは台湾生まれの日本メーカー製品に頑張ってもらおう。
BatteryNewSetting@22680km20130822 135009.JPG
よろしく頼む。
BatteryNewSetting@22680km20130822 135800.JPG

2013年08月21日

CG125赤タフどん用の新バッテリー到着

先日の富士山麓ぐるっとツーリングで瀕死がハッキリした赤タフどんバッテリー。

17日にヤフオク経由で発注した新品バッテリーが、今日届いた。
BatteryTaiwanYuasaYB3L-A20130821 192004.JPG
台灣湯淺電池股份有限公司/YB3L-A」2780円+送料630円+送金手数料198円、合計3608円。
BatteryTaiwanYuasaYB3L-A20130821 192018.JPGBatteryTaiwanYuasaYB3L-A20130821 192150.JPGBatteryTaiwanYuasaYB3L-A20130821 192324.JPG
さすがに中国製とは細部の仕上げが違う。
BatteryTaiwanYuasaYB3L-A20130821 192345.JPGBatteryTaiwanYuasaYB3L-A20130821 192419.JPGBatteryTaiwanYuasaYB3L-A20130821 192358.JPG
電解液を入れる。
BatteryTaiwanYuasaYB3L-A20130821 193216.JPG
気温が高いせいか、シュワシュワと元気に反応している。
細かな泡がおとなしくなるまで、15分ほど放置。
そして、充電。
BatteryTaiwanYuasaYB3L-A20130821 195726.JPG
6時間もやれば十分だろうな。

明日、古いのと交換しよう。

+++++

充電器の電流量メーターで、充電開始当初は「3弱」だったのが、3時間経ったあたりで「1」まで減り、4時間経っても「1」のままなので充電を終了した。
BatteryTaiwanYuasaYB3L-A20130821 195732.JPGBatteryTaiwanYuasaYB3L-A20130822 002934.JPG

2013年08月16日

CG125 バッテリー点検@22276km

赤タフどんのエンジンをかけてみる。

先日簀の子の新しい赤い狐を入れたのが効いて、ものすごくキレイに回っている。
かなりの暑さの中、野球帽かぶって無精ヒゲ生やして汗だくでニコニコだよ、ヘンなオッサン。

そして、アイドリングさせながら、灯火類のチェック…。
あれ?
ウィンカーが正常に明滅しないで、ジジジ…とか言いながらスローかつ不規則点滅。
あぁ、こりゃ電圧不足だわ。
そういえば、赤タフどんのバッテリー、ずいぶん点検してなかったものなぁ。
電解液がだいぶ減っちゃってるかな…。

積算走行器距離22276km。
BatteryMaintenance@22276km20130816 154151.JPG

左サイズカバーを外し、バッテリーを外す。
バッテリーの脱着は、外す時はマイナスから外し、取り付ける時はプラスからだからね(o^-')b。
BatteryMaintenance@22276km20130816 154441.JPGBatteryMaintenance@22276km20130816 154447.JPGBatteryMaintenance@22276km20130816 154457.JPG
電解液はずいぶん減ってるし、背ラベルが剥がれてバッテリーホルダーに引っ付いちゃってた。
ありゃ、どっかからちょっと漏ってるのかな?

ま、もう3年半も使ってきたから、ケチらずに新しいのを発注しておこう。

今日のところは、浄水器を通した水道水を補充して、取り付けて、端子部には軽くスプレーグリースを吹いて、ま、当面はこれでよろしゅう。
BatteryMaintenance@22276km20130816 155624.JPGBatteryMaintenance@22276km20130816 160936.JPGBatteryMaintenance@22276km20130816 160923.JPG

2010年09月23日

H4とHS1

今日は祝日、秋分の日。
昨日の暑さが嘘のように、寒い秋雨が降り続く。
バイク散歩はおろか、整備も出来ない。
ちょうどいいので、ネットショッピングで時間を費やす。
ここのところ電球関係でのトラブルが増えているから、この際、3台の小型バイクたちのヘッドライトバルブの予備を買い揃えて置こう。

考えてみれば、予備のヘッドライトバルブも持たずに、よく夜の山道を独りで走ってきたものだ。
万が一、途中で断線したら、ほんと真っ暗だよ。
いちおう‘お散歩セット’のカバンの中には小さな懐中電灯は入っている。
でも、自転車のライトよりはるかに暗いそれで闇の山を行くのは、想像するだけで鳥肌ものだわ;;;。

K50まほろば号には、12V30/30Wのハロゲン球。
12V30WMopedHalogen.jpg
C70青カブ君には、6V25/25Wの白熱球。
6V25Wx2.jpg
いずれもよくある‘ひとつ爪’の口金の球で、ネットですぐに安くて安心感のある物が見つかった。
‘高輝度’ではなくごく普通のタイプだが、予備としてはこれで充分。

ただ、問題はCG125赤タフどん。
コレには前オーナーが付けたシビエのヘッドライトが装着されているが、それに合う12V35/35WのH4規格の球って、適当な物がなかなか無いのだ。
3〜4千円出せばあるのは知っているが、予備にそんなに出せるほど経済的な余裕が無いのよよよよ(T_T)。
で、ネットをぶらぶらしていたのだが、その過程で今頃になって次のような事を知った。

H4バルブとHS1バルブとは、微妙な互換関係にあるらしい。
口金台座の3本爪は、角度は同一で、寸法も2本の爪は一緒なのだが、1番幅のある爪のサイズだけが異なるのだ。
H4-HS1.jpg
H4は8mm、HS1は10mm。
但し、バルブメーカーによっては、この2mmの差を工夫でどうにかしちゃってH4/HS1互換という規格のバルブも販売している。
ま、H4規格の口金台座ならHS1規格のヘッドライトユニットには問題無く付くだろうから、要するにH4っちゅう事なんだろうけどさ^^。

さて、ここで、オッサンの激しく衰えた記憶回路が突然作動した。
壊れかけた機械にはよくある事だw。

もう2年半前になるが、赤タフどんのシビエヘッドライトに合うH4バルブをヤフオクで探した時、なんかホコリまみれで傷だらけの‘新品バルブ’をつかまされた事があった。
そして、そのバルブを赤タフどんのヘッドライトに付けようとしたら、幅広い爪の幅が広過ぎてすぐには取り付けられなかった
アレって、H4バルブじゃなくて、HS1バルブだったんだねぇ。
だったら、ちゃんとHS1と言って売れよって話だし、汚れまくった新品だったのは変わらないから、我が怒りは消えないけどさw。

ただ、あらためてHS1の12V35/35Wバルブを調べてみると、低価格の物もけっこう出てるんだよね。
H4の35/35Wよりも、選択肢が多い。
ならば、逆に、幅広爪を自分でどうにかする事を前提に、HS1バルブを選ぶのもイイかもしれない。
それなら、予備にふさわしいスタンダードな球を買えるじゃん。
よし、そうしよう。
12V35WHS1.jpg
ハロゲンだし、日本製だし、めでたい^^。

ま、そんな感じの、雨の祝日の暇つぶしであった。

ひつまぶしが食いたい。

2010年09月04日

ニュートラルランプのLEDバルブ交換@19331km

先日の埼群県境舗装林道探索の際、CG125赤タフどんのニュートラルランプが点いたり点かなかったりするようになった。
基本的にはずっと点かないのだが、時々思いついたように緑に光って「おっ、直ったかな^^」と思わせといて、また消えるという困ったチャン。
この感じだと、エンジン側のセンサーよりも、メーター内のLEDバルブが怪しいぞ。
これだけ酷暑続きじゃあ、そりゃ熱害も出てくるわさ…。

という訳で、今日、オフの土曜日、LEDバルブを交換してみる事にした。

とは言っても、今日も朝から、とうてい9月とは思えない猛暑。
熊谷で37℃だという昼間に作業するのは、冗談抜きで生命の危機だ。
だから昼寝しましたよ、オッサンはw。
そして、夕方16時半、蚊取り線香を携えて作業開始。

積算走行距離19331km。
NeutralLED19331km2010_0904_165930.jpg
ほら、ギアはニュートラルなのに、キーをONにしてもニュートラルランプが点かないでしょ。
NeutralLED19331km2010_0904_165949.jpg

では、久しぶりにメーターユニットを、バイク本体から外してみましょう。

まずは、タコメーターケーブルとスピードメーターケーブルを外す。
NeutralLED19331km2010_0904_170127.jpg

それから、10mmのレンチで2個の固定ナットを外す。
NeutralLED19331km2010_0904_170411.jpg

はい、カパッとな^^。
NeutralLED19331km2010_0904_170520.jpg

メーター裏側は、こんな具合。
NeutralLED19331km2010_0904_170530.jpg

ニュートラルランプバルブの付いたソケットを、慎重に引き抜く。
NeutralLED19331km2010_0904_170658.jpg

キーをONにして、LEDバルブを指でつまんで揺らしたり引いたり押したりすると、時々ピカッと光る。
ふむ、コネクター部分やバルブ内部の細かいパーツに何らかの導電不良が起きているみたいですな。
新しいバルブに挿し替えてみよう。

赤タフどんのニュートラルバルブをLEDに交換したのは、2008年1月18日、10821km時。
2本セットで1300円のバルブを取り寄せて、T10ウェッジ白熱球と取り替えた。
その時の残りの1本を、工具箱の奥から出してみる。
NeutralLED19331km2010_0904_171150.jpg
外から見た分には、新旧の違いは全くわかりませんなw。
でも、挿し替えたら、新しいのはちゃんと点いたよ^^。
NeutralLED19331km2010_0904_170842.jpg
よし^^。
ま、回りを厚いラパーでカバーされて、熱のこもる黒い樹脂メーターボックス内で2年半も働かされていれば、いかにLEDとて9000km足らずでおかしくなるのはやむを得まい。

それでは、メーターを元に戻そう。

あ、その前に、メーターのジョイント部分とケーブル内部にオイルスプレーを少し吹き入れておこう。
NeutralLED19331km2010_0904_171822.jpg
こんな時じゃないと、なかなか注油しないものだからね。

はい、元通り^^。
NeutralLED19331km2010_0904_172557.jpg
めでたしめでたし…、だと思うw。

2010年07月19日

赤タフどんのバッテリー点検@18415km

今日・明日と連オフなのだが、今日はウチでおとなしくしていよう。
暦上の三連休の最終日、どこへ行っても人が多くて暑苦しそうだから。
そうでなくても、今日はあぢ〜;;;。
快晴なのは良いのだが、昨日に続いて今日も猛暑日。
7月19日にこれだと、8月はきっと「ナウシカ」の巨人兵みたいに溶けますな^^;。
がぉ〜とろりんこ。

それはともかく、明日は林道走りを堪能してこよう。
平日オフの利点を生かすのだ。
あぁ、極貧自由業バンザイ\(TOT)/。

で、点検し忘れていた事があるのに気付いたので、やっておいた。
それは、バッテリーの点検。
今年の正月に新品交換して以来、何のチェックもしていなかったので、猛暑を前に液量のチェックくらいはしとかないとね。

積算走行距離18415km。
BatteryCheck18415km2010_0719_143957.jpg
新品時からは7ヶ月、2000km走行だ。

左のサイドカバーを外し、バッテリーを取り外す。
BatteryCheck18415km2010_0719_144102.jpg

電解液がオーバーフローして乾いた白い痕が僅かに見られたけれど、それ以外は全く問題無し。
BatteryCheck18415km2010_0719_144416.jpg
バッテリー液量も、パッと見だと端っこのセルが減っているように見えるけど、実際はちゃんとアッパーレベルまで入っている。
BatteryCheck18415km2010_0719_144458.jpg
よしよし、半年は問題無く機能したな、さすがカミカゼだ^^。

後は、元通り組み付けて、おしまい。
さ、これで明日は心置きなく走れるぞ^^。

2010年01月04日

“KAMIKAZE”バッテリー装着@16404km

2007年12月中旬に赤タフどんCG125が我が家へやって来てから、早いもので2年が経った。
その間の走行距離は6000km弱だから、1年間ではわずか3000km足らず。
走らないから痛まない、いつもピカピカ赤タフどん(笑)。
でも、この使用環境はバッテリーにとってはやや厳しかったようで、どうもこの冬に入ってからバッテリーのヘタリ現象が著しい。
×走行時とアイドリング時の灯火類の明度変化が大きくなった。
×ウィンカーの明滅具合が鈍ってきた。
×先日の奥多摩散歩のように零度近い気温の中だと、エンジンの始動性やアイドリングの安定性が極端に低下してきた。
×何より、灯火類ON時と全OFF時とのエンジンの「つき」の差が、とても大きくなってきた。
これは寂しい…。

で、新しいバッテリーを買おうと、思った。

まず「ジョイフル本田」を覗いてみた。
そしたら、どーでしょ、そこの旦那。
なんとまぁ“FB3L-A”って、7000円近くもするんですよっ!
高っ!
こりゃ、他のショップを回っても無駄だろう。
ココより安いわけが無い…。

こうなりゃ途上国製は承知の上で、安いバッテリー買うかな。
例によって「ヤフオク」をチェック。
ふむふむ、どこの国製か分からないけれど、送料等込みでも3000円未満で買えそうだぞ。
よし、この際、一番安いのを買って、試してみよう!^^

2009年12月30日未明、“YB3L-A”1個を落札。
本体1400円+送料600円+かんたん決済手数料108円で、合計2108円。
年末なので物が届くのは年明けだろうと思っていたら、なんとまぁ翌31日に荷が着いたよ。
KAMIKAZE_16404km2009_1231_144425.jpg
ビックリだ(゜O゜)!

年越しは実家に行くので、セットアップ作業は年明けになるだろうけど、とり急ぎ開封チェック。
一皮剥くと、シンプルな白いボール紙箱に“YB3L-A”のハンコ。
KAMIKAZE_16404km2009_1231_144640.jpg
その中味は、電解液,注入用の赤いホース,バッテリー本体,電極取り付けネジ,ドレーンホースと、英文と日本語の質素な説明書。
KAMIKAZE_16404km2009_1231_145034.jpgKAMIKAZE_16404km2009_1231_145343.jpgKAMIKAZE_16404km2009_1231_145436.jpg
パッと見たところ、本体の作りは悪くない。
「バッテリーYB3L-A 新品 輸入品(ISO9001認証 自動車、バイクメーカー数社に純正採用されています。)」という売り文句も、なんとなく頷ける。

それにしても、“KAMIKAZE”かぁ…。
どこにも製造国の表記は無いけれど、中国とかアジア諸国製であることは間違い無いだろう。
それだけに、「神風」を名乗る製品は、なんとも色々な事を考えさせられる。
昔なら、日本以外のアジア各国の製品でこんな名前、あり得なかった。
でも、もう時代は変わったんだろうなぁ…。
もっとも、コレがヤワな製品だったとしても、それはそれで現在では‘名は体を表わす’になるけどさw。

さて、年も明け数日後の1月3日、自宅に戻ってきてセットアップ作業。

まずは電解液を慎重に注入。
KAMIKAZE_16404km2010_0103_153912.jpg
そして極板と電解液との初期反応が進むまでしばらく放置するのだが、気温が低いせいか小さなピチピチ泡の出方がかなりおとなしい。
不要かもしれないけど、やっぱりやっとこうね、初期充電。
KAMIKAZE_16404km2010_0103_154452.jpg
やっぱり充電器とつないだ当初は、充電電流量のメーターがけっこう振れた。
KAMIKAZE_16404km2010_0103_154513.jpg
けれど6時間ほど充電すると、メーターの振れも0.5くらいになり、反応の活性化を表わす飛沫も見られるようになった。
KAMIKAZE_16404km2010_0104_005200.jpg
よし、バッテリー本体の準備はこれで良かろう^^。

そして今日1月4日、さぁバッテリー交換だ。

今までのバッテリーを外し、並べて比べてみる。
KAMIKAZE_16404km2010_0104_152322.jpgKAMIKAZE_16404km2010_0104_152341.jpg
外形寸法は、もちろん同一。
ただ、端子の形状と厚みがちょっと違うかな。
KAMIKAZE_16404km2010_0104_152351.jpg
まぁ必要な強度さえ保たれていれば、こういうコストダウンは全然アリだわな^^。
KAMIKAZE_16404km2010_0104_153900.jpg
取り付けも全く問題なかったし^^。

積算走行距離16404km。
KAMIKAZE_16404km2010_0104_153921.jpg
さぁ、どうなるかな?^^
この値段なら1年半持ってくれれば御の字だぞ。

2009年12月07日

CG125のバッテリー補充電

本格的な冬の寒さを前に、赤タフどんCG125のバッテリーの補充電をした。
…なんて、実のところは、先日カブのバッテリー交換の際に久々にバッテリー充電器を引っ張り出してきたんで、せっかくだからもうちょっと活躍してもらおうと思っただけなんだけどさw。

積算走行距離、16225km。
BatteryJyuden16225km2009_1206_161255.jpg

左サイドカバーの中に、バッテリーはある。
BatteryJyuden16225km2009_1206_160646.jpg

以前にも書いたけど、バッテリーを取り外す時には、まずマイナス配線を外し、次にプラスを外す事。
BatteryJyuden16225km2009_1206_160836.jpg
バッテリー取り付け時は、逆にプラス→マイナスの順でつなごう。

そして、バッテリー充電器と接続。
BatteryJyuden16225km2009_1206_161552.jpg

…と、ここまでは、昨日の夕方の作業。
その後、無駄を承知で24時間充電。

今夕、仕事から帰宅して、バッテリーと充電器を外す。
バッテリーはほんのり暖かい。
BatteryJyuden16225km2009_1207_170925.jpg
そして、多くのセル内で、電解液面がアッパーレベルからやや低下。
バイク本体から取り外した時にはこうじゃなかったから、ちょいと蒸発したみたい。
浄水器を通した水道水を補充する。

そして、再び赤タフどん本体に取り付け。
まだ試乗も何にもしてない。
ま、特に何かが良くなったとも思わないけれど、悪くもなっているまい^^。

2009年11月12日

夜中の家探し

mucchiさんのカキコに触発されて、ちょいと狭い家の中を捜索…。

あ、ありましたぁ^^。
HeadStay-WinkerLens2009_1112_231141.jpg

ずいぶん前にヤフオクで落札した、CG125の中古パーツたち。
HeadStay-WinkerLens2009_1112_231203.jpg

左右ヘッドライトステー、曲がり無し、筒内やや錆あり。
HeadStay-WinkerLens2009_1112_231245.jpg

あと、前後左右のウィンカー。
HeadStay-WinkerLens2009_1112_231342.jpgHeadStay-WinkerLens2009_1112_231432.jpg

まっさらの新品ではないけれど、レンズもケースも大きな傷は無し。
HeadStay-WinkerLens2009_1112_231527.jpg

これら全部で、送込み4400円くらい。
そこそこ安かったせいか、ありがたみが薄くて家の隅で眠ってたw。
時間があったら、せっかくだから赤タフどんのウィンカー、こっちのキレイなのに交換するかな^^。