2016年10月05日

ようやく納税

金欠病が重症だったためサボっていたが、年度後半に入ってようやく今日バイクの軽自動車税を納めた。
CA3I0763.JPG
2000円x3台+2400円x2台+3600円x1台で、合計14400円。
安かないけど、6台分だから仕方ない(>_<)。
でも、当分乗らない(乗れない)50cc2台は、来年の3月末までに一旦ナンバー返納しようかな…。

2015年11月25日

125〜250ccのバイク(軽二輪)の名義変更についての資料

昔バイク乗りだった頃も、13年前に復帰してからも、原付以外のバイクの名義変更を自分でやった事が無いので、ネットで調べてみた。

ふむふむ、簡単なんだな。
要するに、原付は市役所で手続したけれど、軽二輪は陸事なわけだ。

下の記事を参考に、年内に手続きしよう。
じゃないと、来年また税金の催促が前オーナーに行っちゃうからw。

3分でわかるバイク名義変更 250cc

名義変更(移転登録)/126cc以上250cc以下のバイクの手続き

2014年07月08日

郵便カブ

新宿で見かけた郵便カブ。
C110ProJA10 140708.JPG
配備されたばかりなんだろな。
ピカピカだ。
かっこいい^^。

2014年05月03日

はたらくカブ

玄関ドアを塗るためのペイントを買いに、クルマでホームセンター「オリンピック」へ向かう途中、信号待ちの時に食べ物屋の前の2台のカブに目が留まった。
GenkanPaint001 20140503.JPG
燦燦たる陽光のもとで輝く2台。
手前のヤツはエンジンが黒いからインジェクション仕様で、奥はキャブだな。
カッコイイねぇ、はたらくカブ。
キック始動時に靴が擦れて付いたのであろうサイドカバーの黒ずみ方なんて、すごく素敵だ。
僕らは見慣れているけれど、リアの「岡持ち器」だって、海外、とくに欧米のバイク乗りからしたら驚きのシステムだろう。

あぁ、僕も走りたい。
GWのうちの1日は絶対カブで走るぞ!

2014年02月14日

郵便カブは行く

先週に続いての大雪の中、クルマで西東京の実家へ向かう。
途中、何度もカブを見た。
郵便配達のカブだ。
Snow20140214 193824.JPG
チェーンを巻いているのだろうか?
スタッドレス?
いずれにせよ、少しフラフラとしかし意地を感じさせる走りでカブは行く。
これだから、カブはカッコイイ。
そして、美しい。

2013年01月14日

やるなぁタイ・ホンダ^^

1月9日付で、ホンダから、MSX125というバイクについてのアナウンスが出た。

タイで125cc新型スポーツモデル「MSX125」を発売

こりゃ、イイ(^o^)。
MSX125 thaihonda 20130109.jpg
WAVE125iの横型エンジンなら、信頼性にはまったく問題無し。
ヘッドライトの形状が少々アジア風味過ぎるけれど、全体のズングリ感はすごく好ましい。
線の細さを感じるエイプやXRより、個人的にはコッチだなぁ。

色んな規制関係上、日本国内へホンダが直々に販売するとは思えないけれど、間違いなく輸入販売はされるだろう。
幾らかなぁ?
23万くらい?
欲しいなぁ。
カネ無いから絶対買えないけど、誰かくれ。
置き場所はどうにかするからw。

2012年06月18日

他人の褌

☆「他人(ひと)の褌(ふんどし)で相撲をとる」…他人の物を使って自分の役に立てる事のたとえ。

昨日は静岡県西部で10〜17時の仕事だったのだが、その後、Nさん邸のガレージで有志によるBBQ飲み会があった。
このNさん、某ドイツ車のディーラーの社長さんを創業から務められ先日勇退された方で、とてもダンディーで明るい素敵なオッサン^^。
この生活の変化を機に教習所に通い、小型二輪の免許を取られた。
そして、何に乗るか色々迷った末、つい最近“SUZUKI/GN125H”を購入されたのだ。
小排気量車愛好者としては、興味津々。
せっかく機会なので、Nさんにお願いして飲み会の始めにじっくり見せてもらい、写真を撮りまくった。

“SUZUKI/GN125H”。
N's GN125H 2012061720120617-173705.JPGN's GN125H 2012061720120617-174703.JPGN's GN125H 2012061720120617-174654.JPG
新車だから、当然ながらピカピカ^^。
N's GN125H 2012061720120617-174618.JPGN's GN125H 2012061720120617-174638.JPGN's GN125H 2012061720120617-174002.JPG
各部品のクオリティーコントロールもキチンとできてる感じだな、中国スズキ。
N's GN125H 2012061720120617-173745.JPGN's GN125H 2012061720120617-173806.JPGN's GN125H 2012061720120617-173756.JPG
乗車姿勢も楽だし、スイッチ類の操作感もグッド。
N's GN125H 2012061720120617-173821.JPGN's GN125H 2012061720120617-173846.JPG
フロントはディスクブレーキ、リアはドラム、そしてキャストホイールでタイヤは“SAKURA”。
N's GN125H 2012061720120617-174042.JPGN's GN125H 2012061720120617-174100.JPGN's GN125H 2012061720120617-174728.JPG
前後可倒式のステップと、アメリカンらしくゴツいメッキサス。
N's GN125H 2012061720120617-174828.JPGN's GN125H 2012061720120617-174844.JPGN's GN125H 2012061720120617-174747.JPG
12馬力の単気筒4ストエンジン、キャブは“MIKUNI”。
N's GN125H 2012061720120617-173909.JPGN's GN125H 2012061720120617-173945.JPGN's GN125H 2012061720120617-175633.JPG

うん、良い良い。
大切に慣らしていってくださいね^^。
そして、何より安全運転を!

2012年05月18日

スーパーカブ50 フルチェンジ

5月17日付で、ホンダがスーパーカブ50のフルモデルチェンジを発表した。
http://www.honda.co.jp/news/2012/2120517-cub.html
NewSuperCub50.jpg
基本構造を、先だってモデルチェンジしたスーパーカブ110と統合したわけだ。
NewSuperCub110.jpg
個人的には、この「薄ら笑いを浮かべた東洋人」っぽい顔はどうしても好きになれないけれど、売れる所で作るのが一番合理的だから仕方ないわな。
こうなった以上は、ホンダの意地と威信をかけて中国のホンダ工場のクオリティーを上げてもらうしかないだろう。

えっと、そうすると、他のカブはどうなるんだ?
SuperCub110Pro.jpg
スーパーカブ110プロは、いいとして…。
従来型構造のリトルカブやプレスカブは?
LittleCub.jpgPressCub50.jpg
これらはまだカタログ落ちしていないけど、これから消えるのかな?

特にプレスカブ。
郵政カブ以上に過酷と思える新聞配達用50ccカブだけど、中国ホンダで、現在と同等以上の物作れるのだろうか?
逆に言うと、作れるなら、スーパーカブもこれで安泰じゃんとも思う。
しかし、もしできないなら、中国ホンダ製のスーパーカブって、その名に値しないよ。

ホンダ本社の強固な指導力に期待しよう。

2012年02月26日

中と泰と日

先日発表された、中国ホンダ「新大洲本田摩托有限公司」の製造する新型スーパーカブ110の事が、なんだか変な具合に心に引っ掛かってしょうがない。
NewSuperCub110.jpgNewSuperCub110 Front.jpgNewSuperCub110 Rear.jpgNewSuperCub110Meter.jpg

カブ110の生産は今回、中国に移されたわけだが、そういえばタイカブの現在はどうなっているんだろう…。

調べてみて、新しいDREAM110-iが出ている事を知った。
ThaiHondaDream110-i.jpgDream110-i Front.jpgDream110-i Rear.jpgThaiHondaDream110-iMeter.jpg

う〜ん…;;;。
何と言うか…、
更にすごく色んな事を考えさせられるなぁ…。

新型スーパーカブ110は、228900円。
DREAM110-iは、「エンデューロ」扱いで、225750円です。
110ccのカブタイプバイクの新車をお探しの方はご検討あれ^^。

僕は、やっぱり、当分コレがイイや。
ComeBackl@28452km20120224-162226.JPG
ま、そーゆーオチの話でした(笑)。

2012年02月22日

う〜ん…

2月20日付で、新しい「スーパーカブ110」が発表された

むろんホンダのサイトでも紹介されている

う〜ん…。
思わずうなる…。
ものすごく色々な思いが湧いてくる…。

が、敢えて一言でいうなら、「このごつすぎるハンドル回りのデザインはひどい」。
NewSuperCub110.jpg
こんな重ったるくてボテ〜っとしたハンドルやインパネのカブなんか、乗りたくないや。

もしも110買うなら、タイ生産の旧型か、110プロか、タイホンダのWAVEの方がずっとイイな。
あるいは、スクーターになったベンリィ110とか。

こうなってくると、キャブ仕様の中古カブの市場価値はものすごく高まるぞ。
キャブ仕様の中古買ってボアアップした方が、趣味人としては、はるかにスッキリと質実剛健なバイクに乗れるもの。

あ〜、ガッカリ。

2011年10月26日

CLYMERのマニュアル

0時40分、電車移動だった静岡県西部日帰り仕事から帰宅すると、1通の国際便が届いていた。
ClymerManual2011_1027_013054.jpg
半月ほど前にeBay経由で発注した、“CLYMER/HONDA 100-350cc OHC SINGLES・1969-1982”だ。
ClymerManual2011_1027_013306.jpg
送料込みで$37.95。
これがPayPalの日本円換算で2985円なのよ。
すごいね、円高。
ウチのフィールドトリッパーよりもずっと古いTL125のデーターしか載っていないけれど、この値段なら何となく欲しいでしょw。
ClymerManual2011_1027_013321.jpg
CLYMERのマニュアルを買ったのは初めてだけど、やっぱりHAYNESとはずいぶん違う感じだ。
写真が多くて、しかもわりとキレイに写った写真だもん、潰れてないもんw。
ClymerManual2011_1027_013942.jpgClymerManual2011_1027_013957.jpg
記事にHAYNESよりやや初心者向けの丁寧さがある感じで、何にも知らない僕としてはありがたい。
ClymerManual2011_1027_014330.jpg
古いデーターが載っていたりするのも、参考資料としてはありがたい。
ClymerManual2011_1027_013819.jpg
ま、ひとつの読み物として、ひまな時にぼちぼち覗いていこう。

2011年10月19日

TL125J用リプリント版サービスマニュアルとパーツリスト購入

先ほど、佐川急便で、Webikeからの荷が届いた。
SMandPL2011_1020_215210.jpg
約1ヶ月前に発注した、TL125J用のホンダによるリプリント版のサービスマニュアルとパーツリストだ。

サービスマニュアルは、9165円。
SMandPL2011_1020_215442.jpg

パーツリストは、5640円。
SMandPL2011_1020_215521.jpg

安くは無いけれど、ヤフオクなどでのこの機種のサービスマニュアルやパーツリストの「当時物」が馬鹿げた値段で売られているのを考えると、この価格で最新の新品資料が手に入るのだから‘オトナとして’文句は無い。
さぁ、これで色んな意味で準備が整ったぞ^^。

2011年09月08日

ヘインズのカブ用マニュアル

eBay経由で、こんなのも買った。
HayneManual2108yen2011_0907_221547.jpg
Haynesの“HONDA C50,C70 & C90,Service and Repair Manual,1967 to 2003”。
HayneManual2108yen2011_0907_221710.jpg
送料込みで2108円。
一番安い出品者を選んだら、わりと安く買えた。
ただ、PayPal経由の英ポンド決済なんで、円高の旨味はあんまり無かったけどね^^。

掲載されている型式・年式は、次の通り。
HayneManual2108yen2011_0907_221833.jpgHayneManual2108yen2011_0907_221848.jpg
青カブ君のC70cも、もちろん載ってる。
と言うか、表紙の赤いのはたぶんC90cだな。
ウィンカーやシートの形状が日本仕様と違うのが面白い。

中味は、うん、CG125なんかで見慣れたHaynes仕様。
HayneManual2108yen2011_0907_222154.jpgHayneManual2108yen2011_0907_222024.jpg
サービスデーターの細かな数値とかが、日本版のホンダ純正マニュアルとちょっと違う所があるような気がするなぁ…。
ま、暇な時に見比べてみよっと。

2011年03月23日

2スト原付メンテの参考に

今月11日の悲愴な東日本大震災発生以降、通勤時しかバイクには乗っていない。
近場の買い物も自転車。
こんな時にバイク乗り回しながらヘラヘラ遊ぶ気にはなれないので、あまりに多くの犠牲者への喪に服しつつ、今月いっぱいはおとなしくしていよう。

ただ、被災地の復興がスタートし始めたら、積極的に北へ走るぞ。
北へ行って、オカネを落とそう。
小銭しか落とせないとしても、小さな事からコツコツと。
原発トラブルがある程度おさまったら、予定通り福島の白河ラーメン探訪も行こう。
ちぢれて待ってろ、白河手打中華そばっ!

ま、そんな事をブツブツつぶやきながら日々を過ごしているのだが、今日は本屋に立ち寄って2冊ほどバイク趣味用の資料を仕入れてきた。
Shopping2011_0323_184242.jpg
その1冊は、「ツーリング生活の道案内 バイク旅行」という三栄書房の雑誌。
表紙の右上に「2011 第1号」と記してあるけど、ひょっとしてこれが創刊号なのかな?
今まで見た事無い気がする…。
ま、トンマなオッサンなんで、今までずっと見落としてきただけかもしれないけどさw。
中は、写真も多くて、気楽な感じのバイク遠足本っぽいので、暇な時間にじっくり読んでツーリング計画の参考にしよっと。

もう1冊は、久しぶりに買った「モトメンテナンス」。
今の号に2ストエンジンのメンテ特集が載っているのは以前から表紙を見て知っていたけど、1300円もする雑誌なので、これまで中は覗いてなかった。
でも、ちょっと立ち読みしてみたら、うん、こりゃ、初心者オッサンにとってはK50整備の参考書になりそうだわ。
RZみたいな水冷2ストメインかと思ってたら、ヤマハのジッピーなんてのをいじってるよ。
Shopping2011_0323_184351.jpg
見てるだけでも楽しいから、買いっ^^。

あぁ、またのんきにバイクに乗りたいな…。
でも、これからは、のんきでいられる事のありがたさを噛み締めながらのんきに、ね。

2011年01月11日

オッサンイチコロ(´〜`)

来たる2月1日、1台の大型バイクが販売開始になる。
W800-1.jpg
KAWASAKI/W800
W800-2.jpg
“W400”と“W650”を廃止してコチラに統合したわけだが、いかにもカワサキらしい英断だと思う。

ターゲットは、どう見たって「オッサンライダー」w。
あからさまなほどの「作られたトラディショナル・ルック」ではある。
でも、ダメなのよ…、このオッサンなんかもうイチコロ。
コレが出ると知ってから、以前にも増して大型2輪免許が取りたくて取りたくてしょうがない。

バーチカルツインで、ボア77mmxストローク83mmのロングストロークエンジン。
ほんと見事に「気を付け〜っ!」してるでしょ。
姿勢良くて健気じゃん^^。
現代的にインジェクション仕様で4バルブSOHCだけど、カム駆動は、チェーンじゃなくてべベルギアっちゅう物。
W800-3.jpg
個性的です、カワサキです^^。
スポーツバイクだと、パワーに負けたギアの舐めや欠けが相当怖いけど、この手のツーリングバイクなら有り得るシステム。
逆に、乗り手に穏やかさを求めるバイクとして、性格がハッキリしてていいじゃん^^。
そして、なんてったって空冷エンジンというところが素晴らしい!
4ストバイクのエンジンってのは、やっぱ空冷だぜ(o^-')b。

85万円かぁ…
W800-4.jpg
妥当な値付けだなぁ…。
いいなぁ…。
W800-5.jpg
逆に言うと、コレ以外に現行の大型バイクで乗りたいモデルは、私には無いや。

あ〜、欲しい〜っ!ヾ(`っ´)ノシ
頑張って免許取るから、土地とカネをくれ〜っ!