2009年10月25日

CG125 クラッチケーブル注油

タコメーターケーブルに続いて、クラッチケーブルにも注油した。

積算走行距離15563km。
OilClutchCable2009_1025_150759.jpg
まず、クラッチレバーとケーブルの接続部分のアジャスターをねじ込んでいって、ケーブルの遊びが多い状態にしてみた。
OilClutchCable2009_1025_142619.jpgOilClutchCable2009_1025_142657.jpg
これでケーブルを外せるかと思ったら、まだ‘遊び’が足りないので、次に、エンジン側のクラッチケーブルアジャスターをねじ込んでやる。
ダブルナットで固定されているので、スパナが2本要る。
OilClutchCable2009_1025_143201.jpgOilClutchCable2009_1025_143946.jpg
そして、クラッチレバーとケーブルを分離。
OilClutchCable2009_1025_144016.jpgOilClutchCable2009_1025_144116.jpg
さて、ここで登場するのは、実に久しぶりのワイヤーインジェクター君。
いやぁ、何年ぶりだろ。
あんまり使ってないから、ピカピカじゃんw。
OilClutchCable2009_1025_144400.jpg
コレをケーブルにセットして、スプレーオイルを細管でシューっ!
OilClutchCable2009_1025_144650.jpg
たっぷりと注入。
何年分も入れた〜♪。
あとは、ケーブルの再装着。
OilClutchCable2009_1025_150555.jpgOilClutchCable2009_1025_150741.jpg
要所要所には、モリブデングリーススプレーを吹く。
さぁ、これでどうだ、少しは軽くなったか?
はい^^。
クラッチレバーを握るための力が少なめで良くなったとともに、手を開く(クラッチをつなぐ)時にもバネで戻ろうとする力が強くなった。
なんか軽々キビキビですな。
これなら赤タフどん遠足でも、左手が音を上げたりしないかな?
もしもこれでダメなら、次は筋トレだぞっ!
posted by REI at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CG125 タコメーターケーブルの清掃・注油

昨夜から降り続いた小雨が、昼過ぎに止んだ。
さてと、せっかくの日曜オフ日、ちょっとだけでもバイクいじりするか。

まずは、針の動きがなんかおかしなタコメーターだ。
先達のアドバイスによるとメーター本体が怪しいようなのだけど、その前に今すぐできる事をやってみよう。
OilTacoMeterCable2009_1025_153229.jpg
積算走行距離15563km。
ここまで、私自身はタコケーブルの手入れはしていない。
そして、おそらくは前オーナーもしていない。
作られて11年間15000km以上もノーメンテのケーブルだから、動きが渋くなったとしても当然なんだ。

まずはタコメーターケーブルのメーター側とエンジン側のコネクターを外す。
OilTacoMeterCable2009_1025_150936.jpgOilTacoMeterCable2009_1025_151342.jpg
そして、芯線を抜き出す。
OilTacoMeterCable2009_1025_151607.jpgOilTacoMeterCable2009_1025_151620.jpg
あらま、予想していたより赤茶けているぞ。
OilTacoMeterCable2009_1025_151931.jpg
全体的に乾いていて、部分的に赤錆も出ているので、CRC5-56とボロ布で汚れと錆を良く拭い取った。
そして、スプレーのモリブデンスプレーを全体に吹き付ける。
OilTacoMeterCable2009_1025_151909.jpg
芯線は、これでよし。

今度は、ケーブルカバーの方。
まずは、メーター接続側から大量のスプレーオイルを吹き込む。
OilTacoMeterCable2009_1025_152146.jpg
すると下から、グレーに濁ったオイルがドバーっ!
うわっ、また、たまってましたなぁ。
遠い昔の浣腸が思い出されます。
そして、これをしばらく続けた後、モリブデングリースをスプレーで吹き込む。
OilTacoMeterCable2009_1025_152424.jpg
潤滑浸透オイルだけだとすぐ無くなっちゃうし、グリースだけだと極寒期には硬くなるから、両方混ぜて使えばちょうど良いかなと思いまして、このように…。

そして、接続部分の凹凸や■◇がキチンと合うように気をつけながら、ケーブルを丁寧に再セット。
OilTacoMeterCable2009_1025_153147.jpgOilTacoMeterCable2009_1025_153210.jpg

さぁ、どうだ?
近所を試走。
ふむふむ、‘常用回転域’では今まで通り何の不具合も無し。
バイパスに出て8000回転くらいまで回してみても、無問題。
心なしか、以前より少し指針の揺れが少なくて、動きがスムーズかも…。
気のせいかも…w。
日曜午後で道が混んでいるので、信号からのダッシュで2回だけ9000回転まで上げられたけれど、その2回に関してはキレイに表示されていた。
直ったかも…。
でも、‘高速巡航’でもこの表示が続くのかどうかは、確認できず。
また後日、現実的交通安全確保のための高速巡航が必要とされる時に、チェックしよう。
posted by REI at 20:21| Comment(2) | TrackBack(0) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CG125 不具合メモ

先日の那須紅葉遠足の途中、赤タフどんの不具合に気付いた。
忘れないうちに、メモっておこう。

@タコメーターの動作がヘンっぽい

R4を走っていると、安全のためには否応なくしばしばフルスロットル走行をせねばならないのだが、その際、タコメーターの指針がおかしな動きをする。
7〜8000回転くらいまでは問題無く動くのだが、その先、アクセルを戻してもいないのに針がフラフラと下降して7000あたりでウロウロしたり、9000あたりでブルブル震えたり…。
タコメーター自体の異常?
あるいは、ケーブルの異常?
ともかく、とりあえず近日中にタコケーブルに注油して、エンジンとメーターとのコネクター部分がキチンと挿されているかもチェックしてみよう。

Aクラッチレバーが重い

気温が下がってクラッチケーブルの動きが渋くなったためか、ツーリング途中からクラッチレバーが重くてまいった。
あんなに左手が痛くなったのは久々…、いや初めてかも。
ともかく、こちらも近日中にケーブルに注油してみよう。
ついでに、フロントブレーキワイヤにも。

B右ミラーの枠に小錆あり

右のパックミラーの金属製の枠の一部に、赤い錆が出ている。
メッキが剥げたらしい。
銀色のタッチアップでもしておこう。

Cハンドルに小物入れを付けよう

料金所を少しでもスムーズに通過するために、支払う小銭や受け取る領収書を入れるための小物入れをハンドルに付けてみよう。
ごくごく簡単な物でイイ。
100均で何か小さな樹脂容器を探すか。

Dグリップをソフトな物に替えよう

先日、青カブ君に‘衝撃吸収’タイプのグリップを付けた。
その塩梅のイイ感触に慣れてきたせいで、どうも赤タフどんの純正グリップが硬くて疲れる感じがするようになった。
それも今回のように400km以上走ると、「もっと優しいグリップがイイな」とハッキリ思えた。
替えよう。
posted by REI at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

赤タフどんのお手入れ

早朝の地震には驚かされたけれど、心配された台風9号の上陸もなく、今日は昼前から晴れてきた。
さぁ、バイクカバーを剥がして、濡れたバイクたちをひと磨きしよう。
濡れたままだと風邪ひいちゃうからねw。
PetCageSetting2009_0811_144622.jpg
では、まず、しばらくほったらかしだった赤タフどんのお手入れから。

ガラスクリーナーやらクリーナーワックスやら5-56やらで、全体を拭いてやる。
赤錆が出ている所は、スチールウールも使う。
よし、きれいになったぞ^^。

ふと、左リアウィンカーがわずかに曲がっているのに気づいた。
ふうん、いつの間にこんなになってたんだろ…?
ウォータープライヤーやハンマーで、はさんだり、押したり、引いたり、叩いたりしながら、入念に角度調整。
なんてったって時間はたっぷりあるからね^^。
よし、左右均等に戻ったぞ^^。

久しぶりにエンジンもかけてみる。
おぉ、キック一発で難なく始動。
すんばらしいっ!^^

キレイな黒いのも来たけれど、赤いのも負けてはいません^^。
この夏、赤タフどんで那須高原あたりに行ければなぁと思ってはいるんだけど、どうなりますやら…。
posted by REI at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

腹イッパイでホイール磨き

晴天の木曜日。
今日はオフ日〜♪。
寒さもさほど厳しくないから、今日は赤タフどん磨きでもしようかな^^。

でも、その前に腹ごしらえ^^。
いってきまぁす(^-^)。
WheelCleaning2009_0219_124714.jpg

向かったのは入間の「古都」。
なんか今日は‘蕎麦で腹イッパイ気分’なので、「古都冷やしそば」を注文。
WheelCleaning2009_0219_132826.jpg
‘冷やしそば’なのに揚げたての天ぷらが山盛りで、920円。
歯応えのシッカリした手打ち蕎麦も、美味しゅうございました^^。
ごちそうさまでした (-人-)。

さぁ、たくさん食ったら、たくさん動こう。
玄関前で地面のコンクリートに直に座って、ジックリと赤タフどんのホイール磨き。
WheelCleaning2009_0219_161746.jpgWheelCleaning2009_0219_161802.jpg
よし^^。
靴といっしょで、足元がスッキリすると凛々しく見えますな。
WheelCleaning2009_0219_161919.jpg

あ、自分のスニーカーも、たまには汚れ落とししておくか…。
posted by REI at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

赤タフどんの洗車初め

今日はオフだった。
雲の多い天気で少し寒かったけれど、気合いで、赤タフどんの洗車をした。

昨年のツーリング以来、足回り中心に汚れが付いたままだったので、ガラスクリーナーとクリーナーワックスと5-56とボロ布でクリーニング。
FI2619035_1E.jpg
ハイ、キレイになりました^^。

2008年12月13日にウチにやって来てから、早いものでもう1年以上経った。
ローンの支払いも、昨年の10月にはめでたく終わっている^^。
もう完全に‘僕のもの’だぜ、イヒヒのヒ。

青カブ君ともども、今年もよろしく〜♪。
posted by REI at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

赤タフどんのバックミラーのお手入れ

せっかくの晴れの休日。
赤タフどんの‘なめネジ’の具合を更に悪化させただけで終わるのは、あまりに悔しい。
もったいない。

それで、ちょっと気になっていた所の補修作業。
右のバックミラーのメッキ枠が、一部だけ赤錆を噴いているのだ。
FI2618988_1E.jpg
こんな所、自分では何処かに打ちつけたり擦ったりした記憶は無いのだけれど、何故かメッキが剥がれている。
駐車中に、誰かが何かしたのかなぁ...?
ともかく、錆が気になる度にCRC5-56と布で拭き取ってきたのだけれど、めんどくさいので、ちょっとタッチアップしておこう。

まずは、マイナスドライバーで錆を擦り落とす。
FI2618988_2E.jpg
この時、5-56は使わない。
あとで、タッチアップする時に、脱脂するのがめんどうだから。

錆がこそげ落ちたら、患部を布で良く拭く。
もちろん、マメな人はシンナー等で脱脂すると、更に良し^^。

そして、塗料でタッチアップするのだが、手元に錆止め用のジンク塗料が無いっ!
買ったはずなのに、見つからない...。

仕方ないので、シルバーのペイントマーカーでチョチョイのチョイ。
FI2618988_3E.jpg
薄く2,3度重ね塗りしてから、小1時間放置...。
しかる後に乾いた布で軽く周辺を拭いてやると、メッキに乗った部分の塗料は擦り落とされて、傷口にだけペイントが残る。

で、こんな感じ。
FI2618988_4E.jpg
もちろん良く見りゃメッキじゃないのは分かるけど、赤錆よりもよっぽどマシだわさ。
うんうん、上等上等^^。

最後に、ガラスクリーナーを使ってミラー表面をクリーニング。
不精者なので、バイクにしてもクルマにしても、ガラスクリーナーでミラーを磨くなんてあんまりしないのですわ。
でも、やってみると、やっぱりキレイになるねぇ^^。
FI2618988_5E.jpg
こういう所も、もっとマメに手入れしてやらないとダメだな。
反省〜♪。

という訳で、大敗北もあった休日だったけど、ちょっとだけ取り戻せて終えられたかな。
めでたしめでたし(-人-)パチ(-人-)パチ(-人-)パチ-人-)パチパチパチ...。
posted by REI at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

マーフィーの法則

昨夜は、久しぶりのバイク散歩の疲れで、怒涛のバタンキュー。
正直なところ、何時まで起きていて何時に眠ったのか全く憶えていないw。
ともかく、朝7時過ぎに目覚めると、自分がパソコンの近くの床に転がっていたのだった。
パソの電源は消してあるけど、部屋の電気は点けっぱなし。
「電気は大切にね!^^」 by でん子。
窓の外は、曇り。
こりゃ午後からはまた雨かもなぁ。
その前に、赤タフどんの掃除をしてやろっと。

フロント周りは、エンジンも含めてそれほど汚れてない。
FI2618953_2E.jpg
でも、リア周りは、泥水の乾いた跡で覆われている。
スイングアームなんて、灰色に近い。
FI2618953_3E.jpg
昨日、雨こそ大して降られなかったけれど、降雨後と思われる路面はたくさん走ったからなぁ。
帰りのR140なんてずうっとウェット路面だった。
FI2618953_4E.jpg
秩父界隈の路面の泥水って、石灰分が多く含まれているから、ほっとくと金属表面に貼り付いて錆びを呼ぶ。

さぁ、めんどくさいけど、ささっとお掃除しよう。
ガラスクリーナー,水入らずワックス,CRC5-56,ぼろ布。
FI2618953_5E.jpg
これが私のバイク用お掃除用品のベース。
30分くらいの作業で、はい、キレイ(^-^)。
…と思ったら、ポツ…ポツ…ポツポツ…。
あらぁ、雨ですわ。

マーフィーの法則「洗車をすると雨が降る」は、今もって揺るぎ無し。
posted by REI at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

ハンドルの角度調整

昨日の第2回「小排気量友の会」では、我が国のCG125ライダー界における2人の偉大な先達、chanchさんとmucchiさんのマシンにも乗る事が出来た。
そして、とても多くの‘感覚情報’を得る事が出来た。
見かけだけはピカピカのウチの赤タフどんだが、まだまだこれからやらねばならない事や心がけねばならない事が残っている事を思い知った。
やっぱり、時間をかけねば醸し出せないジャスト・チューニングってのも、あるんだよなぁ…。

さて、その中で最もベーシックな事柄をひとつ、さっさと‘カイゼン’してしまおう。
それは、フロントフォークとハンドルの角度。
chanchさんに赤タフどんに乗ってもらった際に指摘されたのだけれど、ハンドルの角度が不自然なほどに立ち過ぎているのだ。
FI2618917_1E.jpg
そして、「ひょっとしたら純正ハンドルではないかも…」とも。

ほぉい、角度調整がてら、ちょいと確認してみま〜す^^。

10mmソケットで4本のボルトを回し外して、ブラケットの上部分を外した。
角度調整だけならこんな事しなくても良いのだけれど、ハンドルのスプラインの具合とかも見てみたかったのだ。
FI2618917_2E.jpg
う〜ん、ハンドル固定部とスプラインがここまでピッタリだと、純正ハンドルだとは思うなぁ。
ただ、たしかにmucchiさんのハンドルとは僅かに‘絞り具合’が違う気もするので、前オーナーが何かやったのかな?
あるいは…、CG125名物の‘純正部品なのにちょっと違う物’なのかなww。
ま、ともかく、そんなに変な物が付いているわけではないようなので、特に交換とかは考えないでおこう。

で、ハンドルの取り付け角度を調整して、ブラケットのボルトを再び締め付ける。
あ、ハンドルの固定部に関しては、前の2本をシッカリ締め付けてから、後ろの2本を締め付ける事。
これは、ハンドル固定の鉄則ね^^。
FI2618917_3E.jpg

フロントフォークとハンドルの‘立ち上がり部分’が平行になるように、調整。
またがってチェックしながら、左右のレバーやミラーも適切な角度になるように、取り付け部分を調整。
かくして、こんな具合に。
FI2618917_4E.jpg
うんうん、以前よりも自然じゃん。
mucchiさんのも、こんな感じだった。

試走してみると、今までよりも少し上半身が前傾し、脇が閉まるので、車体との一体感がある。
長距離走った時の尻の痛みも、少なくなりそうな気がする。
こりゃ、良いわぃ(^-^)。

よし、また、夏の間にどっか行こうな、赤タフどんよ。
FI2618917_5E.jpg
posted by REI at 17:34| Comment(5) | TrackBack(0) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

【防忘録】夏本番までの赤タフどん整備予定項目

○パルブクリアランス調整

○スパークプラグのイリジウム化

○ドライブスプロケットの16T化

○エアフィルターの点検・清掃

○遠心フィルター清掃

我ながら、どれもこれも、「まだやってないのかよ」って話しだよなぁ…。
posted by REI at 16:02| Comment(3) | TrackBack(0) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

ステップ固定ボルト補填

先日1本が抜け落ちているのが発覚した、赤タフどんのステップ固定ボルト。

ホンダ純正パーツを取り寄せるのが一番賢いのだろうけれど、私は賢くないのでw、敢えて市販のボルトを試してみる事にした。
それに滑り止めとしてスプリングワッシャーも使ってみたかったしね。
という訳で、昨日「ジョイフル本田 瑞穂店」にて、M8x20のユニクロメッキボルト(@12円)とスプリングワッシャー(@4円)とプレーンワッシャー(@4円)をそれぞれ4個ずつ購入。
しめて80円。
FI2618878_1E.jpg
バラ売りしてくれるからイイよな「ジョイ本」(^-^)。

あ、そだ。
2階のフードスペースのさぬきうどん店が「はなまるうどん」に替わっていた。
以前の所があんまりだったので、これで少しマシになるかな…。
実際、行列がいつになく長かったし、お客さんは良く知ってるよ。
ま、チェーン店ってその店その店で出来栄えが思いの外大きいから、今度行った時に試食してみよっと。

閑話休題…。


昼過ぎからの雨も止んだので、夜の仕事に出る前に、チョチョイとステップのボルト補填作業。
4本ともユニクロボルトに交換してしまう手もあるけれど、色々考えて今回は、前2本をスプリングワッシャー込みのユニクロボルトに交換した。
後ろ2本は、今までの純正フランジボルト。
FI2618878_2E.jpg
これで、もしどちらかが脱落しても、純正1個とユニクロ2個が予備として手元にあるから、もうあわてる事もあるまい。

さぁ、ではこれから、ドッチが先に抜け落ちるか、勝負だぁっ(笑)。

ついでに、パーツクリーナーとボロ布でエンジンの‘下っ腹’を良く拭いてあげて、はい、キレイキレイよちよち^^。
このGW中に、なんとかいっぺんくらい遠足へ行こうな、赤タフどんよ。
posted by REI at 15:31| Comment(5) | TrackBack(0) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

無駄遣いの自覚

昨日、こんな荷物が届いた。
FI2618872_1E.jpg

まだ梱包を解いていないが、中味はコレだ。
FI2618872_2E.jpg
ヤフオク落札金額1200円+送料850円。

‘汎用品’だが、CB125JXにこんな風に付いていたらしい。
FI2618872_3E.jpg

プチプチ梱包の切れ目から、おそるおそる観察…。
FI2618872_4E.jpg
サビが出ているのは写真から覚悟していたが、思ったほど深くはなさそう。
FI2618872_5E.jpg
この程度だったら、ワイヤーブラシやスチールウールで擦れば、どうにかなるかな。

こんなガード、赤タフどんに本当に付けるかどうかも分からないから、まごう事無き無駄遣いではある(苦笑)。
ま、寂しいオッサンの、深夜ヨッパの成果なのだよ…。
posted by REI at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

赤タフどん異常無し

連オフ、2日目。
穏やかな晴天だったけれど、猫の額のような庭の木の選定やらなんやかんやで、バイク遠足には行けなかった。
ま、この時期、日曜日は何処へ行っても混んでいるだろうから、今度の平日オフに出掛ければいいさ(^-^)。

で、夕方、ちょっとだけバイクいじり。
久々に赤タフどんCG125のエンジンをかけてやる。
前回乗ったのは、何時だったろう?
もう1ヶ月以上カバーを被ったままで置いてあったような気がする。

ちゃんとかかるかな?
バッテリーあがってないかな?

キーを挿す前に、空キックを数回。
ちょっとでもオイルを回す為に…、気休めだろうけどw。
そして、キーを挿し、ONにし、チョークレバーを1段引いて、キーック!

あっ(゜O゜)!

1発でかかりました。
めでたいv(^ ^)。

で、しばらくアイドリングさせつつ、車両全体をチェックしつつボロ布で拭き掃除。
はい、砂ぼこり以外は、なんら異常無し。
温暖になったせいで、アイドリングも安定していて、軽く吹かしてもイイ感じで回る。
FI2618852_2E.jpg
オッケーオッケー。
いつでも行けるぜ、梅見。
あとは空き時間と天候の問題だ。
posted by REI at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

大晦日の駆け込み整備

これから西東京の実家へ行って、機械打ちのつきたて餅と蕎麦食って、年越し。
そんな慌しい大晦日に、おとっつぁんはノンキにバイクいじり(^-^)。
出かけるまで時間も無いのだが、その栄光と挫折の一端を箇条書き。

[@]めでたくリアキャリア取り付け成功\(^O^)/

[A]ヘッドライト内ポジションランプをLEDに交換

[B]ヘッドライトのバルブをマツシマのH4バルブに交換

[C]ストップ&テールランプを別のLEDバルブに再交換

[D]取り付け穴径合わず社外品キックペダル装着不可

以上。
詳細は、後日、また長々とw。

ま、タイヤやオイル交換は、年明けですな。
FI2618804_2E.jpg
と言う訳で、どうぞ皆さん、良いお年をお迎えくださ〜い\(^O^)/。
posted by REI at 15:37| Comment(3) | TrackBack(0) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

男 おいどん 赤タフどん

外観いじりは一段落。
はい、コレがウチの‘赤タフどん’CG125です。
赤いけど、男ですw。

前からパチリ。
FI2618787_1E.jpg

後ろからパチリ。
FI2618787_2E.jpg

左からパチリ。
FI2618787_3E.jpg

右からパチリ。
FI2618787_4E.jpg

そして、出会いの時、私を歓喜の絶頂に至らしめたフレームプレート。
とりわけ‘MADE IN JAPAN’の文字が素敵だw。
FI2618787_5E.jpg
ただ、こうしてあらためて観察すると、新たな疑問が…。
‘CARGO LOAD:4.5kg’って、なに?
どこに‘カーゴ’を載せるんだ?
後部席に乗せる限界が4.5kgって、それじゃタンデム出来ないから、ありえないよねぇ。
どこか別に‘荷物載せる所’が無いと、話が成り立たないような…。

やっぱり何か隠しているんだな、CG125君ヾ(^ー^)。
posted by REI at 17:59| Comment(2) | TrackBack(0) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする