2015年04月23日

赤タフどん メッキのナンバーフレーム@23814km

赤タフどんのナンバープレートフレームを交換した。

まずは今までの物の記念写真。
NumberFrame@23814km20150423 112951.JPG
コレって、以前乗っていたSX125Rに使っていた物
FI2618633_4E.jpg
CG125を登録してすぐに再使用
FI2618772_2E.jpg
だから、使い始めてジャスト8年。
NumberFrame@23814km20150423 113317.JPGNumberFrame@23814km20150423 113327.JPG
色褪せて当然だわな。

では、先日取り寄せたメッキフレームと交換しよう。
NumberFrame@23814km20150423 113251.JPG

取り付け部をひと掃除。
NumberFrame@23814km20150423 114409.JPG
そして、装着。
NumberFrame@23814km20150423 115205.JPG
うん、フランジのふくらみが効いて、イイ感じ。

うはっ(^〇^)。
NumberFrame@23814km20150423 115730.JPG
posted by REI at 13:16| Comment(0) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

ワックスがけ@23814km

15時半に帰宅したので、赤タフどんを磨いてやる事にした。
ちゃんと半練りワックスを使ってね。

積算走行距離23814km。
BodyPolish20150417 153715.JPG

タンクの縁に付けられているモールが、くすんでヘンな風に曲がったりもしているので、いったん外す事にした。
BodyPolish20150417 153736.JPGBodyPolish20150417 154136.JPG

もともとはCG125のタンクにメッキモールは付いていないのだけれど、前オーナーが付けたらしく、ウチに納車された時点からモール付きの姿に慣れてきた。
だから、無いとなんか物足りなく見える。
BodyPolish20150417 154149.JPG

さぁ、タンクとサイドカバーを磨こう。
まず液体のクリーナーワックスでホコリを拭い取り、それから半練りワックス磨き。
BodyPolish20150417 155248.JPGBodyPolish20150417 155254.JPGBodyPolish20150417 155315.JPG

モールも軽く磨いてから取り付けて、ほい、終了。
BodyPolish20150417 163410.JPGBodyPolish20150417 163434.JPG
やっぱり光り方に深みがあるわぃ。

夏までには、久しぶりにタペット調整もしてやろっと。
posted by REI at 19:14| Comment(0) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

赤タフどん 田舎暮らしに戻る

昨年3月から西東京の実家で保管していた赤タフどんCG125だが、今日、青カブ君と入れ替えにウチへ移す事にした。
WelcomeHome20141124 142123.JPG
バイクカバーをはがし、全体をよく絞った濡れボロ布で拭きつつ、点検。
WelcomeHome20141124 142152.JPGWelcomeHome20141124 142256.JPGWelcomeHome20141124 142311.JPG
とくに異常は無いので、キーOFFのまま空キックを10回ほどしてエンジンオイルを循環させた気になってから、キーONでキック!
3回目で初爆が来て、5回目で無事始動。
昨年3月からずっと眠ったままではなくて、ツーリングに行ったり始動点検はたまにしていたけど、でも、ちゃんとかかってくれてホッとした。
アイドリングも安定。
WelcomeHome20141124 145155.JPG
よし、これなら問題無く乗ってウチに帰れそうだ^^。

ここで一旦エンジンを止め、カブに乗って近所のコンビニへ。
自賠責が切れていたので、新規に2年加入。
WelcomeHome20141124 142340.JPGWelcomeHome20141124 152057.JPG
フトコロ具合が極めて厳しい状況なので、これが目いっぱい(T_T)。

さぁ、公道復帰だ!
WelcomeHome20141124 152916.JPG
当然のように遠回りして帰る。
WelcomeHome20141124 162613.JPGWelcomeHome20141124 162647.JPG
荒幡富士のある浅間神社に寄って、100円のお賽銭で色々お願いしつつ拝んだりする。
WelcomeHome20141124 163509.JPGWelcomeHome20141124 163816.JPG
暗い道だって125ccだからちっとも怖くない(笑)。
WelcomeHome20141124 164229.JPGWelcomeHome20141124 164243.JPG
それにしても乗ってて愉しいや、CG125。
遅いんだけど、エンジンが適度にノイジーだから、それがかえってイイんだよなぁ。

ほい、着いた。
WelcomeHome20141124 165731.JPGWelcomeHome20141124 165759.JPG
積算走行距離23128kmからの田舎生活だぞ、赤タフどん。
また頑張ってくれたまえ。
posted by REI at 20:47| Comment(2) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

赤タフどんの始動チェック

今日の夕方、子等と愚妻を乗せてクルマで西東京の実家へ行った。
今夜はオフクロと妹家族と会食なのだ。
着いてすぐ、車庫でカバーを被せられて待機している2台のバイクたちのエンジン始動チェックをした。

まずは、赤タフどんCG125から。
Check20140505 175158.JPG
久しぶりにエンジンをかけるので、まずはキーをひねらずOFFのままで空キックを10回ほど。
少しはエンジンオイルを各部に回しておかないとね。
然る後、キーをONにして、チョークをいっぱいに上げて、キック!
おぉ!
キック1発でかかったよ。
すぐ止まったけどw。

その後、始動させてから、アクセルを適当に操作しながらアイドリングが安定するまで暖機運転。
10分ほどで無事、おとなしくなった。
Check20140505 175131.JPG
さすがだな、赤タフどん^^。

近いうちに、K50を実家に乗ってきて、CG125と待機交代するつもり。
快調に走れるバイクを放置して、調子を崩させるのもばかげてるものね。
あ、公道復帰の前には、切れてる自賠責を取りなおさなきゃ___〆(-。-)メモメモ。
posted by REI at 23:59| Comment(0) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

CG125 シリンダーヘッドパッキン交換@22680km

木曜オフ日。
先日の台風18号以降、3日連続の快晴。
TakamuneK50FirstRun20130912 152458.JPG
あの酷暑が嘘のような、爽やかな気候。
もう一気に秋だよ。
あぁ、季節は過ぎ行き、私は残る…(T_T)。

そんな秋らしい感傷に浸りつつ、明後日21日(土)に予定されている「小排気量友の会 秋の2スト祭り リベンジでポン」への参加を前に、CG125のシリンダーヘッドパッキンの交換をした。

積算走行距離22680km。
CylinderHeadPackingKoukan@22680km20130919 150627.JPG

10mmレンチでボルト3本を抜き、ヘッドカバーを外す。
CylinderHeadPackingKoukan@22680km20130919 151058.JPG

細いマイナスドライバーで軽くこじって、古いパッキンを外す。
CylinderHeadPackingKoukan@22680km20130919 151338.JPG
ちょっとゴムが癒着している所があるので、細いドライバーで慎重に削り落とす。
CylinderHeadPackingKoukan@22680km20130919 151402.JPG
ほい、キレイ^^。
CylinderHeadPackingKoukan@22680km20130919 152337.JPG

新旧のパッキンを比較。
CylinderHeadPackingKoukan@22680km20130919 152445.JPGCylinderHeadPackingKoukan@22680km20130919 152500.JPG
あぁ、やっぱり若い方が、ムチムチプリプリだわ。
装着してみると、一段と差がハッキリ。
CylinderHeadPackingKoukan@22680km20130919 152658.JPGCylinderHeadPackingKoukan@22680km20130919 152731.JPG
うん、若い方がボンと盛り上がって、断然良いです。
ゆっきーとか、りおとか、だな(o^-')b。

あとは、3本のボルトをローテーション的に締めながら、ヘッドカバーを取り付け。
CylinderHeadPackingKoukan@22680km20130919 161422.JPG
うん、これでツーリング時のオイル滲みは無くなるだろう。
少なくとも、滲みが減るのは間違いない^^。

あとは、せっかくなので、久しぶりに液体クリーナーワックスとボロ布で、各部を軽く清掃。
CylinderHeadPackingKoukan@22680km20130919 161413.JPGCylinderHeadPackingKoukan@22680km20130919 161556.JPGCylinderHeadPackingKoukan@22680km20130919 161518.JPG
社外リアサス、長く使ってるとメッキだと錆びてくるから赤い樹脂カバーの物にしたけど、樹脂は樹脂で色褪せてくるね(笑)。
これはこれで劣化が分かる。
だったら次はメッキ物にするか…。
あ、それとも元々付いていた純正サスに戻そうかな…。
CylinderHeadPackingKoukan@22680km20130919 161442.JPG
ともあれ、これで明後日への準備完了です。
よろしく^^。
posted by REI at 17:55| Comment(2) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

すぐ出たよ CG125用シリンダーヘッドパッキン

仕事帰りにドリーム店に寄って、CG125用シリンダーヘッドパッキンを受け取ってきた。
CylinderHeadPacking20130826 190529.JPG
部品番号は 12391-397-010 で、693円。
発注後1日で、何の問題も無く入手できた。

なんかホッとした^^。
posted by REI at 23:55| Comment(0) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

CG125 エンジンヘッドカバーのパッキン点検

赤タフどんCG125のヘッドカバー周りから、わずかながらオイルが滲むようになってきた。
とりわけツーリングへ行って、高回転を多用して油温が上がってくると、かなりワヤワヤ滲む。

エンジンヘッドカバーを外して、パッキンの様子を見てみよう。
EngineHeadCoverCheck20130816 150617.JPGEngineHeadCoverCheck20130816 151344.JPG

どれどれ、どんな具合だ?
EngineHeadCoverCheck20130816 152152.JPG
あぁ、こりゃかなり劣化してますわ;;;。
ネバネバしているし、外す時に切れるんじゃないかと思うくらい貼り付いていた所もあるし、断面がもはや丸くないし…。

新品、取り寄せとかなきゃ。
あ、その前に、以前CGの先達からもらった中国製のパッキンセットを物置の箱から探し出して、ヘッドパッキン試してみようかな^^。

オイル滲みや汚れを拭いて、パッキンを凹みに軽めに押し込んで、ヘッドカバーを再取り付け。
EngineHeadCoverCheck20130816 153140.JPGEngineHeadCoverCheck20130816 153201.JPG
また、何の気無しにマフラー根元のナットに触ってみたら、ちょっと緩んでたので増し締め。
うん、このあたりも、震動の多い単気筒エンジンは気を付けなきゃね。

あ、あと、ミラーの鏡面の角度調整もしたよ。
以前からやろうやろうと思いつつ、プラスネジ固定だから、ついついめんどくさくてごまかしごまかし使ってたんだよね。
安全に直結するところだから、ほんとはこういうのダメ。
posted by REI at 23:23| Comment(0) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

健気な赤タフどん

久しぶりの水曜オフ日。
午前中は、あまりの暑さにまいってしまい、エアコンの効いた部屋でゴロゴロしていた。
が、昼過ぎ、高3オテンバが帰ってきたので、一緒に西東京の実家へ行く事にした。
ま、オフクロもたまには孫と話すのも良かろう。
そして、息子にしてオヤヂは、車庫でバイクのチェックをするのである。
うむ、平和な初夏だ^^。

もう4ヶ月も、ずっとカバーをかぶって休んでいた赤タフどん。
Check20130710 152757.JPG
カバーを剥がしても、さすがに全体を砂ぼこりが覆っている。
Check20130710 152821.JPGCheck20130710 152832.JPGCheck20130710 152858.JPG
あたたたた;;;。
これは、エンジンがかかるまで相当苦労しそうだぞ…。
オイルを少しでも回してやるためにキーOFFのまま空キックを20回。
そして、チョークを引き、キーをONにして、キック!
…。
キック!
あ、かかった(^o^)。
偉いなぁ、赤タフどんよ、あんなに休んでいたのに気持ち良く目覚めてくれるなんて。
Check20130710 152949.JPG
ありがとう。
もうちょっと待っててな。
必ず遠足に連れて行ってやるから^^。
posted by REI at 21:20| Comment(0) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

赤タフどん 実家休養へ

仕事から帰宅して、急いで赤タフどんのエンジンをかけた。
ReatJikka20130302 151635.JPG
実家の駐車場で休んでいる青カブ君との入れ替えのために、西東京市へ向かうのだ。
風強し!
花粉!
関東ローム層の砂塵!
すげぇな、春。
ちっとも優しくないぞ!
泣ける(T_T)。
はっくしょん!
ふう、着いた。
ReatJikka20130302 160341.JPG
ではしばらくコッチで休んでいておくれ、赤タフどんよ。
ReatJikka20130302 160635.JPG
またご機嫌斜めになられると困るから、ちょくちょく覗きに来るからね^^。
posted by REI at 18:30| Comment(0) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月28日

CG125のクラッチケーブル調整@21961km

17時半、帰宅するとまだ日があったので、CG125のカバーをはがしてごきげんうかがいチェック。
ClutchCableAdjust@21961km20130228 173126.JPG
エンジンを始動してアイドリングさせながら、各部をチェックしつつ掃除。
ミラーも、枠の金属部分にサビが見られたのでブルーマジックと雑巾でシコシコ。
そして、鏡面やメーターパネルを、ガラスクリーナーで拭く。
積算走行距離21961km。
ClutchCableAdjust@21961km20130228 173055.JPG
何かえらくクリアになったぞ、メーターの見通しw。

それから、以前からちょっと気になっていたクラッチケーブルの調整。
少し張り過ぎな感じだったんだよね。
で、レバー側のアジャスターを少しユルミ側にしてから、エンジン側アジャスターでケーブル全体の張りを調整。
ClutchCableAdjust@21961km20130228 173205.JPGClutchCableAdjust@21961km20130228 173226.JPG
うん、ま、これでよかろう^^。

今日はとても暖かかった。
このままずんずん春に向かっていくといいなぁ。
さすがにぼちぼち遠乗りしたくなってきた(^-^)。
posted by REI at 18:26| Comment(2) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

おかえり赤タフどん

8月8日以来、実家での車庫で休眠していた我が赤タフどんCG125。
さぁ、青カブ君と入れ替わって、出番だぞ。
CubRest20121124-141606.JPG
この3ヶ月半、完全にほったらかしだったわけではなく、何回はエンジンをかけたり、アイドリングさせたりしていた。
でも、ここ1ヶ月はノータッチ。
だから、予想通り、始動にはいささか手間取った。
まずは、落ち切ったオイルを少しでも回すべく、キーOFFのままで空キックをたくさん。
それからキーをONにし、チョークを1番濃くして、キック数回。
ありゃ;;;。
初爆はあるが、アイドリング続かず…。
ま、じっくりやるしかあるまい。
で、15分間くらいなんやかんややって、何とか止まらなくなったよ、よかった、おはよう^^。
ふう…。
もうちょっとまめに面倒みてやんなきゃね、そりゃスネるわさ。
すまん(-人-)。
でも、機関が温まって、オイルが各部に行き渡ると、もとの元気な赤タフどんの走り^^。
新青梅街道も、何のストレスなくスイスイ走れる。
うん、さすがは125cc、余裕のパワー^^。
それに、やっぱりイイねぇ、「レッドフォックス」っていうエンジンオイルは。
メカノイズも少ないし、シフトチェンジも実に小気味良い。
あぁ、楽しいわぃ、CG125(^-^)。
走っていると、「250ccも1台欲しいな」なんて煩悩がキレイに消えていくw。

ほい、おかえりなさい。
WelcomeHome20121124-155741.JPG
まだ日が残っているから、ちょっと磨いてやろう。
なんかメッキのくすみが気になる。
使うのは、以前「モノタロウ」で買った「ブルーマジック メタルポリッシュクリーム 」
WelcomeHome20121124-160009.JPGWelcomeHome20121124-160013.JPG
なんかアンモニアみたいな匂いのする青いペーストを布に付けて、金属部分を磨くんだけど、コレ、私、たいそう気に入っております^^。
WelcomeHome20121124-160044.JPGWelcomeHome20121124-160207.JPG
くすみや軽い錆び落としは「ビカール」あたりと同等なんだけど、シリコンも含まれているらしくて、保護膜ができてキラキラ感もすごい^^。
WelcomeHome20121124-161535.JPGWelcomeHome20121124-163755.JPG
やっぱりメッキは光ってなんぼなんだと、再認識させられるよ。
安いし、おすすめです(o^-')b。

ま、そんなわけで、深まる秋を一緒に過ごそうな、赤タフどんよ。
WelcomeHome20121124-165724.JPG
よろしく。
posted by REI at 18:41| Comment(4) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

CG125 クラッチとフロントプレーキのケーブル確保

先日の富士山林道遠足で、あらためて、クラッチの変な重さとフロントブレーキケーブルの伸びを感じた。
以前から気にはなっていたけれど、ぼちぼちケーブル交換してみようかな。
と言うか、パーツが出るなら、今のうちに確保しておくか。

5/19(土)Webikeに発注し、翌日、メーカー在庫の見積もりメールが来た。
++++++++
商品(1) HONDA 純正部品 45450-KCS-880
ケーブルCOMP.,フロントブレーキ
メーカー在庫残り1個
販売価格(税込)1911 × 1個 = 1911
商品(2) HONDA 純正部品 22870-KCS-650
22870-KCS-890 ケーブルCOMP.,クラッチ
販売価格(税込)1533 × 1個 = 1533
++++++++
「メーカー在庫1」となれば、取っとくしかないでしょう!
CableKakuho20120526-024143.JPG
すぐその日に正式発注して、昨日5/25(金)到着。
CableKakuho20120526-024322.JPG
Webikeとしてはやや時間がかかった感じだけど、このあたりはCG125というモデルの珍しさに起因するのだろう。
ま、ともかく確保できて良かった。

「在庫1」だったフロントケーブルは、日本製。
CableKakuho20120526-024600.JPGCableKakuho20120526-024625.JPG
パーツリストを見て 22870-KCS-650 で発注し、22870-KCS-890 として届いたクラッチケーブルは、マレーシア製。
CableKakuho20120526-024500.JPGCableKakuho20120526-024520.JPG
ふむふむ。
この感じだと、フロントブレーキケーブルも、日本製の在庫が尽きたらアジア工場製で補完していく気がするなぁ。
ま、eBayを見ていると、社外品もあるからそう不安になる事もあるまい。
なんてったって、アジアのスタンダード、CG125でぃっ!d(^-^)
posted by REI at 03:39| Comment(8) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

ごきげんうかがい

新宿で16時半までの仕事の後、西東京の実家へ行った。
オフクロと、ウチの連中と、妹家族で会食だ。

ただ、その前に、お兄様は独り、車庫に置きっ放しの赤タフどんCG125の点検。
キーを挿し、ひねり、キック!
屋根付き車庫でバイクカバーはかけてあったものの、さすがになかなかエンジンがかからない。
やがて、チョークをいっぱいに引いた状態でかかったけれど、今度はアイドリングが安定しない。
そりゃそうだよな;;;。
エンジンかけるのは正月以来だから、もう3ヶ月近く放置してたんだから。
その後も色々試しながら始動を試みる事10分。
ようやくアイドリングが安定。
アクセルひねると、吹けるようにもなった。
ふう…。
20120401-181044.JPG20120401-181132.JPG
ごめんな、赤タフどん。
今週の土日はオフだから、天気さえ良ければオマエのケアするからな^^。
posted by REI at 23:59| Comment(4) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

洗車日和

今日はほぼ定例の木曜オフ日。
連日の酷暑でかなり身体がへばっているので、いい休日だ。
ノンビリ家ですごそう^^。
それに、今日は本当に久しぶりに涼しい。
いや、涼しいと言うと大げさすぎるかなw。
単純に気温だけの話なら30℃前後あるから涼しい訳は無いのだが、でもここ数日ではうんとラクな暖かさなのだ。
うん、これなら野外作業もできるぞ。
よし、予定通り、CG125赤タフどんの洗車をしてやろう^^。

手持ちの磨き用ケミカルを準備する。
CleanUp2010_0819_144635.jpg
ま、私の場合、汚れ落としとしてのガラスクリーナーと、クリーニング+艶出し剤としての液体クリーナーワックスと、CRC5-56の、3つがメイン。
あと、たくさんのボロ布と、スチールウールね。

シューシューシコシコシューシューシコシコ…。

ま、こんなとこでしょう。
CleanUp2010_0819_164415.jpgCleanUp2010_0819_164727.jpg

メッキが輝くと、なんか嬉しいねぇ^^。
CleanUp2010_0819_164448.jpgCleanUp2010_0819_164541.jpgCleanUp2010_0819_164438.jpg

エンジンやマフラーは、まずガラスクリーナーを大量に吹きつけて泡だらけにして、浮いてきた泥ごとボロ布で拭いてやる。
しかる後に、5-56を全体にサーっと吹き付けて、100均で買ったボトル洗い用ブラシとスチールウールとボロ布で磨く。
CleanUp2010_0819_164519.jpg

スプリングが樹脂カバーされているリアサスって、磨くのラクだよな。
これがメッキで錆が出てきていたりすると、キレイにするのはけっこう面倒くさい作業になるから。
あと、リアキャリアにほとんど錆が出てきていないのは、さすがホンダ純正だと思う。
CleanUp2010_0819_164635.jpgCleanUp2010_0819_164709.jpgCleanUp2010_0819_164610.jpg

ま、そんなわけで、よろしく頼むぞ、世界のホンダクオリティー(^-^)。
CleanUp2010_0819_164841.jpg
例え本社がその存在を黙殺しようと、走れ日本製CG125っ!\(^O^)
posted by REI at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

小春日和洗車

今日・明日の土日は、連オフ。
でも、月曜日に重要な本番があるので、バイクでの遠出は自重。
ウチ周辺でノラクラと英気を養おうw。

さて、まず手始めに、先日の林道走りで足回りがドロドロになってしまった赤タフどんの洗車だ。
天気もおあつらえ向きに小春日和^^。
でも、汚れ方がひどすぎてウチの前で泥を落すと色々厄介になりそうなので、近所のコイン洗車場へ。
Sensha2009_1107_114717.jpg
作業にかかる前に、汚れ具合をチェック。
Sensha2009_1107_114748.jpgSensha2009_1107_114734.jpgSensha2009_1107_114800.jpg
Sensha2009_1107_114828.jpgSensha2009_1107_114836.jpgSensha2009_1107_114850.jpg
写真で撮ると大した事無さそうに見えるけど、現物はもうアメリカンドッグ状態;。
さぁさぁ、ともかく泥汚れを高圧シャワーで流し落そう。
Sensha2009_1107_114901.jpg
500円入れて、開始っ!
おぉ、やっぱり便利なものだなぁ、どんどん落ちる^^。
100円安い‘ショートコース’で充分だったな。
時間が余っちゃった…;。
さて、機械の力でひと通り汚れが落ちたら、後は地道に人力作業。
Sensha2009_1107_120134.jpg
家から持ってきたボロ布とクリーナーワックスとエアースプレーとパーツクリーナーでキュキュキュのキュ。

トータル1時間半の洗車作業で、どうにか元通りのピカピカ赤タフどんに戻ったぜv(^-^)。

ただ、きれいになると、コケた傷跡はハッキリ現れた。
Sensha2009_1107_131502.jpgSensha2009_1107_131521.jpgSensha2009_1107_131543.jpg
痛かったな、オレもオマエも…。
でも、ま、このくらいは仕方ない。
傷は男の勲章だぃ!
これからも色んな所走ろうな^^。
posted by REI at 21:03| Comment(2) | TrackBack(0) | CG125−整備喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする