2017年11月24日

ミニクロック電池交換

青カブ君のハンドルに貼り付けているデイトナのミニクロックの液晶表示がハッキリしなくなってきた。
たぶん電池切れ。
以前いつ交換したか記録が判然としないけれど、ま、忘れるくらい前だからモッタイナイお化けも出まい。
さっさと取り替えよう。

午前中の仕事の帰りに「ダイソー」へ向かうが、途中「リンガーハット」で昼食。
「長崎ちゃんぽん(麺2倍)ぎょうざ5個ランチ」745円。
MiniClockBattery@35320km20171124-134855.JPGMiniClockBattery@35320km20171124-135531.JPG
リンガーハットは、昔は好きでよく寄ったが、一時期えらく味気なくなって足が遠のいた。
店舗間の作り手の舌や腕の差が大きくて、美味しい店舗を探すのがまた愉しみだったのだが、マニュアルの高度化によって店舗間の質の差が見事に無くなった。
だがその横並びは、けっして美味かった店のレベルに揃ったわけではなかったから、どこへ行ってもなんかイマイチ。
国内産野菜を売りに女性をターゲットにするのも悪くないけれど、女性客に合わせた食い物、とりわけ麺類は、ハッキリ言って美味くない。
優しさってものは、ともすればつまらなさにも通じるのだ。
でも、そんな状況もようやく底を打った感じ。
ちゃんぽんの麺増量無料サービスや、+100円で皿うどんや太麺皿うどんの麺も2倍にできるようになった。
味も少し変えたように思う。
リンガーハットが再び男の方にも微笑みだしたw。
これならまたちょくちょく寄ってみよう。
ごちそうさまでした(-人-)。

もうひとつ寄り道。
ドラッグストアーで「響声破笛丸」と「のどスプレー」を買う。
MiniClockBattery@35320km20171124-154935.JPGMiniClockBattery@35320km20171124-152925.JPG
先週末から続く声枯れとノドの痛みは、3日前に医者に行って出してもらったクスリのおかげでだいぶ改善したのだが、まだまだ本調子にはほど遠い。
来週木曜日には何曲か独唱する大切なコンサートがあるので、なんとかそれまでに少しでも良くしたい。
たくさん食べて、たくさん寝て、あとはドーピングあるのみ!w
がんばれ、オレ!

そして最後に「ダイソー」で、2個パック108円の“LR1130”を買い、帰宅してすぐ交換作業。
MiniClockBattery@35320km20171124-153002.JPGMiniClockBattery@35320km20171124-153340.JPGMiniClockBattery@35320km20171124-153527.JPG
そして、貼り付け。
MiniClockBattery@35320km20171124-160717.JPG
このデイトナのミニクロック、買ってから7年使ってこられたから、もうモトはとれたな^^。
あとはどこまでもつかだ。
オマエもがんばれ!

2017年07月16日

カブのスロットルケーブル調整@34621km

朝から暑い日曜日。
ThrottleGripAdjust@34621km 20170716-095922.JPG
明日カブで富士吉田方面にツーリングに行く事になったので、ちょっと気になっていた事の手入れをしてやろう。

積算走行距離34621km。
ThrottleCableAdjust@34621km20170716-100003.JPG

スロットルケーブルの遊びが少し大きくなってきたのだ。
ThrottleCableAdjust@34621km20170716-100031.JPG
サービスマニュアルでは2〜6mmとなっているが、それよりはだいぶユルユル。
ThrottleCableAdjust@34621km20170716-095715.bmp
10mmと8mmのレンチを使って、チャチャッと調整。
ThrottleCableAdjust@34621km20170716-100344.JPG
ThrottleCableAdjust@34621km20170716-100938.JPG
ThrottleCableAdjust@34621km20170716-101256.JPG
よし。
では、明日も暑いだろうが頑張ろう^^。

2017年07月04日

青カブ君 3日がかりのグリップ交換@34557km

青カブ君のハンドルグリップがだいぶくたびれてきた。
GripandPipeKoukan@34557km20170625-125338.JPG
凹みには擦っても落ちない黒い物がいっぱい。
GripandPipeKoukan@34557km20170625-125416.JPGGripandPipeKoukan@34557km20170625-125427.JPG
汚れなのかカビなのか分からないけど、この際スパッと取り替えてしまおう。
もう5年近く使ってきたから、充分元は取れた。

+++++

6月25日(日)、梅雨の晴れ間、早速作業に取りかかった。
GripandPipeKoukan@34557km20170625-125331.JPG
グリップ交換なんて簡単な作業だから、すぐに終わる…はずだったのだが…。
GripandPipeKoukan@34557km20170625-125600.JPG
右グリップを外そうとしていると、手に何ともイヤな感触が…。
あぁ、樹脂製のスロットルパイプの巻取り部分が破損してしまったよ;;;。
GripandPipeKoukan@34557km20170625-130526.JPG
そんなに力入れてなかったのになぁ。
GripandPipeKoukan@34557km20170625-130650.JPG
ま、樹脂製パーツは経年劣化するから、仕方あるまい。
スロットルケーブルや末端のタイコがブチ切れたわけじゃないのは、不幸中の幸いとしよう。
GripandPipeKoukan@34557km20170625-130624.JPG
ともかく左右のグリップと右パイプを外して、この日の作業はおしまい。
GripandPipeKoukan@34557km20170625-130821.JPG
アジサイたちが失意のオッサンを優しく慰めてくれた。
GripandPipeKoukan@34557km20170625-133606.JPGGripandPipeKoukan@34557km20170625-133619.JPGGripandPipeKoukan@34557km20170625-133646.JPG

+++++

さて、新しいスロットルパイプの取り寄せ。
パーツリストで部品番号を調べると、53141-198-000 。
これをネット検索すると、53141-198-010 。
この部番をさらにヤフオクで見てみると開封済み未使用品が安く出ていたので、躊躇なく落札。
GripandPipeKoukan@34557km20170628-180130.JPGGripandPipeKoukan@34557km20170628-180147.JPGGripandPipeKoukan@34557km20170628-180326.JPG
送料込み720円。
ラッキー^^。

6月29日(木)、新スロットルパイプ取り付け。
GripandPipeKoukan@34557km20170629-122718.JPG
スロットルハウジング内の摺動部には、しっかりグリースアップ。
ハンドルバーとパイプの間にも、薄くモリブデングリースを塗っておいた。

+++++

いわゆる角目カブ(カブカスタム,カブスーパーデラックスetc.)には、ハンドル外径22.2mm用の汎用グリップが使える。
左のグリップ内径は22mmくらい、右はスロットルパイプ分太いので内径24mmくらい。
長さは115mm(取り付け長110mmくらい)。
GripandPipeKoukan@34557km20170629-123048.JPGGripandPipeKoukan@34557km20170629-123217.JPG
新グリップは、廉価なものを3セット取り寄せてみた。
Grips837yen20170629-022946.jpgGrips660yen20170629-142827.jpgGrips900yen20170629-182803.jpg
それぞれ一長一短な感じだが、今回はコレを付ける事に決めた。
Grips20170703-150436.JPGGrips20170703-150548.JPG
“SUPER GRIP”というもので、おそらく中国か台湾製。
送料込み900円。

台風3号が九州に上陸した今日7月4日(火)午前中、雨の降り出す前に取り付け作業。
GripandPipeKoukan@34557km20170704-100023.JPGGripandPipeKoukan@34557km20170704-100032.JPG
グリップの取り付けには、グリップ自体の材質や内径、あるいはハンドルとグリップとの相性によって、接着剤が必要な場合と要らない場合があるのだが、今回はボンドが必要と判断した。
GripandPipeKoukan@34557km20170704-100313.JPG
ハンドルバーに薄くホンダ純正のグリップボンドを塗布してから、パーツクリーナーをハンドルとグリップ内にスプレーして、スルスルっと合体させた。
GripandPipeKoukan@34557km20170704-102300.JPGGripandPipeKoukan@34557km20170704-102328.JPG
うん、まるで純正パーツのようなツライチ感が嬉しい^^。
GripandPipeKoukan@34557km20170704-111232.JPGGripandPipeKoukan@34557km20170704-111311.JPGGripandPipeKoukan@34557km20170704-111244.JPG

+++++

そんなわけで、3日も費やしたグリップ交換終了。
GripandPipeKoukan@34557km20170704-102616.JPGGripandPipeKoukan@34557km20170704-102346.JPG
積算走行距離34557km。
GripandPipeKoukan@34557km20170704-102353.JPG

2013年10月17日

中古ウォッチ磨き

盗難にあったと思ったら、ウチの玄関前の吹き溜まりの枯葉の中から発見された青カブ君のバイク時計。
Tsuukin20131011 220946.JPG
見つかったのは良かったのだけれど、無くなったと思っていたのでヤフオクで中古の安い腕時計を落札してしまったよ;;;。
落札金額+送料+送金手数料で400円弱。
昨日到着。
いかにも中古だけど、バイクにのハンドルに付けて雨ざらしで使うのだから、ある程度防水性があって時刻表示とバックライトが機能していれば良しだわさ。
で、チェック。
うん、とりあえず問題無く使えそうだ。
薄汚れているので、ガラスクリーナーとボロ布で掃除しておこう。
WatchUsed20131017 214725.JPG
なんか油汚れみたいな変な汚れが付いているけれど、ま、いいや。
よし、良かろう。
表示がイマイチはっきりしないのは、電池が減っているせいだろう。
裏蓋を開けて調べると、ボタン電池はCR2032。
WatchUsed20131017 225818.JPGWatchUsed20131017 230030.JPGWatchUsed20131017 230110.JPG
近所のセブンイレブンに買いに行って、交換。
うん、ハッキリクッキリ、バックライトを付けても表示が薄くならないし、オッケー^^。
WatchUsed20131017 231457.JPG
コイツはハンドルに巻くだけだから、カブ以外のヤツに使う事としよう。

2013年05月03日

当然過ぎる帰結

3月初めに青カブ君に取り付けたミラー
MirrorKoukan@30190km20130303 175039.JPG
2本で送料等込み1500円という価格を考えると作りもまあまあだし、何より形状やサイズが青カブ君に合っているので、良い買い物をしたと思っていた。
だが!
残念ながら、使っていてイライラするようになってきた。
走行中の風や振動で、鏡面の角度がドンドン変わってしまうのだ。
当初は左だけだったが、いつの間にか右も…。
交通量の多い国道やバイパスを走る時に、これは危険。
もったいないけど、買い替える事にした。

かと言って、やはり少しでも安いものを買いたい。
おカネは、ほんと無いのだ、このオッサン。
1ヶ月以上、ヤフオクのミラーの項を最初から最後まで観察する毎日…。
あ、コレ、2本で送料とか入れても2708円だ。
rokaring-img600x450-1328580404ystxyi26337.jpg
落ちるかな…?

はい、そのまま落ちましたv(^-^)。
Mirror2708yen20130503 124601.JPGMirror2708yen20130503 124640.JPGMirror2708yen20130503 124709.JPG
ナポレオン/AZ-101-8」。
しかも、パッケージが出品写真より新しいぞ、しめしめ^^。

やっぱり細部の作りが全然違うわ。
Mirror2708yen20130503 125027.JPGMirror2708yen20130503 124945.JPGMirror2708yen20130503 124915.JPG
鏡面はスミまで歪みなく映るし、ゴムパッキン周りはキッチリ出来てるし、メッキにも深みがある。
この価格でこの高品質は、さすがだ。
「ナポレオン」のミラーは、赤タフどんCG125でも5年以上使い続けているけれど、不満や不具合は何も無い。
落札してから気づいたのだが、CG125に使っているのも同じ「AZ-101」。
やっぱり同じオッサンがイイなと思う形状って、変わらないものなんだね。
…そりゃそうか、堀北真希や竹内結子はいつ見てもステキだしw。
ま、ともかく、こんだけわざわざ遠回りしているオッサンが言うのも何なんだけど、やっぱり日本製のミラーはイイのだ。
あまりに当たり前過ぎる結論で、我ながら苦笑いするしかないけどさ(^ヘ^)。

ほい、交換。
Mirror2708yen20130503 143040.JPGMirror2708yen20130503 143029.JPG
各部の精度が高いから、取り付けも、角度調整も、適度に固くてやり易い。
Mirror2708yen20130503 143132.JPG
よっしゃ^^。

これで明日からの連オフ、天気さえ良ければどこへでも行けるぞ。
Mirror2708yen20130503 143125.JPGMirror2708yen20130503 143143.JPG
よろしくな。

2013年03月03日

青カブ君のミラーをもう一度替えてみた

昨秋交換した青カブ君のミラー
MirrorKoukan20121004-154941.JPG
それまでの「カクカクミラー」に比べて格段に見易いのだが、やはりちょっと大き過ぎる。
何と言うか、ちょっとウチワ持ってバンザイっぽいw。

もう少しだけ小ぶりで、青カブ君に合う感じのもので、しかも安いミラーはないものか…。

あ、コレ、イイかも。
MirrorKoukan@30190km20130210 052928.jpg
サイズ的にも、今までのメッキ角型より一回り小さい。
MirrorKoukan@30190km20130210 052859.jpg
お値段も、送料入れて1500円ほど。
うん、試してみましょう。

荷は、こんな感じで到着。
MirrorKoukan@30190km20130214 003647.JPG
中身は、こう。
MirrorKoukan@30190km20130214 003859.JPG
へぇ、思ったほどペラペラしてないや。
高級感は無いけど、ま、普通に使えそう。
そして、夕闇の中、交換作業。
MirrorKoukan@30190km20130303 174235.JPGMirrorKoukan@30190km20130303 175039.JPGMirrorKoukan@30190km20130303 175307.JPG
うん、いいんじゃないかな。
ちょっとスクーターっぽくなっちゃったけど、角目カブはもともとプラスチッキーなんで、今さら気にしないw。
それに、何と言っても、後方視界がなかなかよろしい。
こりゃ、いいぞ^^。
あとは走ってみて、風圧で鏡面角度がフニャフニャ曲がったりしなければ合格だな。

2012年10月06日

青カブ君のグリップ交換@29752km

巷は今日から3連休。
ただ僕は、明日明後日は小本番があるので、オフは今日のみ。
だから、天気が良ければバイク遠足と思っていたのだが、残念ながら朝から薄暗い曇天。
しかたない、今日はウチでおとなしくしていよう。

あ、そだ、青カブ君のグリップ取り替えるかな。

今使っているグリップは、一昨年の10月に取り付けたもの。
GripKoukan@29752km20121006-130521.JPG
防振ゲル構造とやらで柔らかくイイ感じだったのだが、この夏あたりからベタベタしてきた。
GripKoukan@29752km20121006-130556.JPG
タイヤと同じで、ゴム製品でグリップ性能と耐久性が反比例するのは仕方ないわな。
安全のためにも、この際ケチらずに交換しちゃおう。

カッターで切って、除去。
GripKoukan@29752km20121006-130643.JPG
ハンドルバーに残った接着剤は、スクレーパーとスチールウールで掃除。
GripKoukan@29752km20121006-131437.JPGGripKoukan@29752km20121006-131840.JPG
ほい、準備完了。
GripKoukan@29752km20121006-132242.JPG

新しく付けるのは、ずいぶん前に買っておいたコレ。
GripKoukan@29752km20121006-125126.JPGGripKoukan@29752km20121006-125219.JPGGripKoukan@29752km20121006-125604.JPG
以前、同じような形状で色が黒い物を使っていたのだが、アレに比べるとゴム部分が柔らかい。
前のは握っていてやや滑る感じがしたのだが、今回のではそれは無さそう。
これまで使ってきたグリップと新ブルーとの長さの差は、こんな具合。
GripKoukan@29752km20121006-130822.JPG
カブ純正グリップとほぼ同寸だと思う。

では、取り付け。
今まで色々試してみて、僕はこんなのを使っている。
GripKoukan@29752km20121006-133609.JPG
グリップ用のボンドと、ゴルフクラブのグリップ交換に使う溶剤スプレー。
バイクグリップって、ハンドルバーにボンドを塗り付けてからグリップを装着しようとすると、材質によっては引っかかってフニャフニャして上手く挿せない。
そんな時、グリップの内側に溶剤スプレーをシューっと軽く吹き込んでから挿してやると、溶剤が潤滑剤の役割をして、わりとすんなり入っていくのだ。
GripKoukan@29752km20121006-133630.JPG
ね、こんな具合^^。
ただし、この溶剤が乾くまではグリップは固定されていないので、半日くらいは触らずに放置しておいた方がイイよ。
よし、左右とも交換完了。
GripKoukan@29752km20121006-133713.JPG
スイッチボックスとの段差加減が、なんかイイ感じ^^。
GripKoukan@29752km20121006-134023.JPG
グリップ単品だけ見て心配していた「派手な青さ」も、実際付けてみると感じない。
GripKoukan@29752km20121006-133745.JPG
よし、これなら、中年肥満男が乗っても、そんなに恥ずかしくないなw。
…というか、ぼちぼち本気で痩せろ、俺;;;。
GripKoukan@29752km20121006-134142.JPG
あ、作業終わったら、雨降ってきた…。

2012年10月04日

ミラー交換[青カブ君]

2004年5月末から青カブ君に付けてきた「カクカクミラー」
MirrorKoukan20120915-153124.JPG
レトロでカッコ良くて気に入っているのだが、ここにきてステーとミラー部とのジョイントが緩い感じになってきた。
青カブ君なりの全力疾走をしたり、路面の凸凹が大きい林道を走ったりすると、すぐに鏡面があらぬ方向を向いてしまう。
よし、この際、気分転換も兼ねて交換してしまおう。

そして、ネットで新ミラー探し。
角目カブだから、ミラーも四角いのがいい。
今までの物より、鏡面が大きくても後ろが見やすいのがいい。
メッキタイプで、あんまり華奢な感じじゃない物がいい。
…て、こんなのにしました。
MirrorKoukan20120914-230138.JPGMirrorKoukan20120914-230204.JPGMirrorKoukan20120914-230347.JPG
送料等込みで約2400円。
中国製だからやや安っぽいが、ま、我慢できる範囲だ。
このミラーは、取り付け穴10mm用なので、カブの8mm穴に合うようにアダプターも購入。
MirrorKoukan20120914-230006.JPGMirrorKoukan20120914-230029.JPG
こちらは、信頼の台湾製だよw。

では、取り付け作業。
まずは、緩み止めワッシャーを噛ませてアダプターを付ける。
MirrorKoukan20120915-153543.JPG
そしてミラーを付けるのだが、調整部分がナット固定なので、ちょいとめんどくさい;;;。
ま、こんなもんかな…。
MirrorKoukan20121004-154941.JPG
ミラーが大きくなって高くなって、ルックス的にはいささかダサいけれど、後方の視認性は俄然良くなった。
うん、青カブ君はこれでいい。
ダサいオッサンのための安全ツアラーだぜいw。

テレビニュースでは、北海道でもようやく紅葉が始まったそうな。
MirrorKoukan20121004-163525.JPG
いよいよ本格的紅葉のシーズン。
さぁ、できるかぎりいっぱい観に行こうな、青カブ君よ^^。

2012年07月27日

青カブ君 時計の電池交換

今夜の西東京での仕事には青カブ君で出かけた。
ClockDenchiKoukan20120727-175351.JPG
明らかにキャブ清掃の成果で、ものすごく快調。
下から上まで、トルクフルに気持ち良く回る。
明日は夜仕事があるけど、昼間時間を作って、フロントスプロケットの1T増しテストしてみようかな…。
あるいは、オイル交換…。
または、タペット調整…。
でも、今日ほど暑いと、ヤル気起きないだろうなぁ;;;。

そんな事をグダグダ考えながら走っていたら、ハンドルに付けた時計の表示が止まっている事に気付いた。
あ、こりゃ電池切れだな。

帰宅して早速交換作業。
ClockDenchiKoukan20120727-221217.JPG
電池は、LR1130。
ClockDenchiKoukan20120727-221455.JPG
一昨年の10月に取り付けて以来初めての電池交換だから、1年半以上はもったわけだな。

ほい、オーケー。
ClockDenchiKoukan20120727-222207.JPG
エアコンの効いた室内での作業なら、ラクチン迅速ですw。

2010年12月31日

青カブ君のグリップエンド交換

2010年の大晦日。
今夜は西東京の実家で蕎麦をすすり年を越すのだが、その前にひとつだけカブいじりをしておこう。
この秋、富士山の鳴沢林道での記念すべき鹿との衝突転倒の際に傷ついた、ハンドルバーエンドの交換だ。
同時に、接着が効かなくなってユルユル状態のグリップの再接着もしよう。

積算走行距離25008km。
BarEndKoukan1012312010_1231_151104.jpg

グリップは、ただ引っぱるだけでスルッと抜ける。
BarEndKoukan1012312010_1231_151147.jpgBarEndKoukan1012312010_1231_151131.jpg
別に拭き取った訳でもないのにハンドルバーには接着剤の痕跡は全く無く、グリップの内側には薄いフィルム状の物が残る。
あぁ、コレじゃユルユルなのは当然だわ。
やっぱり合わなかったみたいだな、今までの接着剤じゃ。

アクセル側のグリップもスルッと抜いて、バーエンドとともに、左右撤去完了。
BarEndKoukan1012312010_1231_151512.jpgBarEndKoukan1012312010_1231_152648.jpg
左エンドの銀色の削れ痕が痛々しい。
ドレスアップパーツは、これじゃイカン。
飾りの意味が無い。

さて、新たに付けるバーエンドは、先月ヤフオク経由で入手したもの。
BarEndKoukan1012312010_1231_152913.jpgBarEndKoukan1012312010_1114_022435(1).jpg
送料と送金手数料込みで1000円弱。
サイズ的には、敢えて今までより短めの物をチョイスした。
バーエンドの出っ張りが大きいとクルマの脇をすり抜ける時に気を使うので、必要最小限のグリップエンド保護で良いと判断した。
装着してみると、こんな感じ。
BarEndKoukan1012312010_1231_154011.jpgBarEndKoukan1012312010_1231_154116.jpg
おっ、固定部分の仕組みが今までの物と違うこのハンドルエンド、なかなかシッカリ付きますぞ。
今までみたいに、指で回せたりしないや^^。

さて、グリップの接着なのだが、今回は新たに入手したホンダ純正ボンドを使ってみよう。
BarEndKoukan1012312010_1231_154539.jpgBarEndKoukan1012312010_1231_154725.jpg
これまたヤフオク経由で買ったのだが、ふむふむ、今まで使っていたのよりネバネバするぞ。
そう言えば、カブの純正グリップもこんな色の接着剤で固定されていたっけ。
そして、グリップを装着。
BarEndKoukan1012312010_1231_162440.jpgBarEndKoukan1012312010_1231_162848.jpg
ともかく半年くらいはユルユルにならない事を期待しよう。

そんなわけで、今年も1年過ぎました。
BarEndKoukan1012312010_1231_162927.jpg
こんなどうでもいいブログを読んでくれて、ありがとう。
どうぞ、みなさん、良いお年をお迎えくださいm(_ _)m。

2010年10月23日

青カブ君の時計を新調

一昨年の11月に、ボウズのお古のデジタルウォッチを青カブ君に貼り付けてから、約2年。
さすがに先月、電池切れとなって表示が消えた。
電池交換しても良いんだけれど、もうさすがに傷だらけであんまりみすぼらしいので、この際新しいのをかってやる事にした。

デイトナのコンパクトクロック(LEDバックライト付)
BikeTag-Again2010_1023_133440.jpg
送料と送金手数料込みで2000円ちょい。
長持ちしておくれ(-人-)。

なお、交換用ボタン電池は、LR1130。

2009年10月08日

青カブ君のグリップ交換

秩父での合宿を終え、14時半頃クルマで帰宅。
2年ぶりに上陸した台風18号のおかげで、狭い玄関前に置かれた我が原付き達は、カバーを剥がされ、吹き溜まった木の葉と共に寂しげに佇んでいた。
GripBlueKoukan2009_1008_151043.jpg
おぉ、かわいそうに…。
荷物を家の中に置いたら、体を拭いてやるからな^^。
台風一過の青空のもと、ちょちょいと拭き掃除。
GripBlueKoukan2009_1008_151116.jpg
おおかた乾いていたので、ほとんどやる事無かったわぃw。

さてと、せっかくだから、こないだから準備しておいたグリップ交換をやるか^^。
疲れているけど、気合いだぁ〜!

まずは、2006年11月から約3年間使ってきた銀メッキ+ブラック樹脂のドレスグリップをひねり外す。
すると、アクセル側で異常発見。
スロットルグリップパイプに大きな亀裂が入っていたのだ。
GripBlueKoukan2009_1008_151736.jpg
亀裂というより、割れだわ、こりゃ。
GripBlueKoukan2009_1008_154147.jpg
良かった、破断する前に発見できて^^。
このスロットルパイプは純正ではなく、ドレスグリップに付いてきた物なのだが、やっぱりこういうところが社外品の脆さだよ。
えっと、純正のスロットルパイプは取ってあったよなぁ…。
ヤブ蚊に悩まされながら、物置をガサゴソ。
おぉ、あった(^-^)。
‘捨てられない病’も、たまには役に立つわぃw。

さて、今回取り付けるグリップは、ずいぶん前に買ってほったらかしにしてあったコレ。
GripBlueKoukan2009_1008_162031.jpg
貫通タイプなのだが、長さが純正より少し長いため、ハンドルをバーエンドで延長しないとダメなので放置してあったのだ。
だが、そのバーエンドは、先日ヤフオクでゲットしておいたぜ^^。
GripBlueKoukan2009_1001_215104.jpgGripBlueKoukan2009_1001_215255.jpg
落札金額650円+送料160円。
新品だけど、パッケージの様子を見ると長期在庫品っぽい。
ま、問題ないわな^^。
…と思ったら、あらま、問題あり(-_-;)。
ゴム部分の径が太過ぎて、青カブ君のハンドルに挿し込めない。
う〜ん、どうしよう…。
あ、そだ。
再び、ヤブ蚊と共に物置をガサゴソ。
あったぁ(^。^)。
GripBlueKoukan2009_1008_154946.jpg
これまた、ずいぶん前に買ってほったらかしにしてあった蓋タイプのバーエンド。
これには径の異なるゴムが2種類入っているので、どちらかで上手くいくんじゃなかろうか…?
どだ…。
よぉし、合ったぞ。
GripBlueKoukan2009_1008_160355.jpg
(-人-)パチ(-人-)パチ(-人-)パチ-人-)パチパチパチ…。
かくして、無事左右のグリップエンド装着完了。

そして、グリップボンドを薄く塗ったハンドルにグリップを装着。
GripBlueKoukan2009_1008_164105.jpgGripBlueKoukan2009_1008_164155.jpg
右のアクセル側は純正のスロットルパイプに交換したのだけど、純正のパイプは‘非貫通’なので、カッターで端を削って‘貫通穴’を開けないとグリップエンドが付けられないので、要注意。

そんなわけで、青カブ君のハンドル周り、こんな感じになりました。
GripBlueKoukan2009_1008_165402.jpg
よ〜し、思った以上にちょうど良いぞ^^。
良かったぁ、赤いバーエンドにして(o^-')b。
GripBlueKoukan2009_1008_165329.jpg
さぁ、オフ日には紅葉見に行こうな、青カブ君^^。

2008年11月01日

青カブ君 腕時計をする の巻

先日、海外セイコーの腕時計を買った。
「こりゃイイわぃ」と中2ボウズに見せびらかすと、「ボクのは壊れちゃった…」と言う。
おやまぁ、見せてごらん。
FI2618989_1E.jpg
ふむふむ、ベルト切れかぁ。
これ、ベルト交換してもいいけど、こういう‘使い捨て’系時計は同じベルトは売ってないだろうなぁ…。
新しいの買ってやろうか?「うん^^」。

ほんじゃ、コッチの古いのは、カブで使うか^^。

ベルトを外す。
FI2618989_2E.jpg
あ、これ、取り付け部分の幅が13mmサイズのベルトだ。
コストダウンの為に、女性用時計と同じ筐体使っているんだなぁ。
こりゃ、やっぱり専用ベルトじゃないとすごく貧弱になるから、ベルト交換しなくて正解だ^^。

コイツを青カブ君に付けるには、ま、両面テープが妥当だろうな。
ガサゴソガサゴソ…(居間の引出しの中を探す音)。
カサッ…(それらしき物が手に当たった音)。
ザズ〜バラバラバラ…(奥から引張り出したら他の物まで付いてきて床に落ちた音)。
ありましたぁ、強力・耐熱型の両面テープ。
FI2618989_3E.jpg
但し、製造は‘97年1月14日’だってさ…。
10年物〜\(^O^)。
…付くのか、これ?w

ともかく、青カブ君のハンドルにぺタリンコ。
FI2618989_4E.jpg
一応、付くには付いた^^。
いつ剥がれるか知らないけど、それはそれで仕方ない。
廃物利用は気楽だ〜♪。

腕時計をした青カブ君。
凛々しいじゃん。
中学生っぽく見えるぞ、四半世紀物のバイクなのに^^。

2008年06月06日

半袖姿になった青カブ君

昨年初頭に取り付けて以来、ずっと付けっぱなしだった「ナックルガード」(正式名称‘ソフトプロテクター’)を外す事にした。
夏の間は、やっぱり半袖シャツよw。

クルクルっと左右のミラーを外す。
FI2618883_1E.jpg
ミラー根元にある‘かさ上げ’用の黒長ボルトナットは、再装着の為にそのままにしようかとも思ったけれど、やはりこの際スッキリと取り外した。
ハイ、滞り無く全部外れました。
また寒い季節になるまでの間、物置の中でゆっくりと‘夏眠’しててね。
FI2618883_2E.jpg
久々に、ミラー固定部へダイレクトにミラー装着。
緩み止めにスプリングワッシャーをかませた。
FI2618883_3E.jpg
取り付けも、問題無く終了。

せっかくなので、メッキ部分の汚れやくすみをCRC5-56とボロ布で磨き落としてやる。
このメッキミラー、安かったのに良い状態を保っているなぁ。
妙なサビなど出てきてないし、品質的に悪くなっていない。
‘HONDA’の刻印があっても、どうせニセモノだろうと思っていたのだけれど、ひょっとすると何処かの国のホンダ工場製なのかなぁ…?
ともかく、今までドーンとあったウチワのような手元風防がなくなると、一気にグリップ周りが涼しげで軽快なものになった。
見てよ見てよ、このミラーのステーのカクカク感!
FI2618883_4E.jpg
メッキのあしらわれたファッショングリップのオシャレ感!
いや〜ん、自画自賛〜!(しんちゃん風)
やっぱりこの方がスッキリして、バイクらしいや(^-^)。

さぁ、この半袖姿で、この夏もどこか遠足しようねえ。
FI2618883_5E.jpg
青カブ君とは、どこが良いだろ…。
山よりも平野をトコトコがいいかも…。
また北の方かなぁ…。

2007年10月21日

スロットルケーブルの遊び調整

グリップの‘装着し直し作業’wのついでに、スロットルケーブルの遊び調整を致しましょう。

積算走行距離16117km時
FI2618727_1E.jpg
あらためて「サービスマニュアル」を見ると、「スロットルグリップの遊び 2-6mm」などと書いてあります。
あらま…。
青カブ君のココ、どう測っても‘センチ単位’で遊びまくっておりますw。
丁度良い機会なので、ちょちょっと調整です。

青カブ君がウチに来てから、特に問題も感じなかったのでこれまでノータッチだった調整部分。
FI2618727_2E.jpg

ココを、こうして、こうしてやると、スロットルケーブルの遊びは調整できます。
FI2618727_3E.jpg
作業の際には、CRC5-56とかで汚れやら錆やら拭き取りながら、進めていきましょう。
そうそう頻繁に触る所でもないので、弄る時には掃除も兼ねて(^-^)。

とても簡単なので、数分で終了。
作業後は、とりあえずこのくらいアジャスターが移動しました。
FI2618727_4E.jpg
体感的には、アクセルワークが軽々して、エンジンのレスポンスまで向上したみたいに感じます。
錯覚だと分かっていても、なんか嬉しいです(^-^)。