2020年06月10日

青カブ君のスタッドボルトはこのままでいくことにした

先日も書いたけれど、9年前に水本マフラーを装着する際に片方しか交換できなかった青カブ君のスタッドボルト
OilFilterClean@37337km 20200609-145659.JPG
昨日の遠心オイルフィルター清掃時に、どうにかしてやろうと、まずはステンボルトの方に六角レンチをかけてみたのだが、ビクともしない。
OilFilterClean@37337km 20200609-145613.JPG
やっぱりこれは深追いをやめよう。
こんな細いスタッドが折れたら、悪くすりゃヘッドごと交換だ。
OilFilterClean@37337km 20200609-183851.JPG
それに、このままでも機能的に大きな問題は無い。
OilFilterClean@37337km 20200609-183917.JPG
あんまり気にしなければいいだけの事。
もうあきらめようw。

2020年04月19日

青カブ君のエアクリコネクティングチューブを70用に戻した@37282km

昨日は終日強い風雨だったが、今日は朝から快晴。
ConnectingTubeGB5@37282km 20200419-124438.JPG
ではバイクいじりをしよう。

今日は、青カブ君で今までずっといつかやろう思っていたけれどなんかめんどくさくてやらなかった作業。
ConnectingTubeGB5@37282km 20200419-125107.JPG

積算走行距離37282km
ConnectingTubeGB5@37282km 20200419-124521.JPG

エアークリーナーボックスとキャブレターとの間のエアークリーナーコネクティングチューブを、90用から70用に戻そうと思う。
ConnectingTubeGB5@37282km 20200419-125203.JPG
GB6というマークのあるこのカブ90用のコネクティングチューブは、水本マフラー装着後のチューニングの一環として、9年弱前に70用から交換したもの。
もちろんこのままでも問題なく走る。
ただ、あまり意味がある交換とも思えなくなったのだ。
このチューブを太いものに替えたところで、キャブレターがノーマルのままで、しかもキャブからエンジンにつながる金属製のインレットパイプが70用のままだったら、ただ吸気の流れのバランスを乱すだけだ。
それよりも、ホンダの技術者が幾多のテストの末にたどり着いた吸気の流速や流量の設定を生かした方が、こんなライトチューン車には合っているだろう。
また、90用より少し細い70用に戻した方が、トルクの面では有利だろう。
…というわけだ。

せっかくだから他にも点検してみたいので、エアクリボックスごと車体から外す。
ConnectingTubeGB5@37282km 20200419-125722.JPGConnectingTubeGB5@37282km 20200419-130235.JPG

2011年5月から使ってきたエアクリフィルターは、走行距離こそ1.1万kmほどだが、それなりに汚れて劣化している感じ。
ConnectingTubeGB5@37282km 20200419-130248.JPG
ここはスパッと新品交換してやろう。

吸気管の突き出たエアクリボックス上蓋の方は、埋め込みナットの部分が4ヶ所ともに亀裂が入っていて、そのうち1本はほぼ空回り状態。
ConnectingTubeGB5@37282km 20200419-130351.JPGConnectingTubeGB5@37282km 20200419-130410.JPGConnectingTubeGB5@37282km 20200419-130421.JPG
グルーやはんだごて溶着で修理してもよいのだが、そういえば以前ヤフオクで中古エアクリボックスを買ってあったのを思い出した。
物置部屋から引っ張り出してきて、チェック。
ConnectingTubeGB5@37282km 20200419-130513.JPGConnectingTubeGB5@37282km 20200419-130650.JPG
よし、上蓋はこっちを使った方がよさそうだ。
ConnectingTubeGB5@37282km 20200419-130706.JPGConnectingTubeGB5@37282km 20200419-130819.JPG
ただ、コネクティングチューブを挿す下蓋の方は内外を貫く小さな亀裂があるので、これは使わない。
ConnectingTubeGB5@37282km 20200419-130834.JPGConnectingTubeGB5@37282km 20200419-130839.JPG

では、組み付けと装着作業にかかろう。

パイプもフィルターも、ストックしてあった新品をぜいたくに使う。
ConnectingTubeGB5@37282km 20200419-132554.JPG

適当にシリコンスプレーを使いながら、下蓋にコネクティングチューブを挿す。
ConnectingTubeGB5@37282km 20200419-133107.JPGConnectingTubeGB5@37282km 20200419-133109.JPGConnectingTubeGB5@37282km 20200419-133136.JPG
ConnectingTubeGB5@37282km 20200419-133126.JPGConnectingTubeGB5@37282km 20200419-133147.JPGConnectingTubeGB5@37282km 20200419-133141.JPG

フィルターをはめる。
ConnectingTubeGB5@37282km 20200419-133443.JPG

キャブにチューブを固定する金属バンドは、中古保存品の方がいい状態だったので、そっちを使う。
ConnectingTubeGB5@37282km 20200419-133454.JPG

簡単な作業だけれど、だからこそ過剰に丁寧に作業して、エアクリボックスとチューブを車体に取り付ける。
ConnectingTubeGB5@37282km 20200419-134240.JPGConnectingTubeGB5@37282km 20200419-134259.JPG

エンジンをかけて、しばしアイドリング&軽ぶかし。
ConnectingTubeGB5@37282km 20200419-134811.JPG
エアスクリューをほんの少しだけ開けた。
ConnectingTubeGB5@37282km 20200419-134820.JPG

これでしばらく乗ってみて、また何かあったら、何かしよう。

2019年04月11日

青カブ君アイドリング調整

先日の青カブ君での塩山ツアーの際、ちょっとアイドリングが低すぎる気がしたので、久しぶりにキャブのスクリュー調整をした。

積算走行距離36378km。
DriveChainCasePacking@36378km 20190411-143833.JPG

しばらく暖気運転してから、調整。

C70cの指定アイドリング回転数は1700±100rpmなので、1600前後に調整した。
DriveChainCasePacking@36378km 20190411-155507.JPGDriveChainCasePacking@36378km 20190411-155351.JPGDriveChainCasePacking@36378km 20190411-155601.JPG
この携帯型タコメーター、先日新しい電池に交換してから初めて使ったけど、明らかに表示が安定した。
単に液晶の明るさだけの問題じゃなく、数値表示のヘンなブレが減った。
使いやすい。
こりゃ、ずいぶん以前から電池切れっぽかったんだな。

2017年05月05日

カブ70 キャブレタースクリュー調整@34210km

5月5日こどもの日、今日も朝から五月晴れ。
夜には西東京で仕事だけど、それまではノンビリ過ごそう。

午前中、まずは1983年式青カブ君C70cのキャブレター調整。

積算走行距離34210km。
CarbScrewAdjust@34210km20170505-094749.JPG

久しぶりにメンテナンスホールの蓋を外す。
CarbScrewAdjust@34210km20170505-094824.JPG

今までのスクリュー位置。
CarbScrewAdjust@34210km20170505-094832.JPG

暖気運転後、携帯用タコメーターを見ながら調整。
CarbScrewAdjust@34210km20170505-100305.JPG
C70cのアイドリング回転数は1700±100rpmなので、おおむね1700弱にしておいた。

調整後のスクリュー位置。
CarbScrewAdjust@34210km20170505-100401.JPG
ごくわずかだけど、エアスクリューを1と5/8戻しくらいに開け(純正値は1と1/2回転戻し)、アイドルアジャストも下げ方向(左方向)に回した。

ま、全体的には、今までとほとんど変わらなかったw。

2017年04月22日

青カブ君メインジェット#88→#85,ジェットニードルクリップ2段目@34155km

曇天の土曜日。
ちゃちゃっとキャブのメインジェット交換をしてしまおう。

積算走行距離34155km。
MainJet88to85@34155km20170422-113620.JPG

レッグカバーを付けたままでも作業できるけど、今回はシッカリやりたいので、外してやった。
MainJet88to85@34155km20170422-114406.JPGMainJet88to85@34155km20170422-114415.JPG

ネジ2本を抜いて、お釜を外す。
MainJet88to85@34155km20170422-115504.JPG

上半分の内部は、OH以来のキレイさを保っていて、異常無し。
MainJet88to85@34155km20170422-115746.JPG

今回はメインジェットをホルダーごと外して、#88から#85に付け替えてから、キャブクリーナーを吹いて細い針金でホルダーの小穴も掃除した。
MainJet88to85@34155km20170422-120154.JPGMainJet88to85@34155km20170422-120852.JPGMainJet88to85@34155km20170422-121120.JPG

そしてホルダーをキャブ本体に取り付けて、お釜を付けて、メインジェット交換作業完了。
MainJet88to85@34155km20170422-121450.JPGMainJet88to85@34155km20170422-123053.JPGMainJet88to85@34155km20170422-123030.JPG

ボロ布とクリーナーワックスの他にハイテクスポンジも使って、レッグカバーをシッカリ掃除。
スポークの錆落としは、また後日だな。
MainJet88to85@34155km20170422-132414.JPG
あれ?
フロント左ウィンカーのメッキベースが欠けてらぁ。
MainJet88to85@34155km20170422-133646.JPG
いつやったんだろ?
中古で安くてイイの探そう。
あ、雨がポツポツ降り出した。
MainJet88to85@34155km20170422-132120.JPG
ったく、もぅ、マフィーの法則かよっ!(一一")

エンジンをかける。
MainJet88to85@34155km20170422-132334.JPG
上から下まで軽快に回る。
メインジェット#85,ジェットニードルクリップ2段目
色々やってきたけど、僕の乗り方には結局これが一番イイ。
確定だな^^。
よし、懸案の作業を一つ終えられたぞ。

[C70cのノーマル状態は、メインジェット#78,ジェットニードル3段目。]

2017年04月17日

メインジェット#85の準備

C70c青カブ君がウチに戻ってきたら、すぐにやりたい作業がある。
それは、キャブレターのメインジェットの交換。
現在は#88が付いているのだが、やはりもう少し軽やかな方がいいので、#85に替え(戻し)たいのだ。
そこで、久しぶりにキャブレター箱を引っ張り出して準備。
DSCN1729.JPGDSCN1731.JPGDSCN1734.JPG
#85のメインジェットは4つもあった。
DSCN1752.JPG
すっかり忘れてたけど、新たな感動。
ま、あれだ、エロ本みたいなもんだわな。
せっかくだからキャブクリーナーにしばらく漬け置き。
DSCN1757.JPGDSCN1761.JPG
青カブ君には、一番キレイになったのを取り付けよう。

2016年05月28日

カブ70 ジェットニードルクリップ3段目→2段目 メインジェット#85→#90→#88 @33902km

穏やかで過ごしやすい曇天の土曜日。
隣家からの可愛い越境者たちも、明るい光を放っている。
Needle2nd MJ85to90to88 @33902km 20160528-134643.JPGNeedle2nd MJ85to90to88 @33902km 20160528-134701.JPGNeedle2nd MJ85to90to88 @33902km 20160528-134715.JPG
今日は18時から新宿で大学OB男声合唱団の練習だけど、その前に青カブ君のキャブレターいじりをしよう。

まずは、ジェットニードルのクリップ位置の変更だ。
アクセル開度の中間あたりでボホつきを感じるので、3段目から2段目にして、少し混合気を薄くしよう。
カブの場合、レッグシールドを外さないとキャブレタートップをいじれないから、ちょっとめんどくさい。
Needle2nd MJ85to90to88 @33902km 20160528-114432.JPG
キャブレタートップを回して、サザエの中身を取り出す。
Needle2nd MJ85to90to88 @33902km 20160528-114439.JPGNeedle2nd MJ85to90to88 @33902km 20160528-114543.JPGNeedle2nd MJ85to90to88 @33902km 20160528-114645.JPG
コイツをバラすのも久しぶりだな。
Needle2nd MJ85to90to88 @33902km 20160528-114922.JPG
今までは、ジェットニードルのクリップは、上から3段目。
Needle2nd MJ85to90to88 @33902km 20160528-115100.JPG
外して、2段目に付け替える。
Needle2nd MJ85to90to88 @33902km 20160528-115311.JPGNeedle2nd MJ85to90to88 @33902km 20160528-115352.JPG
あとはバラしたのと逆の手順で組み付ける。

エンジンをかける前に、点火プラグの状態を見ておく。
Needle2nd MJ85to90to88 @33902km 20160528-120323.JPG
ふむ、これまで薄すぎたって事は無さそうだな。
Needle2nd MJ85to90to88 @33902km 20160528-120358.JPG
古歯ブラシで電極回りの取れる汚れをざっと擦り落としてから、エンジンに組み付けた。
Needle2nd MJ85to90to88 @33902km 20160528-120722.JPG

メインジェット#85,ジェットニードルクリップ2段目でエンジンをかけてみる。
うん、快調。
アクセル開度中間領域でのボホつきも無い。
このセッティングは「OK」だ。

このまま乗ってもよいのだが、せっかくなので、ニードルクリップ2段目のまま、メインジェットを#85から#90に交換して、テストしてみよう。
Needle2nd MJ85to90to88 @33902km 20160528-122120.JPGNeedle2nd MJ85to90to88 @33902km 20160528-122253.JPG
めんどくさいのでレッグシールドは外したまま、近所をテスト走行。
Needle2nd MJ85to90to88 @33902km 20160528-125732.JPGNeedle2nd MJ85to90to88 @33902km 20160528-125723.JPGNeedle2nd MJ85to90to88 @33902km 20160528-125741.JPG
ふむふむ…。
市街地を走っている分にはひどいボホつきは出ないし、こういうボボボボって感じが好きな人もいるだろうけど、僕にはちょっと濃いかな。
もうちょっと薄くしてみよう。
またお釜を開けて、メインジェットを#90から#88へ。
Needle2nd MJ85to90to88 @33902km 20160528-131434.JPGNeedle2nd MJ85to90to88 @33902km 20160528-131254.JPG
再び試走。
うん、まさしく#85と#90の中間といった感じ。
どうかなぁ…。
山道行くとこれでもちょっと濃い気はするけど、このまま乗ってみるか…。

最後に、アイドリング調整。
Needle2nd MJ85to90to88 @33902km 20160528-132541.JPGNeedle2nd MJ85to90to88 @33902km 20160528-132453.JPG
C70cとC50cの純正アイドリング回転数は、1700±100rpmです。

積算走行距離33902km。
Needle2nd MJ85to90to88 @33902km 20160528-134551.JPG
これからしばらく、メインジェット#88,ジェットニードルクリップ2段目でいきます。

2016年05月12日

カブ メインジェット#88→#85 @33595km

快晴の木曜オフ日。
MainJet88to85@33595km20160512-111212.JPG
今日はやらなきゃいけないデスクワークがあるので遠乗りはできないけれど、メインジェットの交換はちゃちゃっとやっちゃおう。

積算走行距離33595km。
MainJet88to85@33595km20160512-103719.JPG

ルーペ片手に、メインジェット保管箱から昨日届いた新品の#85を取り出す。
MainJet88to85@33595km20160511-232036.JPGMainJet88to85@33595km20160511-232118.JPG

青カブ君の下に仰向けに寝そべって、作業。
MainJet88to85@33595km20160512-104618.JPGMainJet88to85@33595km20160512-104648.JPG

#88から#85へ。
MainJet88to85@33595km20160512-104847.JPG

ほい、終了。
MainJet88to85@33595km20160512-105120.JPGMainJet88to85@33595km20160512-105701.JPG

エンジンをかけてみる。

明らかに排気音が小さく軽やかになった。
音色も重厚さが減って、いかにもカブらしい長閑な音になった。
メインジェット#85,ジェットニードル3段目
これで普通に走るなら、もともと#78のバイクに、#90とか#88は濃すぎたんだろうなぁ…。

+++++

13時、相変わらずの青空の下、昼のうどん屋へ向かいがてら試走。
MainJet88to85@33595km20160512-131836.JPGMainJet88to85@33595km20160512-131857.JPG
番手を下げた分だけトルク感は細くなった。
特に発進時、エンジンの鼓動の図太さが減った分、スタートがちょっとモサッとしたように感じる。
ただ、あくまで感覚的な変化なので、実際にスタートダッシュが鈍くなったのか否かは不明。
また、エンジンの回り方はぐっと軽やかになっているので、走り心地全体の軽快さはアップ。
この#85の軽やかさがイイか、#88の野太さがイイかは、微妙なところだな。
まぁ、もうずいぶん長く野太い青カブ君を味わってきたから、これからしばらくは軽やかさを愉しむ事にしよう。

さて、今日の昼は「手打うどん 本橋」で。
MainJet88to85@33595km20160512-134831.JPG
ここら辺のうどん店の中でも、ひときわ“民家的”なお店だ。
今回が初来店なので、「もりうどん」大盛+ナス天+みょうが天、600+100+50+50円をオーダー。
MainJet88to85@33595km20160512-133438.JPG
5分足らずの待ち時間で出てきた。
MainJet88to85@33595km20160512-133848.JPG
うどんは、“茹でたて”ではなく“半茹で”を再加熱し冷水で締めているのかもしれないが、硬さのシッカリあるぽい田舎うどんタイプ。
MainJet88to85@33595km20160512-133902.JPG
1個50円の天ぷらは、揚げたてアツアツで、香ばしくてとても美味しい。
MainJet88to85@33595km20160512-133909.JPG
全体として、昔からこのへんで食べられてきたうどんを地道に継承している感じ。
こういうお店って、これから年を経るごとにもっともっと貴重さを増してくるだろうな。
地道にがんばってほしいものだ。
ごちそうさまでした(-人-)。

帰路、思い立ってドラッグストアに寄った。
白癬菌の再活動シーズンだから、買い込んでおく。
MainJet88to85@33595km20160512-143317.JPG
汗っかきのデブの夏は、色々とかゆいのだ。

2016年05月11日

メインジェット到着

夕方、仕事から帰宅すると、クリッピングポイントからメインジェットが届いていた。
MainJet1134yen20160511-184039.JPGMainJet1134yen20160511-184120.JPGMainJet1134yen20160511-184247.JPG
番手と数を確認。
MainJet1134yen20160511-184357.JPGMainJet1134yen20160511-184338.JPGMainJet1134yen20160511-184327.JPG
#85が2個、#88と#90が1個ずつ。
うん、問題無し。
明日、雨が降っていなければ、今付いている#88からおニューの#85へ交換だ。

2016年05月09日

メインジェット発注

先日#90から#88に番手を下げてみた青カブ君のメインジェットだが、もう少し下げて試してみたいと思えてきた。
もう一度#85を付けて様子をみたい。
こんどの休みにちゃちゃっと作業するつもりだが、数日開くので、先日ネットで新品を発注した。
clippingpoint_mjkeihinmarushou.jpg
1個216円のクリッピングポイント製丸小MJを4個(#85x2,#88x1,#90x1)と送料270円で、合計1134円。
明日か明後日には届くだろう。

2016年05月04日

カブ メインジェット#90→#88 @33546km

今日は1日中雨という天気予報が先週からずっと続いていて、実際昨夜は各地に大雨洪水警報が出るくらい荒い風雨だったのだが、今朝、起きてみると見事な青空。
けれどこの午前中は田無で混声合唱団の役員との話し合いがあったので、電車でそれに出かけて、13時過ぎ帰宅。
相変わらず風は強いけれど、暑いくらいの暖かさと燦燦たる陽光が嬉しい。
MainJet90to88@33546km20160504-141041.JPG
こりゃ、アレやらなきゃウソだ!w

アレとは、青カブ君のキャブレターのメインジェットの交換である。
3年前から#90を使っていて、平地では特にボホボホいう事も無く、野太いトルク感もあって楽しいのだが、山道に入って標高が高くなってくると、混合気がどうも濃すぎるようなのだ。
アクセルをひねっても、エンジンが「そんなには食えません;;;」という感じで、回転が思うように上がらない。
ここは、諦めるべきは諦めて、メインジェットを#90から#88へダウンさせた方がイイように思える。

積算走行距離33546km。
MainJet90to88@33546km20160504-141059.JPG

MJ保管袋から、ルーペを使って“88を探し出す。
MainJet90to88@33546km20160504-134352.JPGMainJet90to88@33546km20160504-134413.JPG

燃料コックをOFFにして、キャブレターのドレーンスクリューをゆるめて内部のガソリンを排出してから、キャブレターカブの下に寝転び、プラスネジ2本を抜いてキャブのお釜を慎重に外す。
MainJet90to88@33546km20160504-141142.JPG
うん、お釜もフロートも本体もキレイで、問題皆無^^。
MainJet90to88@33546km20160504-141201.JPG

それでは、メインジェットの交換をしよう。
僕は、まず、7mmのメガネレンチでメインジェットのホルダーごと外す。
MainJet90to88@33546km20160504-141731.JPG
そして、レンチとマイナスドライバーでジェット交換。
MainJet90to88@33546km20160504-142120.JPG
その方が、ゆるめるのも締めるのもシッカリできるような気がするからだ。
そして、再び#88が取り付けられたジェットホルダーを、本体に戻す。
MainJet90to88@33546km20160504-142317.JPG
最後に、慎重にお釜を戻して作業終了。
MainJet90to88@33546km20160504-143342.JPG

エンジンをかけて、しばし暖機運転。
そして、アクセルを軽くあおったりする。
携帯用タコメーターでアイドリング回転数点検。
うん、今まで通りで問題無し。
さぁ、あとは走ってみてどう感じるか。
ガソリン滲みもしばらく要注意。
MainJet90to88@33546km20160504-144200.JPG
現在の青カブ君は、メインジェット#88ジェットニードル3段目だ。
[C70cのノーマル状態は、メインジェット#78,ジェットニードル3段目。]

2016年04月21日

青カブ君アイドリング調整@33303km

木曜オフ日。
昨日は素晴らしい晴天だったのに、今日は朝から曇天。
午後からは雨らしい。
見事だぜ、お天道様。
バイク遠足行けねぇぜ。
泣けるぜ(T_T)。

降り出す前にちょいと青カブ君いじり。
アイドリング調整と言うか、キャブレターのスクリュー調整をしてやろう。
もう少しだけ薄い方が良さそうだから。

積算走行距離33303km。
IdlingAdjust@33303km20160421-135540.JPG

久しぶりにレッグシールドの点検穴を開ける。
IdlingAdjust@33303km20160421-141251.JPG
キャブ回りもエンジン回りも、特にヘンな汚れは無し。
IdlingAdjust@33303km20160421-135533.JPGIdlingAdjust@33303km20160421-140944.JPG

青カブ君のエンジンをかけて、しばらく暖機運転。
その間に屋内の戸棚からハンディータコメーターを持ってくる。
では、作業開始。
IdlingAdjust@33303km20160421-145316.JPG
純正状態のC70cのエアスクリューの戻し回転は1と1/2回転だけど、今回はもう少し開けて、1と3/4回転ほど戻してみた。
IdlingAdjust@33303km20160421-135515.JPGIdlingAdjust@33303km20160421-140909.JPG
アイドリング回転数は、マニュアル指定が1700±100rpmなので、1600rpm台前半にした。
IdlingAdjust@33303km20160421-140401.JPG

ほい、とりあえずおしまい。
IdlingAdjust@33303km20160421-142018.JPG
あ…、ポツポツ降ってきた。

2016年01月14日

カブ90の中古エアクリボックス入手

昨年の暮れ、暇つぶしにヤフオクを覗いていて、ウチの青カブ君の時代のエアクリーナーが出ているのを見つけた。
wtacchi2002-img600x450-14508670541450867054_0347424c8mykh7424.jpgwtacchi2002-img600x450-14508670541450867054_03417424gcprsn7424.jpgwtacchi2002-img600x450-14508670541450867054_034174240w4uok7424.jpg
安かったので入札したら、そのまま落ちた。
送料がけっこうかかったのでコミコミ1464円。
但し、その前に掃除機を買った際にもらったポイントを使ったので、実質600円。
ま、この程度の出費なら、良いではないかw。

年明け早々に届いていたのだが、昨日ようやく開封。
AirFilterBoxUsed1464yen20160113-235228.JPG
中古だからそこそこ汚い。
AirFilterBoxUsed1464yen20160113-235411.JPGAirFilterBoxUsed1464yen20160113-235448.JPG
しかも、ボックスの中にはこの世で最も嫌いな生き物の死骸まで入ってた(>_<;)。
AirFilterBoxUsed1464yen20160113-235726.JPGAirFilterBoxUsed1464yen20160113-235740.JPG

ま、掃除せにゃしょうがない。

エアクリフィルターは迷わず廃棄。
AirFilterBoxUsed1464yen20160113-235955.JPG

全体をバラシて、中性洗剤と湯を入れたバケツに30分くらい漬ける。
AirFilterBoxUsed1464yen20160114-000220.JPGAirFilterBoxUsed1464yen20160114-001009.JPG
その後、風呂場で入浴兼洗浄作業。

風呂から上がったら、ペーパータオルと綿棒で汚れと水気を拭き取り、ポリメイトで磨いた。
AirFilterBoxUsed1464yen20160114-025019.JPGAirFilterBoxUsed1464yen20160114-025004.JPG
予想よりキレイになった^^。

ボックス底面に亀裂は無し。
GB4 の刻印があるので、これは50用じゃなくて70か90のものだ。
AirFilterBoxUsed1464yen20160114-025129.JPGAirFilterBoxUsed1464yen20160114-025149.JPGAirFilterBoxUsed1464yen20160114-025113.JPG
そしてコネクティングチューブには GB6 と記されているから、カブ90用エアクリボックスだと分かる。
AirFilterBoxUsed1464yen20160114-000316.JPG
ヤフオクの商品説明ではスーパーカブのものとしか書かれていなかったので、なんとなく50用なんだろなと思っていたのだが、これなら、90用コネクティングチューブを付けている青カブ君の予備部品としてバッチグーだ^^。

ボックス上部にも亀裂は無し。
AirFilterBoxUsed1464yen20160114-025219.JPGAirFilterBoxUsed1464yen20160114-025242.JPG
4つあるネジ受け部分のうち2つには小さなヒビがあるけれど、これはこの型のボックスの持病なので仕方がない。
AirFilterBoxUsed1464yen20160114-025301.JPGAirFilterBoxUsed1464yen20160114-025338.JPG
いま青カブ君に付いているボックスのこの部分にもヒビはあるけれど、実用上の問題は全くない。

金具やネジは錆びてるけど、ま、これはとりあえずどうでもいいw。
AirFilterBoxUsed1464yen20160114-025359.JPG

組み立ててみる。
AirFilterBoxUsed1464yen20160114-025701.JPGAirFilterBoxUsed1464yen20160114-030301.JPGAirFilterBoxUsed1464yen20160114-030159.JPGAirFilterBoxUsed1464yen20160114-030432.JPG
うん、良いですな^^。

当面使うあてはないけれど、予備部品としてきちんと保管しておこう。

2013年04月11日

カブ メインジェット#92→#90 ジェットニードル2段目→3段目 @30558km

青カブ君のメインジェット、#92ではやはり山道では濃すぎる症状が出るので、#90に戻す事にした。

積算走行距離30558km。
MainJet92to90 Needle3rdGroove@30558km20130411 150544.JPG

#92から#90へ。
MainJet92to90 Needle3rdGroove@30558km20130411 151924.JPGMainJet92to90 Needle3rdGroove@30558km20130411 151722.JPG

それから、ジェットニードルを一段濃い方にセッティングしてみる事にした。
キャブトップを外して、ピストン部分をバラして…。
MainJet92to90 Needle3rdGroove@30558km20130411 152419.JPG
今まで上から2段目に付けてあったクリップを、3段目へ。
MainJet92to90 Needle3rdGroove@30558km20130411 152709.JPGMainJet92to90 Needle3rdGroove@30558km20130411 152654.JPG

メインジェット#90,ジェットニードル3段目
さ、これでどうなるかな?
スクリュー関係は乗りながら微調整していこう。

最後に、レッグシールドのステッカーチューンと調整w。
MainJet92to90 Needle3rdGroove@30558km20130411 162323.JPG
梅雨前の心地よい季節、もう何度か行きたいな、バイク遠足。

2013年04月01日

カブ メインジェット#90→#92 @30337km

昨年11月から#90のメインジェットを使ってきたが、濃さにまだ余裕があるようで、フルスロットルでもまったくボホボホ言わないので、#92に交換してみる事にした。

先日、荒れまくった部屋の隅からメインジェットを入れた小箱を発掘し、すっかり老眼でしょぼつく目で刻印を確認選別。
よし、これだ^^。
MainJet90to92@30337km20130330 141113.JPG
それにしても、ほんと小さなものだよな。
爪楊枝の頭と比べても、こんなサイズ。
それでいて、これでエンジンの調子がずいぶん変わるんだから、面白いよなぁ、機械式気化器^^。

今日の夕方、まだ日の残るうちに帰宅できたので、急いで作業。
積算走行距離30337km。
MainJet90to92@30337km20130401 170730.JPG

レッグシールドを外し、久しぶりにキャブを開ける。
MainJet90to92@30337km20130401 171535.JPGMainJet90to92@30337km20130401 171620.JPG

今回はジェットホルダーはそのままで、メインジェットだけを外して交換した。
MainJet90to92@30337km20130401 171956.JPG
#90から、メインジェット#92(ジェットニードル2段目)へ。

さぁ、どうだ?

ほぉ、空ぶかしだとボホつかないみたいだな。
とりあえずこのまま乗ってみて、様子を見よう。

いよいよバイクのシーズンだぞ。
MainJet90to92@30337km20130401 175248.JPG
がんばれ、青カブ君^^。