2017年07月20日

長すぎたLEDバルブ

先月eBayを覗いていて、6VのLED球[ba15s]4本セットが送料等込みで900円弱だったので試しに取ってみた。
1ケ月かかって香港より無事到着。
LEDWinkerNGTooLong20170720-151923.JPGLEDWinkerNGTooLong20170720-151955.JPGLEDWinkerNGTooLong20170720-152139.JPG
バルブの出来を観察。
LEDWinkerNGTooLong20170720-152224.JPGLEDWinkerNGTooLong20170720-152235.JPGLEDWinkerNGTooLong20170720-152302.JPG
うん、キチンとできてるように見える。
ま、そりゃそうだわな、クルマやバイク用に限らず安価なLED球は、もうたいがい中国製なんだから。

試しに青カブ君のウィンカーに取り付けてみよう。

ウィンカーレンズを外して、今付いているLED球の点灯点検。
LEDWinkerNGTooLong20170720-153728.JPG
当然問題無し。

バルブを抜いて、今回取り寄せた物と見比べてみた。
LEDWinkerNGTooLong20170720-154000.JPG
あ、同じような大きさだと思っていたら、今回買ったものの方がちょっと大きいんだな。
ふむふむ。

挿してみる。
LEDWinkerNGTooLong20170720-154140.JPG
うん、ちゃんと光る。
光色はアンバー(黄色)。
ホワイト(白色)だと、ウィンカーがうまくオレンジ(橙色)にならないんだよね。

では、しばらくコレを使ってみよう……とウィンカーレンズを被せようとしたら、あらま、バルブの長さが長すぎてレンズがキチンと閉まらないわ。
LEDWinkerNGTooLong20170720-154409.JPG
なるほど、サイズ的な事も気にしてないと、こういう事になるんだね。
イイ勉強になった。

というわけで、新バルブの使用は見送り。
良い機会なので、前後ともウィンカーカバーとバルブを外して、バルブとケース内部をひと拭きして、端子に接点回復スプレーを吹いて、組み直した。
LEDWinkerNGTooLong20170720-155935.JPGLEDWinkerNGTooLong20170720-160039.JPG
LEDWinkerNGTooLong20170720-155304.JPGLEDWinkerNGTooLong20170720-160004.JPGLEDWinkerNGTooLong20170720-160022.JPG
点滅させてみると、少し電気の流れが良くなったのか、今までよりもピーピーというブザー音が大きくなった気がする。
気がするだけかもしれないけどねw。

それにしても毎日暑い。
LEDWinkerNGTooLong20170720-153006.JPGLEDWinkerNGTooLong20170720-153035.JPG
今日も順調に30℃超え。
さしもの僕も、ちょっと食欲減退気味。
他人よりははるかに食ってるものの、なんと言うか、食べる物を作ったり、食べに出かけたりするのが、やたらめんどくさく感じる。
こういう加齢現象もあるんだなと知った55歳の夏。

あ、付かなかった6V[ba15s]LEDバルブ、欲しい人いたらあげます。

2017年05月15日

青カブ君バッテリーやっぱり交換@34304km

レッツUの修理の間ボウズに貸していた青カブ君だが、昨日の日曜日、僕が仕事に出ている間に戻ってきた。
Battery1960yen@34304km20170515-173424.JPG
「やっぱり慣れないから乗り難かった」と言っていたらしい。
然り!
カブは質実剛健な実用車であると共にクセやコツの塊で、その丈夫さと乗り難さとが混然一体となって、不可思議な魅力を形成しているのである、と、我思う故に我在り。

さて、カブの不在の間にいろいろ考えて、バッテリーを新調する事にした。
C70cはキック始動だから、バッテリーがもうスッカラカンになったとしてもキックでエンジンさえかければ最低限の電力は確保できる。
でも、バッテリーがヘタってくると、電装系の動作が不安定になり、しかもこの時代のバッテリーってバイク総体の電気回路の中でのコンデンサー的役割もしているので、劣化によって各所にストレスをかけたりもするのだ。
今までの物はもう4年以上使ってきたから、元は取ったしね^^。

ヤフオク経由で発注し、昨日到着。
Battery1960yen@34304km20170514-235622.JPGBattery1960yen@34304km20170514-235738.JPGBattery1960yen@34304km20170515-004058.JPG
SUPER NATTO/6NA-2A-4、送料込み1960円。
Battery1960yen@34304km20170515-000029.JPGBattery1960yen@34304km20170515-000037.JPGBattery1960yen@34304km20170515-000145.JPG
今までの経験上、パッケージや売り言葉の中に「中国製」を明確に記している物って、イイものが多いように思う。
Battery1960yen@34304km20170515-000528.JPGBattery1960yen@34304km20170515-000548.JPGBattery1960yen@34304km20170515-000948.JPG
コレもそうである事を祈ろう^^。

昨夜、付属の電解液を注入し、反応が安定するまで半日放置。
Battery1960yen@34304km20170515-001619.JPG

今日の午後、充電。
Battery1960yen@34304km20170515-142311.JPG
充電器のメーターは1時間ほどで完了状態だったけど、念のため2時間半やった。
Battery1960yen@34304km20170515-172205.JPGBattery1960yen@34304km20170515-172228.JPG

そして、交換取り付け。
Battery1960yen@34304km20170515-174857.JPG

積算走行距離34304km。
Battery1960yen@34304km20170515-175457.JPG

ウィンカー等の動作チェックをすると、明らかに明るさと安定感が増している。
Battery1960yen@34304km20170515-175605.JPG
灯火類は安全に大きくかかわるものだから、やっぱりこうじゃなくっちゃね。
さぁ、これでこの夏の暑さも乗り切ろう^^。
Battery1960yen@34304km20170515-175845.JPG

2017年05月02日

青カブ君 フロントウィンカー交換@34207km

ボウズのレッツUがらみの作業に思いがけず手間取ってしまったが、かろうじてまだ陽のあるうちに青カブ君のフロントウィンカーの交換作業に取りかかれた。

ハンドル回りのハーネスにアクセスするために、ヘッドライトユニットを外す。
WinkerAssyKoukan@34207km20170502-172752.JPG
左ウィンカーからはオレンジ色の電線が伸びているので、同じ色の線の集まるコネクターから抜き外し、ウィンカー本体も外す。
WinkerAssyKoukan@34207km20170502-172809.JPGWinkerAssyKoukan@34207km20170502-172920.JPG
今まで使ってきたウィンカーユニットからLEDバルブを抜いて、新しい方に取り付ける。
WinkerAssyKoukan@34207km20170502-173122.JPG
接点復活剤を吹いてから電線をコネクターに挿し、明滅点灯がキチンといくかを確認して、2本のビスでユニットを取り付け固定。
WinkerAssyKoukan@34207km20170502-181904.JPG
右ウィンカーも同様に作業。
WinkerAssyKoukan@34207km20170502-174140.JPGWinkerAssyKoukan@34207km20170502-181852.JPG
積算走行距離34207km。
WinkerAssyKoukan@34207km20170502-181919.JPG
予想していたよりはるかに簡単な作業だった。

2017年04月29日

新品のウィンカーベース入手

Webike経由でホンダ純正の角目カブ用ウィンカーベースを購入した。
33403-GB0-931 R.ウインカーベース
33453-GB0-931 L.ウインカーベース
WinkerBaseFrontNEW3304yen20170429-230059.JPG
各1個1652円。

先日ヤフオクで中古購入したブツブツウィンカーwをバラシて、掃除して、おニューベースと組み合わせてみた。
WinkerBaseFrontNEW3304yen20170429-230655.JPG
古い方も内部は新品同様だったから、みごと新同品が組みあがった。
WinkerBaseFrontNEW3304yen20170429-234806.JPGWinkerBaseFrontNEW3304yen20170429-234832.JPG
不要になったブツブツベースの方は、暇な時にうんと安くヤフオクに出せば、欲しい人いるかもな。
WinkerBaseFrontNEW3304yen20170429-234737.JPG

2017年04月27日

このプツプツはきびしい…;;;

先日、青カブ君の左フロントウィンカーの樹脂製メッキベースが割れているのを見つけた。
MainJet88to85@34155km20170422-133646.JPG
そこで、ヤフオクで中古のウィンカーユニットを探し、落札してみた。

昨日到着。
WinkerFrontUSED2300yen20170426-214102.JPG
送込み2300円。

早速、開封チェック。
WinkerFrontUSED2300yen20170426-214312.JPGWinkerFrontUSED2300yen20170426-214401.JPGWinkerFrontUSED2300yen20170426-214432.JPG
う〜ん、出品写真から期待していたより、樹脂メッキが劣化しているなぁ…。

ともかく金属磨き剤で磨いてみる。
シコシコシコシコ…。

やっぱり、これ以上はキレイにならないや(>_<)。
WinkerFrontUSED2300yen20170426-233527.JPGWinkerFrontUSED2300yen20170426-233421.JPGWinkerFrontUSED2300yen20170426-233459.JPG
今までのも30年以上物だからけっしてツルツルピカピカではないものの、これほどのプツプツ状態じゃない。
WinkerFrontUSED2300yen20170426-233422.JPG
青カブ君にコレを取り付けるのは、悲しいなぁ…。
WinkerFrontUSED2300yen20170427-172508.JPG
やめとくか…。

この際、思い切って新品買っちゃおうか。
樹脂メッキのウィンカーベースだけで出るかな?
調べてみよう。

2017年04月23日

青カブ君のメーター内インジケーターバルブ整備@34155km

休眠から目覚めたばかりの青カブ君、メーター内のニュートラルランプとウィンカーインジケーターランプの光り方が少々不安定。
IndicatorLightMaint@34155km20170423-155149.JPG
いずれもいちおう光って入るのだが、ニュートラは少し暗いし、ウィンカーはもっと暗い。
LEDバルブを挿しているから、コネクターへの座りが若干甘くて、振動でゆるんできたのかもしれない。

ゴチャゴチャ考えていても仕方ないので、さっさと点検してみよう。

左右の固定ネジを抜いてヘッドライトユニットを外せば、インジケーターランプのコネクターにアクセスできる。
IndicatorLightMaint@34155km20170423-155242.JPGIndicatorLightMaint@34155km20170423-155401.JPG

まずは、ニュートラルランプをチェック。
LEDバルブを一旦引き抜いて、コネクターの金属開口部をペンチで軽く締めて、コネクターとバルブの端子に接点復活剤を吹き付けて、シッカリと挿し込み、点灯点検。
IndicatorLightMaint@34155km20170423-155720.JPGIndicatorLightMaint@34155km20170423-155856.JPG
よかろう。

次に、ウィンカーインジケーターバルブ。
IndicatorLightMaint@34155km20170423-161057.JPG
まず点灯確認してみたが、裸でもやはり暗い。
そこで、いっその事LEDバルブをやめて白熱球に戻してみようと、手持ちのT10ウェッジ球を挿してみたのだが、すると、左右のウィンカーランプが同時に明滅し、一方インジケーターは全く光らない、という現象が起こる。
ウェッジ球の挿し込み向きを逆にしても、同じ。
ひょっとしたらLEDバルブ用のICウィンカーリレー(2端子型)の結線が間違っているのかも、と思い、配線を挿し替えてみたが、こんどは明滅すらしなくなる。
次に、白熱球を抜いて、代わりに、ニュートラルランプに使っているのと同じLEDバルブを挿してみる。
すると、片側の明滅は正常に行くのだが、逆側の時にウィンカーランプだけが明滅してインジケーターは光らない。

あぁ、やっぱり結果は同じか…。
じつはこの作業、2年前にもした事があって、その結果、今のLEDの組み合わせで使っているのだ。
あの時やや慌てて作業した記憶があって、自分の中で結果にイマイチ確信が持てないままだったのだが、今回のいわば追試で、このままどうにかしていくしかないのがハッキリと確認できた。

そこで、ウィンカーインジケーター用に使っているのと同じLED球があと3個手元にあったので、順番に差し替えて点灯テスト。
ふむふむ、大差ではないけれど明るさや明滅加減に個体差がある。
では、一番イイ感じの物に差し替えよう。
もちろんその前に、接点復活剤を吹き付けた。
点灯点検。
IndicatorLightMaint@34155km20170423-161103.JPG
少しだけど今までよりはマシかな。

両バルブをメーターユニットに挿し込んで、点灯点検。
IndicatorLightMaint@34155km20170423-163703.JPG
ま、とりあえずこのままいくしかあるまい。

2017年04月20日

青カブ君バッテリー6N4-2A-4メンテ@34128km

実家から青カブ君と帰宅してすぐ、バッテリーメンテに着手した。

積算走行距離34128km。
BatteryMaint@34128km20170420-182640.JPG

青カブ君は角目だけどキック始動なので、バッテリーが上がってもキックで始動はする。
けれど、そのままだと灯火類は不安定。
危険だから、手当は早めにしちゃった方がいい。

右サイドカバーを外し、バッテリー6N4-2A-4を外し家の中へ。
BatteryMaint@34128km20170420-183723.JPG
すっかり忘れてたけど、2013年1月から使ってるんだな、コレ。
BatteryMaint@34128km20170420-183740.JPG
もう4年以上だ。
なかなかの健闘じゃわぃ。

電解液量を点検して、補充。
BatteryMaint@34128km20170420-183922.JPGBatteryMaint@34128km20170420-190127.JPG

そして、チャージャーで補充電開始。
BatteryMaint@34128km20170420-190610.JPGBatteryMaint@34128km20170420-190631.JPG
3時間で電流量も下がり止まったので、OKとする。
BatteryMaint@34128km20170420-221416.JPG
テスターで電圧チェック。
BatteryMaint@34128km20170420-222106.JPG
6.5Vくらい出てるね、よかろう。

22時半、懐中電灯とともに外へ出て、バッテリーの取り付け作業。
BatteryMaint@34128km20170420-223829.JPG
つつがなく終了。
BatteryMaint@34128km20170420-224012.JPG
では、明日から、またよろしく^^。
BatteryMaint@34128km20170420-224627.JPG

2016年05月16日

カブのメーター内インジケーターLEDバルブ交換@33674km

仕事から17時過ぎ帰宅。
日が長くなったので、まだ明るい。
よし、前から気になっていた青カブ君のウィンカーとニュートラルのインジケーターのバルブを、点検しよう。
どうも点灯や点滅がヘンな時があるのだ。

予備のバルブの入った箱とプラスドライバーを持って、再び外へ。

隣家から伸びてきているアジサイが、キレイに花開き始めている。
MeterLEDBulbKoukan@33674km20160516-171907.JPGMeterLEDBulbKoukan@33674km20160516-171925.JPGMeterLEDBulbKoukan@33674km20160516-171956.JPG
こんな風に咲くんだなぁ、アジサイって。
知らなかったよ^^。

積算走行距離33674km。
MeterLEDBulbKoukan@33674km20160516-172054.JPG

ヘッドライトの左右にあるプラスネジを抜いて、ヘッドライトユニットを外す。
MeterLEDBulbKoukan@33674km20160516-172142.JPGMeterLEDBulbKoukan@33674km20160516-172349.JPG

メーターユニットの下に、ウィンカーとニュートラルインジケーターのバルブのソケットが刺さっているので、引き抜けば点検・交換できる。
MeterLEDBulbKoukan@33674km20160516-172358.JPG

まずはウィンカーのバルブを抜いて、チェック。
MeterLEDBulbKoukan@33674km20160516-173310.JPG
接触が悪いのか何なのか、点滅が不安定な事が多いのだ。
そこで 6V 1.7W の白熱球に交換しようと思ったのだが、試しに挿してみると、ウィンカースイッチを動かすとRLに関係無く左右両方のウィンカーが一緒に点滅してしまう。
MeterLEDBulbKoukan@33674km20160516-173223.JPGMeterLEDBulbKoukan@33674km20160516-173432.JPG
あわてて、今まで使ってきたLEDバルブに戻すと、キチンと作動する。
配線がどこかでどうかなっているのか、スイッチがおかしいのか、中国製のICリレーのせいなのか、原因は分からないけれど、ともかく白熱球は使わない事にした。
予備の新しい同型LEDバルブと交換しよう。

そして、ニュートラルランプは、予備の別型のLEDに交換。
MeterLEDBulbKoukan@33674km20160516-174025.JPGMeterLEDBulbKoukan@33674km20160516-173935.JPG

この組み合わせでしばらく様子を見てみよう。
MeterLEDBulbKoukan@33674km20160516-175158.JPGMeterLEDBulbKoukan@33674km20160516-175249.JPGMeterLEDBulbKoukan@33674km20160516-174115.JPG

2015年12月27日

カブの6Vバッテリー点検@32732km

正月準備の一環として、青カブ君のバッテリーを外してメンテナンスした。
BatteryCharge@32732km20151226-200901.JPG

積算走行距離32732km。
BatteryCharge@32732km20151226-200845.JPG

室内に持ち込んで、裏側から懐中電灯で照らして、液面チェック。
BatteryCharge@32732km20151226-201842.JPG
うん、問題無し。

本棚にしまってあるバッテリーチャージャーを引っ張り出す。
BatteryCharge@32732km20151226-202147.JPG
1989年1月に買ったものだから、もう26年ものだよ^^。
BatteryCharge@32732km20151226-232504.JPGBatteryCharge@32732km20151226-232445.JPGBatteryCharge@32732km20151226-232429.JPG
でも、そう頻繁に使うものじゃないから、キレイでしょ^^。

ショートに気を付けながら、チャージャーとバッテリーを接続。
BatteryCharge@32732km20151226-202839.JPG
2時間半の充電で、電流計の表示はほんの少し振れたけど、基本的にこのバッテリーはヘタリが少ない気がする。
BatteryCharge@32732km20151226-202903.JPGBatteryCharge@32732km20151226-232124.JPG
テスターで電圧測定。
BatteryCharge@32732km20151227-005412.JPG
モノタロウ印のテスターを信じるならば、6.2Vと読める。
健康ですな^^。

青カブ君と過ごすようになって12年。
その間、日本メーカーや海外メーカーの“6N4-2A-4”をいくつも使ってきたけれど、なんかコレが一番劣化が遅い感じだな。
FIAMM”というイタリアのメーカーの製品ではあるものの、製造はおそらく中国
価格も安かったので、1年もてば上出来だと思っていた。
ところが、今年は放置期間が長かったにもかかわらず、この蓄電池はキチンと機能しているのだ。
車体側電装のLED化も効いているのかもしれないが、ともかく我が青カブ君史上、コレが一番もちがいいのは認めざるを得まい。

全体をウェットティッシュで拭き掃除して、メンテ終了。
BatteryCharge@32732km20151226-233119.JPGBatteryCharge@32732km20151226-233145.JPGBatteryCharge@32732km20151226-233129.JPG
では、この伊中合作蓄電池が、4度目の冬にどんなガンバリを見せるか楽しみにしていよう。
もし、結果が良かったら、メーカーへのご褒美にリピートを約束する^^。

2014年09月17日

青カブ君のバッテリーメンテ@32254km

涼しくなった。
8月の酷暑を思うとずいぶん性急過ぎる展開だが、すっかり秋だ。
もう40℃近くになる事はなかろう。
このあたりで、夏を乗り越えたカブのバッテリーを外して点検してやろう。

積算走行距離32254km。
BatteryMaintenance@32254km20140917 170740.JPG

10円玉でもいいのだがせっかくなので工具箱からコインドライバーを取り出して右サイドカバーの固定ネジを外し、バッテリホルダーの固定ボルトを外し、バッテリーを取り外す。
BatteryMaintenance@32254km20140917 170822.JPGBatteryMaintenance@32254km20140917 170908.JPGBatteryMaintenance@32254km20140917 171358.JPG
バッテリーの結線を外す時は、まずマイナスを外してから、次にプラスを外すこと。
取り付けの際は、ブラスが先で、次にマイナスをつなぐ。

外したバッテリーを点検。
あぁ、下限未満ではないもののやや減り気味ですな、バッテリー液。
BatteryMaintenance@32254km20140917 171418.JPG
興味深かったのは、3つある注入口キャップのうち真ん中のものだけ浮いてきていた事。
BatteryMaintenance@32254km20140917 171517.JPG
けっこう内圧が上がる時があったんだろうね。

バッテリーを家の中に持ち込んで、浄水器を通した水道水をスポイトでバッテリー内に補充。
おカネのある人は市販のバッテリー補充液を使うに越した事は無いけれど、たいてい「精製水」なので、キレイな水なら問題無いと我思う故に我あり。
それから、充電器で補充電。
BatteryMaintenance@32254km20140917 172601.JPG
先日の奥多摩原付散歩で充分に蓄電できているらしく、あんまり電気が流れない。
小1時間で終了。

バッテリーをカブに戻し、エンジン始動。
そしてライト類を点灯させてみる。
BatteryMaintenance@32254km20140917 174849.JPGBatteryMaintenance@32254km20140917 174808.JPG
うん、補充電が効いたらしく、ライト類の明るさがアイドリング状態でもフラフラしなくなったし、ウィンカーの動作やブザー音もシッカリした。
このバッテリーを付けたのは昨年の3月だけど、なかなかヘタリの少ないもののようだ。
これなら、この冬はラクに越しそうだな。

2013年11月09日

青カブ君のヘッドライトバルブ交換@31124km

今朝も寒い。
なんか雪でも降り出しそうな曇天。
でも何にも降っていないから、ちゃちゃっと青カブ君のライト関係いじりをしよう。

積算走行距離31124km。
HeadLightBulbKoukan@31124km20131109 105518.JPG

角目カブの場合、ヘッドライトの左右下部のネジを抜けば、ヘッドライトユニットが外れる。
HeadLightBulbKoukan@31124km20131109 105622.JPG
ほい、パカッとな。
HeadLightBulbKoukan@31124km20131109 105945.JPG
これでメーター裏側にアクセスできるので、昨夜点灯が不調だったウィンカーインジケーターのバルブを抜き外す。
HeadLightBulbKoukan@31124km20131109 110943.JPG
青カブ君のウィンカーインジケーターとニュートラルランプには、6V電装系の不安定さを少しでも解消すべくLEDバルブを使っている。
HeadLightBulbKoukan@31124km20131109 111101.JPG
見た所とくに異常は無さそうなので、端子部分の細い針金の位置と曲がり具合をちょいと動かして、挿し直す。
さて、どうかな?

うん、よかぴー。

ついでに、ヘッドライトバルブの交換もした。
HeadLightBulbKoukan@31124km20131109 110040.JPG
青カブ君のヘッドバルブは、ローが切れたので去年の夏に交換したんだけど、その時取り付けたのは以前使って外して予備としてストックしておいたマツシマのタマ。
あれからまたまた2500km走ってるけど、全く異常無し。
タフなタマだ^^。
でも、ほんのちょっぴり暗いので、また新タマと交代して代打の切り札として待機していてもらおう。
HeadLightBulbKoukan@31124km20131109 110135.JPG
頼むぜ、おニュー!
HeadLightBulbKoukan@31124km20131109 111905.JPG
紅葉ツーリングの帰り道はどうしても夜間走行になっちゃうので、灯火関係の不調は怖い。
これで安心だな。
HeadLightBulbKoukan@31124km20131109 111807.JPG
行けるかどうかわからないけどさ(笑)。
HeadLightBulbKoukan@31124km20131109 112103.JPG
まだまだ頑張るぜ、6Volterの1983年頃製スーパーカブ70スーパーデラックス(o^-')b。

2013年05月02日

角目カブ ウィンカーレンズ交換

実は、先日の青カブ君ウィンカーLEDバルブ装着の際に、左リアウィンカーレンズをペリッとやってしまった。
WinkerLens NTB 20130502 PICT0001.JPG
そんなに力を入れたわけでもなかったのに、よっぽど嬉しかったらしいw。

この割れたウィンカーレンズは、ホンダ純正ではなく、4年半前に買った安価な社外品
“ASKA”というブランドで、おそらくアジアのどこか製のものだ。
4個セットで買ったのだが、4年半前に2個使い、事故をもらった昨年の春にも2個交換したので、手持ちはもう無い。

で、今回、「モノタロウ」経由で“NTB”のウィンカーレンズを買ってみた
WinkerLens NTB 20130501 PICT0003.JPGWinkerLens NTB 20130501 PICT0008.JPG
台湾製で税込1個約430円のものを2個購入。
純正だと1個630円だから、そっちを買っても大差無かったのだけれど、そこはほれ、このオッサンはアレだからw。

“NTB”と“ASKA”を見比べる。
WinkerLens NTB 20130502 PICT0008 (2).JPGWinkerLens NTB 20130502 PICT0009 (2).JPGWinkerLens NTB 20130502 PICT0011.JPG
基本的な造形は純正の“STANLEY”に準じているからほぼ同じだが、“NTB”の方が全体的に肉厚でシッカリできているし、精度も高い。
とりわけ、取り付け用のタッピングビスが通る穴周辺の作りは、かなり差があるように思える。
色も、“NTB”の方が純正に近い濃さだ。
WinkerLens NTB 20130502 PICT0004 (2).JPGWinkerLens NTB 20130502 PICT0015.JPG

この作りなら、もう腫れ物を触るような感じで脱着しなくて良くなるかなw。
WinkerLens NTB 20130502 PICT0014.JPGWinkerLens NTB 20130502 PICT0017.JPG

でも、もしまた交換の必要が出てきたら、その時は純正品使おっと。

2013年04月24日

6Volter青カブ君 念願のウィンカーLED化@30657km

eBay経由で発注したウィンカー用の6VLEDバルブが、一昨日届いた。
Winker6VLED@30657km20130412 012418.jpgWinker6VLED@30657km20130412 012438.jpgWinker6VLED@30657km20130412 012427.jpg
Super yellow,6V AC/DC,24 leds,Socket Ba15s、2本1組を2セットで送料込み25.98USD。
Winker6VLED@30657km20130422 015854.JPG
何とも言えずアンバランスな政策を進める安倍内閣のおかげで急速に進む円安により、為替相場は現在1ドル98〜99円。
だが、PayPalだと更に上乗せされて、100円チョイ。
だから、4本で2600円くらいかな。
1本あたりおよそ650円。
去年買っときゃ8掛けだったのにな…。
ま、しかたない、あの頃には安いリレーが無かったのだから。

さて、チャイナポスト扱いで2週間かかって届けられた荷。
Winker6VLED@30657km20130422 015735.JPG
床に投げつけられたり、踏んづけられたり、水浸しになったり、バラバラになったりしていないかな…;;;。
ドキドキものの開封だ。
Winker6VLED@30657km20130422 015909.JPGWinker6VLED@30657km20130422 020058.JPGWinker6VLED@30657km20130422 020022.JPG
うん、外見上は無事到着のようだ^^。
頼むぞ、ちゃんと機能してくれよ(-人-)。

千葉県での仕事から急いで帰宅して、16時半作業開始。

積算走行距離30657km。
Winker6VLED@30657km20130424 164602.JPG

まずは、今までのノーマルバルブでの点滅状態の確認。

先日のICリレー装着以来、動作が安定したなぁ。
このままでもイイくらいだけれど、少しでも消費電力を抑えるべく、白熱球からLEDバルブへと挿し替え。
Winker6VLED@30657km20130424 164855.JPGWinker6VLED@30657km20130424 165042.JPG
さぁ、どうなる!?
Winker6VLED@30657km20130424 171325.JPGWinker6VLED@30657km20130424 171336.JPG
Winker6VLED@30657km20130424 172037.JPGWinker6VLED@30657km20130424 172034.JPG
よし^^。
ん…?
あ…;;;。

点滅させているのと逆側のバルブも、いっしょにほんの少しだけ光るわ^^;。
どっか少しだけリークしてるのかな?
あるいは電位差のせい?
今までの電球だと全く起こらなかった現象だけど、このあたりは敏感過ぎるLEDのデメリットでもあるわな。
Winker6VLED@30657km20130424 172239.JPG
それにしてもキレイだわ、9年前に付けたこのマツシマのバルブ
黒化無し。
スペアとして、ちゃんと保管しておこう。

ま、多少の漏れ点灯は、大丈夫だろう…と思っておく。
ICリレーとLEDバルブのおかげで、点滅のキレはすごく向上したのだから。
そして、久しくか細くしか鳴かなかったウィンカーブザーが、びっくりするほど高らかに歌っている。
ICリレー化の時よりも、更に大きな音。
これぞビジネスバイクの音!
いつかK50と並べて、鳴かして、動画撮ってみようw。

とりあえず、無事6VカブのウィンカーのLED化終了。
さて、せっかくだから、少し磨いてやろう。
Winker6VLED@30657km20130424 181342.JPG
くすんだウィンカーボディーの樹脂メッキは、クルマの樹脂ヘッドライトレンズ磨きで磨いてみた。
Winker6VLED@30657km20130424 172435.JPGWinker6VLED@30657km20130424 172900.JPG
小さな黒いブツプツ穴や、あのオバハン車との接触転倒で付いた擦り傷は直らないけれど、これはこれで青カブ君の歴史刻むものだから、そのままにしておこう。
Winker6VLED@30657km20130424 173811.JPGWinker6VLED@30657km20130424 172939.JPG
磨いた後は、モノタロウブランドの液体ワックスで車体全体を磨いて、うん、こんなもんかな。
Winker6VLED@30657km20130424 173858.JPGWinker6VLED@30657km20130424 173916.JPGWinker6VLED@30657km20130424 181352.JPG
もうすぐゴールデンウィーク。
混んで無さそうな所を探して、走ろうな^^。
お天道様、晴天をたくさんお願いいたします(-人-)。

2013年04月14日

6Volter青カブ君のウィンカーリレー交換@30586km

先日ヤフオクを覗いていたら、「LED対応 IC ウインカーリレー 汎用 2ピン 旧車 6V 12V」というものが出ていた。
+++++
・電気的規格 : DC6〜12V 0.02〜20A 2ピン
・点滅回数 : 80±5回/分
・ウィンカーのLED化によるハイ・フラッシャー現象を防止する
・通常バルブでも使用可能(LED混用も可)
・リレー自体の動作音は無し
・サイズ : 高さ36mm x 横34mm x 奥行24.5mm(ピンなどの突起物は含まず)
+++++
送料や送金手数料を入れても718円ほど。
へえ、この値段でLED用ウィンカーリレーが買えるなんて、すごいな。
しかも、6Vでも12Vでも使えるって…。

さほど高価な物じゃないので、ともかく取り寄せてみた。
WinkerRelayKoukan@30586km20130411 033512.JPG
2種類の取り付け用ゴム付き。
黒い樹脂ケースは爪で留められているだけなので、せっかくだから内部の確認。
WinkerRelayKoukan@30586km20130411 033210.JPGWinkerRelayKoukan@30586km20130411 033224.JPG
うん、ちゃんとIC様がいらっしゃる(^-^)。
電極は2本。
WinkerRelayKoukan@30586km20130411 033339.JPG
B印の方に黒線を繋げばいいんだと思う。

では、取り付けてみましょう。

積算走行距離30586km。
WinkerRelayKoukan@30586km20130414 155736.JPG

今まで使ってきたのは、これ。
WinkerRelayKoukan@30586km20130414 155718.JPG
“MITSUBA”製でホンダ純正部品なのだが、青カブ君C70Cに元々付いていたものではない。

9年半前にはるばる徳島県から運ばれてきて以来、青カブ君のウィンカーリレーについては、けっこう苦労させられてきたのだ。
まず純正の円筒形リレーがかなりヘタっていて明滅があまりに遅すぎるので、ヤフオクに出ていた“MISUBA”というメーカーの物に交換してみた。
これは、3ヶ月で壊れた。
さすが“MISUBA”だった(笑)。
買うならちゃんと“MITSUBA”を買おうね(o^-')b。
次に付けたのは、“N.T.B”製の物
これは10ヶ月くらいもったが、また動作がヘンになった
そこで、今度はちゃんとホンダ純正の6Vのウィンカーリレーを買って付けた
これはさすがにキチンと仕事し続けてくれて、今日に至る。
ま、最初から純正品を使っていれば良かったのは言うまでもないが、色々試したくなるのはこれを読んでるアナタもそうでしょw。

純正の角型リレーを外し、今回買ったICリレーと比べる。
WinkerRelayKoukan@30586km20130414 155936.JPGWinkerRelayKoukan@30586km20130414 155948.JPG
新しい方が一回り大きいが、取り付けには問題無い程度の差だ。

さぁ、付けよう。
WinkerRelayKoukan@30586km20130414 160530.JPG
うん、オーケー。

新旧のウィンカー点滅動作を比べてみよう。
[古い方の純正リレーの時]

[新しいICリレーの時]

よし、問題無く作動するぞ。
しかも、何やら軽快で、今まで小さかったピーピー音が少し大きくなった。
そうそう、思い出したよ、青カブ君が来た当初、このウィンカーのピーピーが恥ずかしかったんだっけw。

よし、これで勇気を持ってウィンカー用6VのLEDバルブを発注できる。
上手くいったら、ずいぶん快適になるだろうな、6Vのままにこだわってきた青カブ君の電装系。
楽しみだ^^。

作業を終え、室内で角型純正リレーをバラしてみた。
この黒い樹脂ケースも爪で留まっているだけだから、簡単に開けられた。
WinkerRelayKoukan@30586km20130414 173116.JPG
ふむふむ、けっこう重量感があると思ったら、なかなかゴツい電磁石と電解コンデンサーで出来てるんだな。
WinkerRelayKoukan@30586km20130414 173147.JPGWinkerRelayKoukan@30586km20130414 173226.JPG
電解コンデンサーって、長く使ってくると‘抜けてくる’ものだから、たぶん、同じ容量のフィルムコンデンサーに交換してやれば、きっと当初の性能を取り戻すだろう。
WinkerRelayKoukan@30586km20130414 173158.JPGWinkerRelayKoukan@30586km20130414 173211.JPG
将来、そんな改造をするかしないかは分からないけれど、ともかく捨てずにキープはしておこう。

それにしても、こうして見ると、以前使ってたチープな円筒型リレーの内部構造って、本当にチープだったんだな。
あらためて笑えるw。

2013年04月01日

青カブ君のポジションランプのLEDを換えてみた@30337km

一昨年6月から青カブ君のポジションランプに使ってきた6VのLED
PositionLED26664km2011_0611_185128.jpgPositionLED26664km2011_0611_184919.jpgPositionLED26664km2011_0611_193600.jpg
特に問題は無いのだけれど、もう少し明るくてもイイかなとも感じていた…。

そしたら、昨年の暮れ、eBayで安いのが出てて、何となくポチッとしてしまった。
たぶん、夜中で、酔っ払っていたんだと思う(笑)。
Technische Daten
Lieferumfang : 2 Stück
Spannung : 6Volt DC
LED Typ : 3Chip SMD LED
Anzahl LED : 5 Flat Lens
Farbe : Kalt-Weiss
Sockel : Ba9s (T4W)
Durchmesser : 12mm
gesamt Länge : 27mm
Abstrahlwinkel : 270°
Sonstiges : 4Side + 1Top LED
Position6VLED@30337km13040120130109 015804.JPGPosition6VLED@30337km13040120130109 020143.JPGPosition6VLED@30337km13040120130109 020023.JPG
2個セットで送料等入れて1802円だから、1個当たり901円と言うべきか、1個しか使わないなら1個1802円と言うか;;;。

ともかく、入手した以上は使ってみなきゃ損だ。
今夕、メインジェット交換に続いて、ササッと作業。
Position6VLED@30337km13040120130401 170737.JPG
積算走行距離は変わらず30337km。

新旧比較。
Position6VLED@30337km13040120130401 180039.JPG
長さは、新しい方が少し長いな。

点けてみると、こんな色。
Position6VLED@30337km13040120130401 180715.JPG
なるほど、“Kalt-Weiss”=“Cold-White”だね。
明るさは、今までのより少し明るいかな…。
う〜ん、色が違うと明るさの差がイマイチぴんと来ないやw。
ヘッドライトのメインランプの色が、今までより黄色く感じる。
Position6VLED@30337km13040120130401 180640.JPG
あ、そだ、これは古いのを暫定使用してるんだっけ。
念のため新球交換も考えようかな。