2007年12月11日

化学の力

風呂入って寝る前に、せっかくだから久々に‘酸系錆び取り剤実験’をしてみた。

0時13分、塗布開始。
FI2618764_1E.jpg
塗布と言うより、めんどくさいからボトルからトローっと流し入れた。
そして、古歯ブラシでシュコシュコ。
深夜のシコシコは昔から得意さ…w。
…いいトシこいて、この大馬鹿者っ!

ともかく、5分おきぐらいにこすってみた。

15分経過。
あの酸っぱいニオイが、かなり漂ってきた。
そして、少し泡立ちも。
FI2618764_2E.jpg
う〜ん、化学実験っぽい。
なんか嬉しい(^-^)。

55分経過。
FI2618764_3E.jpg
完璧とは言えないけれど、でも落ちているのはたしかだ。
面白いよなぁ、こんな風にサビが酸化して取れるなんて。

そして1時間半ほどしたところで、カバーを抱えて風呂場へ。
入浴兼錆び取り剤落とし。
反応を止める為に、石鹸でよく洗う。
FI2618764_4E.jpg
と言う訳で、こんな感じになりました。
錆取り剤にドブ漬けするほど完璧には落ちないけど、でも、施行前よりはずっとキレイ。

ただ、問題は、これをこのまま放置しておくと、あっという間に再錆びが発生する点。
と言うか、入浴後たった5分で、もう薄っすら赤くなってきているような…。
FI2618764_5E.jpg
ただ乾燥しただけかなぁ…?
ともかく急いでCRC5-56をスプレー。
また時間見つけて、たっぷりグリース吹き付けとこう。

ここのサビ落としは、もうこれでいいや(^-^)。

2007年10月08日

「クエン酸」購入

風邪薬を買いに近くのドラッグストアーへ行ったついでに、「クエン酸」を買った。

洗剤コーナーにあった。
FI2618712_1E.jpg
360gで298円。
安いもんですなぁ。

色々な用途に使える‘洗浄剤’として売られていた。
袋の裏には、使用量の目安や注意書きがズラリ。
FI2618712_2E.jpg
劇物ではないとは言え、薬品である事は間違いないので、ちゃんと説明を読んで、納得して使いましょう。

その洗浄用途は、「ステンレス・ガラス・フッ素加工電気ポット」「コーヒーメーカー内」「洗濯槽」「シンク」「浴槽」「洗面台」「便器」「灰皿」等々。
FI2618712_3E.jpg
要するに、固くてツルツル系をキレイにするらしい。
ただ、「畳の洗浄」や「洗濯物のにおい防止」などの柔らか系も並んではいる。

成分は、クエン酸100%。
他の酸と混ぜて使っては絶対にいけません。
FI2618712_4E.jpg
それから、「使用上の注意」の中に「用途以外には使用しない」とある。

くれぐれも、このクエン酸でむやみに錆び取りなどしてはいけません。
万が一するとしても、全ての責任は、その実験の行為者にある事を肝に銘じること。

2005年06月27日

「KURE CRC サビ取りクリーナー」のテスト

仕事の帰り、マイオ用の安いバイクカバーを買う為、ホームセンターに立ち寄った。
そこでコレを発見。
呉工業の‘リン酸系錆取り剤’のジェルタイプの物だ。
FI1537277_0E.jpg
緑色のプラボトルに入った液体タイプの「ラストリムーバー」は、以前使った事がある。
約500ccで1000円以上したので、もったいないから2倍くらいに薄めて使ったけれど、それでもパーツを一昼夜漬けておくと、ほぼキレイに錆が落ちた。
ビックリしたw。
コレは、価格は同じくらいだけれど、ジェルタイプで垂直面の錆落としにも使えるらしい。
でもジェルか…錆への浸透力も反応スピードも劣るよなぁ。
どうなんだろ?
ま、1本買って、試してみんベぇ。

帰宅して、マイオのスイングアームの一部でテスト開始。

もともとはこんな状態。
FI1537277_1E.jpg
先日、洗車したから、ゴテゴテの錆ではないけれど、たしかに錆びてはいるw。
スイングアーム表面よりも、ナットの錆がどのくらい落ちるかが興味深いな。

使い古しの歯ブラシで、塗布しつつ軽くこすった。
FI1537277_2E.jpg
で、10分ほど放置。

10分後、水ビショビショのタオルでクリーナーを流し落としてから、乾いたタオルで拭いた。
FI1537277_3E.jpg
このくらい落ちます。
スイングアーム表面の薄い錆は、ほぼ無くなった。
でも、錆らしく錆びていたナットの方は、半分落ちたくらいかな。
個人的には、ほぼ予想通り。
手軽な割りには、効果ありますな。
さすが呉工業(^-^)。

このナットの錆程度のものを更に落とすには、バイクから外して、液体「ラストリムーバー」に漬け込めばいい。

もっと安上がりに錆を取る方法もある。
100円ショップでサンポールみたいな塩酸系トイレ洗剤を買ってきて、それに漬け込む。
すると、あらあら不思議、錆は1日で溶けてしまう。
但し、そのままだと短時間で再び錆び始めるので、そのパーツを石鹸と水でよく洗った後、リン酸系の錆落とし剤に小1時間漬け込む。
すると、金属表面に「リン酸化皮膜」が出来るので、再錆防止になるのだ。
…なんて事を、バイクに復帰したこの2年弱で知りました。
ま、人生、勉強だわ(^ー^)。

2004年05月02日

「ジスクグラインダー」購入

そしてロヂャースでもうひとつ、来たるべきケイさんのフレームの錆取りの為に、電動工具を買った。
FI748912_0E.jpg
“DISK GRINDER”と書いて「ジスクグラインダー」と読ませるらしい。
…なにやら昔の外来語表記を思わせます(笑)。
販売元は国内だけれど、案の定のmade in China。
でも、何回か動いてくれればいいんです…1300円くらいだったから(やすっ)。
これで少しでも手動スチールブラシ作業が軽減されれば、大変めっけもんぢゃw。

2004年03月13日

錆取りに「酸が効く」か?

「酸性トイレ洗剤」による錆落とし実験だよ^^。

「サンポール」でもいいのだが、更に安価なダイソーで1本100円のフマキラー「ネオナイス」を購入。
100円の料理用の樹脂製バットを買って、その中に液とパーツを入れる事にする。 

錆落とししてみるパーツは、コレ。
FI748253_0E.jpg
古い型のカブの、レッグシールドをステップの上の所で留めるU字型金具。
裏も表も相当に錆びていて、新しくパーツを取り寄せようかと思っていた物。
もしこれで錆が落ちたら、ボロボロと錆跡は残っていても、錆止めしてメッキ調スプレー塗装して使うつもり。
単なる美しさ以上に、「自分でやった」が大切。
ま…このヒドイ錆が落ちれば、だけどねw。

さすがに「有毒ガス」が怖いので、室内では作業できない。
ネコの額な庭へ移動。

さぁ、これまたサビサビのナットとワッシャーと一緒に、漬け込んでみる。
FI748253_1E.jpg
ん?
それほど泡は発生しませんが…?
ともかく、しばらく待つか…。

1時間くらい漬け込んだナットとワッシャーです。
途中1度だけ、使い古した歯ブラシでこすりました。
液から出して、反応を止めるために良く水洗いして、CRC556でとりあえずの錆止めをしました。
FI748253_2E.jpg
うわ、すげっ!
キレイになってますっ!!
ビックリ!!!

うーん、コレは大変な事を知ってしまった気がする…w。

2時間経過。
ぼちぼち夜の部の仕事の準備をせねばならないので、中間チェックw。

おぉ、あんなにひどかった赤錆がほとんど落ちつつある。
このままだと錆跡の凹凸プツプツは多いのけれど、十二分に実用になりそうぢゃ。
FI748253_3E.jpg
最初、透明な青だった液は、すっかり赤錆色ににごっております。

開始から半日後、「ネオナイス」から出した。
流水で洗い、普通の石鹸を手の平で泡立てて擦り洗い。
これで反応は止まるらしい。
水分をタオルで拭いて…。おぉぉっ!
どうですか、この成果っ!!
FI748253_4E.jpg
私個人としては、もう本当に ビ ッ ク リ (゜o゜)です。

無論メッキも取れていますし、錆跡の凸凹もはっきり残りますが、あれだけ酷かった赤錆も汚れも全て取れています。
断言します「錆取りに酸はものすごく効くっ!!」
気候が暖かくなると、もっと反応が早くなるらしいです。

ともかく、いいもの見させてもらったわぃ…あぁ、長生きはするものぢゃ(笑)。

−*−

但し、後日ネットサーフィンで調べてみると、塩酸系の「酸性トイレ洗剤」でのサビ落としは安あがりではあるものの、錆が再発生し易く、素材の鉄自体も少々痛めるらしい。
リン酸系の「サビ落とし剤」なら、高価ではあるが、鉄の表面に「リン酸化膜」を形成して錆び難いらしい。
ま、フトコロ具合と相談しつつ、上手く使い分けていけば良いだろう。

しかし、注意せよ、「混ぜるな危険!」である。

2003年10月18日

サビ対策用ケミカル購入

いつ作業出来るか分からないけれど…、一日だけじゃ作業完了とはいかないだろうけれど…、錆対策のためにケミカルとペイントを買ってきた。
とりあえず、準備だけはシッカリと(苦笑)。

FI735154_0E.jpg

ホルツのサビチェンジャー。
赤錆を黒錆へと転換させて、進行を止めるというもの。
これ、以前クルマで使った事あるけど…うーん。

ホルツのジンクプレート。
亜鉛の力で錆びにくくする塗料。

どちらにせよ、まず可能な限り錆を除去しておく事が大切なんだよな。
宣伝文句の過信は禁物。
どうしても残ってしまう入り込んだ錆に対する最後の手段として使うべし。

ホルツのクルマ用のタッチペン。
ホンダ車用ボルテージブルー。
何となく似たような色に思えたから試しに買ってみたけど、どーなんだろ?