2006年02月02日

『わたくしはシェブロンを使っております』というステッカー

オフ日。
薄曇りと薄晴れを繰り返す1日。
でも、ずいぶんラクな寒さになった。
これなら、ぶ厚い皮下脂肪のおかげで、それほど厚着する必要も無い。
振幅の大きい寒暖差を繰り返しつつ、この冬も、少しずつではあるが春に向かっているようだな。

昼過ぎにエミーナのオイル交換をして、その後、ほんのちょっとだけ青カブで近所を回った。
1週間ぶりのエンジン始動だったけれど、キック1発。
走りも、快調そのもの。
2月中に、どっか遠足行きたくなったな…調べとこぅw。

帰宅して、ちょっと‘おいた’をした。
カブエンジンの好調さに一役買っているオイル‘Chevron/SUPREME’に敬意を表して、「わたくしはシェブロンのシュープリーム モーターオイル API SLを使っております」とイギリス語で書いてあるシールを貼ったのだ。

もちろん、こんなシールは市販されていない。
どだい‘CHEVRON’のブランドマークのステッカー自体が、どこのショップにも無い。
こんな場合は、あくまで‘自分が個人で趣味として楽しむ’為に、自作するしかない。
と言っても、こないだまで使っていた超古プリンターでは、耐水性のあるステッカーなど作りようがなかった。
しかし、先日ヤフオクで買った大古プリンターCANON/BJ F850なら、それ用の紙が使えるらしい。

無いのなら 作ってみよう ほととぎす

ロゴマークを借用し、字体を選んで、レイアウトして、色を付けて、版下完成。
こんな感じ…。
FI2277735_2E.jpg
そのままアップして他の人が使うとマズイので、ガウスぼかしした。
こうするとかえって‘やらしい物’やら‘やましい物’やらに見えるから、不思議なものだw。

超耐水ホワイトラベルシートとかいうのを買ってきて、プリント……。
プリント……。
う〜ん……。
う〜ん……。
さすがに古いプリンターなんで、刷り上がるまでなかなか時間がかかります(苦笑)。

最後に、カッターで慎重にカットして、ハイ、出来あがり。
FI2277735_4E.jpg
ステッカーを貼ったカバーを実車に付けてみると、パッと見は、まずまず。
サイズも、ちょうど良かった(^-^)。

でも、よぉく見ると、輪郭のシェイプがチト甘い。
市販されているステッカーほどの質感は無いな。
ま、あくまで‘個人として楽しむ’物なので、良しとするか。
安くて、使用感もイイですぞ、このオイル。
1ユーザーによる無認可・無料広告みたいなもん。
文句あっか(^-^)。
…でも万が一、これにChevronからクレームついたら、即刻剥がそw。
この種の‘個人的複製’は‘著作権法’ギリギリだからね。

鳴かぬから 鳴き真似するの ほととぎす
posted by REI at 18:20| Comment(4) | TrackBack(0) | カブ70−整備改良改悪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

青カブ君 テスト走行

今日は17時過ぎに出勤。
エミーナは今朝車検に出したし、好都合に雨も降らなさそうなので、電車ではなくカブで行った。
目的地は、新宿区内。
先日交換した物の具合を確かめるには、もってこいのルートだ。
万が一走行不能になっても、代わりの交通機関はいくらでもあるから。

往きは、最短ルートの新青梅街道〜目白通り。
帰りは、時間を気にする必要も無いので、早稲田通り〜青梅街道〜五日市街道〜府中街道とはるばる遠回りw。
途中、基本的にはすこぶる大人しく順法運転したけど、やっぱり無意味にあおるバカ車もいるので、‘安全の為に’フルスロットルで70q/h前後は出さねばならない局面もあった。
それにしても、トヨタのアルテッツァ乗っている奴等って、なんで揃いも揃ってああいう乱暴で頭悪そうな運転するんだぁ?
分からん。
あのクルマ運転してると、脳味噌が減るのかも知れんな。

それはともかく…。

少しずつ当たりが付いてきたのか、ベスラのシューは、とても良い感じだ。
‘ガツン’と効くのではなく、ブレーキレバーを握る強さに応じて‘ズワッ’と効く。
予想以上の改善だ。
こうなると、効きが悪いくせに‘ガガガ…’と震動するリアブレーキとのフィーリングの差が、すこぶる心地悪い。
可及的速やかに対処せねば。

新しいフロントタイヤ、ミシュランM35も、路面に馴染むに連れて、ドンドン良くなってきている。
独断的に言うと、もはや以前付けていたダンロップのD107Fとは比べるべくも無いほどの‘質’の差がある。
横剛性が高い為か、旋回中の挙動が劇的に改善・安定した。
直進性もD107Fよりずっと良く、以前「D107Fの方が…」と書いた事は撤回する…すまんm(_ _)m。
ともかく「バイク」としてカブを操れるようになってきた。
もし、カブに履かせるタイヤで悩んでいるなら、ちょっとだけ高いけれど断然M35をお薦めする。

シェブロンのオイルは、何の問題もない。
エンジンは、やっぱり、いたって快調である(^-^)。
全開で走っても、別に以前よりノイズや震動が増えたりはしていない。
クラッチの滑りも、出ていない。
理由は分からないけれど、今まで使ってきたどのオイルよりも‘オイルの焼ける臭い’が少ない感じもする。
ただ、ギアチェンジで、Activ4Tよりも若干ショックが増えた、と言うか、チェンジ時の音が変わった…この点だけはごく僅かな変化あり。
でも、別にイヤな感じでは無いし、シフトチェンジそのものは快適に動作している。
ともかく…いつも同じ事を書いているけれど…値段を考えると、凄く良いオイルだ。
あとは‘耐久性’がどうか、だな。

かくて我が青カブ君は、ここに来て、更なる進化を遂げつつあるのだった。
メデタシメデタシ(^-^)。

以上、初期インプレッションでした。
posted by REI at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | カブ70−整備改良改悪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

‘テールランプバルブ’と‘ナンバープレート枠’の交換

去年の12月18日の仕事帰り、テールランプのバルブ切れに気付いた。
帰宅してから、保管してあった元々青カブに付いていたバルブと交換した。
あれから半年間「ちょっと暗いかな…」と思いつつも、そのまま使ってきた。

そして先日、ウィンカーリレーを交換すると、接点での電気の流れがスムーズになった為か、ウィンカーが以前よりずっと明るく輝くようになった。
更に、ポジションランプやヘッドランプまでも明るい気がする。
6ボルトのチープな回路だから、ある部分の電流が円滑に流れるようになっただけで回路全体の‘抵抗’まで低くなり、電装系全体の動作が回復・改善したのかもしれない。

さぁ、こうなってくると、テール&ストップランプの‘薄暗さ’がより一層気になってくる。
後方安全に関わる表示灯だから、やっぱり明るいに越した事は無いなぁ…。

うん、とっかえようっ!!

という事で、近所のドライバースタンドまでひとっ走り。
店内を探す。
まず、6V 10/3Wのテールバルブ(220円)を無事発見w。
そして、店内をブラブラ。
ショップって、1度入ると、ついつい色々見てしまうわw。
カネが無いので自重せねば…(汗)。

お、ナンバープレートの枠が色々吊るしてあるぞ。
これも以前から気になっていたんだ…。
今は、メッキの安価な(300円くらいだったか)プレートを使っているのだけれど、それに付いている‘ナンバープレート下部を支える爪’の寸法が、プレートと合っていない。
爪の所にプレートを入れると、上部のネジ穴がずれてしまって取り付けられないのだ。
仕方ないので、鉄の爪を指でググーっと押して引っ込ませて、上にナンバープレートをあてがって使ってきた。
でも、そんな取り付け方って‘正しくない’ではないかっ!
あっ、POSH製の青い枠がある。
さすがにピチッと出来てるな。
コイツに換えれば、精神的にスッキリするんだが、値段は…1680円か…うーん、微妙だ…。
どうしよう……。
2分ほどジッと悩んで、結局買った。
私にはありがちなパターンであるw。
ま、これは1680円の精神安定剤なのだ(^-^)。
FI1434938_1E.jpg
帰宅して、交換作業。

バルブについては、外から見ても分からないw。
でも、ナンバープレートホルダーについては、思っていた以上に変わったぞぃ。

◆これまでのオシリ◆
FI1434938_2E.jpg
ガッチリしていて悪くないけど、少し大き過ぎて‘重い’感じ。

◆新しいオシリ◆
FI1434938_3E.jpg
シンプルになって、キュッと締まった感じ。
何てったって、‘青い爪’がキチンとプレートを支えていてくれている。
最高速とか操縦安定性とかとは全く関係ないドレスアップパーツだけれど、だからこそ最低限の機能をキチンと果たしていてくれなきゃ。

よっしゃ、なんか嬉しいぞ(^-^)。
posted by REI at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カブ70−整備改良改悪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月23日

フュエルタンクキャップ

今日の午後、時間があったので、カブで10分ほどの所にあるホンダ店に部品の注文に行った。

エアクリーナーエレメントをメインに、パッキンやらワッシャーやら細かい部品ばかり7点注文。
その内、1点だけがメーカー欠品らしい。
オッサンと同い年くらいの、感じの良いおっさんが「この部番は何ですか?」と尋ねる。
「それは、ガソリンタンクのキャップのガスケットなんですよ。もうボロボロで、ガソリンが少し滲むんで…。」と私。
「ガスケットだけではもう欠品ですけど、キャップ全体なら取れますよ。あ、ウチに在庫あるかな…?」と、探して出してくれた純正新品の鍵無しキャップ 1050円。

帰宅して、早速交換作業。

言うまでも無く、左が新品w。
FI740203_0E.jpg
こうやって比べてみると、錆びてたなぁ。
気が付かなかったw。
FI740203_1E.jpg
うーん、見えない所とは言え、金属が光っているのは気持ちが良いわぃ。
この気持ち良さは、そう…ぼろぼろパンツから、新しいのに着替えた感じだな(^-^)。
posted by REI at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カブ70−整備改良改悪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年11月01日

外したパーツをどうしよう…

元のシートリアショックリアキャリア。
FI738466_0E.jpg
錆はかなり出ているけれど、機能上は全く問題無し。

これって、どうしよう…。

オリジナルのカブに戻す日って、これから先、あるのだろうか…?
かと言って、売っちゃっても、二束三文だし…。

まぁ、とっとくしかないな。
posted by REI at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | カブ70−整備改良改悪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年10月31日

変身たちまち完了

少しずつやるとか言っていたのに、結局、残りのパーツ装着も一気に全部やっちまったぃ^^。
リアキャリア回りにはボルトの「とも締め」が多いので、分けてやるとかえって不具合が起きそうだしね。
FI738442_0E.jpg
マフラーのくすみ錆びが気になるなぁ。
そのうち外して、磨いてみよっと。

タイヤもちょっと変。
カブ70なのに、何故か前後とも2.25-17の韓国製ブリヂストンタイヤが付いている。
純正なら、前2.25、後2.50、のはずなのに。
これじゃ細すぎるし、発進時にちょっとアクセルを煽ると鳴く。
近いうちに交換しよう。
ダンロップでもいいけど、この際ミシュランかピレりをおごってやってもいいな。
posted by REI at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カブ70−整備改良改悪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年10月11日

エンブレム

四角いメッキ部分が特徴の、C70SDXのフロントエンブレム。
CENTER_EMBLEM.jpg
ちょっと見るとピカピカの様ですが、実際は、銀メッキ部にはいくらコンパウンドで磨いても一面に細かいプツプツが浮いてますし、まわりのつや消し黒塗装はかなり剥げています。
まぁ、この位の剥げは味のあるものなので、当面塗り直さないつもり。

そして、オレンジ色で記された「スーパーデラックス」と言うグレード名。
「角目カブ」なのですが、「カスタム」とは違い「セル無し;キック始動のみ」です。
この時期の70ccは、この角目のみで、しかもセル付仕様は無かったのです。
(50ccと90ccには、「SDXセル付き」と「SDXセル無し」があったようです。)

このあたり、ちょっと珍車だよ、青カブ君^^。
posted by REI at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | カブ70−整備改良改悪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青カブ君の誕生年が判明したぞ^^

シールドやカバーを洗った。
FI735138_0E.jpg
細かい擦り傷等は多数あるが、まあまあキレイになった。

ところで、レッグシールドのセンターの裏に、製造年月を記したマークを発見っ!

「1983年3月」と読める。

カブのような量産車で、レッグシールドだけが長く部品倉庫にいたとは考えがたいので、この年が誕生年だろう。
posted by REI at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | カブ70−整備改良改悪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年10月10日

まずは裸ん坊

1時間ほど時間が空いたので、まずはシールド類をはずしてみました。
パッと見はキレイそうですが、やっぱり各所に汚れ・錆び・傷・ヤレはありますな。
今晩は、シールド達と一緒に風呂に入って、よーく洗ってやろ(笑)。

裸になった青カブ君。
NAKED-1.jpg
うーん…この姿も身軽で良いなあ。
NAKED-2.jpg
「レッグシールドはカブのシンボル」と思っていたが、はずしても立派にカブだわ。
充分に存在感あるじゃん^^。
posted by REI at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | カブ70−整備改良改悪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする