2020年08月07日

バーディーのヘッドライトのバルブと枠固定ネジの交換@4317km

納車当初から純正ではないネジで固定されていたマー君バーディーのヘッドライト枠。
先日のグリップ交換作業以来、2本のうち1本だけで留めていた。
HeadLightBulb933yen@43170km 20200807-140506.JPG

純正ネジと板ナットが届いたので、取り替えてやろう。
HeadLightBulb933yen@43170km 20200806-234033.JPG

また、こないだの作業で20年物のバルブがかなり煤けているのがわかったので、こちらも新品に交換する。
HeadLightBulb933yen@43170km 20200806-234121.JPGHeadLightBulb933yen@43170km 20200806-234354.JPGHeadLightBulb933yen@43170km 20200806-234520.JPG
小糸の12V 30W/30Wで、オートバックス価格933円。
純正はスタンレーだから、銘柄変更となる。

積算走行距離4317km。
HeadLightBulb933yen@43170km 20200807-134752.JPG

ヘッドランプユニットを外し、バルブ交換。
HeadLightBulb933yen@43170km 20200807-140637.JPGHeadLightBulb933yen@43170km 20200807-140751.JPGHeadLightBulb933yen@43170km 20200807-140856.JPG

ヘッドライト枠に純正の板ナットを取り付ける。
HeadLightBulb933yen@43170km 20200807-141248.JPGHeadLightBulb933yen@43170km 20200807-141320.JPG

そして純正ネジでライトユニット取り付け。
HeadLightBulb933yen@43170km 20200807-141805.JPG

エンジンをかけて、点灯チェック。
HeadLightBulb933yen@43170km 20200807-142423.JPG
問題無し^^。
HeadLightBulb933yen@43170km 20200807-142526.JPG
あるべきものがそこにあることの気持ちよさ。

2020年06月28日

雨が止んだらひと掃除

夕刻、昨夜からの雨が止んだので、ちょっと汚れ気味のマー君バーディーを拭き掃除してやった。
Clean 20200628 165407.JPG
空気圧や各部もざっと点検。
Clean 20200628 165414.JPG
Clean 20200628 165430.JPG
納車当初に亀裂を内側からグルーで補修したリアウィンカー左レンズも、今のところ水の侵入は無さそう。
Clean 20200628 165805.JPG
スクーターっぽくて新しい感じはあるけど、実用車としては褒められた視認性ではないわな、このウィンカー。
winker left.gif
ま、それも含めて、この型のバーディーの個性だけど。

2020年05月04日

マー君のレギュレーターを純正に戻した@3946km

3月下旬にマー君バーディーに取り付けた社外レギュレーターを、一旦、純正品に戻す事にした。
戻す事でいろいろ確認したいからだ。

積算走行距離3946km。
RegulatorOriginal@3946km 20200504-144205.JPG

べつに社外品に不具合があったわけでも何でもない。
RegulatorOriginal@3946km 20200504-144001.JPG
代替品として問題なく使えてきたので、誤解無きよう。
RegulatorOriginal@3946km 20200504-143849.JPG
ちなみに、この社外レギュレーター、僕はamazonで買ったので、興味のある方はそちらをご覧あれ。

接点復活剤を各所に忘れず吹いて、再取り付け。
RegulatorOriginal@3946km 20200504-144159.JPG

では、これでしばらく再テスト。
RegulatorOriginal@3946km 20200504-145424.JPG

2020年05月03日

バーディー ヘッドライト光軸点検@3946km

夕食後、ちょっと肌寒いけど外に出て、バーディーのヘッドライトの点検。
HeadLightCheck@3946km 20200503-212244.JPG
点くのは分かっているけど、まだ夜間走行したことないので、光軸がどうなってるかまったくわからないのでね。
では、ハイビームからチェック。
HeadLightCheck@3946km 20200503-212409.JPG
ふむふむ、高すぎる感じではないな。
HeadLightCheck@3946km 20200503-212402.JPG
そして、ロービーム。
HeadLightCheck@3946km 20200503-212433.JPG
うん、ヘンにいじるより、このままでOKとしよう。

2020年03月27日

2サイクルバーディー 社外レギュレーター取り付け@3864km

今日も新コロ菌オフ。
9時に起床し、11時にブランチを作って食らう。
RegulatorTAIWAN1759yen@3873km 20200327-110628.JPGRegulatorTAIWAN1759yen@3873km 20200327-105633.JPGRegulatorTAIWAN1759yen@3873km 20200327-105651.JPG
COVID19が色んな意味で厄介なのも分かるし、重篤化すると死に至ることも知っている。
ただ過剰なマスク信仰や、過度な自粛ムードや、「自粛しないヤツは非国民的」な社会的雰囲気は、はなはだ疑問。
KIMG8942.JPG
仕事以外では家から一歩も外に出るなと言われるなら、「ふざけんな!」と答えたい。

正午少し前、書留郵便が届いた。
RegulatorTAIWAN1759yen@3873km 20200327-123945.JPGRegulatorTAIWAN1759yen@3873km 20200327-123928.JPGRegulatorTAIWAN1759yen@3873km 20200327-123936.JPG
20日にアマゾンから台湾のショップに発注したレギュレーターが、中国語の新聞紙に包まれて1週間で到着。
RegulatorTAIWAN1759yen@3873km 20200327-124207.JPGRegulatorTAIWAN1759yen@3873km 20200327-124252.JPGRegulatorTAIWAN1759yen@3873km 20200327-124307.JPG
台湾製か中国製かわからないけど、外観上は普通にちゃんとしている。
RegulatorTAIWAN1759yen@3873km 20200327-124341.JPGRegulatorTAIWAN1759yen@3873km 20200327-124402.JPGRegulatorTAIWAN1759yen@3873km 20200327-124351.JPG
2015年10月に製造されたのだとすると、4年半前とすごく新しい。
期待しよう。

袋にあった「星艦100」って何だろとネットで調べたら、台湾スズキのスクーターなんだな。
SUZUKI星艦100.jpg477219828_m.jpg
だからどうってこともないけどw。

さて、勇気を奮って外へ出て交換作業。
RegulatorTAIWAN1759yen@3873km 20200327-124901.JPG

純正レギュレーターと見比べる。
RegulatorTAIWAN1759yen@3873km 20200327-125034.JPGRegulatorTAIWAN1759yen@3873km 20200327-125050.JPGRegulatorTAIWAN1759yen@3873km 20200327-125109.JPG
ハンコの内容以外にこれといった差は無し。

そして取り付け。
RegulatorTAIWAN1759yen@3873km 20200327-130425.JPG
エンジンをかけてみると、ほんのごくわずかだけど差があるような、単なる気のせいのような…。
RegulatorTAIWAN1759yen@3873km 20200327-131010.JPG
ま、ともかくこのまましばらく使ってみる。

もちろん、今までの物もきちんと保管。
RegulatorTAIWAN1759yen@3873km 20200327-131842.JPG

2020年03月20日

2サイクルバーディー 社外レギュレーター発注

マー君がヤフオクに出品されていた時、僕は出品者にいくつか質問した。
YHRakusatsu 30000yen 20200205-044808.jpg
その返信の中にこんな一節があった。
「…セル付きではありません。始動はキックのみです。 バッテリーはあがりやすいですが、始動には問題ないと思います。 ホーンは鳴りません。…」
落札したらバッテリーもホーンも交換すればいいやと思ったので、この点についてのそれ以上の質問はしなかった。
そして、ウチに来て点検。
バッテリーはそんなに古くない物が付いていたが、念のため新品に交換。
ホーンは、別に何の異常も無く鳴った…。

ここ半月くらいマー君をトラブルシュートしながら、CDIやコイルといった点火電装系についてあらためて勉強していくうち、あの時の「バッテリーはあがりやすいです」という一節が、また妙に気になりだした。

そして推理がふくらむ…。

ひょっとしたら、前オーナーは、この個体のエンジン不調の原因は電気系だとわかっていたのではないか?
そして、どうも点火系の動作がゆるいと感じ、ヘタっているのかもしれないバッテリーを新品交換し、電気を浪費しそうなキャブヒーターを撤去し、スパークプラグを純正のBPR6HSから抵抗の入っていないBP6HSに交換した。
けれども改善しない。
これ以上修理するとなると、カネのかかるコイルやCDIの交換も必要になりそうなので、ヤフオクで売却することにした。

ちがうかな?w

ま、なんにせよ、前オーナーがバッテリーの充電や電装系に関して何らかの不信感を持っていたことはたしかだろう。
だとしたら、まず疑うべきはレギュレーターだよな。
ただ、スズキ純正のレギュレーターは、送等込で4000円くらいする。
かと言って、こういうの中古で買うのも怖すぎるしなぁ…。

などと思いながらネットをぶらついていたら、こんなのを見つけた。
RegulatorTAIWAN1759yen 20200320-185734.jpg
RegulatorTAIWAN1759yen 20200320-185928.jpg
送料込みで1759円。
RegulatorTAIWAN1759yen 20200320-190024.jpg
RegulatorTAIWAN1759yen 20200320-190102.jpg

ほぉ、こんな社外品あるんだ、と思いつつ、ウチのマー君のレギュレーターを見に行った。
RegulatorTAIWAN1759yen 20200320-174850.JPG
あ、SH663A-12 って記されてるわ。
RegulatorTAIWAN1759yen 20200320-174906.JPG
だったら、アレが使えそうじゃないか^^。

久しぶりに人柱になろう、と思って発注したw。
2サイクルバーディーに関してはネット記事が少ないから、どんなものでも少しでも安価な流用品の存在は、ユーザーのためになるはずだ。

4月1日頃に台湾から届くらしい。

2020年02月22日

バーディーのウィンカーレンズの清掃と補修

先週、穴の開いたテールランプレンズを新品に交換したが、今日はその両サイドのウィンカーの点検清掃をしてやろう。
ReturntoRoad@3761km 20200214-140649.JPGReturntoRoad@3761km 20200214-141527.JPG
まずはレンズを外す。
LensePolish 20200222-123355.JPG
右に比べて、左の内部が明らかにホコリっぽい。
LensePolish 20200222-123405.JPGLensePolish 20200222-123359.JPG
左ウィンカーレンズをよく見てみると、単なる表面的なキズではなくて、亀裂が入っていた。
LensePolish 20200222-125149.JPG
なるほど、これじゃあホコリや雨が入るわ;;;。
どうしたものかと考えたが、ともかく遺物侵入を防ぐためにグルーを塗ることにした。
LensePolish 20200222-130135.JPG
ルックスよりもシール性を優先…というか、下手なんでこんな風にしかならんw。
LensePolish 20200222-130655.JPGLensePolish 20200222-130711.JPGLensePolish 20200222-130728.JPG
テールランプユニット内部をシッカリ清掃。
LensePolish 20200222-125124.JPGLensePolish 20200222-125121.JPGLensePolish 20200222-125129.JPG
そして、補修と清掃したレンズ取り付け。
LensePolish 20200222-131440.JPG
補修跡はわかるけど、キレイで明るくなったからとりあえずは良しとする。
LensePolish 20200222-131521.JPGLensePolish 20200222-131456.JPG

リアがこうなると、薄キズや汚れでぼんやりしたフロントウィンカーも、内外ともに磨きたくなる^^。
LensePolish 20200222-131639.JPG
2サイクルバーディーのフロントウィンカーレンズは、ネジ1本でハンドルに付いている。
LensePolish 20200222-131641.JPG
ただし、ウィンカーレンズをウィンカーボディーから外すには、もう1本ネジを抜かなきゃならない。
LensePolish 20200222-131841.JPG
よし、取れた。
LensePolish 20200222-132202.JPG
レンズとボディーを清掃しつつ、いずれにも亀裂が無いのを確認。
LensePolish 20200222-133316.JPG
ウィンカーを元通りに取り付けてから、部分的にすりガラスっぽくなっている樹脂レンズ外側を、コンパウンドで優しく磨く。
LensePolish 20200222-134628.JPG
よっしゃ、だいぶスッキリした^^。
LensePolish 20200222-134645.JPGLensePolish 20200222-140303.JPG

ついでに他の部分もざっと磨いて、今日現在のマー君の姿は、こう。
LensePolish 20200222-141555.JPGLensePolish 20200222-141642.JPGLensePolish 20200222-141630.JPG
走りはしなかったけど、エンジンの回り方もかなり復調してきたようで、来週は近場バイク散歩くらいならできそうだ^^。

2020年02月21日

バーディー50 新バッテリー装着@3789km

穏やかな小春日の金曜日。
Battery@3789km 20200221-141856.JPG
仕事から帰宅してすぐ、マー君整備を進める。
Battery@3789km 20200221-141906.JPG

積算走行距離3789km
Battery@3789km 20200221-141914.JPG

今日やるのは、バッテリー交換。
今付いているものもまだ使えるだろうけど、アイドリング中と走行時とのヘッドライトの明るさの変化はハッキリしていて、劣化もまた確か。
この際、スッパリ新品に交換してやろう。

バッテリーケースは、右のサイドカバー内。
Battery@3789km 20200221-142224.JPG
まずマイナスを外して、次にプラスを外して、はい、爆発せずに蓄電池を外せたw。
Battery@3789km 20200221-142536.JPG

ヒューズホルダーをバッテリーバンドに固定しているこの黒い紐は、前オーナー苦心の跡だ。
Battery@3789km 20200221-142545.JPG
このバッテリーバンドはもうメーカー欠品になっているので、ヒューズ固定部分のゴムがちぎれたら、こうするのも手だよな。
うん、上手くいってるからこのまま使おう^^。

付いていたのは、インドネシア製のGS YUASA/YT4L-BS。
Battery@3789km 20200221-142856.JPG
新品同様というわけではないので、これでお役御免としよう。
Battery@3789km 20200221-142905.JPG

さて、新しく取り付けるバッテリーだが、ものは試しにモノタロウのオリジナルブランド品を使ってみることにして、10数日前に取り寄せた。
大阪魂/MMOEB-4L、1749円。
Battery1749yen 20200210-210224.jpg
Battery1749yen 20200210-202547.JPG
荷箱から出てきたのは、おぉ、台湾のバッテリーメーカーKUNG LONGのものではないか。
Battery1749yen 20200210-202754.JPGBattery1749yen 20200210-202725.JPG
このメーカーのものは個人的に信頼感があるので、なんかもうけた感じ。
Battery1749yen 20200210-202856.JPGBattery1749yen 20200210-202916.JPG
ベトナム工場製かぁ…、立派になったなぁ、LONG社^^。
Battery1749yen 20200210-202746.JPG
「充電済み」として売られてはいるけれど、それでも使用前に補充電してやるのが、もの好きなオッサンの性根というもの。
Battery1749yen 20200210-204937.JPG
[※この人は開放型バッテリー用の充電器で密閉型MFバッテリーを補充電していますが、良い子はマネしないでください。]
5時間ほどやって、それなりの効果はあったと思う。
Battery1749yen 20200210-204955.JPGBattery1749yen 20200211-015417.JPGBattery1749yen 20200211-015910.JPG
そして、今日、いよいよ取り付け。
Battery@3789km 20200221-142938.JPG
どれくらい活躍し続けてくれるか、たのしみだ。

作業後、近所を試走。
Battery@3789km 20200221-154803.JPG
よし、エンジン回転や走りがだいぶ安定してきたぞ、我が2サイクルバーディー。
Battery@3789km 20200221-153606.JPGBattery@3789km 20200221-153627.JPGBattery@3789km 20200221-153926.JPG
梅が咲いてる。
Battery@3789km 20200221-154317.JPGBattery@3789km 20200221-154328.JPG
もうすぐ春だね。
もう一息整備して、暖かくなったら、ちょっと長い距離も走れるといいな、マー君よ。

2020年02月14日

バーディー50 ストップ&テールランプ交換

さぁ、今日から少しずつバーディーの清掃整備をしていこう。
ReturntoRoad@3761km 20200214-140550.JPG

まずは、ヤフオク出品時から写真で欠けているのが分かっていたテールランプレンズを、新品に交換しよう。
YHRakusatsu 30000yen 20200205-043357.jpgReturntoRoad@3761km 20200214-140649.JPGReturntoRoad@3761km 20200214-140654.JPG
下部のプラスねじ2本を抜けば、レンズはパコッと外れる。
ReturntoRoad@3761km 20200214-140827.JPG
外してみて分かったのだが、欠けているのはフランジ状の部分だけでレンズ本体に亀裂は穴は無い。
ReturntoRoad@3761km 20200214-140855.JPG
このまま使っていてもテールランプユニット内に水が浸入することはなさそうだけど、もうすでに新品レンズを買ってあるので、取り替えてしまおう。
ReturntoRoad@3761km 20200214-141240.JPG
35712-09400 テール/ストップ・レンズ 2330円。
ReturntoRoad@3761km 20200214-141246.JPG
よし、スッキリした^^。
ReturntoRoad@3761km 20200214-141527.JPG
ただ、実車を見て初めて知ったけど、左ウィンカーレンズにも小さな欠けキズがあるんだよなぁ…。
ReturntoRoad@3761km 20200214-141530.JPG
これについては、どうするかこれから考えよう。