2020年04月29日

バーディーのチェーンメンテ@3944km

あまりに天気が良いので、マー君で近所を数km試走。
帰宅してから、気になったところをチョイといじる。

積算走行距離3944km。
ChainMaint@3944km 20200429-173201.JPG

ギアチェンジがイマイチなので、まずクラッチ調整。
調整しては試走し、また調整して…。
う〜ん、なかなかイイ感じに決まらない。
カブより神経質だな、バーディーの遠心クラッチ。
ま、これからもマメにやって、ベスポジを探していくしかないな。

それからチェーンのメンテナンス。

初めてマー君のチェーンカバーを外してみた。
ChainMaint@3944km 20200429-163400.JPG
ふむふむ、20年間ほったらかしだったわけではなさそうだ。
ChainMaint@3944km 20200429-163427.JPGChainMaint@3944km 20200429-163410.JPG

チェーン引きは先日のタイヤ交換時にもやったけど、ちょっとたるみ気味なので、またやり直した。

そして、ボロ布で汚れをふき取ってから、モノタロウ印のチェーンスプレーを吹きつけた。
ChainMaint@3944km 20200429-164416.JPG
時間はたっぷりあるので、1コマ1コマ丁寧に給油。
ChainMaint@3944km 20200429-164514.JPGChainMaint@3944km 20200429-164504.JPG
そう遠くない将来ドライブスプロケットとチェーンは新品に交換するつもりなので、とりあえずこんな感じにしておけば問題無かろう。

チェーンカバーの内外も掃除して、装着。
ChainMaint@3944km 20200429-165327.JPGChainMaint@3944km 20200429-171328.JPG
掃除すれば、たちまちスッキリ。
やっぱり若いね、20歳は。

2020年04月13日

2サイクルバーディーBA14Aに使う予定のチェーン

今日は朝からずっと本降りの雨。
時折とても強い風も吹く。
ますます勢いを増す新コロ禍のなか、欝々とした気分になる天気だ。
しかたないので、今日も気晴らしにバイクのパーツを観察しよう。
今回は、マー君バーディー用に通販購入したチェーン。
「加賀工業株式会社」というメーカーの、「K.C.M.モーターサイクルチェーン スタンダードタイプ」428-104L、送等込み1339円。
ChainReady1339yen 20200413-103105.JPGChainReady1339yen 20200413-103120.JPG
純正サイズは428-100Lだけど、ドライブスプロケットも13Tから14Tに替えようと思っているので、敢えて少し長めを買った。
長すぎるようならチェーンカッターでカットして使う。
ChainReady1339yen 20200413-103223.JPGChainReady1339yen 20200413-103229.JPGChainReady1339yen 20200413-103252.JPG
ぜんぜん知らなかったメーカーだけど、大宮に本社があるらしいので、同県のよしみでチョイス。
ま、普通に問題なく使えるだろうw。

2020年04月07日

マー君 スプロケットカバーの塗装

ようやく今日の夜、アレが「緊急事態宣言」を出すらしい。
大企業を儲けさせれば下々の階層もそのおこぼれで潤うであろうという、ノンキでデタラメ極まりないアレノミクスで大空振りを続けてきた政権だから、こんな状況で、どれだけ経済的な補助や給付を出すのか見ものだ。
アレノミクスごときが成功するなら、もっと緻密だった東側諸国の社会主義も成功してたわ。
経済は机上の空論では動かない。

いつか暇ができたらやろうと思っていた、マー君バーディーのスプケットカバー上面の塗装剥げの補修。
SprocketCoverPaint 20200407-144516.JPGSprocketCoverPaint 20200407-144538.JPG
思いっきり暇なので、取りかかることにした。

まずシフトペダルを外し、スプロケットカバーを取り外す。
SprocketCoverPaint 20200407-144918.JPG

初めて見る、バーディーのドライブスプロケット。
SprocketCoverPaint 20200407-144923.JPG
スナップリングで留めてあるのが、じつに興味深い。
SprocketCoverPaint 20200407-144935.JPG

塗装し直すのは剥げた部分周辺だけにしようと思うので、その塗装剥げ部分を耐水ペーパーで磨く。
SprocketCoverPaint 20200407-145701.JPGSprocketCoverPaint 20200407-150015.JPG
再塗装した部分だけあんまり凸凹が目立つと悲しいから。

ブレーキークリーナで脱脂。
SprocketCoverPaint 20200407-150513.JPG
そして、庭に転がっていた壊れたブロックを台にして、アクリルスプレーで塗装。
SprocketCoverPaint 20200407-153147.JPG
薄く塗って、乾かし、ごく軽くペーパーをかけて、また薄く塗って…を4回繰り返した。
SprocketCoverPaint 20200407-153717.JPG
ウチにあった安いスプレーを使ったから、色目の違いは覚悟の上だったけど、ま、そんなに目立たずに済んだかな。

だいたい乾いたところで車体に取り付け。
SprocketCoverPaint 20200407-155858.JPG
うん、よく見りゃ分かるけど、よく見なきゃ気にならない程度にはできたな^^。
SprocketCoverPaint 20200407-155911.JPG
さぁ、ますますがんばれ、スズキ意地の強制空冷2サイクルエンジン。
SprocketCoverPaint 20200407-155920.JPG

2020年03月29日

2サイクルバーディーBA14Aのフロントスプロケット

2サイクルバーディーのスプロケットを純正の13Tから14Tに換えてみたいと思って、適当な物を探してみたら、これ、なかなかややこしい事なのを知った。
既述のようにBA14Aのチェーンサイズは248なのだが、一口に248-14Tと言っても、センターの開口径や形状が微妙に色々あるらしいのだ。
だから、同じスズキの他車種の物でも流用できないという。

ネットを調べ回ると、BA14Aのフロントスプロケットの寸法は、下図のようなものだと分かった。
Sprocket428-14T920yen 20200214-15750.jpg

そして、これに合致するスプロケットは、以前からカブ70の方で使ってきたリアスプロケットを作っている“JOMTHAI”社から“JTF 428-14”として出ていることも分かった。
そのスプロケットの適合表には、次のようなモデルが列記されていた。
JTB 428-14.jpg
☆Suzuki Off Road
DS80 C,N 78-79
RM80 C USA78
RM80 T/X USA80-81
☆Suzuki Road
GT80 E,X3 81-82
GT80 L,X 81-82
TS80 ER,X,Z 81-82
TS80 ER,X,Z Germany81-82
TS80 ER,X,Z France81-82
110 Shogun Greece / SE Asia
☆Yamaha Off Road
YZ80 E,F 78-79
YZ80 G 80
という事は、これらのモデルに使えるフロントスプロケットなら、ウチのBA14Aにも付くという事だな…。

そのままJT社のスプロケットを取り寄せればイイものを、物好きオッサンは別の物は無いかとネットを徘徊した。
そして、こんなものを買った。
Sprocket428-14T920yen 20200214-060800.jpgSprocket428-14T920yen 20200214-060801.jpgSprocket428-14T920yen 20200215-210149.JPG
送込み920円。
たぶん付くだろう…、付いてくれ…、と思う。

それから、スプロケットを固定するサークリップも入手。
CCI20200208_00000.jpgSprocket428-14T920yen 20200215-205940.JPG
サークリップ 08331-31166、1つ66円だったので念のため2つ買った。

今しばらく13Tのまま走ってその走り心地を充分に体感してから、来月中にはこの14Tに交換しようと思っている。

2020年02月08日

BA14Aのチェーンとスプロケットの下調べ

もうすぐやって来る2サイクル バーディーBA14Aについて、色々予習している。
YHRakusatsu 30000yen 20200205-043342.jpg
なるほど、カブに比べると、社外交換パーツは非常に少ない。
と言うか、ほぼ無いw。
ま、コレに関してはほぼノーマルで乗ろうと思っているので、問題無し。
ただ、これからどんどん絶滅危惧状態になっていくであろう国産2スト原付だから、しっかりメンテして、なるべく長く乗り続けてやりたいので、その関係知識はきちんと押さえておかねば。

チェーンサイズは、428-100L

スプロケットは、F13TR36T

スプロケットに関しては、しばらくノーマル状態で乗ってみて、必要を感じたら交換してもいいと思っている。
その参考資料として、ギア比表を記しておこう。

13T-36T 2.7692…

13T-35T 2.6923…
13T-34T 2.6153…
13T-33T 2.5387…

14T-36T 2.5714…
14T-37T 2.6428…
14T-38T 2.7124…

こういった計算は、以前、青カブ君のスプロケット選択でもした事がある。
ただ、厄介なのは、2スト バーディーの場合、アフターマーケットで使えるスプケットがあんまり無い事だ。
ネットを見回りまくって、フロントについてはなんとか目星がついたけれど、リアについては全くの未知数。
だから、現実的にはフロント1T上げで行くか否かになると思う。

あと、パーツリストを見ていて、おもしろく思った事をひとつ^^。
KIMG5086.JPG
2スト バーディー50のフロントスプロケットって、スナップリング(サークリップ)固定なのだ。
CCI20200208_00000.jpg
ホンダのカブはもとより、スズキのK50もこうじゃなかったから、なおさらおもしろい。
チェーンサイズは、カブやK50が420で2スト バーディーは428なのに、だ。