2020年06月14日

雨の止み間点検@4044km

雨の止み間チェック、2代目はマー君。
Check@4044km 20200614-175945.JPGCheck@4044km 20200614-180004.JPG
キック一発始動。
アイドリング音がびっくりするほどおとなしくなった。
まさに4000kmしか走っていない原付の音。
もはや、納車当初の不調ぶりとは比べようもない。
言う事無し。
posted by REI at 19:02| Comment(0) | バーディー50−整備粒粒辛苦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

2サイクルバーディーの調整@3946km

今日は暑かった。
半袖Tシャツと短パン(ウチの中ではトランクス)で過ごした。

でも、夕刻は少し涼しくなったので、マー君いじり。
CheckAdj@3946km 20200502-164334.JPG

積算走行距離3946km。
CheckAdj@3946km 20200502-164407.JPG

暖機の後、またキャブ調整。
CheckAdj@3946km 20200502-164345.JPG
今回はエアスクリューを一度抜いて、先端をよく観察し、爪の先で磨いてから、再取り付け。
そして既定の「1と1/8回転戻し」に設定。
携帯タコメーターをつないで、アイドリング回転数は、今までよりやや高い1800+αrpmにした。

次にクラッチ調整。
CheckAdj@3946km 20200502-164359.JPG
ほんの少しだけ右に回して、今までよりわずかに遊びを増やした。

試走はまた明日。
posted by REI at 17:49| Comment(0) | バーディー50−整備粒粒辛苦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

まだだめだ

バーディーもついでにエンジンかけたけど、今日はイマイチ。
Check 20200501-151535.JPG
なかなか始動しない。
アイドリング不安定。
クラッチ調整しても、シフトチェンジがガシャガシャしている。
これ、まだ完全復調じゃない。
なんかおかしい。
ぬかるみはまだまだ続く。
posted by REI at 21:43| Comment(6) | バーディー50−整備粒粒辛苦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月28日

マー君の車載工具

マー君は納車時から車載工具が載っていなかったけれど、ほぼ復調したので、来たるべき遠乗りに備えて簡単な工具セットを用意しよう。

以前買って、汚れやサビを落として保管してある中から、適当なものを選び出す。
HandyTools 20200428-225855.JPG

ま、こんなとこかな。
HandyTools 20200428-230451.JPG

プライヤーって、僕は若い頃は大嫌いな工具だった。
HandyTools 20200428-231330.JPG
なんかルーズで、何に使うにしても中途半端としか感じなかったから、手にするのさえイヤだった。
HandyTools 20200428-231150.JPGHandyTools 20200428-231247.JPG
これだったら、ペンチとかレンチ使った方がいいじゃん、と思った。
HandyTools 20200428-231211.JPGHandyTools 20200428-231235.JPG
でも、あの時期から妙に親しみが湧いた。
これが「セットアッパー」だと気づいたからだ。
こういう存在は大切だよ。
とりわけ、緊急時や非常時の応急処置のためには。

ともあれ、あんまり出動しないでいてくれたら、うれしい。
HandyTools 20200428-231533.JPG
明日、載せよう。

+++++

よし、入った。
HandyTools 20200429-123538.JPGHandyTools 20200429-123659.JPGHandyTools 20200429-171341.JPG
posted by REI at 22:59| Comment(0) | バーディー50−整備粒粒辛苦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

RC50GY用サービスマニュアル待望の到着

この午後、ようやく手に入れることのできたRC50GYのサービスマニュアル追補版が届いた。
Manual RC50 PSLS990yen GY3300yen 20200419-191137.JPG
思っていたより薄い。
Manual RC50 PSLS990yen GY3300yen 20200419-191155.JPG
けれど内容は新たな時事に満ちていて、すべてのページが貴重と言っていい。
Manual RC50 PSLS990yen GY3300yen 20200419-191201.JPG
20世紀最後の年にスズキが2サイクルバーディーに対して行なった変更は、表紙に載っている事柄だけではないのだ。
明日以降、この新資料に従って、少しずつマー君の調整をしていこう。
posted by REI at 20:23| Comment(0) | バーディー50−整備粒粒辛苦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月18日

R50PSとLSのサービスマニュアル追補版ゲット

スズキのビジネスバイク 2サイクルバーディーBA14Aは、RC50G→S→T→Yとマイナーチェンジされてきた。
ウチのマー君は2000年から生産が始まったY型(R50GY)なのだが、残念ながら今までS型通常仕様のサービスマニュアルしか入手できていなかった。
KIMG0064.JPGKIMG0066.JPG

しかし先日ヤフオクで追補版をゲット。
それも、S型新聞&ビジネス仕様のものと、Y型のもの、2冊をだ。
めでたい。

今日、その前者が届いた。
KIMG0053.JPGKIMG0056.JPG
もちろん薄いけれど、今までハッキリ分からなかった仕掛けについて書かれていて、読み物としてとてもおもしろい。
KIMG0058.JPG

「キャブレターヒーター」は、今までのS型マニュアルには全く掲載されていなかった。
KIMG0059.JPG
パーツリストをもとにウチのY型にも取り付け済みなのだが、こうしてデーターがあるとすごく安心感がある。

それ以上に興味をひかれたのは「ニュートラルブレーキ」という仕組み。
KIMG0061.JPG
クラッチハウジングの上部に付けられていて、ニュートラル時にクラッチハウジングを押して、クリープ防止と低回転でのワンウェイクラッチ機能を担っているらしい。
ゴー&ストップの多いビジネス仕様らしい補強だけど、僕には初めてで面白かった。

なお、待望のY型追補版それもR50GY用は、明日到着予定。
わくわくだw。
posted by REI at 18:19| Comment(0) | バーディー50−整備粒粒辛苦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

マー君 始動点検@3877km

キック一発始動。
Check@3877km 20200404-164152.JPG

積算走行距離3877km
Check@3877km 20200404-164200.JPG

タッチ交代。
Check@3877km 20200404-164603.JPG
posted by REI at 17:41| Comment(0) | バーディー50−整備粒粒辛苦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

備忘録 バーディー関係でこれからやりたい作業

マー君バーディーは今日の点火コイル交換によって復調したと仮定して、これからは下記の事をやってゆきたい。

@ タンク〜キャブレター間の負圧ホースと燃料ホースを新品と交換し、現在付いていない抜け止めクリップも装着する。

A 今までの点火コイルが異常だったとして、では以前使っていたCDIは正常だったのか異常だったのかを、新コイルと組み合わせて接続し確認する。

B イリジウム信仰を徹底するために、点火プラグをイリジウムプラグ NGK/BPR6HIX に交換する。

C 社外レギュレーターを試用してみる。

D フロントキャリアにカゴを取り付ける。

E リアキャリアにGIVI箱ベースを取り付ける。

F チェーンのメンテナンス。

G フロントスプロケットを、純正の13Tから14Tへ取り換える。

H 前後タイヤ交換とブレーキシューのメンテナンス。

以上 順不同
posted by REI at 23:20| Comment(0) | バーディー50−整備粒粒辛苦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月20日

バーディー クラッチ調整@3864km

金祝オフ日。
今日もバーディーの具合を確かめる。
ClutchAdjust@3864km 20200320-123256.JPG
昨日の試走で、1速から2速へのシフトアップが上手くいかない事が何度かあったので、今日はまずクラッチ調整をしてやった。
ClutchAdjust@3864km 20200320-120106.JPG
サービスマニュアルの通りに、アジャストスクリューを調整。
ClutchAdjust@3864km 20200320-131205.jpg
ネジ頭の位置は、こんなに変わった。
ClutchAdjust@3864km 20200320-120814.JPG
エンジンをかけて、シフトレバーを操作してみる。
うん、スムーズでイイ感じになったと思う。
posted by REI at 15:17| Comment(0) | バーディー50−整備粒粒辛苦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月07日

マー君 始動点検@3848km

土曜オフ日。
昼前にのそのそと起きて、棚にあったマルタイ袋麺で豚挽肉もやしメンマラーメンを作って食す。
Check@3848km 20200307-125715.JPGCheck@3848km 20200307-125743.JPG
なかなか美味く出来た^^。

確定申告を進めねばならないのだが、家に籠ってばかりも嫌なので、ちょいとバイクたちのご機嫌伺い。

まずは、2サイクルバーディー50マー君。
Check@3848km 20200307-143231.JPG

積算走行距離3848km。
Check@3848km 20200307-143254.JPG

連日エンジンはかけているので、今日もキック一発始動。
Check@3848km 20200307-143318.JPG
アイドリングも、空ぶかしも、調子良し。
問題は、巡行中や登坂時にふっとエンストする事だけ…。

空気圧は、前:2.0、後:2.5で調整。
Check@3848km 20200307-144222.JPG
僕の場合、乗り手の体重が常時2人分なので、バイクもクルマも高めw。

よし、これからも完全復調目指してがんばろう。

ほい、つぎっ!
Check@3848km 20200307-143946.JPG
posted by REI at 17:22| Comment(2) | バーディー50−整備粒粒辛苦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

2サイクル バーディー50 BA14A の半強制空冷エンジン

RC50 BA13Aや2サイクル バーディー50 BA14Aは、「JET COOLED方式」という半強制空冷エンジンを積んでいる。
AirFilter@3789km 20200220-155632.JPG

クランクケースカバー内左側のフライホイールにクーリングファンが付けられていて、左後方から外気を吸い込む。
AirFilter@3789km 20200220-155618.JPG

吸い込まれた空気はカバー内を前方から右へと流れていき、シリンダーを冷却する。
AirFilter@3789km 20200220-155622.JPG

そして、カバー前方下部の穴から、排気されるのだ。
AirFilter@3789km 20200220-155645.JPGAirFilter@3789km 20200220-155723.JPG

いいよな、こういう個性。
posted by REI at 00:08| Comment(0) | バーディー50−整備粒粒辛苦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月17日

マー君に少しずつ慣れよう

仕事から帰宅して、ちょっとバーディーいじり。

リアブレーキに引っかかる感じがあるので、ブレーキアームの根元のボルトナットを緩めてモリブデングリーススプレーを噴いてみたりした。
良くなったような、変わらないような…;;;。
ハブ内部のブレーキシューの摺動部のグリース切れとか、スプリングの不具合も考えられるな。
なるべく早めにタイヤ交換作業にかかって、その時にしっかりとブレーキ整備もしてやろう。
Kyuuyu 20200217-174946.JPG
それからガソリンスタンドへひとっ走り。
他のバイク同様、こいつにもハイオクで満タンにしてやる。

走りは快調。
アクセルと加速の感じや自動遠心クラッチによるシフトチェンジは、マイルドな自然さで、とても好感が持てる。

もちろん法定速度は余裕で出る。
フルスロットルじゃなくても40-50は出るだろうな、たぶんw。
ただ、30km/hに合わせてあるから、それ以上ではエンジン回転数が高すぎる。
やはりスプロケットで調整した方が、現実的に使いやすいだろう。

白煙は多め。
エアフィルターが詰まってくると増える事もあるようなので、すでに購入してあるスズキ純正新品ウレタンフィルターと近日中に交換しよう。

ウィンカーSWの位置と使い方はカブとは違うので、走っていて時々迷う。
ま、これは慣れるしかなかろう。
Kyuuyu 20200217-174955.JPGKyuuyu 20200217-175023.JPG
とりあえず、今日はそんな感じ^^。
posted by REI at 18:44| Comment(2) | バーディー50−整備粒粒辛苦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月15日

なるほど鳥だ

“birdie” は “bird” とほぼ同義で、鳥のこと。
肉食獣の子どもを意味する “cub” とは、いわば対極的な存在だ。
Oil TYPE02@3764km 20200215-140908.JPG
「バーディー」のメーター周りの丸みを帯びたデザインは、角目「スーパーカブ」の四角いそれを見慣れた僕には、当初、不自然に思えた。
Mirror@3764km 20200215-134943.JPG
でも、今日拭き掃除していてハッとした。
これって、鳥の後頭部なんだ!
Oil TYPE02@3764km 20200215-141121.JPG
そう思って少し下がってみると、うん、フロントフォーク上部はのシェイプは明らかに鳥の首だ。
Oil TYPE02@3764km 20200215-141140.JPG
そっか、「バーディー」って、単に製品イメージとしての名前なのではなく、全体が鳥をモティーフにしてデザインされている小型バイクなんだ。
そうしてみると、全体の丸みを帯びたラインも鳥シェイプだし、この少し長めのリアフェンダーも鳥の尻尾を模しているようだ。
Oil TYPE02@3764km 20200215-140839.JPG
そういえば、スズキは、今や「隼」なんて大型車も出している。
昔から鳥が好きなんだな。
スズキなのに。
posted by REI at 20:25| Comment(0) | バーディー50−整備粒粒辛苦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

マー君 登録完了

今日の仕事は越谷市の大袋。
クルマで通勤。
Touroku 20200213-094924.JPG
愛唱歌1曲と、ラターとフォーレをやった。

帰途、「大宮総合食品地方卸売市場」の食堂街の「花いち」で昼食。
Touroku 20200213-125305.JPGTouroku 20200213-125711.JPG
「今日のランチ」1100円。
Touroku 20200213-132524.JPGTouroku 20200213-131129.JPG
ごちそうさまでした(-人-)。

そして、市役所でバーディー50の登録。
Touroku 20200213-144529.JPG
原付一種用の西武ライオンズとのコラボプレートはもう欠品で、以前からあるご当地ナンバーになるそうな。
残念;;;。
ま、しかたない。
書類提出…、すぐナンバー交付…、かと思ったら、それから妙に待たされた。
前オーナーさん(というか宮城県栗原市のバイク屋さん)が「50cc」で登録していたのに、僕が申請書類にA151エンジンの正しいデーター「49cc」と記して提出したので、栗原市役所にその根拠を確認していたらしい。
その結果は、「根拠不明」w。
その結果、僕の登録申請書の備考欄に「排気量は49ccです。」と、署名入りで書くように指示された。
原付一種は「50cc以下」だからどっちだって良いようなものだが、ま、ここは、お役所が正確さを志向しているものとして素直に従おう。
少なくとも、デタラメ改竄やら廃棄よりははるかにマシだ。
そもそも、アベなんてやつは、はなはだしく下劣で意味のない総理と言うか意味のない政治家で、昔から、野党の女性議員に対しては、たびたびひどく侮蔑的な態度で答弁したり下劣なヤジを飛ばしたりしているのだ。
さっさとやめろ、クズ総理総裁。
看板だけ手当たり次第に上げていくくせに、さっぱり結果が出せない政権など要らん。
自民党にはもっとふさわしい政治家が何人もいる。

閑話休題。

ナンバーをもらったら、そのままセブンイレブンへ向かい、自賠責加入。
Touroku 20200213-153859.JPG

帰宅して、ナンバープレートに自賠責シールを慎重に貼り付ける。
Touroku 20200213-155030.JPG
ナンバーフレームは、以前まほろば号K50に付けていた物を使う事にする。
Touroku 20200213-163347.JPG

ここまでで、今日はタイムアップ。
本当の公道復帰は、出来たら明日^^。
posted by REI at 17:34| Comment(0) | バーディー50−整備粒粒辛苦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

「マー君」と呼ぶことにした

一昨日やって来た2サイクル・バーディー50。
Nousha15400yen@3761km 20200211-115100.JPG
明日の午後は時間が取れそうなので、市役所に行って登録するとともに、少しでも手入れしてやりたいと思っている。

コイツの愛称を何にするか納車以前からずっと考えていたのだが、今日決心がついた。
「マー君」にする。

このバーディーは、宮城県から来た。
宮城と言えば、野球好きなら、仙台を本拠地とする東北楽天ゴールデンイーグルスを思い浮かべる。

昨日、その監督だった野村克也さんが84歳で亡くなった。
プロ野球史上、打守ともに最高の捕手だった。
日本の野球を変えた偉大な監督だった。
しっかりと意味深い解説のできる数少ない野球評論家だった。
それ以外のことなんてどうでもよくて、ともかくとてつもない野球人だった。
今度は天国の野球を変えてくれるだろう。
その勇姿を見るのがすごくたのしみだ。
ほんとうに心から「ありがとうございました」と言いたい。

そして、こんな時に、かの地から運ばれてきたバイクには、何かしら野村さんを連想させる呼び名を付けたく思った。
このバイクの前オーナーのファースト・ネームは「マ」から始まる。
ならば、野村監督が育てた田中将大投手の愛称にならって、この宮城から来た質実剛健なバイクを「マー君」と呼ぶのも悪くなかろう。

マー君は、おそらく明日、公道復帰する。
posted by REI at 23:00| Comment(0) | バーディー50−整備粒粒辛苦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする