2016年10月21日

ナオトト号 キャブ周辺等のチェック

そして、いわば今回のメイン・イベント、SRV250ナオトト号のチェック。
Check 20161021-152431.JPG

リアフェンダー上部のボルト2本を抜いてシートを外し、ガソリンタンクを外せば、キャブレターにアクセスできる。
Check 20161021-151746.JPG

シンプルな単気筒バイクのキャブレターしか知らないオッサンにとっては、狭いところに横倒しに付けられているとしか思えないキャブレターだけど、ともかく近々にトライするのだ。
Check 20161021-151645.JPGCheck 20161021-151931.JPGCheck 20161021-151906.JPG

キャブとエンジンをつなぐインシュレーターは、前オーナーからの連絡通りシリコン塗布補修の跡有りだが、思ったよりキレイに作業されてた。
Check 20161021-151813.JPG
ま、新品買ってあるから、交換するけどね。
CarbParts20160921-000850.JPG
ただ、それはそれで二次エア吸い警戒警報発令準備中ではある。

ハンドルとメーター回りは、前オーナーによってストレートハンドル&タコメーターレス仕様にカスタムされている。
Check 20161021-152447.JPG
とてもシャレた仕上がりなので、基本的にはこのまま乗るつもり。
Check 20161021-152251.JPG
ただ、メカ密集度的にもライポジ的にも、やや窮屈感がある。
Check 20161021-152259.JPGCheck 20161021-152336.JPGCheck 20161021-152324.JPG
ここには、ハンドルライザーを噛ませて、30mmUpの予定。
ZETA BarRiseKit30mm 3170yen 20151214-212707.JPG

小さな穴がいくつも開いているシート表皮は、走るようになったら追々張り替えに出すつもり。
Check 20161021-152130.JPGCheck 20161021-152139.JPG
カラーもデザインももう決めているけれど、まだナイショw。

タンクにあるエクボには、アマゾンで買った安物へこみ直し器で、負け覚悟の勝負を挑む予定。
Check 20161021-152030.JPGへこみ直し器.bmp
バイクのタンクって、クルマのボディーよりずっと厚い鋼板を使っているから、そう簡単には引っ張り出せないらしいんだよね…。

あと…、ひょっとしたら一番の難物はコレ。
Check 20161021-152006.JPG
どうやって取るよ、これ;;;。
マイナスドライバーでこする?
うわ;;;。
想像しただけで怖いよぉ(T。T)。
posted by REI at 23:55| Comment(2) | SRV250ー整備苦心惨憺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

SRV250 チェック@9406km

続いて、SRV250ナオトト号。
Check20160724-162927.JPGCheck20160724-162302.JPG

メーター上の積算走行距離9406km。
Check20160724-162328.JPG
これは前オーナーが純正メーターから交換してからの走行距離だけど、このメーターやハンドル回りはすごく素敵なセンスで仕上がっているのでこのまま使うので、我が「ナオトト号」としての積算走行距離は、以後このメーターの表示数値を使う事にしようと思う。

納車以来まだ何にも整備していないので、当然エンジンはかからないまま。
でも、キーをONにしたらニュートラルランプは点いたので、チョークを引き、コックを燃料自然落下モードにして、セルモーターを回してみる。
初爆らしきものは、ほのかに来るけど、かからない。
そうこうするうち、伝い漏れしたガソリンがポタポタ。
Check20160724-162654.JPG
オーバーフローするなんて、ほぼ確実にキャブレター内部の汚れ詰まりですな。

なんとかしてこの夏の間にキャブのオーバーホールをしよう。
ぜったいにやるぞ!
だって、この美しいエンジンを早く目覚めさせてやりたいから。
Check20160724-162402.JPGCheck20160724-162419.JPG
ディスクブレーキの効き具合を確かめたいから。
Check20160724-162432.JPG
だって、超久しぶりなんだもの、ディスクブレーキ付きのバイクなんてw。
posted by REI at 23:15| Comment(0) | SRV250ー整備苦心惨憺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

激安シフトペダルカバー

eBay経由で3月24日にこんなものを発注した。
ShiftLeverCover347yen20160407-005304.jpgShiftLeverCover347yen20160407-005217.jpgShiftLeverCover347yen20160407-005209.jpg
シフトペダルにかぶせて、靴が傷まないようにするカバーらしい。
値段が激安で、送料込み1個約116円。
どの程度使えるものか分からないけど、ま、この値段ならダメ元と思って3個発注、347円。

昨日到着。
ShiftLeverCover347yen20160406-203242.JPG
上海から悪名高き中国郵政を経ての輸送だったらしいけど、とりあえず大きなダメージは無いようだ。
ShiftLeverCover347yen20160406-203324.JPG
あとは、能書き通りに使えて、なるべく長期間破れないかどうかだな。
ShiftLeverCover347yen20160406-203422.JPGShiftLeverCover347yen20160406-203354.JPG
SRV250ナオトト号が走れるようになったら、あんまり期待しないで取り付けてみようw。
posted by REI at 01:19| Comment(2) | SRV250ー整備苦心惨憺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

ナオトト号 無事登録

SRV250ナオトト号の名義変更登録が無事に終わった。
MeigiHenkou20160330-162512.JPG

さぁ、キャブレターのオーバーホールを急ごう;;;。
posted by REI at 23:59| Comment(0) | SRV250ー整備苦心惨憺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

ナオトト号備忘録

ウチのトイレ工事のため、今夜は実家泊まり。
夕食後、ボウズに見せびらかしがてら、少しナオトト号の観察をした。

エンジン不動は相変わらず。
当たり前だ、まだ何もしていないんだからw。
ただクランキングは元気だし、ほんといつかかっても不思議じゃない感じ。
ともかくキャブ整備を急ごう。
新品のジェットやパッキン類は取り寄せ済みだ。

メーター回りは、前オーナーがイイ感じのシンプル志向でキレイに仕上げているので、純正には戻さず、やはりこのままいこうと思う。
ただし、フラットなハンドルは、腹の出過ぎたオッサンのツーリングユースには少し低すぎる感じなので、30mm程度のスペーサーをハンドルポストにかましてやろう。
ハンドルのタンクへの干渉が回避されれば、ハンドルの切れ角を制限する後付けストッパーも外せるかもしれないから。

あとは、YB125SPのキャリアの取り付けと、リアウィンカーの移設か‥。
ま、これは、ナオトト号が走るようになったらシッカリ考えよう。

しかし、つくづく美しいバイクだ。
ただただ、前オーナーに感謝あるのみ。
posted by REI at 03:03| Comment(0) | SRV250ー整備苦心惨憺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

SRV250ナオトト号がやってきた@47534km[38128+9406km]

昨夜は浜松での仕事から深夜0時40分帰宅。
さっさとシャワーを浴びて、さっさと床に就いたのだが、なかなか眠れなかった。
今日25日、或る青年が破格の値段で譲ってくれたYAMAHA/SRV250が、軽トラのバイク輸送屋さんに運ばれてくるのだ。
高速道路も走れるバイク。
ほぼ30年ぶりで、そのオーナーに復帰するのだ。
それを思って興奮して寝付けない54歳。
客観的に見て、圧倒的にバカだな;;;。
ま、無駄にトシ取ってるオッサンなんて、そんなもんだわよw。

朝、起きると、やたら寒い。
まるで冬の気候だ。
しかも霧雨。
お山は雪だろうなぁ。
だが町に住むオッサンは、寒さにめげず、やたらスピーディーに準備を整えると、クルマで西東京の実家へ。
新しくやってくるバイクの置き場所がウチには無いので、とりあえず実家に届けてもらう事にしたのだった。

クルマを実家近くのコインパーキングに停めて、待機。
すると、昨日もらったメール通り11時過ぎに軽トラの運送屋さんがやってきた。
前オーナーさんの住居も東京都の市部なので、運送料は税込み8640円。
Nousha38128+9406km20151125-111421.JPG
ザックスの時のように自分で軽トラのレンタカーを借りて運ぶ手も考えたけれど、借りる手間・運転する手間・荷台に載せる手間・安全に縛る手間・無事に運ぶ手間・何か事故があった時の保障・荷台から降ろす手間・軽トラを返す手間等々を考えたら、運送屋さんに任せた方がイイと思った。
そしてネットをいろいろ調べて、8640円といういちばん安い見積もりをくれたココに依頼したのだ。
懐具合と今日の気候を考えると、この選択は大正解だったと思う。
花丸付きの100点だ^^。

届いたSRV250をチェックする。
Nousha38128+9406km20151125-115646.JPG
ヤマハらしく美しいバイクだ^^。
Nousha38128+9406km20151125-115700.JPG
しかも程度がすごくイイ。
Nousha38128+9406km20151125-115910.JPGNousha38128+9406km20151125-115735.JPG
ハンドル回りはシンプルな感じに改造されているけれど、とても丁寧な作業で組まれている。
Nousha38128+9406km20151125-115859.JPGNousha38128+9406km20151125-115830.JPGNousha38128+9406km20151125-120138.JPG
基本的にはノーマル志向の僕だけど、この状態の良さなら、当面このまま乗っていようと思う。
Nousha38128+9406km20151125-115928.JPGNousha38128+9406km20151125-115938.JPGNousha38128+9406km20151125-120924.JPG
タンク左に小さなエクボがあるけど、塗装の状態がイイからそれほど気にならない。
Nousha38128+9406km20151125-120005.JPGNousha38128+9406km20151125-120035.JPG
積算走行距離は、旧オリジナルメーター38128km+現円形メーター9406km=47534km。
Nousha38128+9406km20151125-120426.JPGNousha38128+9406km20151125-120417.JPG
こう書いていくと完璧なように思われるだろうが、欠点はある。
その最たるものは、「エンジンがかからない」という事w。
セルモーターでクランキングはするし、時折初爆もあってかかりかけるのだが、すぐ止まる。
たぶんキャブレターの不調。
でも、オーバーホールしてやれば、すぐかかりそうだ。

そんな納車チェックをしていたら、前オーナーが、外してお宅に保管してあったパーツをまとめて運んできてくれた。
Nousha38128+9406km20151125-120103.JPG
ありがたいことだ(-人-)。
そして、このSRVについて色々な説明を受けた。
大切に乗ってこられたんだなぁと、とても温かな気持ちになった^^。
せっかくなので、前オーナーにまたがってもらって記念撮影。
Nousha38128+9406km20151125-114139.JPG
イイ顔するねぇ、前オーナー氏。
引き伸ばして焼いて、近いうちにプレゼントしよう^^。
ほんとにありがとう。
僕も大切に乗らせてもらいます。
あ、このバイクの愛称は、もう話が決まってすぐ決めていた。
SRV250ナオトト号
ことしはコヤマ君いじりに時間を費やしたけど、この年末からはナオトト号起こしだ!
がんばろう。

クルマでの帰路、武蔵村山まで遠回りして、「満月うどん」で遅めの昼食。
Nousha38128+9406km20151125-141127.JPG
「満坦つけ汁うどん」特大盛り(五玉750g) 680+300円。
Nousha38128+9406km20151125-135801.JPG
ごまだれにラー油を入れて、歯ごたえのある薄褐色のうどんをすする。
Nousha38128+9406km20151125-135910.JPGNousha38128+9406km20151125-135808.JPG
何を食べても美味いなぁ、ココは^^。
特に今日は一段と美味い。
まさに祝いの味がする。
ごちそうさまでした(-人-)。
posted by REI at 21:45| Comment(2) | SRV250ー整備苦心惨憺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

マル秘

極秘活動進行中。
資料収集完了。
ManualandList20151118-023423.JPGManualandList20151123-225456.JPG
不要の物も買ってしまったが、経済的打撃は小さいので、ミッションは無慈悲に継続されている。

25日に何かある。
posted by REI at 23:15| Comment(0) | SRV250ー整備苦心惨憺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

決心

1983年式のスーパーカブ70スーパーデラックスでライダーに復帰してから、早12年。
「子供もまだ小さいから、当面は原付バイクに専念しよう」と思い続けてきたが、そんな2人の子等ももう大3と大2。
上は21、下のも来年2月末には成人だ。
もうぼちぼち、もう少し大きい、高速道路も走れるバイクに乗りたい。
僕自身の残り時間もずいぶん減ってきたから。
今年の初めくらいから、ずっとそう考えてきた。

先日、ありがたい申し出をいただいた。
250のバイクを譲ってもいいですよ、というものだった。
とても嬉しい半面、置き場所の事もあって、数日考え迷った。

でも、今、この好条件の話を逃したら、間違いなく後々後悔する!
お願いしよう!

おそらく今月中に、久しぶりに250ccの二輪車のオーナーになる。
SRV250.jpg
冗談抜きで冷め切って憎しみ合っていると言っていい夫婦関係に悩み続けてきた僕だが、その54歳の秋は、少しだけ暖かくなりそうだ。
posted by REI at 23:59| Comment(0) | SRV250ー整備苦心惨憺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする