2014年12月05日

【ザックス】フロントのタイヤ交換とブレーキ整備やっとこさ終了@187km

14時半、ザックスのようやくタイヤ交換の済んだフロントホイールの取り付け作業をした。
TireKoukan@187km-4-20141205 145112.JPG

取り付け前に、ブレーキのメンテナンス。
TireKoukan@187km-4-20141205 145231.JPG

まずは、ブレーキドラム内側を、サンドペーパー,スチールウール,ボロ布,パーツクリーナーで清掃。
ブレーキダストの汚れはもちろん、ライニングにかなり錆びもあった。
FrontWheelCheck20141127 004533.JPGFrontWheelCheck20141127 004546.JPG
ま、これくらい磨いておけば、あとはシューが削ってくれるだろう^^。
TireKoukan@187km-4-20141205 151317.JPGTireKoukan@187km-4-20141205 151342.JPG

続いて、ブレーキパネルとブレーキシューを分離して、清掃にかかる。
TireKoukan@187km-4-20141205 152046.JPG
このシュー固定のU字型バネ、硬くてピッチリはまり込んでいるから、外すのも取り付けるのもなかなか厄介だぞ、気をつけろ!
僕は、外す時はタイヤレバーの真っ直ぐな方の端を使ってこじり外した。

シューを観察。
TireKoukan@187km-4-20141205 152114.JPGTireKoukan@187km-4-20141205 152130.JPG
全然減っていないけれど、ライニング表面に錆みたいなものが付着していたので、汚れとともにサンドペーパーで擦り落とし、パーツクリーナーで洗浄。

ほい、みんなサッパリ^^。
TireKoukan@187km-4-20141205 153803.JPG

そして、ブレーキパネルを組み立てる。
TireKoukan@187km-4-20141205 160934.JPGTireKoukan@187km-4-20141205 160959.JPGTireKoukan@187km-4-20141205 160903.JPG
シュー両端の摺動部には、少量のブレーキグリースを使用。
U字型バネの取り付けには手こずったが、試行錯誤の末、片方の穴とピボットにバネを掛けながら、シュー・ライニング表面に布をあて、プライヤーでバネとライニング表面を挟みながら穴へ誘導。
何度もミスって、ようやく挿入。
いやぁ、硬かった;;;。
こんなチャチなモペッドのチャチなブレーキだけど、キッチリ作られてる。
さすがドイツ車w。
正直言って、カブのプレーシュー取り付けの方がうんとこさラクだわ。

そして、慎重にホイールをフォークに取り付けた。
TireKoukan@187km-4-20141205 165613.JPG
これにて大苦戦したフロントタイヤ交換にからむ一連の作業、完了。
TireKoukan@187km-4-20141205 163931.JPG
めでたい(^o^)。

積算走行距離187km。
TireKoukan@187km-1-20141121 145951.JPG

さて、夜の仕事に出かけるために、最寄駅までザックスに乗って行こうかな。
TireKoukan@187km-4-20141205 163957.JPG
そう思って、エンジンをかけようとしたら、なんとまぁ、かかりません!
ペダル漕ぎ1回どころか、足が軽く攣りそうになるくらい何10回濃いでも、まったくダメ。
なんじゃこりゃ;;;。
ボロボロ状態の納車時から今まで、エンジンがかからないって事は一度も無かったのに、何故急に?
一難去ってまた一難だよ、あーこりゃこりゃ(>o<;)。

2014年12月04日

やっとこさ組めたよザックス前車輪

夜中の居間で、人知れずザックスのホイールの塗装補修。
WheelPaintRepair20141204 001911.JPG
傷ついた所をスチールウールで擦ってからパーツクリーナーで脱脂。
そして、以前フライホイールカバーの補修で使った安物スプレーで塗装。
やっぱりこの手のスプレー塗料って粘度が低いから、垂れやすいし塗膜も薄い。
WheelPaintRepair20141204 001939.JPG
イマイチだけど、これ以上重ねても垂れたりベタつくだけだから、やめておく。

居間の中がかなり溶剤臭い。
ま、朝まで換気扇回しておけば消えるだろう。

さて、寝るか…。

…。

でも、イライラする…。

…。

眠れない…。

…。

くそっ、こうなりゃ、居間でタイヤ組みだ!(+△+;)

オッサン意地の再挑戦。
そして、やっぱり苦戦。
VRよりは柔らかいとは言え、キャストホイールってものがいかに融通の効かないものかを再確認。
むむむむむむむむむ…。
ビートにもリムにもベタベタにビートワックスを塗りたくって、色んな体位でホイールとタイヤとくんずほぐれつする事1時間超。

よっしゃ、できたぁ!(^o^)/
TireKoukan@187km-3-20141204 032227.JPG
まさかモペッドごときのタイヤ交換でこんなに苦労するなんて思いもしなかったよ;;;。
TireKoukan@187km-3-20141204 033123.JPGTireKoukan@187km-3-20141204 033149.JPG
残念なのは、タイヤの白マークとエアバルブの位置が少しだけズレてしまった事。
TireKoukan@187km-3-20141204 033946.JPG
ま、いいや。
ともかく組めてよかった、ホッとした(´∇`)。

なお、ブリヂストンのチューブは、エアバルブ部分の長さが短いので、下側のナットと保護ワッシャーは外して組み付けた。
TireKoukan@187km-3-20141204 023246.JPGTireKoukan@187km-3-20141204 023350.JPG
ザックスに最初に付いていたチューブ(メーカー不明)も下側ナットとワッシャー無しだったから、これで問題無いだろう。

それから、先日大き目の穴を開けてしまった2本のチューブのうち、大き目の穴が1個のものをパンク修理剤で手当てしてみた。
TireKoukan@187km-3-20141204 032643.JPGTireKoukan@187km-3-20141204 032850.JPG
もしも、これで空気が抜けなかったら、後輪の交換時にはコレを使おう。
不安だけど、もったいないもの。
このパンク修理セットもめでたく使い切れたので、また新しいのを買っておかなきゃ。

2014年11月30日

ザックス用IRCタイヤ到着

タイヤと共にファックス用のコピー用紙なども頼んだら、モノタロウ顔のでっかい段ボールで到着。
TireIRC2980yen20141130 011959.JPG
タイヤたちはラップで巻かれていたので、妙に平たくなっていた。
TireIRC2980yen20141130 021542.JPG

IRC/NF6 2.50-17 4PR
TireIRC2980yen20141130 022004.JPGTireIRC2980yen20141130 022032.JPG
TireIRC2980yen20141130 021735.JPGTireIRC2980yen20141130 021906.JPGTireIRC2980yen20141130 021807.JPG
2014年第14週製造
TireIRC2980yen20141130 021840.JPG

IRC/NR6 2.50-17 4PR
TireIRC2980yen20141130 022054.JPGTireIRC2980yen20141130 022104.JPG
TireIRC2980yen20141130 022201.JPGTireIRC2980yen20141130 022252.JPGTireIRC2980yen20141130 022319.JPG
2014年第28週製造
TireIRC2980yen20141130 022335.JPG

ともにタイ製
TireIRC2980yen20141130 022227.JPG

手でサイドウォールを触ってみると、完敗させられたVRに比べて、明らかに柔らかい。
VRより薄くてしなやかな感じ。
また失敗するかもしれないからやってみなきゃハッキリは言えないけれど、でも、この感じならこないだほどの大惨敗はしないで済むような気がする。
と言うか、もう負けたくないよぉ。
タイヤの神さま、我を助けたまえ(-人-)。

2014年11月28日

ザックス用タイヤ再発注

IRC/NF6
NF6.jpg

IRC/NR6
NR6.jpg

いずれも2.50-17で1本1490円+税@モノタロウ

2014年11月27日

ザックス VRタイヤ装着再惨敗と撤退宣言

午後、ザックスのフロントホイールへのVeeRubberタイヤ装着に再挑戦した。
TireKoukan@187km-2-20141127 151847.JPG
しかし、くやしいけど、僕の技術や知識ではやっぱり全く歯が立たなかった。

どうやっても最後の30~40cmのビートが入らない。
新しく買ったブリヂストンのチューブ1本に、またたくさんの穴を開けてしまった。
TireKoukan@187km-2-20141127 154649.JPGTireKoukan@187km-2-20141127 154617.JPG
キズをタッチペンしたホワイトリムも、またあの哀れな状態に…。
完敗だよ(T_T)。
カブのようなスチールリムのスポークホイールならホイール側も歪んでくれるから取り付けられそうな気もするけれど、ザックスのキャストホイールには手作業ではかなり厳しい。
もうこれ以上の犠牲を出すのは時間とおカネと忍耐力の浪費だわ。
撤退しよう。
人生あきらめも肝心だ。

そんなわけで残念ですが、ザックスにVRを取り付けるのはやめて、ダンロップかIRCで安く手に入る方を使う事にします。

なお、VRのこの前後ペア、僕はもう顔も見たくないので、欲しい人がいたらあげます。
TireKoukan@187km-2-20141127 152747.JPG
取りに来られる人か、クロネコヤマト着払い+荷造り手数料500円でオッケーの方は、メールどうぞ。

+++++

【追記】
☆12月10日現在、まだ2本ともあります。

ザックスのフロントホイール観察

ザックスのフロントホイールをちょいと磨いてから、観察してみた。
FrontWheelCheck20141127 003909.JPGFrontWheelCheck20141127 003956.JPGFrontWheelCheck20141127 003919.JPG
こないだのタイヤ交換失敗の際にリムに付いた傷には、白いペイントマーカーでタッチアップ。
FrontWheelCheck20141127 004019.JPG
まぁまぁ目立たなくなったから、少しホッとした。
若い頃はバイクやクルマのキズって30cmくらいに近づいてみても分からないくらいに直さないとイヤだったんだけど、最近は1メートル半くらい離れて分からなければOKと思うようになった。
どんな美人だってすごく近づいて見れば多少のシワやクスミはあるんだろうけど、それが分かるくらい近づけたなら、そんな時はもうシワやクスミなんて関係無い状況ではないか…。
って、う〜ん、違うかw。

まず、ブレーキパネル側をチェック。
外側からフロントフォークを共締めしているワッシャーとナットを外す。
FrontWheelCheck20141127 004117.JPG
ブレーキパネルは、小さいけれど高さのあるスペーサーワッシャーとナットでホイールに固定されている。
FrontWheelCheck20141127 004214.JPGFrontWheelCheck20141127 004243.JPG
それらを抜けば、プレートパネルは外せる。
FrontWheelCheck20141127 004310.JPGFrontWheelCheck20141127 004344.JPG
ハブ内のブレーキライニングを観察。
FrontWheelCheck20141127 004457.JPG
遍摩耗は無さそうだけど、ダストはけっこう溜まっているので、パーツクリーナーで掃除しなきゃダメだな。
FrontWheelCheck20141127 004533.JPGFrontWheelCheck20141127 004546.JPG
ブレーキパネルとシューも、異常はなさそうだけど、要清掃。
FrontWheelCheck20141127 004631.JPGFrontWheelCheck20141127 005017.JPG
ピボットやカム部分はあまりに乾いてるんで、僕としては少量のブレーキグリースを塗布したいところ。
FrontWheelCheck20141127 004851.JPGFrontWheelCheck20141127 004818.JPG

ハブの反対側にはスピードメーター用ギアボックス。
FrontWheelCheck20141127 005439.JPG
この穴にケーブルがねじ込まれていた。
FrontWheelCheck20141127 005513.JPG
反対側の黒い樹脂キャップを外すとどうなっているのかと思ったら、同じようにケーブルを挿せるようになっていた。
FrontWheelCheck20141127 005704.JPG
なるほど、このギアボックスはハブの左右どちらにも使える仕様なんだね。
ギアボックスの下側にも小さな樹脂キャップが付いていたので、抜いてみた。
FrontWheelCheck20141127 005821.JPG
グリースアップ用の穴なんだろうな。

そんでは、タイヤ交換再挑戦の際に、各部の掃除と給脂をしてやろう。

2014年11月26日

ザックス用にブリヂストンのチューブを取り寄せた

先日ザックスのタイヤ交換作業時に新品チューブを2本穴だらけにしてしまったので、あらためてチューブを取り寄せた。

今回は作業にまつわる不安要素を極力回避したかったので、安心と信頼のブリヂストン製をチョイス。
TubeBridgestone1359yen20141126 025453.JPGTubeBridgestone1359yen20141126 025922.JPGTubeBridgestone1359yen20141126 025722.JPG
高そうに思えるけれど、モノタロウなら1本629円+税。
他の物とまとめ買いして送料無料にすれば、むしろ安いくらいだ。
実物をあらためて手にすると、そのクウォリティーの高さにやはり驚かされる。
TubeBridgestone1359yen20141126 025833.JPGTubeBridgestone1359yen20141126 025851.JPGTubeBridgestone1359yen20141126 025802.JPG
タイ工場製だが、まったく問題無し。

さ、今度のタイヤ交換は成功させるぞ!

2014年11月22日

【ザックス】フロントタイヤ交換惨敗の記

夕方、ザックスのフロントタイヤ交換に着手した。

積算走行距離187km。
TireKoukan@187km-1-20141121 145951.JPG

前輪ハブ左側のスピードメーターケーブルを外す。
TireKoukan@187km-1-20141121 150256.JPG

ハブ右側のフロントブレーキケーブルを外し、2本の19mmレンチで左右のボルトをゆるめると、フロントホイールは簡単に外れた。
TireKoukan@187km-1-20141121 151018.JPG
フロントフォーク最下部にあるアクセルシャフト固定部の切り欠きが真下を向いているので、ホイール固定ボルトをゆるめると、ホイールがストンと下に落ちて、軽くなったバイク前部がフッと上がる。
TireKoukan@187km-1-20141121 151033.JPG
なんか可愛らしい動きだった。

ホイールと古チューブと亀裂だらけの古タイヤを分離するのは、すこぶる簡単だった。
TireKoukan@187km-1-20141121 153419.JPG
外したホイールの内側がどんなになっているか不安だったが、腐食は皆無。
TireKoukan@187km-1-20141121 153504.JPGTireKoukan@187km-1-20141121 153512.JPG
ホッとしつつ、拭き掃除をした。

そして、まずはタイヤの片方のサイドをホイールはめる。
お、今回使う“Vee Robber”のタイヤ、予想以上にビートが硬い;;;。
片方だけなのに、はめるのにそこそこ手こずってしまった;;;。
カブなどで今まで使った事のあるタイヤとの比較としては、ミシュランのM35とかヴェトナム・ヨコハマのスピードライン500と同じくらい。
だから、イヤな予感はしたのだ…。

かくて予感は、当然のように現実となる。

ともかく硬い;;;。
どうしても最後の4分の1が上手くいかない。
でも、必死こいて組み終わる。
そして、空気入れようとポンプを押す。
サッパリ膨らまない。
こういう時って、やっぱり素直に泣けるわ。
もう超ガックリ大会。
失意のうちにチューブを抜いてみると、探すまでも無く大きな穴が数個。
TireKoukan@187km-1-20141121 163017.JPG
あぁ、わざわざテストの為に買った台湾製とかいうチューブだったのに、これだけ穴だらけだと補修して使うわけにもいかないや。
廃棄だな(T_T)。

しかたないので、もう1本の台湾製を使って組む。
しかし、また最後のひとハメで、バツン!プシュ!
うぉぉぉぉぉぉぉぉぉ(ToT)。

……。

しかたないので、もともと履いていたチューブをキレイに拭いて、組んでみた。
けれど、また、穴が……。

……。

本日、私、タイヤ交換の神様に惨敗いたしました(涙)。
恥ずかしくも、悔しいです。
ダンロップのD107あたりのタイヤにしておけば、こんな苦労は無かったのにとも思います。
しかしながら、せっかく買ったタイ・メーカーのタイヤです。
このビートの硬さが好結果につながる事を夢見つつ、再度チューブを発注しました。
ただし、今度は、ブリヂストンの物で、たぶんインドネシア製。
やっぱり厚手のチューブの作業性は、良いとは言えなかったので。

チューブの到着までは、思いがけずキレイな状態だったホイールを、もっと磨いていましょう。
TireKoukan@187km-1-20141121 192840.JPG
ただ、リムガード使っても、なんやかんやで傷だらけになっちゃったのですよ(再涙)。
TireKoukan@187km-1-20141121 192901.JPG
タイヤはまったら、白のタッチペンで手塗りしよ…。

2014年11月19日

ザックス用に安いチューブを取り寄せた

amazon経由で、ザックスに使うチューブを買った。
TubeNBS1128yen20141119 185628.JPG
一昨日発注して、今日到着。
TubeNBS1128yen20141119 185800.JPG
1本299円x2と送料630円で合計1128円。
売り文句では台湾製を謳っていたけれど、届いた実物にも同封ラベルにも記されていないから、ひょっとしたら中国製かもね。
TubeNBS1128yen20141119 190449.JPG
ビニール袋から出してみると、全体的に厚手で、ゴム臭がかなり強い。
TubeNBS1128yen20141119 190158.JPG
刻印類はタイヤサイズ表示のみ。
TubeNBS1128yen20141119 190316.JPG
バルブあたりの作りも、少しゴツイ感じかな。
TubeNBS1128yen20141119 190227.JPG
軽く空気を入れて、よく絞った濡れ雑巾で全体をひと拭き。
TubeNBS1128yen20141119 221355.JPG
このゴツさが耐久性につながっている事を祈ろう。
TubeNBS1128yen20141119 221409.JPG
せっかくなので今年初めから待機中のタイヤと仮合体させてみた。
TubeNBS1128yen20141119 222356.JPG
お、程良くファットでイイ感じだわ^^。
TubeNBS1128yen20141119 222526.JPG
タイメーカー製のタイヤと、台湾メーカー製らしきチューブ。
安心感や安全性だけを考えたら日本のメーカーの物を使うのが一番なんだけど、今回は敢えて安い外国製品を試してみようと思ってね。
ほら、ザックスみたいにスピードの出ない乗り物なら、もし走っていて破裂しても危険が少ないじゃん。
遅いバイクだからこそ出来る愉しみ方だね。

2014年11月03日

【ザックス】リアサス磨き@157km

今日は昼過ぎに都内某所のホールで合唱祭があって、小さな女声合唱団と一緒にステージを踏んできた。
出来は、まあまあ…。
ま、みんな一生懸命だったから良いではないか^^。
電車で行ったので急いで帰宅して、15時半からザックスいじり。
どの程度キレイになるか分からないけど、ともかく赤錆の目立つアサスペンションを磨いてやろう。

積算走行距離157km。
SuspensionRearMigaki@157km20141103 152602.JPG

オプティマ50のリアサスの取り付け部分を観察。
上部の様子。
SuspensionRearMigaki@157km20141103 152630.JPGSuspensionRearMigaki@157km20141103 152714.JPG
下部の様子。
SuspensionRearMigaki@157km20141103 152645.JPGSuspensionRearMigaki@157km20141103 152737.JPG
上下ともナット留めではなさそうだな…。
ボルト留めだと、固着していなきゃいいけど、大丈夫かな?

4か所の固定部に5-56をたっぷり吹きつけて、まず左の下から外してみる。
使うのは、13mmのソケットレンチ。
SuspensionRearMigaki@157km20141103 153047.JPG
よし、無事にボルトが抜けた。
SuspensionRearMigaki@157km20141103 153141.JPG
続いて、左上部。
SuspensionRearMigaki@157km20141103 153243.JPG
こっちにはずいぶん長いボルトが使われていた。
SuspensionRearMigaki@157km20141103 153346.JPG
このへんの設計思想は日本車と違うから面白い。
クルマでも、外車のホイールってボルト留めのもの多いしね。

ともかく無事に2本のサスが外れた。
SuspensionRearMigaki@157km20141103 153847.JPGSuspensionRearMigaki@157km20141103 153909.JPGSuspensionRearMigaki@157km20141103 153904.JPG
こりゃ、かなりなものですわ;。
ほんと何にもせずに雨ざらし放置だったんだろうな、前オーナー。

ま、ともかく磨くしかありません。
5-56とスチールウールと真鍮ブラシでシコシコ…。
シコシコ…。
シコシコ…。
シコシコ…。
ふぅ…。
1m離れて見ればキレイだから、こんなとこで良しとしておくか。
SuspensionRearMigaki@157km20141103 161113.JPGSuspensionRearMigaki@157km20141103 161216.JPGSuspensionRearMigaki@157km20141103 161207.JPG
これってイタリアの“IMCA”製なんだなぁ。
ドイツの物かと思っていたから、ちょっと意外。
ま、昔からヨーロッパは共同体だから、不思議はないんだけどさ。
磨いても落ちない錆痕はたくさんあるけど、あんまり良く見ないようにしておく。
SuspensionRearMigaki@157km20141103 161136.JPGSuspensionRearMigaki@157km20141103 161124.JPG
これ以上キレイにするにはサスを分解して磨くしかないけど、そこまでする気は無し。
だったら売ってるうちに新品買うw。

組み付け。
SuspensionRearMigaki@157km20141103 163131.JPGSuspensionRearMigaki@157km20141103 163054.JPG
左側はサス下部とチェーンカバーを共締めしているので、右側サスの取り付けを先にやってから、左を付ける方が作業がラクだと思う。

作業完了。
SuspensionRearMigaki@157km20141103 163344.JPGSuspensionRearMigaki@157km20141103 163442.JPG
例によって、少し離れて車両を眺める。
SuspensionRearMigaki@157km20141103 163335.JPG
うん、かなりキレイになったよ、ザックス。
ほんとここまで来られてよかった^^。

2014年01月20日

ザックス用にタイのタイヤを取り寄せた

現在ザックスに付いているタイヤは、カッコはイイんだけどサイドウォールに亀裂がたくさん入っている。
Check20130710 153510.JPG
フトコロは苦しいけれど、新しいタイヤを買っておく事にした。
ザックスが元気に走れるようになり次第必ず交換しなきゃならない物だし、たまたまモノタロウで自動車・バイク関係1割引きセールをしていたし、スピードメーター用のOリングを取り寄せる送料の事を考えたらまとめて買わないともったいないでしょ。
だから思い切りましたよ。
ほんと苦しいんだけどさ(T。T)。

オプティマ50のタイヤは、前後とも2.50-17。
Check20130710 153519.JPG
2.25-17としている資料もあるのだが、現在ウチのザックスが履いているのは2.50なので、それを踏襲しようと思う。

さて、新たにどこのメーカーのタイヤを使うかについては、購入以来ずっと考えてきた。
今までにカブやK50で17インチのタイヤは色々試してきて、ブリヂストンのビジネスタイヤや、ミシュランのM35や、ベトナム・ヨコハマのスポーツラインなどが僕の嗜好に合っている事は良く分かってる。
でも、だからこそ、今回は別の物にした。
タイのタイヤメーカー“Vee Rubber”の製品だ。
PICT0010.JPGPICT0004.JPG
もちろんタイ製。
PICT0007.JPGPICT0024.JPG

フロントは“VRM-011”。
PICT0014.JPGPICT0016.JPGPICT0018.JPG
2013年第29週製。
PICT0022.JPG

リアは“VRM-054”。
PICT0027.JPGPICT0028.JPGPICT0033.JPG
2013年第17週製。
PICT0031.JPG

パッと見で分かる作りに関しては、悪くないと思う。
今日びどこのメーカーの17インチタイヤを買っても、製造はタイやインドネシアがほとんどだから、大問題があるわけないとも思う。
ただ、正直言って、チューブは日本メーカーの物を使うつもりだけどねw。