2016年10月21日

コヤマ君 始動チェック

今日の午後は時間が空いたので、久しぶりに西東京の実家に寄って、保管してあるバイクの点検をした。

まずは、TL125コヤマ君。
Check 20161021-144756.JPG

キック一発始動というわけにはいかなかったけれど、無事始動。
Check 20161021-144816.JPG
フィールドトリッパーは元々バッテリーレス仕様なので、エンジンがかからないとニュートラルランプは点灯しない。
点いているという事は、かかった証拠なのだ^^。
posted by REI at 23:24| Comment(0) | TL125−整備一喜一憂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

TL125 チェック&走行@9815km

実家保管バイクの点検。

まずはTL125コヤマ君から。
CheckRun20160724-154510.JPGCheckRun20160724-154521.JPG

5月2日以来のエンジン始動だったが、燃料コックをOFFからONにしてキック6回で始動。
CheckRun20160724-154543.JPG
異音無し、アイドリングもまずまず安定。

タイヤは替えたばかりだから、問題無し。
CheckRun20160724-154647.JPGCheckRun20160724-154729.JPG

エンジン回りには、ホコリはあるけどオイル滲みは無し。
CheckRun20160724-154811.JPG

納車時から赤錆の出ていたエキゾーストパイプも、いい加減、錆落としして耐熱塗装してやらなきゃな。
CheckRun20160724-154755.JPG
スプレーはこないだモノタロウから買ってあるので、ヤル気さえ出ればこの夏の間はチャンスではある。
どこにあるんだろう、ヤル気スイッチ。

自賠責も残っているので、久しぶりに公道を点検走行。
CheckRun20160724-155404.JPGCheckRun20160724-155353.JPG
窮屈で独特なライディングポジションを久しぶりに実感。
乗り慣れると忘れるけど、こりゃ長距離きつくて当然だわw。
でも、やっぱり愉しいな、コイツでのトコトコ走り^^。
posted by REI at 23:05| Comment(0) | TL125−整備一喜一憂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

実家保管バイクの始動点検3/3−TL125−

K50,CG125の次は、TL125の始動点検。
Check20160502-152522.JPGCheck20160502-152532.JPG
これまた、燃料コックON→空キック数回→チョーク引く→キーON→キック数回、で始動。
Check20160502-152551.JPG
エンジンが温まるにつれて、滑らかなヒュンヒュン音になってきた。
見た目はボロいけど、いいエンジンだ。

いいねぇ、コイツも^^。
一夫多輪万歳\(^o^)/。
posted by REI at 19:02| Comment(0) | TL125−整備一喜一憂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

チェック コヤマ君TL125

コヤマ君TL125も、久しぶりにカバーを剥がしてエンジン始動。
Check20150712 182722.JPG

エンジン始動がキック一発とはいかず、ほんの少しだけ焦ったが、5,6回で無事始動。
Check20150712 182754.JPGCheck20150712 182808.JPG
チェーンテンショナースリッパ―は、特に異常無し。
Check20150712 183004.JPG
流用使用しているスズキ/DR250R用の中古ステップも、再錆び等の異状は無し。
Check20150712 182840.JPGCheck20150712 182944.JPG

ともかくコイツでは、早急に前後スプロケットとチェーンの交換をせにゃ;;;。
posted by REI at 19:22| Comment(0) | TL125−整備一喜一憂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

ペンタイプのタッチペン

先日ヤフオクをぶらついていると、見た事ある色名のペンタイプのタッチアップペイントがえらく安く出ていた。
「H17Eロスホワイト」かぁ。
たしかコヤマ君のタンクやハンドルの白色も「ロスホワイト」だったよなぁ。
以前の写真等をちょっと調べてみる。
フレームに記されていたカラーコードは「NH196」。
arburetorOH@8113km 20150524 173546.JPG
それから、そのタッチペンのメーカーサイトを見て、対照してみた
うん、タッチペンにある「H17Eロスホワイト」って、ホンダの純正色に対応したもののようだ。

よっしゃ、入札!

翌日、無競争で落札^^。

荷は昨日届いた。
PaintPen542yen20150704 013422.JPG
デイトナのイージーリペア。
PaintPen542yen20150704 013648.JPG
カラーは、既述のように「ホンダH17Eロスホワイト」。
PaintPen542yen20150704 013712.JPG
標準価格は1本1260円なんだけど、今回は2本が送料と送金手数料等コミコミで542円。
PaintPen542yen20150704 014034.JPG
安いでしょ。
PaintPen542yen20150704 014916.JPG
よし、これでいっぱいタッチアップできるぞw。
posted by REI at 02:38| Comment(0) | TL125−整備一喜一憂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

コヤマ君 磨きと点検@8118km

コヤマ君の外装系の掃除とチェック。

まずはフロント周り。

フロントマスクとフェンダーは、ハイテクスポンジで軽く磨いてから、ワックス塗布磨き。
CheckandPolish20150607 105108.JPG

ハンドルは、なるべく近い将来、外してサビ落として再塗装してやろう。
CheckandPolish20150607 113534.JPGCheckandPolish20150607 113526.JPGCheckandPolish20150607 113520.JPG

メータの透明カバーはビカールで磨き、ハンドル回りの他の樹脂パーツにはタイヤクリーナーを吹きつけて古歯ブラシで磨いた。
BrakeCamDustSeal@8118km20150607 105038.JPGCheckandPolish20150607 172700.JPGCheckandPolish20150607 172646.JPG

スポークの錆びは、これまたなるべく近い将来、「スポーツ磨きに専念する1日」を作って対処する。
CheckandPolish20150607 113630.JPGCheckandPolish20150607 113634.JPG
もっと将来的には全交換なんだろうけどねw。

マフラーは、かなり錆びている前半部分は、外して錆び落としして耐熱塗料で再塗装する予定。
CheckandPolish20150607 173008.JPGCheckandPolish20150607 173026.JPG
ただ、後半部分は悪い状態ではなさそうなので、そのままでいこうと思う。
CheckandPolish20150607 173050.JPGCheckandPolish20150607 173150.JPGCheckandPolish20150607 173114.JPG

先月のオイル交換以来外してあったスキッドプレート、取り付け。
CheckandPolish20150607 115952.JPGCheckandPolish20150607 120026.JPGCheckandPolish20150607 120036.JPG

リアサスペンションは、5-56とブラシでざっと錆び落とししてから、5段階のうち一番硬いセッティングにした。
CheckandPolish20150607 112042.JPGCheckandPolish20150607 112046.JPG
このサス、初期状態を知らないのでなんとも言えないけど、古いしわずかにオイル滲みもあるからたぶんヘタってる。
小遣いに余裕出来たら、リプロ品と交換しちゃおうかなぁ…。
TL125に関する限り、僕は「純正状態」を追いかける気は無いし、この純正サスもヤフオクに出せば、欲しい人にいくらかで売れるだろうし。

エンジンをかけて、アイドリング調整。
CheckandPolish20150607 112924.JPG
サービスマニュアルには1300rpmと記されているけれど、当面は少し高めにしておこう。

クラッチケーブル調整。
CheckandPolish20150607 172806.JPGCheckandPolish20150607 172824.JPG

ブレーキペダルの高さ調整。
CheckandPolish20150607 180206.JPGCheckandPolish20150607 180218.JPGCheckandPolish20150607 180228.JPG

リア周りも軽く磨いて、ほい、おしまい。
CheckandPolish20150607 121210.JPG
さてと、ちょいと近場流すか…。
posted by REI at 15:38| Comment(0) | TL125−整備一喜一憂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

コヤマ君の点検・清掃@8109km

オイル交換作業の合間に、TL125コヤマ君の各部を点検しつつ掃除した。

オイルのしみたボロ布で、フレームやエンジン回りを見回りつつ拭く。
CheckandCleaning@8109km20150516 150850.JPGCheckandCleaning@8109km20150516 150911.JPG

スズキのDR205Rから流用した中古ステップは、今も再錆び無く付いている。
CheckandCleaning@8109km20150516 130608.JPGCheckandCleaning@8109km20150516 130623.JPG

シート表皮に、合成皮革特有のカビみたいな荒れが見られるので、手当てしてみた。
CheckandCleaning@8109km20150516 142025.JPGCheckandCleaning@8109km20150516 142043.JPG
まずハイテクスポンジと水で、合皮自体を痛め過ぎないように気を付けつつ、出来る限り荒れを取り去る。
CheckandCleaning@8109km20150516 143147.JPG
そして、シート専用ワックスとボロ布で磨く。
CheckandCleaning@8109km20150516 144051.JPG
うん、まあ1メートルも離れて見れば、分かんない分かんないw。
CheckandCleaning@8109km20150516 144228.JPGCheckandCleaning@8109km20150516 144122.JPG

ハイテクスポンジと水を慎重に併用しつつ、半練りワックスとボロ布でタンクとサイドカバーを磨く。
CheckandCleaning@8109km20150516 163512.JPGCheckandCleaning@8109km20150516 163523.JPG

タンクの中が気になったので、チェック。
CheckandCleaning@8109km20150516 163555.JPGCheckandCleaning@8109km20150516 163613.JPG
前の前のオーナーがタンク内の処理をしたんだろうか、えらくキレイだ。
ありがたい^^。

さぁ、あとはともかく前足直しだ。
CheckandCleaning@8109km20150516 163431.JPGCheckandCleaning@8109km20150516 164115.JPG
明日できるかな?
posted by REI at 20:30| Comment(0) | TL125−整備一喜一憂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

雪も解けたのでエンジンをかけてみた <コヤマ君>

次は、コヤマ君TL125。
Check20140223 162302.JPG
これまたチョーク引いて数回のキックでエンジン始動。
昨年の暮れにもちょっとだけ近所を走ったりして、長い冬眠状態ではなかったからね。
でも、優秀だよ。
さすがホンダの4stエンジン。

コイツの課題は、ともかくフロントフォークのオイル滲み。
Check20140223 162331.JPG
やるぞやるぞって言ってどんだけやっていないんだ、オレ、って感じだけど、ほんと暖かくなったら意地でもやるぞ、フロントフォークのオーバーホール。
posted by REI at 17:56| Comment(2) | TL125−整備一喜一憂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

コヤマ君 バイクカバー新調

久しぶりにTL125コヤマ君のエンジンをかけてみた。
BikeCoverNEW20130826 180415.JPG
なんとまぁ、キック2回で始動。
エンジン音も快い。
ほんと健気なヤツだ。
泣けてくるぜ(T。T)。
ようやく日中屋外でのバイク整備ができる気候になってきたから、9月中には必ずいじってやるからな。
ともかく急ぐべきは、フロントサスのオーバーホール。
BikeCoverNEW20130826 180442.JPG
前後タイヤ交換。
エンジンオイル交換もやらにゃ。

安物バイクカバーが予定通り約2年で破れてきたので、先日買っておいた新しい物と交換した。
BikeCoverNEW20130826 180807.JPG
今回も安物で、今回もLL。
乗ってるオッサンは、4XL〜5XLである。
posted by REI at 23:59| Comment(3) | TL125−整備一喜一憂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

コヤマ君ごきげんうかがい

仕事から17時過ぎに帰宅できた。
この時期になると、まだ日は残っている。
ありがたい^^。
今年に入ってまだノータッチのコヤマ君TL125のエンジンをかけてやろう。

積算走行距離8101km。
Check@8101km20130227 172237.JPG
チョークをいっぱいに引き上げてキックするが、さすがになかなか始動しない。
ま、そりゃそうだわな。
いくらバッテリーレスでも、この冬の寒さの中、もう2ヶ月半以上もカバーかぶって寝ていたのだから。
でも、何度もキックするうち、めでたく始動。
Check@8101km20130227 172256.JPG
よかったよかった^^。
かかってしまえば、なかなかの安定ぶり。
間違いなくキャブOHが効いている。
Check@8101km20130227 172538.JPG
ただし、足回りには放置の痕跡多数。
スポークにはまた赤い錆びが戻ってきた。
Check@8101km20130227 172334.JPGCheck@8101km20130227 172308.JPG
そして懸案のフロントフォークのヘタリ。
Check@8101km20130227 172617.JPGCheck@8101km20130227 172608.JPG
ともかく春までに直して、他の部分も磨き直さなきゃ。
でも、補修して流用したDR250Rの中古ステップには、まったく痛みの再発無し。
Check@8101km20130227 172753.JPG
これはうれしい予想外^^。
自家ケミカル錆除去・中和作業って、そこそこイケるみたいだわ。
あとは、タイヤとチェーン交換だな…。
あ、スプロケットもそこそこ減ってるかな?
Check@8101km20130227 172406.JPG
ま、これは、その次のタイヤ交換の時に考えればいいか…。

そんなわけで、寒しと言えども春近し。
Check@8101km20130227 172832.JPG
がんばろう日本!
がんばろうオッサン!
posted by REI at 18:58| Comment(0) | TL125−整備一喜一憂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

キックの鬼

昨日の夕方、久しぶりにコヤマ君TL125のエンジンをかけてやろうと思った。
8月8日に実家から戻ってきて以来もう4ヶ月もノータッチだったから、いくらバッテリーレスで、いくらキャブOHしたばかりでも、エンジンかかんなくなっちゃったらマズイからね。

久しぶりにバイクカバーを剥がす。
Check20121206-160216.JPG
うん、スポークとかに錆びは少し戻ってきてるけど、特に汚れが溜まったりはしてないな。
Check20121206-160435.JPGCheck20121206-160454.JPG
相変わらず手付かずで放置されたままのフロントフォークは痛々しいけどね;;;。
Check20121206-160517.JPGCheck20121206-160507.JPG
来年の春までには絶対に直すぞ!
…って、当たり前だw。

さてと、エンジンかけてみよっと^^。
キーoFFのまま空キックを10回ほどしてから、キーON。
キャブのチョークレバーをいっぱいに上げて、キ〜ック!
…。
あら、うんともすんとも言わないわ;。
キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!
…。
見事にかかりませんw。
もうこうなるとあとはひたすら蹴り続けるのみ。
キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!
キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!
…。
キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!
キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!
キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!
…。
いやぁ、蹴りましたわぁ。
15分以上はやったよなぁ。
こんなの初めと思うくらい、蹴りまくり。
寒いのに汗だく;;;;;;;;;。
右足、攣りかけ;;;;;;;;;。
このままかからないんじゃないかと、不安になってきた;;;;;;;;;。

でも、軽い初爆がプスッと1発来た時って、やたら感動するものなんだね^^。
♪キ〜ック、キ〜ック、キックの鬼〜だ〜♪ってか。
どうにかかかったよ、よかった(^-^)。

オイルが行き渡って、暖まってきたら、今度はなんかやたら快調な様子。

赤タフどんCG125よりもイイくらいじゃん^^。
この冬は、せめて半月に1度くらいはエンジンかけてやらなきゃ。
コヤマ君だけじゃなくて、他の連中もね。
posted by REI at 15:55| Comment(2) | TL125−整備一喜一憂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

三角マーク

昨日までは暖かかったのに、今日は朝から寒い曇天。
天気予報では、曇りのち雨。
今日明日の土日は、バイク日和では無さそうだ。
風邪も抜けきっていないのでバイク遠足は自重して、家でCS放送のアメリカドラマを何本も観た。

夕方、ほんの少しだけバイクいじり。

まず、青カブ君のスポーク数本の赤サビ落とし。
それから、同じくカブのキャブ周りのチェック。
僅かながらもガソリンにじみがあるみたいで、ほのかにガス臭いんだよね…;;;。

次は、コヤマ君。
テール&ブレーキランプのチェックとクリーニング。
テールレンズを外して、内外を磨く。
タマに黒化は無し。
でも、お世辞にも安定しているとは言えないバッテリーレスだから、バルブはやっぱりLEDに交換してやろうかな…。
右リアのウィンカーレンズに少しキズがあったので、コンパウンドで磨いてやる。
うん、オッケー、キレイになった^^。

そして最後に、コヤマ君のリアの泥よけ部に「原付二種」の三角マークを貼り付けた。
TriangleMarkRear2011_1105_163653.jpg
他の部品と一緒に取り寄せたホンダ純正シール、87141-202-000、147円。
TriangleMarkRear2011_1105_163951.jpg
それにしても、何のセンスも感じられない、ヘンな印┐( ̄ヘ ̄;)┌ 。

こんなもん、警察が取り締まりの都合でバイクメーカーに貼るように通達を出した識別マークにすぎないんだよね。
寸法すら決まっていない。
ユーザーには法的な貼り付け義務も無い。
僕は、70ccの青カブ君には貼っているが、輸出専用車の赤タフどんCG125には貼っていない。
プロ意識に欠ける不勉強な警官に協力する気など無いからね。
CG125が走っているのを前から見て、フェンダー先端の白い印が無いからって50cc原付と見間違うような警官じゃ、あまりにバイクの知識やサイズ感覚が無さ過ぎる。
また、後ろから見てナンバープレートの色が黄色だったりピンク色だったりするのに50cc原付と思うなんて、よっぽどのバカか、あるいは故意に誤認しているとしか考えられない。

では、前後に白いマークを付けてさえいれば、警察は誤認しないというのだろうか?
いや、違う。
間違うヤツはいる。
実際、私が数年前に、前後キチンと白マークを付けた青カブ君で、ダブルシート後方に小学生だったボウズを乗せて近所の道をノンビリ走っていたら、2人連れの警察官に呼び止められた。
そして、サイドカバーの「Super Cub 70」のエンブレムを見て、「あ、70でしたか、失礼しました^^」ときた。
ふざけるなと思ったが、ここでオヤヂが警官を罵倒するのを見せるのもボウズの教育上いかがなものかと思い、「はい、70ですよ。前後に白いマークも付いてますし。」と微笑みつつ丁重に申し上げたところ、もう1人の警官がえらく慌てた風情で何度も謝っていた。
その程度の意味しか為していないのだよね、この原付二種マークって。

ま、買った時から貼ってあるのをわざわざ剥すのもいかがなものかと思うし、貼りたい人は貼りなさいw。
今回、私も貼りましたし。
でも、こんだけ文句言っといて、どうして貼ったかって?
いや、後日、この白い三角形周辺に、何か小さい物を貼り足そうと思ってさ。
ほら、山道走り用の白いコヤマ君だから、その印だよ^^。
posted by REI at 20:29| Comment(6) | TL125−整備一喜一憂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

コヤマ君 洗顔

今日は朝から快晴。
仕事は西東京で午後の1時間のみ。
で、午前と夕方をコヤマ君のヘッドライト回りのクリーニングに費やした。

まずは、ヘッドライトバイザーを外して、水研ぎ洗い。
FaceWash2011_1027_122610.jpg
コレ、正式名称は「ヘッドライトケースセット」。
FaceWash2011_1027_123739.jpg
この裏側に、ヘッドライト,スピードメーターユニット,ウィンカーリレー,ホーンなどがネジ等で固定されていて、それら全てを背負いつつステアリングステムにボルト留めされているのだ。

水研ぎ洗いの後、傷取りコンパウンドで表側を磨いて、脱脂してからデカールを貼ってやる。
もうメーカー欠品かなと思っていたら出てきた「87125-KJ3-700 ヘッドライトケースラベル」913円。
FaceWash2011_1027_122824.jpg
よし、上手く貼れた^^。
FaceWash2011_1027_123500.jpg
TL125J用のコレ、残りわずからしいから、急ぐ人は急げ!w
うん、パッと見はキレイになったな^^。
ただ、安いデジカメだと白は細かいキズやらクスミやらは全部飛んじゃってえらくキレイにしか撮れないけど、実際には、樹脂製品特有の経年変化による無数の小ヒビや、どう頑張っても落とし切れないシミなんかは残っている。
FaceWash2011_1027_123522.jpgFaceWash2011_1027_155512.jpg
塗装すれば完全に消せるのだろうけれど、ことコヤマ君に関しては、ある程度のヤレはなるべく残してやろうと思っている。
前オーナーKさんがこのバイクと共に過ごした年月の痕跡を残しつつ、ありがたく乗り続ける為に。
そして、もうひとつペタリ。
FaceWash2011_1027_132304.jpg
譲り受けたこの年に、3・11の大震災があった事を忘れない為に。

さて、次は、顔内側の色んな物の大掃除。
長年の汚れがたっぷり溜まり、クモの巣だらけ。
FaceWash2011_1027_155655.jpg
あ、クモさんは、現在進行形で増築中だわ;;;。
FaceWash2011_1027_155717.jpg
いつもは陰になっているステアリングステム下部も、かなり錆びてる。
FaceWash2011_1027_155728.jpg
さぁ、今日も気合入れてシコシコするぞ!
シコシコ!
キュッキュッ!
C= (-。- )ふぅ〜。
FaceWash2011_1027_165201.jpg
よし、まずまずキレイになった^^。

あとは、脱着したヘッドライトユニットの光軸調整をして、コヤマ君の洗顔終了。
FaceWash2011_1027_170057.jpg
ふむ、けっこう都会派の顔しとるね、キミ^^。
FaceWash2011_1027_170638.jpg
外観はだいぶキリッとしてきたから、あとは走りそのものに関係する整備をしなきゃ。
アイドリング調整。
今付いているドライブスプロケットの確認と、必要なら交換。
タペット調整(タンクを外さずに出来る排気側だけでも)。
新しいチェーン,タイヤ,チューブ,リムバンド等は発注済み。
なるべく早くやれたらいいな^^。
posted by REI at 19:05| Comment(4) | TL125−整備一喜一憂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

今日のコヤマ君いじり

午前と夜の仕事の合間、ちょいとコヤマ君いじりをした。

まずは、痛んでいるシフトペダルのゴムの交換。
ShiftPedalRubber2011_1022_145322.jpg
新品は「24781-449-000 ギヤーチェンジラバー」。
ShiftPedalRubber2011_1022_145406.jpg
古いゴムをカッターで切って外してみると、あらま、端っこがちょいと擦れて曲がってますな。
ShiftPedalRubber2011_1022_145817.jpg
錆びを5-56とボンスターで磨き落としつつ、プライヤーで曲がり部分を修復してから、新ゴム装着。
ShiftPedalRubber2011_1022_150739.jpg
うむ、凛々しい^^。

ほい、次は、ナンバープレートホルダーの交換。
今までの樹脂製フレームも物としてはけっして悪くはないのだけれど、ちょっとデカ過ぎてコヤマ君には合わない感じ。
NumberPlateHolder2011_1007_182812.jpg
で、送料込み900円で入手したコレに交換。
NumberPlateHolder2011_1019_005029.jpgNumberPlateHolder2011_1019_005043.jpg
打ち抜き鉄板を黒塗装した物だからいずれ錆びが出てくる気はするが、ドッシリガッチリした強靭さを採ろう。
NumberPlateHolder2011_1022_160219.jpg
原付二種印の三角シールも、おいおい貼らなきゃね。
posted by REI at 23:36| Comment(0) | TL125−整備一喜一憂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

コヤマ君に今日やった事メモ

オッサン脳のため、忘れないようにメモっておこう。

@アクセルグリップ周辺の分解・掃除・グリースアップ。

Aクラッチとブレーキのグリップとケーブルへの注油。

Bスパークプラグ交換とキャップとコード接続部の手入れ。

Cシフトペタルのリンク部へのグリースアップ。
SparkPlug7601km2011_1016_124026.jpg
※コヤマ君のシフトはニュートラルが出し難い。以前乗っていたスズキのオフ車SX125Rでもその傾向はあったけれど、TLは更に出し難い。TLはトライアル用の設計なので、走行中にニュートラにならないようする為に、元々のシフトペダルは通常のバイクの位置よりかなり前方に付いているらしい。それを市販バイクとして通常ポジションにする為に、リンクを増設して数p後方に移置した。このリンクが、経年劣化もあってけっこう遊びが多いのだ。おいおいはパーツ交換も考える必要があるかもしれないが、今のところは可動部へのグリースアップでどうにかしておこう…。と、やってみたら、かなり改善^^。これからも定期的にスプレーグリースに活躍してもらおう。

Dリアサスを取り外して、ひどい錆びを擦り落とした。

Eリアキャリアとテールバッグを取り外し、これも錆び落とし。
※テールバッグはかなりみすぼらしい状態なので、パーツリストが届き次第、出れば純正新品、欠品の場合はリプロ品に交換しよう。

Fサイドスタンド根元へのグリースアップ。

G小ぶりな純正ステップを他社ステップ流用でワイド化するためのスペーサーの製作と、入手した中古ステップを叩いての歪み直し。
曲がってる^^;.jpg

ふう…。
SparkPlug7601km2011_1016_155730.jpg
ま、地道にいきまひょ。
posted by REI at 23:24| Comment(2) | TL125−整備一喜一憂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする