2015年08月16日

秩父バイク散歩

土日月という三連オフの中日。
大3ボウズがどっかツーリング行こうと言うので、ちょっくら走ってきた。

ボウズは、VRX400。
オヤヂは、タイヤもブレーキも未交換でまだ色々心配の多いTL125。
SampoChichibu20150816 101930.JPG
ま、あんまり遠出は怖いから、また秩父あたりだな。
こないだ大2オテンバとクルマで行ったばっかりだけどw。

10時20分出発。
R299と「林道奥武蔵2号線」をノンビリ走って、正午過ぎ「刈場坂(かばさか)峠」。
SampoChichibu20150816 120558.JPGSampoChichibu20150816 120646.JPG
蒸し暑い薄曇り。
でも、このくらいなら、ひと頃の猛暑に比べたらはるかにマシだ。

「林道奥武蔵1号線」から「林道丸山線」と進む。
SampoChichibu20150816 124000.JPG
やっぱりイイねぇ、こういう道をノロノロ走るのって^^。

12時45分、横瀬の「寺坂棚田」。
SampoChichibu20150816 124500.JPGSampoChichibu20150816 124658.JPGSampoChichibu20150816 124750.JPG
まだ受粉が終わったばかりみたいだね。
SampoChichibu20150816 124610.JPGSampoChichibu20150816 124554.JPG
実るほど頭を垂れる稲穂かな。

さて、昼メシ。
今回は秩父と小鹿野の中間あたりにある蕎麦屋さんに狙いを定めて行ったのだけれど、行ってみると残念ながら待ち人多数。
1時間くらい待たなきゃいけない感じだったので、断念して、またも小鹿野の名物を食したw。
今回は「お食事処 昭和」さんの「わらじカツ丼」850円。
SampoChichibu20150816 134510.JPGSampoChichibu20150816 134824.JPG
わらじに鼻緒が付いてます^^。
SampoChichibu20150816 141108.JPGSampoChichibu20150816 141136.JPGSampoChichibu20150816 141144.JPG
ごちそうさまでした(-人-)。

小鹿野で1回目の給油。
SampoChichibu20150816 143010.JPG
ハイオク2.56l。

次は、またもダム見物w。
県道209とR140で「浦山ダム」と「秩父さくら湖」へ。
SampoChichibu20150816 150908.JPG
ココは、先日の「滝沢ダム」よりも秩父市街に近くて、やや小ぶり。
SampoChichibu20150816 151216.JPGSampoChichibu20150816 151250.JPGSampoChichibu20150816 151012.JPG
そして、またもエレベーターで内部見学。
SampoChichibu20150816 151256.JPGSampoChichibu20150816 151408.JPGSampoChichibu20150816 151640.JPG
132mも下りた。
SampoChichibu20150816 151512.JPGSampoChichibu20150816 151952.JPGSampoChichibu20150816 152052.JPG
ダム本体のコンクリートの展示がされていた。
さすがに質が高い。
SampoChichibu20150816 152206.JPGSampoChichibu20150816 152216.JPGSampoChichibu20150816 152224.JPG
巨大にして力学の塊。
SampoChichibu20150816 152312.JPGSampoChichibu20150816 152344.JPGSampoChichibu20150816 152318.JPG
ま、表面を眺めただけじゃ何にも分からないけれど、見ないよりはいい^^。
SampoChichibu20150816 152456.JPGSampoChichibu20150816 152510.JPG
ダム見学の後、エアコンの効いたレストラン兼展望室で小休憩。
ペットボトルの冷たい緑茶を一気飲み。
うん、やっぱり涼しいのはイイ。

あ、今回初めて「ダムカード」というのをもらってきた。
SampoChichibu20150816 213537.JPGSampoChichibu20150816 213608.JPG
以前から気になっていたのだけれど、こんなものなんだね。
これから集めてみよう^^。
タダだから、何の損も無いw。

「浦山ダム」の建設は、浦山地域の村落をダム湖へ沈めた。
この土地のお堂の獅子舞は無形民俗文化財に指定されるほどの見事な存在だったそうで、それを記念してダム近くの「寄国土(ゆすくど)トンネル」の出入口には獅子がデザインされている。
SampoChichibu20150816 155958.JPGSampoChichibu20150816 160412.JPG
コレを初めて見てギョッとしたのはいつだったろう…。
カブでバイク復帰してすぐだから、もう10年近く前だな。
ボウズもまだ小学生だったし、時間の経つのはおそろしく速いものだ…。

R140に戻り、今度は長瀞方面に向かう。
ココで、ちょっとアクシデント。
僕の右内モモの右後ろが攣った;;;。
TL125のライボジって窮屈かつ変則的なのと、さっきの緑茶一気飲みで体液バランスが崩れたせいだな;;;。
攣りがおさまるまで5分ほど路傍で停まって、それから「道の駅 ちちぶ」で休憩。
SampoChichibu20150816 163958.JPGSampoChichibu20150816 164250.JPGSampoChichibu20150816 164256.JPG
スポーツドリンクと「黒ゴマソフト」300円を摂取。
うん、治った、めでたい(^-^)。

久しぶりの長瀞の岩畳
SampoChichibu20150816 174252.JPGSampoChichibu20150816 173828.JPGSampoChichibu20150816 173848.JPG
相変わらずの露出断層もすごいけど、今回は川の水量の多さに驚いた。
SampoChichibu20150816 174014.JPGSampoChichibu20150816 173946.JPG
怖いくらいの茶色い流れ。
昨夜の秩父地方には大雨警報が出ていたんだけど、明らかにその影響だ。
ここしばらくは大気が不安定でゲリラ豪雨も多そうなので、みなさん気をつけましょう。

その後は、R140〜寄居〜R254〜小川町〜県30〜日高〜R299と走り、武蔵藤沢の「AEON」2階の「拉麺みそら」で夕食。
SampoChichibu20150816 192936.JPGSampoChichibu20150816 194406.JPG
ボウズは「濃厚魚介つけ麺」400gで830+100円、オヤヂは「特味噌ラーメン」大盛で790+100円。
SampoChichibu20150816 194920.JPGSampoChichibu20150816 194654.JPG
ショッピングモールにあるラーメン店としては珍しいほど美味しいよ、ココ。
ごちそうさまでした(-人-)。

2回目の給油、ハイオク2.80l。
SampoChichibu20150816 201744.JPG
ツーリング前の満タン給油からここまで212.3km走って、ガソリン5.36l消費。
燃費39.6km/l。

20時31分帰宅。
走行距離208km。

2015年08月07日

久々コヤマ君出勤

今朝は久しぶりに最寄駅までコヤマ君で出勤した。
Tsuukin20150807 182626.JPG
朝方は風があったので、暑さが少し和らいだように感じた。
Tsuukin20150807 092641.JPG
ところが午後に入ったら、今年一番の暑さ。
明日8月8日は立秋だというのに、バカじゃないの、この夏!

2015年07月19日

コヤマ君が280km走った日

快晴の日曜日、久々にmucchiさんとchanchさんとツーリングしてきた。
MucchiKai20150719 092030.JPG
10時半に五日市の「いなげや」集合なので、8時半に起きて、9時過ぎにコヤマ君TL125で出発。
MucchiKai20150719 092106.JPG
青梅街道〜R16〜五日市街道と走り、途中秋川駅周辺で原因の分からない渋滞でタイムロスして、一応10時半「いなげや」着。
mucchiさんとchanchさんは既に到着して待っていてくれた。
なんかいつもすみません;;;。

挨拶して、飲み物を買って、さぁ、スタート。

まずは檜原街道を走って「神戸(かのと)岩」へ。
MucchiKai20150719 112144.JPGMucchiKai20150719 112252.JPG
chanchさんが繰るは、トマト色に見事にレストアされた「台湾ベスパ」。
MucchiKai20150719 112310.JPG
mucchiさんは、日本車とは明らかに違う堅牢な作り込みの「カジバ W8 125」。
MucchiKai20150719 112332.JPGMucchiKai20150719 112458.JPGMucchiKai20150719 112348.JPG
MucchiKai20150719 112354.JPGMucchiKai20150719 112444.JPGMucchiKai20150719 112424.JPG
ようやくまともに走れるようになったコヤマ君が、ついて行けるかな;;;。
色々心配だけど、ま、がんばろう。

「神戸岩」で駄弁った後は、「たちばな家」でお昼。
MucchiKai20150719 122128.JPG
mucchiさんは「たんめん 大盛」、chanchさんは「醤油らーめん」、僕は「塩ラーメン 大盛」。
MucchiKai20150719 122728.JPGMucchiKai20150719 122736.JPGMucchiKai20150719 122720.JPG
ごちそうさまでした(-人-)。

食事の後は、「奥多摩周遊道路」。
MucchiKai20150719 133620.JPG
ここではchanchさんの「台湾ベスパ」をじっくり拝見。
MucchiKai20150719 134132.JPGMucchiKai20150719 134144.JPGMucchiKai20150719 134114.JPG
MucchiKai20150719 133700.JPGMucchiKai20150719 134026.JPGMucchiKai20150719 133728.JPG
MucchiKai20150719 133828.JPGMucchiKai20150719 133842.JPGMucchiKai20150719 133908.JPG
MucchiKai20150719 133900.JPGMucchiKai20150719 133802.JPGMucchiKai20150719 133920.JPG
ほとんどが金属製である事にあらためて感動するとともに、コレをここまで直したオーナーの努力にも心打たれる。
たいしたもんだわ、ほんと素晴らしい。

「奥多摩周遊」の後は、R411で「道の駅 丹波山」。
MucchiKai20150719 144620.JPG
ココで僕はウンコ。

それから、「柳沢峠」。
MucchiKai20150719 152208.JPG
ココでmucchiさん、ソフトクリームを美味そうに舐める。

R411〜塩山〜<給油>〜甲州街道〜大月〜県道?〜道志〜山道〜藤野?…。
このあたりの道はよく知らないので、ともかく先導するmucchiさんに必死こいてついて行く。
そして、津久井〜知らない道〜橋本〜全く知らない細いくねくね路地〜八王子…と日野バイパスまで道案内してもらって、ありがとう、さよなら。

その後は、甲州街道〜府中街道…で帰ってきた。

最後に近所のスタンドで今日2度目の給油をして、燃費計算。
MucchiKai20150719 204748.JPG
279.1km÷(3.85l+3.27l)≒39.2km/l
以前測った時とほぼ同じだ。
こりゃ、こんど付けるフロントスプロケットは1Tアップだから、交換したら40超すかもな。

そんなこんなで20時55分帰宅。
総走行距離280km。
コヤマ君完全復活と言ってよかろう。

2015年06月28日

コヤマ君で奥多摩ぐるっと試走

日曜オフ日。
ただ、来週からちょっと精神的にちょいとハードな日が続くので、今日はウチでゴロゴロしていようと思っていた。
SampoOkutama20150628 124444.JPG
だが、あまりに天気が良すぎた。
こんな梅雨の晴れ間にゴロゴロしてたら、体じゅうが水虫や田虫に犯されてしまいそうだ;;;。
だから、13時過ぎ、コヤマ君で出かけた。
SampoOkutama20150628 124520.JPG
調子がどこまでキチンと戻ったか確かめるために、奥多摩方面をぐるっと回ってこよう。
ウェストバッグにはサイフとカメラと携帯を入れ、テールバッグには荷物紐と1リットルのハイオクガソリンの入った携行缶を入れた。
SampoOkutama20150628 124724.JPG
ピッタリ収まったよ。
よし、これからコヤマ君でツーリングに行く時は、いつもこのパターンを踏襲だな。

青梅街道をトロトロ走る。
日曜日の道は、良く分からない動きをする乗用車が多くて、すごく怖い。
やっぱりツーリング行くなら平日だよなぁ…。
ま、いい。
この青空の誘惑には勝てん(-p-)。

青梅まではウチのあたりと変わらない蒸し暑さだったけれど、市街を抜けた途端に涼しくなってきて、ちょっとビックリ。
まるで見えない壁があるみたいだった。

コヤマ君で奥多摩を走るのは3,4年ぶり。
ただ、「白丸ダム」に寄ったのはたぶん初めて。
SampoOkutama20150628 141800.JPG
春に行なわれていた工事は終わっていて、ダム湖は静かで豊かな緑に包まれていた。
SampoOkutama20150628 141922.JPGSampoOkutama20150628 141858.JPGSampoOkutama20150628 141908.JPG
淡水の川や池や湖って、見ているだけで気持ちが爽やかになるから、ありがたい。
僕の場合、海だと逆に暑苦しくなってくる。
海に行くなら、夏以外がイイ。

「小河内(小河内)ダム」。
SampoOkutama20150628 143524.JPGSampoOkutama20150628 143510.JPG
そして「奥多摩湖」。
SampoOkutama20150628 143824.JPG
「ふれあい館」で放水した後、ダム湖観察。
SampoOkutama20150628 143946.JPG
貯水量は多いから、この夏の水不足はあまり心配なかろう。
湖の向こうの山の中腹に、何やら白く光るものが見えた。
SampoOkutama20150628 144006.JPG
その時は「ソーラーパネルかな?」と思ったのだが、帰宅して拡大して見たら、違った。
SampoOkutama20150628 144026.JPG
法面補強工事で打たれたコンクリートだね。
山のあの部分が抜けたんだろう。

コヤマ君、走りは快調。
これなら、前後スプロケットとチェーンを新品交換したら、しばらくの間、駆動系の心配はない。
ただ、タイヤ交換は急がなきゃ。
SampoOkutama20150628 145052.JPG
それから、リアブレーキが鳴く。
鳴いても効きが良いなら我慢するけど、鳴くのに効かないからイライラする。
これも早急に手当てしよう。
もうひとつ、メーター内の照明がちょっとヘンなような気がする。
全部切れているわけではなさそうだけど、少なくとも1本は点かなくなっているようなムラのある光り方をしている。
要点検だ。

15時少し前、「のんきや」で遅い昼食。
SampoOkutama20150628 145450.JPGSampoOkutama20150628 145502.JPG
いつものように「手打チャシューメン(醤油)」大盛、900+100円。
SampoOkutama20150628 145748.JPG
以前よりは値上がりしたけれど、やっぱり好きだわ、この豚骨風味の醤油スープと手打ちぢれ麺。
SampoOkutama20150628 150044.JPG
ごちそうさまでした(-人-)。

それからいつものように「奥多摩周遊道路」。
SampoOkutama20150628 152104.JPG
やっぱり日曜名物サーキットへ行けない貧乏臭いドライバー&ライダーがいたので、注意して法定速度+常識的αで走る。
TL125のエンジン、ぜんぜんパワフルではないけれど、低速トルクが太いので上り坂も予想以上に快適に走れる。
しかも、ボロボロのキャラメルパターンのタイヤも、まったく予想外に舗装路面をしっかりつかんでくれる。
ハッキリ言って、CG125に履かせているタイヤよりずっと安心感がある。
やっぱ、バイクのタイヤはグリップだなぁ。
TL125はもとより、CG125のタイヤも早く替えたくなっちゃったw。
展望台から「奥多摩湖」を眺める。
SampoOkutama20150628 153654.JPGSampoOkutama20150628 153614.JPG
ほんと、今は豊かな貯水量だ。

あ、そうそう…。
ここで、すごく久しぶりにスバルのレオーネを見かけた。
SampoOkutama20150628 153654.JPG
勝手にざっと全体を拝見。
決して新車同様といった感じではなくて、実用的に直して乗られている個体だったけれど、うらやましかった。
好きだったなぁ、レオーネ。
レガシィも好きだった。
でも、今のスバルには全く関心が無い。
スバルをスバルたらしめたはずの「軽自動車」を、いとも簡単に切り捨ててしまったから。

檜原街道を走っているあたりから、雲行きがさらに怪しくなってきた。
いつドバーッとゲリラ豪雨が来ても不思議じゃないような空。
天気が良ければ、「たおやかなネ申」や「荒ぶるネ申」のご機嫌伺いも考えていたのだけれど、今回は中止。
檜原街道〜五日市街道〜睦橋通り〜R16〜新青梅街道…で帰ってきた。

18時過ぎ帰宅。
走行距離143km。
燃費38.9km/l。

2015年06月26日

久しぶりのコヤマ君出勤

この午前中は湯島で仕事。
超々久しぶりにTL125コヤマ君で最寄駅まで出勤。
Tsuukin20150626 091057.JPG
1台分空いてたぞ、ラッキー。

西武池袋線と地下鉄丸ノ内線で本郷三丁目まで行き、そこから会場までは10分ほど徒歩。
10時から正午過ぎまで練習。
そして、一旦帰宅の為に再び本郷三丁目。
Tsuukin20150626 121311.JPG
今にも降り出しそうな空ではあるけれど、まだ降っていない。
頼む、もうしばらく降らないでくれ(-人-)。

池袋駅でなんとなく車両撮影。
Tsuukin20150626 123125.JPGTsuukin20150626 123152.JPG
コッチの銀色のヤツは、我が故郷西東京市の宣伝ラッピングがしてあるぞ。
Tsuukin20150626 123304.JPGTsuukin20150626 123313.JPG
昔の保谷市時代も、田無と合併して西東京市というとてつもなく恥ずかしい凡庸な市名になってからも、変わらず貧乏市のはずなんだが、こんな無駄遣いしても良いのかいな?
あ、連結器に白いカバーが付いてる。
Tsuukin20150626 123357.JPG
以前からこうだっけ?
気が付かなかった。

準急と急行に揺られて地元駅に着くと、あぁ、なんとまぁ小雨だよ;;;。
Tsuukin20150626 131001.JPG
神さまも、こんなオッサンの願いなどに耳を貸すほど暇じゃないわなw。
Tsuukin20150626 131203.JPG
ま、この程度の降りなら、梅雨なんだから仕方ないか。
Tsuukin20150626 131519.JPGTsuukin20150626 131513.JPGTsuukin20150626 131507.JPG
ウチでシャワー浴びて、夕方、クルマで西東京での夜仕事に向かおう。

2015年06月14日

日曜日の夕方

仕事から17時前に帰宅できたので、コヤマ君TL125に乗って買い物兼バイク散歩。
Sampo20150614 170054.JPG
ホントに走り易くなったよ、コヤマ君。
誇張抜きにエンジンはヒュンヒュン回るし、フロントサスの挙動は舗装路走行でも安定してるし、60+αkm/h巡航も何の不安も無くできる。
敢えて欠点を挙げるなら、ニュートラルが相変わらず出し難い。
クラッチケーブル調整で一時より改善したような気もするが、単に気のせいかもしれないw。

第1の目的地は、ワークマン。
Sampo20150614 173444.JPG
日常使いのグローブを買うのだ。
左の人工皮革のものは僕用で、右の黒い豚革製はボウズ用。
Sampo20150614 183004.JPG
今まで使ってきたものは破れてきたので、作業用として工具箱へ。
あ、テールバッグに入ったよ。
Sampo20150614 182900.JPG
こういう軽い物を入れるには都合イイわな、このバッグ。

買い物の後は、畑作地帯をトロトロ走る。
Sampo20150614 180010.JPGSampo20150614 180432.JPG
Sampo20150614 175430.JPGSampo20150614 180510.JPG
Sampo20150614 180842.JPGSampo20150614 180754.JPG
あぁ、なんて心地良いんだろう、土のある場所、緑のある風景。
都市の最新鋭のビルや施設よりも、僕はこういう所の近くに住んでいる方がずっと性に合う。
さぁ、明日からまた頑張ろう、と思う。

2015年06月07日

コヤマ君 試走

ちょいと近場を試走。
Sampo20150607 161704.JPG
全体的に大きな問題は無いけれど、リアブレーキが時折鳴く。
タイヤ交換の時にチェックしよう。
Sampo20150607 161858.JPG
それにしても、久しぶりに走って感じたけれど、このライディングポジションはなんて独特なんだろう。
ハッキリ言ってすごく窮屈なんだけど、面白いっちゃあひどく面白いw。
取りあえず近場をたくさん走って、慣れ直さなきゃ。
Sampo20150607 162034.JPG
あと、ニュートラルが猛烈に出難い。
どうかしたらどうにかなるのだろうか?
帰ったら調べてみよう…。
あ、コレ、NHKで火野正平氏が自転車で走ってきていたらしい荒幡富士です。
Sampo20150607 162112.JPG
こんな所から富士山見るために、富士山みたいな山を作っちゃったんだから、昔の人たちも富士山好きだったんだねぇ。
ま、僕も大好きなんだけどさw。

2015年05月22日

ブホボホブホボホ

仕事の合間の午後、一旦帰宅してコヤマ君で走ってみた。

あ、その前に、昨日のシュー交換の最後に忘れていたように思えるアクスルシャフトの本締めをした。
TestRun20150522 142249.JPG
案の定、ユルユルだった;;;。
良かった、忘れたのを憶えててw。

では、近くのガソリンスタンドまでテストラン!
TestRun20150522 142510.JPG
始動はキック1発d(^-^)。
アイドリングもそれなりに安定している。

よし、行くぞ(^o^)/。

ブィィィン!…では無かった(>_<;)。
なんかブホボホ言って、吹け上がりません。
吸気系かキャブレターが変みたい。
さもなくばプラグかな?

ヨタヨタと1.5kmほどのガソリンスタンドまでたどり着いて、いつものようにハイオク満タン。
新しいガソリン入れたら改善するかと思ったけれど、関係無し。
また時間を見つけて、トラブルシュートせにゃ。

ま、今日のところは、フロントフォークとブレーキはバッチグーなのを確認できただけでも良しとしておこう。
TestRun20150522 142528.JPGTestRun20150522 144755.JPG
わずか3kmだけど、公道復帰という事で、チャンチャン♪。

2012年07月02日

じっかへしそー

17時仕事より帰宅。
まだ日はある。
よし、TL125コヤマ君の試走と、青カブ君との車両入替を兼ねて、西東京の実家へ行ってこよう。
WelcomeHome20120702-172417.JPG
キック!
うん、今日も一発で目覚めたぞ、コヤマ君エンジン。
アイドリングの鼓動も、明らかに以前より穏やかで安定している。
キャブOHについては、もう成功宣言してよいだろうv(^-^)。
リアキャリアに、オフクロへの土産として讃岐うどんの入った袋をくくり付けて、ゴー!
走りも安定。
エンジン回転の暴走も無し。
問題無し。

30km弱走って、実家到着。
WelcomeHome20120702-180617.JPG
さ、青カブ君と交代で、しばしこっちの車庫で待機していておくれ。
WelcomeHome20120702-180557.JPG
早ければ来週、また迎えに来るからね^^。

2012年06月30日

しそーだいそー

今日は16時に出勤すればいいので、昼過ぎ、コヤマ君でちょいとダイソーまで試走する事にした。
SampoDAISO20120630-134014.JPG

まずは、一昨日オーバーホールしたキャブ周りの目視確認。
SampoDAISO20120630-144135.JPG
滲みや漏れ無し。
キーをONにし、チョークを少し引き上げて、キック!
よし、一発始動。
しばしアイドリング。
うん、安定している。
心なしかエンジン音がマイルドになった感じ。
…ま、このあたりは、そうあって欲しいという願望による幻聴かもしれないけどさw。

では、発進。
お、普通に走る^^。
しぱらく活躍していなかったブレーキが時折キーキー鳴くけれど、走りそのものは問題無し。
とりあえず直った感じだな。
あとは、奥多摩あたりを走ってみてあの回転上がりっぱなし現象が起きなければ、次は長距離ツーリングだ。

いつもより少し遠いダイソー到着。
SampoDAISO20120630-142222.JPG
買ったのは、8mmのメガネレンチ。
ついでだから2種類。
SampoDAISO20120630-142414.JPG
一昨日、エンジン側のインシュレーターというかインテークマニホールドを外してみようと思ったら、2本の8mmボルトで留まっていた。
残念ながら手元に8mmスパナしかなく、ナメるのが怖くて作業できなかったのだ。
中国製とはいえ、いちおう“DROP FORGED”(鍛造)と刻印されたレンチが計210円で買えちゃうんだから、つくづく時代は変わったわ。

田舎道を選んで帰る。
SampoDAISO20120630-142838.JPG
エンジン、静かになった気がするなぁ…。
やっぱり気のせいかなぁ…。
あぁ、60km/hの快適移動。
平和な梅雨の晴れ間だよ。

無事帰宅。
うん、コヤマ君に関しては、ひとつ片付いた感じだ。
次は、フロントサスだな。
SampoDAISO20120630-144259.JPGSampoDAISO20120630-144311.JPG
それと、前後タイヤ。
SampoDAISO20120630-144341.JPGSampoDAISO20120630-144351.JPG
まずは前から、なるべく早めに。

2012年01月05日

ぐるっと試走コヤマ君

あらゆる縛りを外して、ひたすらノンビリと過ごした年末年始休みも、今日まで。
明日からは、昨年以上に気合い入れて仕事するぞ。
量は望めないから、質で勝負だぜぃ。
てやんでえべらぼうめ!

でも、今日はまだノホホンです^^。

せっかく天気が良いので、インスタントラーメンの昼食後、コヤマ君で近場をひと回り。
SampoKinjo20120105-130656.JPG
今年はキッチリした野球で、ガンバレ、ライオンズ!
去年のクライマックスシリーズみたいに、負けてるのに送りバントさせずに、振り遅れがヒットになって喜んでるような草野球はするな!
観てて恥ずかしいし、勝ってもちっとも嬉しくないわ、あんなデタラメ戦術;;;。

あ、コヤマ君のエンジンは、始動も回り方も、やっぱり悪くない。
ただ、しばらく走っていると、アクセルを戻した時のエンジン回転の下がり方が緩慢になってきた。
こりゃ、スロットルケーブルやキャブ内のジェット類のせいじゃなく、どうもスロットルバルブが怪しいな。
ThrottleValve.JPG
カーボン等の汚れか錆か、あるいはスプリングの劣化で、上下動がスムーズじゃなくなっている、と見た。
ま、近いうちに開けてみりゃ、ハッキリするわさ、板わさ、鳥わさ、わさビーフ。

それにしても、いいなぁ、バイク。
街中に雪が降る前に、暇を見つけてどっか行くか。

2011年11月14日

「小排気量友の会 晩秋あるいは初冬でポン 山さいがねが」参加の記

疲れと多忙とで2日遅れの記事になってしまったが、一昨日11月12日(土)は、偉大なるmucchi総裁主催による「小排気量友の会 晩秋あるいは初冬でポン 山さいがねが」の日であった。

先々週の長期予報では雨の公算が強かったが、メンバーの日々の善行の結果、お天道様は雨を1日前にずらしてくれた。
いやぁ、朝から快晴だよ、ニッコニコ〜(^o^)。
今回僕はTL125で参加するのだが、まだまだ色々怖いので、カバンにソケットレンチセットや色んな工具を詰め込んで、リアにくくりつける。
SampoMucchiKai2011_1112_082117.jpg
さぁ、行くぜぃ^^。
8時21分出発。
なんかずいぶん空いている新青梅街道と奥多摩街道を走って、小1時間で集合場所の東青梅駅前に到着。
SampoMucchiKai2011_1112_092315.jpg
わぁ、一番乗りだ…、まずいな、雨降るかも;;;。
近くのコンビニでジャスミンティーとサンドイッチとフライドチキンを買って、食べながら待つ。
あ、来た来た^^。
アールさん、sekiさん、mucchi総裁、Tの字さん、chanchさん、ototoさん。
SampoMucchiKai2011_1112_100948.jpg
総勢7人(7台)だよ、すごいな^^。

走り出す。
まずは青梅街道を奥多摩湖へ。

個人的には、鋸山林道の入口であのカワイイ婦警さんがネズミ取りしていたら停まって「ファンです^^」とご挨拶しようと思っていた(マジです)が、残念ながらこの日はただ落ち葉が舞っているだけだった。
ざんねん(--,)。

「奥多摩湖 大麦代駐車場」で小休憩。
SampoMucchiKai2011_1112_111005.jpg
失意のうちに放尿。
それにしてもイイ天気。
SampoMucchiKai2011_1112_111031.jpg
紅葉っていうのも、明るい陽光や青空あってこそ、色とりどりに輝くもんだよね。

走行再開。

R411を西進し、11時42分「道の駅 たばやま」。
SampoMucchiKai2011_1112_114203.jpg
ここで昼食も含めた本休憩となるらしい。
ほんでは、メシの前に皆さんのバイクをチョイと拝見^^。

まず、mucchi総裁のCB125T。
SampoMucchiKai2011_1112_114251.jpg
うわぉ、ピカピカだぁ。
かなり気合入れて磨いたと思われる^^。

chanchさんのCG125-2号機。
SampoMucchiKai2011_1112_114426.jpg
白ナンバーを取得した1号機はミッション不調だそうな。
でも、やっぱりカッコイイな、CG^^。
そういや、実家で寝てる僕のCGもぼちぼち手入れしてやらなきゃ…;;;。

アールさんのカブ50→75。
SampoMucchiKai2011_1112_114301.jpg
ノーマル50から、フロントスプロケ2Tアップに加えて、リアスプロケを1Tダウンしたら、すこぶる具合が良いとの事。
うん、アールさん、イケイケです^^。

sekiさんのタイカブ改。
SampoMucchiKai2011_1112_114350.jpg
整った改造ぶりがカッコイイです。
東青梅の駅前でも、通りかかった子供連れのお父さんが足を止めて「いいですね、これ^^」って言ってましたね^^。

ototoさんはSRV250で参加。
SampoMucchiKai2011_1112_114451.jpg
ヤマハらしい美しいバイクだよなぁ、コレ。
実は僕、今年の初頭、ほんのちょっぴりこのモデルを買いたいなと思った時期があったのだ。
SampoMucchiKai2011_1112_114528.jpg
このエンジンとエキパイの造形を買うためだけでも、カネを払う価値が充分あるよなぁ。
ヤマハ以外のバイクメーカーではデザインできないよ、こういうのって。

Tの字さんのセロー225。
SampoMucchiKai2011_1112_114508.jpg
これまた見るたびに欲しいと思うなぁ、初期型セロー。
今のセローもイイんだけど、この程好いゴツさとサイズが素敵なんだよね^^。

あとは、ウチのコヤマ君TL125。
SampoMucchiKai2011_1112_114405.jpg
みんなが「ヤレをそのままにしとくって言ってたにしては、キレイじゃないですか^^」なんて言ってくれたよ。
磨きジジイの努力が報われたわぃv(^-^)。

さて、腹減った、メシメシ…。

ここ「道の駅 たばやま」に来たら、コレを食べましょう。
SampoMucchiKai2011_1112_120006.jpgSampoMucchiKai2011_1112_120550.jpgSampoMucchiKai2011_1112_120609.jpg
「わさびカレー」600円。
店のお姉さんに「わさびカレーに大盛りは無いのかな?」と訊いたら、「すみません、やってないです;;;」との事。
ほんなら普通盛りで仕方無し。
SampoMucchiKai2011_1112_115905.jpgSampoMucchiKai2011_1112_115913.jpg
なかなかキレイな紅葉の山を眺めながら、参加7人中6人がコレを食べつつ薄っすらと涙ぐみ、鹿肉うどんを選んだTの字さんも一口味見して鼻水をすすった。
SampoMucchiKai2011_1112_120521.jpgSampoMucchiKai2011_1112_120539.jpgSampoMucchiKai2011_1112_120705.jpg
ものすごく美味いというわけでもないのだが、不思議な辛さに妙な説得力がある1皿。
僕は、またココに来たらコレを食べるだろうと思う^^。
ごちそうさまでした (-人-)。
売店を覗いて、家人への言い訳の為の「生ほうとう」など買って、さぁ、再出発。

R411〜県18〜R139で、13時半「松姫峠」。
SampoMucchiKai2011_1112_132906.jpgSampoMucchiKai2011_1112_132953.jpgSampoMucchiKai2011_1112_132941.jpg

13時51分、「葛野(かずの)川ダム」。
SampoMucchiKai2011_1112_135110.jpg
ココは、初めて来た^^。
SampoMucchiKai2011_1112_135322.jpgSampoMucchiKai2011_1112_135355.jpgSampoMucchiKai2011_1112_135220.jpg
なんかうらぶれた感じでイイねぇ。
日が暮れてから独りで来る気には全くなれない所だけどw。

それから、先導車についてあんまり良く知らない道を走っていくと、14時45分、こんな所に連れてきてくれたよ^^。
SampoMucchiKai2011_1112_144929.jpgSampoMucchiKai2011_1112_145053.jpgSampoMucchiKai2011_1112_145245.jpg
中央高速の旧道の一部がこんな風に解放されているのだ。
当然、すぐ脇には現行の中央道。
SampoMucchiKai2011_1112_145609.jpg
おもしろいね^^。
ま、せっかくの舗装なんだから、無理矢理剥さずにこんな風におっぽっといてくれるのもありがたい事だ。
ココで僕は勉強させてもらった。
ototoさんのSRVに乗らせてもらい、「やっぱり原付と250の差はひどくデカい」と思い知らされ、あらためて250が欲しくなった。
また、アールさんのカブ改とsekiさんのタイカブ改を走らせて、我が青カブ君のフロントサスの交換とリアスプロケの1T増しを可及的速やかに行なわねばならないと思った。
あ、Tの字さんのセローは、乗ったらたまらなく欲しくなるので自重w。
TL125コヤマ君は、総裁はじめ何人もに乗ってもらった。
トコトコ走りが楽しいと好評^^。
ほんとそうだよ…シートが小さくて薄くてケツが痛くなる事を除けば最高の山道ツーリング車でしょ^^。

16時を回ったあたりで、帰路につく事となった。

地元に近いアールさんはココで離脱。
6名でR20〜上野原〜県33と進む。

途中、赤い郵便カブの配達の人がすれ違いの際に笑顔で大きく手を振った。
僕は、てっきりカブ好きの配達員さんがsekiさんのタイカブに感動したのだと思っていたら、どうやらあれはひろしまさんだったらしい^^。
mucchi総裁について数km走った後に後続が来ないのに気付いて停まって、その話をしたら、総裁はたいそう残念そうであった。

だが、mucchi総裁の無念は、この後さらに大きく続いてしまったのだ;;;。

県33の棡原(ゆずりはら)「長寿館」の前で、mucchi号、突如転倒。
前方を走る遅いクルマに続いて走っていたので速度こそ30-40kmだったのだが、前輪ロックだったらしく、mucchi総裁顔面から路面へ(´;ω;`)ブワッ。
ジェットヘルのシールドで目や鼻は保護されたが、歯とアゴを強打。
脳震盪状態に;;;。

眼前で起こった事故を見て、頭の中で色んな事が瞬時に思い出された…。

もう20年以上前、GPz250ベルトドライブで墨田区へ仕事に向かう途中、前を走るトラックがウィンカーも出さず急に路肩に寄せて停まろうとした為、僕が急ブレーキをかけると前輪がロックしてもんどりうって前へ転倒。
フルフェイスのヘルメットの左アゴが白く削れ、左肩強打、左膝の肉もザックリ削られた、我がバイク史上最悪の事故。

K50まほろば号で参加したmucchi会で、「荒ぶるネ申」で総裁が転倒した場面。

昨年の秋、夕暮れの富士山の林道で、青カブ君と共に鹿に激突したあの瞬間。

どんなに注意していても、乗り手が悪いわけじゃない事故って起きる。
あの瞬間、総裁が叫んだ「何故、コケたぁ?!」の声は、その気持ちが良く分かるだけに悲痛なものだった。
不幸中の幸いにして、mucchi総裁のケガはなんとか最悪のものにはいたらなかったようで、その後、警察を呼んで事故検分。
そして、CB125Tは駐在所に預けて、総裁はTの字さんの後ろに乗って、皆で和田峠を越え、八王子で解散となった。

色々あった1日だった。

この夜のその後に関しては、総裁のココchanchさんのココ僕のココを参照あれ。

mucchi総裁、あれから2日経って、たぶん新たに色んな所が痛くなっていたり、キズがより痛みを増したりしている事でしょう。
どうぞお大事にすごして下さい。
ゆったり静養して、また走りましょう^^。
ありがとうございました。
そして、みなさん、おつかれさまでした。

2011年10月20日

コヤマ君 秋の奥多摩テストラン

木曜オフ日。
朝から秋晴れとは程遠く薄暗い曇天だが、天気予報では「いちおう雨は無いようです」とか言っている。
ほんじゃ、ま、コヤマ君のテスト走行に行ってくるか^^。
SampoOkutamaTestRun2011_1020_113510.jpg
パンク修理剤と、0.5リットルのガソリン携行缶と、レインウェアをトートバッグに詰めてくくり付け、11時35分、出発。

今回はともかくゆっくり走ろうと思うので、せわしない青梅街道ではなく、のんびりした五日市街道〜睦橋通りを西進する。
SampoOkutamaTestRun2011_1020_123228.jpg

まずは「荒ぶるネ申」へ。
SampoOkutamaTestRun2011_1020_125028.jpg
あら〜、まだ全面通行止だわ;;;。
SampoOkutamaTestRun2011_1020_125446.jpgSampoOkutamaTestRun2011_1020_125516.jpg
よっぽどゴッソリと抜けたんだろうねぇ。
サイドウォールに小ヒビだらけのタイヤじゃ無理は出来ないので、さっさと引き返す。

檜原街道に入ると、沿道がぐっと秋の風情になってきた。
SampoOkutamaTestRun2011_1020_131646.jpg
針葉樹が多いから色とりどりというわけにはいかないけれど、檜原村はもう紅葉シーズン。
晴天だったら、もっとキレイなんだろうなぁ。
でも、見られただけでもラッキーかな^^。
…そんな事を思いながら写真を撮っていたら、コヤマ君のアイドリングがプスッと止まった。
あらま、キック!
ん…、かからない…。
キック!キック!キック!キック!…
かからない上に、マフラーから「パン!」と一発!
え〜、こんな所でエンコかい;;;。
とりあえずプラグをチェックしよう…と思ったら、車載工具の中にプラグレンチが入っていない;;;。
キャブをいじろうにも、マイナスドライバーも入っていない;;;。
うかつであった(--,)。
後日、ちゃんと工具をそろえておかなきゃ;;;。
ま、それはそれとして、何が悪いんだろう?
キックはちゃんと下りるし、圧縮もちゃんとある。
アフターファイヤーするくらいだから、ガスは濃すぎるくらいに着ているはずだし…。
と、キャブ周りを見ていたら、あっ(゜O゜)!!
チョークレバーが半分くらい上がってる。
こりゃ、濃いまま走って、プラグがかぶったんだな。
外せない以上は、しばし放置プレイだ。
5分ほど近くをウロウロして、ついでに林の中で立ちションなどして、コヤマ君のもとに戻り、キック!
ブゥゥ〜!
あぁ、よかった大事にならなくて^^。
チョークには、これからよく気をつけなきゃ。

さて、安心したところで「たちばな家」へ。
SampoOkutamaTestRun2011_1020_132850.jpgSampoOkutamaTestRun2011_1020_133621.jpg
「塩ちゃーしゅーめん 大盛り」1090円。
寒くなってくると、ラーメンは五臓六腑に染み渡るのぉ。
ごちそうさまでした (-人-)。

チョークを解除されたエンジンは、実に軽やかにルルルと回る。
さすが先進のSOHC^^。
SampoOkutamaTestRun2011_1020_140634.jpg
さてと、次はいつものアソコだ。

「たおやかなネ申」。
SampoOkutamaTestRun2011_1020_141204.jpg
未舗装路は、やっぱりコヤマ君だと実に走り易い。
どっかをヒットするんじゃないかという不安が少ないから、安心して行ける。
SampoOkutamaTestRun2011_1020_141923.jpgSampoOkutamaTestRun2011_1020_142547.jpgSampoOkutamaTestRun2011_1020_142609.jpg
キャラメルパターンのタイヤだから、むしろ、不意に濡れ落ち葉が路面を覆っていたりする舗装部分の方が、ズルッときそうで怖かったりする。
SampoOkutamaTestRun2011_1020_143112.jpgSampoOkutamaTestRun2011_1020_144100.jpgSampoOkutamaTestRun2011_1020_144306.jpg
でも、楽しいわぁ、コヤマ君で林道走るの^^。
こりゃ、赤タフどんCG125との住み分けは、予想以上にハッキリ上手く出来そうだな。

そして「奥多摩周遊道路」。
SampoOkutamaTestRun2011_1020_145420.jpgSampoOkutamaTestRun2011_1020_145734.jpgSampoOkutamaTestRun2011_1020_151236.jpg
パワーは大して無いし、乗り手もヘボだから、かっ飛ぶなんて事は出来ないけれど、でもワインディングも思いの外ヒラヒラ身軽にこなすぞ、コヤマ君。
なるほど、TL125の根強いファンが多い理由が、ハッキリ分かったわぃ^^。
それにしても、ちと寒い…。
SampoOkutamaTestRun2011_1020_151320.jpgSampoOkutamaTestRun2011_1020_151932.jpgSampoOkutamaTestRun2011_1020_152256.jpg
9℃か、なるほどw。

あとは「奥多摩湖」。
SampoOkutamaTestRun2011_1020_155235.jpg
一時の渇水状態がウソのように、まさになみなみ満杯状態です。
SampoOkutamaTestRun2011_1020_155617.jpgSampoOkutamaTestRun2011_1020_155640.jpgSampoOkutamaTestRun2011_1020_155707.jpg
帰宅してから調べたら、これで89%なんだってさ。

帰路は青梅街道。
60km/h巡航は余裕でオーケー。
フルスロットルまで回す場面は無かったけれど、現実的安全確保の為には80+αkm/hは出る事を確認したような夢を見た。

17時48分、帰宅。

総走行距離152km。
燃費35.2km/l。

+++++

[メモ]

@車載工具をキチンと組むこと。

Aキャブのチョークレバーに注意。

Bタコメーターを使って、早急にアイドリングをキチンと調整すること。

C今付いているドライブスプロケットは、本当に純正15Tなのか確認すること。
∵このままでもいいくらいだからw。

Dカネかかるけど、早めにタイヤ替えたいなぁ;;;。

2011年10月10日

コヤマ君で初試走

秋の日は釣瓶落とし。
ほんとに急速に日が短くなって、17時を回るともうかなり暗くなってくる。
公道復帰のためのコヤマ君整備だったが、チェーンテンショナースリッパーの装着に予想外に手間取ってしまったため、終わったらもうほとんど夜になっちゃったよ;;;。
AirCleaner7559km2011_1011_171909.jpg
でも、ちょっとだけ近所を走ってみるか^^。
ぐるっと数kmだけでも。

まずは、初エンジン始動。
OFFになっていたガソリンバルブをONにひねり、キーを挿しONにひねる。
TL125Jは元々バッテリーレスなので、この時点ではニュートラルランプは点かない。
キック一発で始動。
するとニュートラルランプも点灯する。

軽いタペット音やチェーン音がするような気がするが、エンジンの回り方は軽快だ。
アクセルにも良く反応する。

走行前に、各灯火類の動作チェック。
ウィンカー、問題無し。
ウィンカースイッチは、プッシュキャンセル方式だ。
前照灯ロー&ハイ、尾灯、制動灯、いずれも問題無し。

キルスイッチとホーンは、とりあえず今日はテストしないでおこうw。

またがる。
うむ、予想以上にタンクもシートも幅が狭い。

左足のシフトペダルは、1ダウン&4アップの5速。

走り出す。
あぁ、なるほど、1速ではまさに微速前進が可能なセッティングだ。
こりゃ、いわゆるロードバイクとは全然違う。
しかも、2速も予想以上にローギアード。
正直言って、1→2速であんまり差を感じないくらい。

それから、加速しながら2→3→4→5速で走ってみる。
日頃から原付に乗りなれているせいか、エンジン回転数が高くなっても「悲鳴をあげる」というようには感じない。
このままでも50km/h巡航なら無問題だけど、フロントスプロケットは予定通り15Tから16Tへ交換した方が良いだろうな。

非常に気になったのが、ニュートラルの出しにくさ。
シフトペダルが凝ったリンケージタイプなので、ちょっとガタの出ている個体だと、こんな風になるらしい。
ここは、パーツリストが届き次第、何か手を打つ必要がありそうだ。

そして、何と言っても、ライディングポジションの独特さ!
小さな携帯用チェアに行儀良くちんまりと腰掛けている感じ。
たぶんスタンディングで走れば伸び伸びできるんだろうけれど、これで長距離はなるほどキツイわ。
ま、ともかく、もう少し痩せようw。

あ、ヘッドライトは、お世辞にも明るいとはいえないなぁ。
これは、早めに明るいバルブに替えよう。

何はともあれ、今のままでも特に大きなトラブルは無いようだ。
これからシコシコ磨きつつ、色々細かく点検調整いくぞ。