2020年07月12日

赤タフどんのバイクウォッチを黒く塗った

昨年4月にCG125のハンドルに取り付けて、10月の電池交換を経て、その後もイイ感じで働き続けているバイクウォッチ。
安物でもさすがクオーツ、ほぼ正確な時を刻み続けていてくれる。
ただ、枠のクロムメッキは非常に薄く弱いもので、わりと早い時期にポコポコ凹凸が出てきたのでビカールで磨いたら、数回で下地の銅メッキが露出してしまい、それも次第にくすんできた。
BikeWatchPaint 20200712-162531.JPG
このままでももちろん使えるのだが、ヒマなのでちょっと塗装してやろうと思った。
マスキングして、脱脂して、手持ちの廉価ラッカーを吹く。
BikeWatchPaint 20200712-162836.JPGBikeWatchPaint 20200712-163156.JPGBikeWatchPaint 20200712-163604.JPG
30分ほど乾かして、半乾きのうちに慎重にマスキングを剥がす。
BikeWatchPaint 20200712-165705.JPGBikeWatchPaint 20200712-170347.JPGBikeWatchPaint 20200712-171850.JPG
そして、赤タフどんに戻す。
BikeWatchPaint 20200712-172115.JPG
うん、ムラはあるけど目立たないからいいや。
良い暇つぶしになった^^。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。