2020年07月07日

2サイクルバーディー 点火プラグをBPR6HSに戻して様子を見る@4251km

2サイクルバーディーBA14Aには3873km時からイリジウムプラグBPR6HIXを付けているのだが、ちょっと外して観察してみる。

積算走行距離4251km。
SparkPlug BPR6HS@4251km 20200707-141325.JPG

ひどい汚れ方ではないけど、碍子部分がなにやら白黒半々になっている。
SparkPlug BPR6HS@4251km 20200707-141633.JPG
表と裏みたいだw。
SparkPlug BPR6HS@4251km 20200707-141604.JPG

エンジンの調子もだいたい戻った感じなので、ここらで一度ノーマルプラグBPR6HSに戻してみよう。
SparkPlug BPR6HS@4251km 20200707-142059.JPG
燃焼室内の混合気の濃さや密度に偏りがあるのだとすると、ノーマルプラグの電極の太さにもメリットがある気はする。
SparkPlug BPR6HS@4251km 20200707-142120.JPG
ま、手持ちの物で色々試すなら、コストもかからない^^。

セットして、エンジン始動。
SparkPlug BPR6HS@4251km 20200707-142319.JPG
なにやらエンジン音がおとなしい。
アイドリング回転数が低くなったので、タコメーターを持ってきて1700rpm代前半くらいに調整。
SparkPlug BPR6HS@4251km 20200707-143030.JPG
白煙の量が、ノーマルプラグだと少し多いような気がするけど、ともかくしばらくこれで乗ろう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。