2020年06月09日

カブの遠心オイルフィルター清掃とフィルタースクリーン&エンジンオイル交換@37337km

朝から晴天の火曜日。
OilFilterClean@37337km 20200609-100408.JPG
7時半起床。
パートへ出勤するカミサンをクルマで駅まで送ってから、オッサンは長年やろうと思い続けてきたカブ整備の1つにトライすることにした。
CCI20200109_00000.jpg
暑くなりそうだが、明後日あたりに梅雨入りするという予報なので、今やらないとまた先にだらだら伸ばしになりそうだからだ。

10時過ぎ、作業開始。
OilFilterClean@37337km 20200609-100526.JPG

積算走行距離37337km
OilFilterClean@37337km 20200609-100454.JPG

まず、キックペタル,マフラー,ステップバーを外す。
OilFilterClean@37337km 20200609-103114.JPG

エンジンオイルを排出してから、8本の8mmボルトを抜いて右クランクケースカバーを外す。
OilFilterClean@37337km 20200609-105139.JPG

よし、ここまではとてもスムーズにできたぞ^^。
OilFilterClean@37337km 20200609-105153.JPGOilFilterClean@37337km 20200609-105228.JPGOilFilterClean@37337km 20200609-105823.JPG

ずっと恐れていたのは、次の作業。
遠心オイルフィルターのフタとなっているクラッチアウターカバーを固定しているネジ4本を、うまく外せるかどうか。
固着してなかなか回らない事が多いらしいのだ。
電動インパクトドライバーも入手してあるが、まずは手工具でトライ。
以前CG125の遠心フィルター清掃の際に買ったVESSELの「パワーラチェットドライバー」に、ハンターカブの巨匠から勧められて買ったSIGNETの「ACR PH2ドライバービット」を取り付けて、挑戦!
OilFilterClean@37337km 20200609-110315.JPG
おぉ、4本とも手で回せたっ!
スクレーパーの先端をカバーのパッキンあたりに当てて、ゴムハンマーで軽くコンコンやると、めでたくクラッチアウターカバーは外せた。
OilFilterClean@37337km 20200609-110727.JPG
いやぁ、無事にここまで来られて、ホントうれしい^^。

カブの遠心オイルフィルターとの念願の対面。
一見、あっキレイじゃんと錯覚しそうになったが、違う。
OilFilterClean@37337km 20200609-110807.JPG
粘土状の汚れがびっしり詰まっていたのだ。
OilFilterClean@37337km 20200609-110945.JPG
これだけびっしりと汚れが詰まってたら、もうずいぶん前から、フィルターとしては機能していなかったな…。
OilFilterClean@37337km 20200609-111159.JPG
ドライバーでざっと落としてから、さらにパーツクリーナーやオイルスプレーや古歯ブラシで清掃。
OilFilterClean@37337km 20200609-111208.JPG
よし、キレイになった。
OilFilterClean@37337km 20200609-113012.JPGOilFilterClean@37337km 20200609-113050.JPG
いい眺めだ^^。
OilFilterClean@37337km 20200609-113038.JPG

クラッチアウターカバーに貼り付いていた古いパッキンは、スクレーパーとマイナスドライバーでしっかり取り去る。
OilFilterClean@37337km 20200609-113350.JPGOilFilterClean@37337km 20200609-114637.JPG
そして、新パッキンとともに取り付けるのだが、固定ネジは純正のものではなく、六角棒で回すデイトナ製品を使った。
OilFilterClean@37337km 20200609-114715.JPG
いずれまた、クラッチ交換するかもしれないしね。
OilFilterClean@37337km 20200609-115520.JPG
その時にまたプラス皿ネジにビビるのはイヤだw。

次に、オイルフィルタースクリーンの交換。
ラジオペンチで今までのものを引っ張り出す。
OilFilterClean@37337km 20200609-120044.JPG
樹脂っぽい小さな物は付いているけれど、予想していたよりははるかにキレイ。
OilFilterClean@37337km 20200609-120218.JPG
清掃して再使用もできなくはないけど、枠のゴムもかなり硬化しているので、ここはスッパリと新品交換。
OilFilterClean@37337km 20200609-120347.JPG
予想していたより押し込むのに手こずった;;;。
OilFilterClean@37337km 20200609-124327.JPG

あとは、ゆったりと掃除して、汚れや古いパッキンを取り去る。
OilFilterClean@37337km 20200609-122959.JPGOilFilterClean@37337km 20200609-131920.JPGOilFilterClean@37337km 20200609-132022.JPG
そして、新品パッキンを使って、右クランクケースカバーをもとの状態に戻す。
OilFilterClean@37337km 20200609-134809.JPGOilFilterClean@37337km 20200609-134829.JPG
クラッチのレバーやカムのあたりの事は何も知らなかったので、サービスマニュアルとパーツリストを見ながら、あわてず作業を進める。
OilFilterClean@37337km 20200609-132742.JPGOilFilterClean@37337km 20200609-134703.JPGOilFilterClean@37337km 20200609-134715.JPG
なかなか上手くはまらなかったけど、何度も繰り返すうちに、ようやく成功。
OilFilterClean@37337km 20200609-145732.JPG
ホッとした^^。

あとは、ステップバー,マフラー,キックペダルを戻し、新オイル投入。
OilFilterClean@37337km 20200609-183835.JPG
もちろんいつものSUNOCO/RED FOX/FULL SYNTHETIC/MA/10W-40。
OilFilterClean@37337km 20200609-152639.JPG
そして、キーを回さずに空キックを10数回やってオイルを少しでも各部に回してから、キーONでキック!
いつものように一発始動^^。
OilFilterClean@37337km 20200609-184847.JPG
途中、夕方に2時間ほどカミサンとの買い物に出たのもあるけれど、結局、作業終了は19時。
あまりの暑さに正直言うと軽い熱中症になったけれど、それでも、ともかく長年の宿題を終えられたのは嬉しい。
これで、数日経ってもお漏らししなければ、成功だな^^。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。