2020年05月26日

2サイクルバーディー バッフルパイプ清掃とガスケット交換@3971km

この午前中は、バーディーのマフラー最後端のバッフルパイプ周りを整備した。
BafflePipeGasket@3971km 20200526-102443.JPG

積算走行距離3971km。
BafflePipeGasket@3971km 20200526-102459.JPG

しばしアイドリングして、マフラー全体を温める。
そしてバッフルを固定しているネジ3本を抜いて、隙間にマイナスドライバーの先を突っ込んだりしながらバッフルを揺らしながら引っ張る。
なかなか抜けない…。
でも、寒い時期にはビクともしなかったバッフルが、少しずつ少しずつ外に出てくる。
そして、ついに抜けた!
BafflePipeGasket@3971km 20200526-102511.JPG
めでたい(^▽^)。
マフラー内を覗くと、全体的にはそれほどひどくは汚れていない。
BafflePipeGasket@3971km 20200526-102804.JPG
ふむふむ、ま、普通に走行4000km弱の汚れ方だね、これは。
BafflePipeGasket@3971km 20200526-102813.JPG
ただ、バッフルパイプが奥の障壁に突っ込まれている構造なので、その接触部分で油汚れがタールのようになって壁とパイプを軽く固着させていたのだろう。

浸透潤滑剤と金属ブラシと古歯ブラシとダイソーで買ったビン掃除ブラシで、バッフルパイプを清掃。
BafflePipeGasket@3971km 20200526-110519.JPGBafflePipeGasket@3971km 20200526-110525.JPGBafflePipeGasket@3971km 20200526-110536.JPG
抜き出す際に曲がってしまったフランジを、ハンマーやプライヤーで修正。
BafflePipeGasket@3971km 20200526-110619.JPG
傷が増えてしまったので、適当なラッカースプレーでフランジをざっと塗装。
BafflePipeGasket@3971km 20200526-111111.JPG
パーツクリーナーで脱脂はしたけれど、正直言って雑w。

塗装が乾くのを待ちながら、マフラー内とバッフルパイプの観察考察。
BafflePipeGasket@3971km 20200526-110232.JPGBafflePipeGasket@3971km 20200526-110252.JPG
奥の小部屋がミソだな…。
2サイクルバーディーRC50のバッフルって、その前のT型まではまっすぐな筒なのだが、Y型で変更。
KIMG1560.JPGKIMG1564.JPG
Y型では、排気流が2回折り返されている。
BafflePipeGasket@3971km 20200526-110520.JPG
排気音量を抑えるのが主目的だろうけど、奥小部屋のチャンバー効果やパイプ径を変える事による流速アップも考えられるから、デメリットばかりというわけでもない。
ま、このあたりは、メーカーの技術者の努力に思いを馳せよう。

ガスケットは新品に交換。
BafflePipeGasket@3971km 20200526-111741.JPGBafflePipeGasket@3971km 20200526-111923.JPG
そしてバッフルパイプの取り付け。
BafflePipeGasket@3971km 20200526-113020.JPG
エンジンをかけてみる。
お、なんかアイドリングが安定した感じ。

こんど走る時は、また違った感じになりそうで嬉しい^^。
BafflePipeGasket@3971km 20200526-113603.JPG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。