2020年05月06日

バーディーのフュエルタンクキャップ分解清掃@3846km

今日は朝から霧雨になったり小降りになったりの雨。
ま、GWの最終日だからウチの中でのんびり過ごそう。
明日からも連休だけどさw。

さて、今日は、納車以来ずっと気になっていたマー君の燃料タンクキャップをバラして掃除してみよう。

キャップを外して、作業の間、給油口はガムテープでふさいでおく。
FuelCapClean@3946km 20200506-150956.JPG

どんな構造なのかわからないけど、2本のネジを抜いてキャップの内部を観察してみる。
FuelCapClean@3946km 20200506-140012.JPG
あぁ、なんか白っぽいものやサビ汚れがたくさん付いてますわ。
FuelCapClean@3946km 20200506-140027.JPGFuelCapClean@3946km 20200506-140042.JPG

さらにバラせる限りバラしてから、浸透潤滑剤をふんだんに使ってブラシや金属タワシでシコシコ落とす。
テレビを見ながらできるので、雨の日の屋内作業としては程良い気晴らしにはなる。

こんなもんかな。
FuelCapClean@3946km 20200506-145247.JPGFuelCapClean@3946km 20200506-145226.JPGFuelCapClean@3946km 20200506-145714.JPG
このゴムパッキンだけ新品交換できるといいんだけど、パーツリストを見ても、キャップ全体アッシーでしか売ってないんだよね。
FuelCapClean@3946km 20200506-14,52,47.JPG

向きや小穴の位置に気をつけながら組み立てる。
FuelCapClean@3946km 20200506-150855.JPGFuelCapClean@3946km 20200506-150908.JPGFuelCapClean@3946km 20200506-150905.JPG
これで、燃料タンク全体の密閉性か息抜き性が改善して、何かが好転するかな?
FuelCapClean@3946km 20200506-151054.JPG
ま、過度の期待は禁物だけどさw。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。