2020年02月28日

2サイクルバーディー用中古タンクのサビ落とし

さぁ、安い薬剤を使って中古タンク内のサビ落とし作業をしよう。
KIMG6512.JPG

まずは、フュエルレベルセンサーを外す。
FuelTankRustRemoval  20200227-152601.JPGFuelTankRustRemoval  20200227-152848.JPG
タンク上面の穴が2つになったので、片方からLEDライトを突っ込んで、もう一度内部の撮影。
FuelTankRustRemoval  20200227-153159.JPG
こうやって見ると、細かいゴミもけっこうあるんだな。
FuelTankRustRemoval  20200227-153058.JPGFuelTankRustRemoval  20200227-153035.JPGFuelTankRustRemoval  20200227-153137.JPG
ともかく掃除は必須。

「水に強いパワーテープ」とやらで、底部の穴と、レベルセンサーの穴をふさぐ。
FuelTankRustRemoval  20200227-153726.JPGFuelTankRustRemoval  20200227-153738.JPG
FuelTankRustRemoval  20200227-154005.JPGFuelTankRustRemoval  20200227-154228.JPG

中性洗剤と湯で、タンク内外を洗うとともに脱脂する。
FuelTankRustRemoval  20200227-154936.JPGFuelTankRustRemoval  20200227-155541.JPG
よし、細かいゴミは消えた。
FuelTankRustRemoval  20200227-160853.JPGFuelTankRustRemoval  20200227-161004.JPGFuelTankRustRemoval  20200227-160925.JPG

袋半分のクエン酸を湯に溶いて、タンクに投入。
FuelTankRustRemoval  20200227-182412.JPGFuelTankRustRemoval  20200227-182733.JPGFuelTankRustRemoval  20200227-183023.JPG
給油口ぎりぎりまで湯を足して、4時間放置。
FuelTankRustRemoval  20200227-183640.JPGFuelTankRustRemoval 20200227-204517.JPG

風呂場でクエン酸液排出。
FuelTankRustRemoval 20200227-230450.JPGFuelTankRustRemoval 20200227-230517.JPG
湯で洗浄。
FuelTankRustRemoval 20200227-231655.JPG
まだサビはうっすらあるけれど、これくらいなら実用上問題ないだろう。
FuelTankRustRemoval 20200227-230658.JPGFuelTankRustRemoval 20200227-230641.JPG
必要なら再度クエン酸でのサビ除去とも思っていたのだけれど、深追いしすぎると逆にサビを呼びやすくもなるので、ここで止めよう。

こんどは、ボトル1/4ほど残ってたクレのラストリムーバーと湯を入れて、サビ落とし兼リン酸被膜形成のために放置。
FuelTankRustRemoval 20200227-235947.JPGFuelTankRustRemoval 20200228-010155.JPG
1時間後、こんどは冷水で洗浄。
今までの経験上、ここでうかつに湯を使うとたちまち再サビが始まるからだ。
FuelTankRustRemoval 20200228-011500.JPGFuelTankRustRemoval 20200228-011609.JPG
うん、まあ上手くいったんじゃないかな。

中和のために、アルカリ性剤であるマジックリンと冷水で、タンク内を2回シェーク洗浄&すすぎ。
そして、さらにマジックリン溶液で満たして30分放置。
FuelTankRustRemoval 20200228-011707.JPGFuelTankRustRemoval 20200228-011729.JPGFuelTankRustRemoval 20200228-014309.JPG

冷水で何度も洗浄してから、内部の水気をボロ布やペーパータオルで拭き取る。
そして、防錆のために浸透潤滑剤をタンク内に大量に吹き付けた。
FuelTankRustRemoval 20200228-023010.JPGFuelTankRustRemoval 20200228-023045.JPGFuelTankRustRemoval 20200228-023124.JPG
どうしてもうっすらと再サビは出てくるけれど、ま、これなら大丈夫だろう。

さぁ、マー君の交換用タンクの準備は整った。
FuelTankRustRemoval 20200228-024740.JPGFuelTankRustRemoval 20200228-023523.JPG
あと交換作業で怖いのは、サビペーストまみれになっているであろう燃料コック周りだな;;;。
この記事へのコメント
よく中古のタンクなんて見つけましたね ほとんどは錆だらけで程度のいいものは見つけるのたいへんですね 次はキャブのOHですね 2サイクルはセッティングが難しいから尚更 がんばってください
Posted by よっぱらい at 2020年02月28日 19:25
まあまあの物がヤフオクに出てきてくれて、ラッキーでした。
それでも、新品タンクが14000円で買えるので、どうするか最後まで迷ったのですが、結局はトータル5000円程度で使える物を付けられたので、ま、納得してます。
あとは、そう、キャブですわ;;;
Posted by REI at 2020年02月28日 20:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。