2020年02月22日

バーディーのウィンカーレンズの清掃と補修

先週、穴の開いたテールランプレンズを新品に交換したが、今日はその両サイドのウィンカーの点検清掃をしてやろう。
ReturntoRoad@3761km 20200214-140649.JPGReturntoRoad@3761km 20200214-141527.JPG
まずはレンズを外す。
LensePolish 20200222-123355.JPG
右に比べて、左の内部が明らかにホコリっぽい。
LensePolish 20200222-123405.JPGLensePolish 20200222-123359.JPG
左ウィンカーレンズをよく見てみると、単なる表面的なキズではなくて、亀裂が入っていた。
LensePolish 20200222-125149.JPG
なるほど、これじゃあホコリや雨が入るわ;;;。
どうしたものかと考えたが、ともかく遺物侵入を防ぐためにグルーを塗ることにした。
LensePolish 20200222-130135.JPG
ルックスよりもシール性を優先…というか、下手なんでこんな風にしかならんw。
LensePolish 20200222-130655.JPGLensePolish 20200222-130711.JPGLensePolish 20200222-130728.JPG
テールランプユニット内部をシッカリ清掃。
LensePolish 20200222-125124.JPGLensePolish 20200222-125121.JPGLensePolish 20200222-125129.JPG
そして、補修と清掃したレンズ取り付け。
LensePolish 20200222-131440.JPG
補修跡はわかるけど、キレイで明るくなったからとりあえずは良しとする。
LensePolish 20200222-131521.JPGLensePolish 20200222-131456.JPG

リアがこうなると、薄キズや汚れでぼんやりしたフロントウィンカーも、内外ともに磨きたくなる^^。
LensePolish 20200222-131639.JPG
2サイクルバーディーのフロントウィンカーレンズは、ネジ1本でハンドルに付いている。
LensePolish 20200222-131641.JPG
ただし、ウィンカーレンズをウィンカーボディーから外すには、もう1本ネジを抜かなきゃならない。
LensePolish 20200222-131841.JPG
よし、取れた。
LensePolish 20200222-132202.JPG
レンズとボディーを清掃しつつ、いずれにも亀裂が無いのを確認。
LensePolish 20200222-133316.JPG
ウィンカーを元通りに取り付けてから、部分的にすりガラスっぽくなっている樹脂レンズ外側を、コンパウンドで優しく磨く。
LensePolish 20200222-134628.JPG
よっしゃ、だいぶスッキリした^^。
LensePolish 20200222-134645.JPGLensePolish 20200222-140303.JPG

ついでに他の部分もざっと磨いて、今日現在のマー君の姿は、こう。
LensePolish 20200222-141555.JPGLensePolish 20200222-141642.JPGLensePolish 20200222-141630.JPG
走りはしなかったけど、エンジンの回り方もかなり復調してきたようで、来週は近場バイク散歩くらいならできそうだ^^。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。