2020年01月09日

まほろば号K50M 目覚める@14293km

仕事の帰途、西東京の実家に寄り、2016年10月20日以来バイクバーを被ったまま休眠してきたK50の現況をチェックした。
Check20200109-151028.JPG
カバーを剥ぐと、ほこりまみれで、タイヤの空気はずいぶん減っていたものの、全体的に大きな変化はない。
ひょっとしたらエンジンかかるかもと思い、OFFにしてあったフュエルコックをONにし、キックを繰り返す。
5分…。
10分…。
あ、初爆あったかも…。
そして、なんとまぁ始動した!

ガソリンだって3年以上経過して気が抜けているだろうに、なんたる素晴らしさ!
けなげ過ぎて泣ける( ;∀;)。
積算走行距離14293km。
Check20200109-152013.JPGCheck20200109-152007.JPG
アイドリングさせつつ、タイヤに空気を入れてやる。
Check20200109-152951.JPG
前後のブリヂストンタイヤはまだまだ使える。
Check20200109-153900.JPGCheck20200109-153952.JPG
では、ぐるっと観察しよう。
Check20200109-152020.JPGCheck20200109-153140.JPGCheck20200109-152041.JPG
タンクにヘコミは無く、中もキレイ。
Check20200109-153144.JPGCheck20200109-153222.JPGCheck20200109-153245.JPG
ナンバープレートを外す。
Check20200109-154837.JPG
テールランプ下には、K50Mと印字されたシールも残っている。
Check20200109-154849.JPGCheck20200109-154859.JPG
リアサスまわりも特に問題無し。
Check20200109-154021.JPG
スズキのプレートもちゃんと付いてる^^。
Check20200109-154032.JPG
右サイドカバーを外した時、以前は無かった異状発見。
ねじ込み式の樹脂製エンジンオイルタンクキャップが、上下に割れていた。
Check20200109-155625.JPG
この直しは次のオーナーさんに任すとして、今日のところは布製ガムテープで簡易補修。
Check20200109-155952.JPGCheck20200109-160020.JPG
うん、これなら次のオーナーさん、超お買い得だと思う^^。
Check20200109-153116.JPG
明日の午後、市役所に行ってナンバーを返納してくる予定。
posted by REI at 20:58| Comment(6) | K50−整備七転八起 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ〜

K50、エンジンかかったのですね。
譲渡されることになり、実はまだまだ働けますよ!と主張したかったのかも?
私のK90はホームセンターの安価な2サイクルオイルを使用してエンジンを
回していて焼き付かせました。
スズキCCISシステムは2サイクルオイルをクランクに回した後にオイルポンプ
でエンジン内に入れているとか。

次のオーナーさんには純正2サイクルオイルを使用する様お勧めください。
Posted by がきでか at 2020年01月09日 22:30
CCISでは、右のクランクシャフトベアリングをギアオイルで、左のクランクシャフトベアリングを2ストエンジンオイルで潤滑しているので、ギアオイルもエンジンオイルも良質なものを使った方がいいです。
https://reiandsupercub.up.n.seesaa.net/reiandsupercub/image/K5020Oil20Way.jpg?d=a0
スズキの白地に緑文字の純正2ストオイルは安価なのにとても優れたものですが、僕はさらにその上のType02というのを常用してました。
ギアオイルは、評価の高いヤマハのギアオイル。
http://reiandsupercub.seesaa.net/article/165717180.html
次のオーナーにも、オイルはスズキ純正を薦めるつもりです。
Posted by REI at 2020年01月10日 17:51
うちの子K90より、とっても良い音で回っていますね!
うちはずっとカストロT2なんですけど、
高いオイルは燃えきらないからダメってよく聞きますが、
燃焼室内やエキパイに燃えかすがさほど溜まっている
事もないです。
Posted by K90 1991年式 at 2020年01月12日 15:46
3年物のガソリンが入っているのに、きちんと回りました(笑)。
燃料コックをOFFにしておいたのが奏功したようです。

2スト原付のエンジンって、乗り方次第、回し方次第のように思います。
この個体の前オーナーは、あんまり回さずノロノロ走る人だったようです。
だから車体もエンジンも痛みは少なかったのですが、マフラーエンドのバッフルは黒いベトベトの付着がひどかったです。
でも、僕になって、バッフルをしつこく掃除して、普通のバイク的に乗るようになってからは、ベトベトの付着は全然無し。
このあたりかが2ストの面白さなんだと、すごく勉強になりました。

このK50に続いて、ザックスもまもなく手放しますが、やっぱり2スト50からは離れたくない気持ちが強まってきて、ちょっと困ってます。
なんか買いそうw。
Posted by REI at 2020年01月12日 18:58
うちの子、去年の夏にバッフル抜けなくなっちゃったんですよね。
暖かくなったらマフラーごと外して清掃だ!

そう言えばヤフオクに当時のスズキバーディーの進化系の
RC50出ていますね。安いのに程度も悪くなさそう。
何よりテレスコの前足が魅力です。
もっとも置き場なくて買えないですが。
Posted by K90 1991年式 at 2020年01月13日 05:52
K50整備の中でも、マフラーバッフルの清掃は強く印象の残るものでした。

http://reiandsupercub.seesaa.net/article/123913016.html

バッフルの固定ネジ外して引っ張っても、ぜんぜん抜けない;;;
どうしたものかと考えて、たぶん脂で固着しているんだから、温めりゃいい。
だったらエンジンかけて、排ガスでよく温めりゃ抜けるかな?
で、やったら、抜けた^^。
ただ、それからがけっこう大変で、バッフルに大量に黒々と付いたベトベトが、なかなか取れない。
いま考えると、灯油と金属ブラシで溶かし落とせばよかったのかなとも思ってます。

がんばってください^^。
Posted by REI at 2020年01月13日 23:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。