2019年08月09日

青カブ君のスポークの錆び落とし

今日からマイ夏休み^^。
午前中から30℃は軽く超え、午後には35℃オーバー。
RustPolish 20190809-135808.JPG
連オフ初日の今日はウチでダラダラ過ごそうと思っていたのだが、やっぱりそれだけじゃもったいないので、14時から青カブ君の前後ホイールスポークの錆び落としに取りかかった。
RustPolish 20190809-135930.JPG
浸透潤滑剤とステンレスタワシとスチールウールと飲料水を持ち、キャップを被って、いざ、灼熱の戸外へ。
RustPolish 20190809-140135.JPG
ふぅ〜いきなり暑い( ノД`);;;。

まずは前輪から。
=作業前=
RustPolish 20190809-135945.JPGRustPolish 20190809-135954.JPG
=40分の作業後=
RustPolish 20190809-144031.JPGRustPolish 20190809-144040.JPGRustPolish 20190809-144054.JPG
ま、こんなもんで仕方あるまい。
ほんとにキレイにしたいなら、スポーク張り替えなり、ホイール交換なりすればいいだけの話だ。
ついでに、前タイヤのチェック。
RustPolish 20190809-144134.JPG
グリップ感や乗り心地がイイから、そのぶん摩耗も早い感じだけど、他には異常無し。
安いのに立派だよ、VeeRubber^^。

ここでエアコンの効いた室内に入り、水分補給とクーリング休憩。
10分後再開。

では、後輪。
=作業前=
RustPolish 20190809-140037.JPGRustPolish 20190809-140050.JPG
=30分の作業後=
RustPolish 20190809-150831.JPGRustPolish 20190809-150852.JPG
後ろタイヤも、もちろんチェック。
RustPolish 20190809-150959.JPG
うん、問題無くイイ感じの減り方でしょう。
典型的なビジバイパターンだけど、これはこれでカッコ良く見えてきた^^。

ここで2度目のクーリングタイム。
10分後再開。

せっかくなので、リアキャリアで、雨続きになると赤錆発生が目立つ部分に、簡易錆び止め対策をしてみる。
浸透潤滑剤とスチールウールで錆び落とししてから、手持ちの適当なシルバーのタッチペンで、サビの出てきたあたりのメッキのキズをざっと塗り埋める。
RustPolish 20190809-151010.JPGRustPolish 20190809-151031.JPG
しばらく放置してから、スチールウールで軽くこすって適当にペイントを落とす。
RustPolish 20190809-151317.JPG
小さな傷穴に残ったペイントに防錆を任すのだから、過度な期待は禁物であるw。
RustPolish 20190809-151359.JPG
ま、錆びが目立たなくなりゃいいのだ。

あとは、これまた長雨の後に錆が目立つフロントキャリアを、指とボロ布の届く範囲でサビ擦り。
RustPolish 20190809-153434.JPG
今日はこの程度でいいや。
もっと涼しい時期に気が向いたら、またキャリア外して酸で錆落としして、こんどは防錆塗装するつもり。

うん、足元がスッキリすると、走る気になりますな^^。
RustPolish 20190809-153229.JPG
明日は久しぶりに奥多摩方面トロトロ流そうかな。
この記事へのコメント
REIさん、こんにちは。
何時も本当に感心していますが、REIさんの青カブ君はいつも輝いていますね(^^)
私と見た目全く一緒の外観なのに、まるで別のバイクの様ですね(笑)
私も今日スポークの錆落とし、チャレンジします!
いつも貴重なご教示、ありがとうございます。
Posted by cosmo0630 at 2019年08月10日 13:09
いやいや、写真で撮るときれいに見えるだけで、36年物なりの外観ですよ;;;
スポークなんて消耗品なので、磨いてもまたしばらくすれば錆びちゃうんですが、ま、いい時間潰しと気晴らしにはなるのでがんばってください^^
Posted by REI at 2019年08月10日 19:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。