2018年01月25日

なるほどマジックリンでの火口清掃は効く

「カワサキペア」の発熱の仕方がちょっとおかしい。
立ち消えしたり、ぬるいなと思っていいたらやたら熱くなったり。
うん、今までの経験上、この症状は火口の劣化だ。
新品に交換すれば直る。
でも、その前に、先日「11枚羽旧型ペア」でやったように、火口のクリーニングをしてみる事にした。
ただし、前回はキャブレタークリーナーを使ったが、今回はネットで一般的なマジックリンに漬け込む方法を採ってみた。
KPW-201HiguchiCleaning20180125-015553.JPGKPW-201HiguchiCleaning20180125-015630.JPG
最初は、いつか何かに使おうとたくさん取ってあるプリンの空き容器に入れたのだが、やはり撹拌もできた方がいいと思い、1時間後に蓋付きのガラス瓶に移した。
KPW-201HiguchiCleaning20180125-035818.JPG
常温だと反応も鈍いだろうから、マグカップに熱湯を入れて瓶ごと湯煎したり、時々シャカシャカもした。
そして5時間経過。
マジックリン液がやや濁った感じになり、ビン底には黒い物が円状に沈んでいた。
KPW-201HiguchiCleaning20180125-070739.JPGKPW-201HiguchiCleaning20180125-070825.JPG
火口を取り出し、湯で薬剤を良く洗い流し、綿棒やティシュで水分をざっと拭き取ってから、ファンヒーターの前に置いて良く乾燥させた。
その成果が、これ。
KPW-201HiguchiCleaning20180125-081517.JPGKPW-201HiguchiCleaning20180125-081407.JPGKPW-201HiguchiCleaning20180125-081446.JPG
わぁ、キレイになった。
そうそう新品の時ってこんな感じだったよ、忘れてたw。
「カワサキペア」にベンジンを入れ、火口を取り付けて、チャッカマンで炙る。
KPW-201HiguchiCleaning20180125-082101.JPG
おぉ、明らかに発熱が早い。
そして、安定している。
これは、前回より更に好感触。
時間や手間はかかるけど、やっぱりマジックリンドブ漬けの方が効くみたい。
これからは、これでいこう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。