2015年06月07日

TL125フィールドトリッパーのテールバッグ交換

ともかく公道をあんまり問題無く走れるようになってきた我がコヤマ君。
少しずつ、外装品の手入れも始めよう。

イの一番にやるのは、ともかくウチに来た当初から気になっていたヨレヨレのテールバッグ。
TailBagKoukan@8118km20150607 083210.JPG
外から見てもひどいのだが、中はもっとひどい(T_T)。
TailBagKoukan@8118km20150607 083222.JPG
先日の雨は溜まってるし、錆やらカビやらで見事なまでに気持ち悪い状態。
TailBagKoukan@8118km20150607 083734.JPGTailBagKoukan@8118km20150607 090640.JPG
もう、こりゃ廃棄だわよ;;;。

テールバッグを取り外すと、テール周りはこんな感じにスッキリ。
TailBagKoukan@8118km20150607 083836.JPG
純正パーツとしては廃盤らしいので、このままでもイイかなとも思う。

だが、実はリプロ品をずいぶん前に入手していたのですよ。
PICT0002.JPGPICT0007.JPGPICT0004.JPG
2011年の10月末に、ヤフオク経由でたしか送料入れて3500円くらいだったと思う。
PICT0010.JPGPICT0013.JPGPICT0011.JPG
耐久性に関しては使っていないから何とも言えないけれど、この手のバイク用バッグとしては作りも縫製もキチンとしている。

新旧比較。
TailBagKoukan@8118km20150607 085614.JPGTailBagKoukan@8118km20150607 090458.JPG
写真だと非常に見分けがつきにくいとは思うが、おそらく右がリプロの新品である。
リプロの方が若干大きい。
でも、取り付けには問題無い。
むしろ容量アップはありがたい事だ。

新品バッグには、底面の取り付け用穴が開いていないので、キャリアの穴と現物合わせで印を付けて、ドリルとカッターで穴を開け、旧バッグから凸型ワッシャーを移植。
TailBagKoukan@8118km20150607 091804.JPG
あとは取り付けるだけだけど、せっかくなので取り付け枠を車体から外して、5-56とスチールブラシで汚れと赤錆落とし。
TailBagKoukan@8118km20150607 094148.JPG
この青い金属枠、パーツリストによると正式名称は「テールグリップパイプ」。
ウチのTL125[J]フィールドトリッパーでは、普通の「リアキャリア」はオプション設定だったらしい。

さて、テールバッグ底面の樹脂製プレートは、旧バッグから移植使用するけれど、布製バンド類の付いた板金具については要検討という事にして、今回は適当なワッシャーを使って固定した。
TailBagKoukan@8118km20150607 100110.JPG
ファスナーの引っ張るヤツも、そのままだとちょっと使い難そうなので、適当な輪っかを付けてみた。
TailBagKoukan@8118km20150607 100422.JPG
ほい、新しい青いお尻になりました^^。
TailBagKoukan@8118km20150607 100714.JPG
こういうものでも新しいと気分がイイ。
TailBagKoukan@8118km20150607 100010.JPG
ただ…、ココって何を入れたらいいんだろう?
貴重品入れるのは不用心すぎるし、紙や布のものだと雨で濡れちゃいそうだし、重量物入れるには強度が足りないし…。
悩ましいw。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。