2015年05月18日

TL125のフロントサス オーバーホール@8109km

昨日、晴天の日曜日、かねてからの懸案だったTL125コヤマ君のフロントサスの分解整備をした。

積算走行距離8109km。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150518 181252.JPG

物置から久しぶりにジャッキを運び出して、13時作業開始。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 125531.JPG

メーターカバーを外す。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 130154.JPG

ブレーキパネルから、スピードメーターケーブルとフロントブレーキケーブルを外す。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 134017.JPG

アクスルシャフトのナットを少し緩めてから、ジャッキアップして前輪を浮かせる。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 134235.JPG
ナットを外しアクスルシャフトを抜いて、ホイールを外す。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 134944.JPG

フロントフェンダーを外す。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 135439.JPG

ステアリングトップとボトムブリッジの割り締めボルトをゆるめると、フロントフォークはスボンと抜ける。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 135930.JPG
のんびり慎重にやったが、ここまでは順調、1時間ほど。

外したフォークを、余裕で観察w。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 140934.JPG
インナーパイプのブツプツ錆びは納車当初からあったものだけど、分解後再組立てする前に、サンドペーパーで凸だけ均しておこう。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 140945.JPG
“SHOWA”製なんだね。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 141019.JPG
サービスマニュアルには「規定オイル:ホンダATF」と乗っているけど、ココには「ホンダウルトラクッションオイル」と記されているね。
ま、今回は、いずれにしても違う物を入れるのだけれどw。

では、フォークの分解にかかろう。

ダストシールの劣化がひどかった右フロントから着手。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 135440.JPG
インナーパイプ頭頂部のフォークボルトを外すと、スプリングカラーとスプリングシートとスプリングがビヨンと飛び出すぞ、気をつけろ!
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 141913.JPG
フォークを逆さにしてオイルを出してみると、こんな具合。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 142325.JPG
こりゃ、ひどい;;;。

今回のフロントサスのオーバーホールにあたって最も恐れていたフォーク下部のへックスボルトは、電動インパクトレンチを持ち出すまでも無く、あっけなく外れた。
ボトムケースから、フォークピストンとリバウンドスプリングとオイルロックピースを取り出す。
簡単だったので、撮影省略w。

続いて、シール系の取り外し作業。
ボロボロだったダストシールを手でむしり取り、細いマイナスドライバーでオイルシールストッパーリング軽くこじってを外し、オイルシールをマイナスドライバーでこじって外す。
…と思ってたら、このシールが固着していてどうにもこうにも外れない。
少なくとも、サービスマニュアルで「ドライバーのようなもので、オイルシールを徐々に取り外す」なんて事はムリ(>_<;)。
ともかく外れなきゃどうしようもないので、色んな道具を使って、多少乱暴な事もしつつ、何とかもぎり外した。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 151833.JPG
フォークの中は、こんな様子。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 151909.JPGFrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 151903.JPG
なにやらウンコまみれ的。

もぎり外し方が分かったので、左の分解は、わりとラクだった。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 152715.JPG
ダストカバーが何とか用をなしていたため、左フォーク内はウンコ状態ではなかった。
よって、これも撮影省略。

外されたシール関係のみなさん。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 152835.JPG

バラされたフロントフォーク部品のみなさん。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 153354.JPG
この時点で15時半。
先を急ごう。

昔ゴルフクラブの組み立てに使っていたファイバーグラス製の工具を流用して、5-56とパーツクリーナーとボロ布とタオルペーパーを使って、パイプ内の大掃除!
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 163937.JPG
どうだ!
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 164110.JPGFrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 164116.JPGFrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 164134.JPG
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 165146.JPGFrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 165203.JPGFrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 165215.JPG
塗装のハゲがひどい所は、軽くペーパーをあててから、タッチアップペイントで手塗り。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 173934.JPG
アラはもちろん目立つけど、この手のバイクの場合は傷み抑止が主目的だから、見た目は多少荒れててもそれなりに味が出るものだと、必死で思い込む事にした。

やらなくても大丈夫だとは思うけど、せっかくだからフォークスプリングの自由長を、巻尺でざっと点検。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 154300.JPG
サービスマニュアルによればTL125の場合「492.5mm以下 交換」との事なので、余裕で合格。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 154306.JPG

この時点で17時半。
もっと急ごう;;;!

組み立て作業開始。

ボトムケース下部のドレーンボルトを、ワッシャーを新品に交換してから取り付ける。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 182443.JPG

ピストンリングを、旧品(白)から新品(黒)に付け替える。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 180737.JPG
へックスボルトのワッシャーも新品に交換。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 181549.JPG
そして、インナーパイプの中にリバウンドスプリングとピストンを入れ、インナーパイプ下部でピストンをオイルロックピースに挿入し、インナーパイプをボトムケースに挿し入れ、ケース最下部でインナパイプ内のピストンをへックスボルトで固定する。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 183719.JPG
締め付けトルクは「1.5−2.5kg・m」との事なので、トルクレンチを持ち出して2.5で締めた。
うん、ほんと予想外にスムーズに作業できたわ、この部分^^。


ただ、この後、またオイルシールですごく手間取った。
ボトムケースにバックアップリングを入れてからオイルシールを打ち込むのだが、、手持ちのシールプッシャーだと所定の位置まで入らない。
う〜ん…。
コイツがキチンと入らなきゃ、今回の作業の意味がない。
ああして、こうして、結局、これまたちょいと荒っぽい事もして、入れました。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 200958.JPG
漏れるかもしれないけど、漏れたらまたやろうホトトギス。
ストッパーリングを入れて、ダストシールを取り付ける。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 201030.JPG
ふう、なんとかできた。

すっかり暗くなったので、20時22分、玄関内で作業。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 202223.JPG
フォークオイルの投入。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 202508.JPG
量以外はサービスマニュアルに従わず、BPをATF入れてみた。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 202732.JPG
規定量をちゃんと入れたので、オイルレベル点検は省略。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 203253.JPG
しばらく玄関の隅にもたれかかって、待っていてもらう。
多少の気泡抜きにはなるのかな、なったらいいな。

その間に、錆や汚れがひどかったフォークボルトとエアバルブを外して、5-56と金属ブラシでジックリ磨いた。
Oil@8109km20150516 123545.JPGFrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 211552.JPGFrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 213119.JPG
ゴム製のOリングは、念のため新品に交換した。

待たせてあったフォークに、フォークスプリングとスプリングシートとスプリングカラーを入れ、慎重に押さえつけながらフォークボルトをインナパイプ頭部にねじ込む。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 213049.JPGFrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 213641.JPG
よし、これで中古品(並)レベルにはなったかなw。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150517 213752.JPG

21時40分、再び玄関前に出て、取り付け作業。
暗いしやぶ蚊がうっとうしくてやり難いけど、こんなもの玄関前に置きっ放しじゃ、いくらなんでもマズい。
もう撮影なんかしないで、ゆっくり作業。
何度も間違うし、身体の色んな所が軽く攣るけど、DAKARAの大量服用で誤魔化して、ゆっくり納得いくように続ける。

0時16分、組み付け終了。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150518 001608.JPG
色んな工具を引っぱり出してきたので、片付けにも手間取って、深夜1時ようやく撤収。

ふう…。

そして今日の夕方、仕事から帰宅して、総チェック。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150518 181308.JPGFrontSuspensionOverHaul@8109km20150518 181300.JPGFrontSuspensionOverHaul@8109km20150518 181422.JPG
うん、まぁ、現時点の見た目上は大きな問題は無い。
問題はこれから乗っていて、どうなるかだな。
ただ、このままじゃ乗れない。
どうもブレーキ周りに少し5-56あたりが入ったみたいで、ブレーキがゆるゆる。
ブレーキ整備は必須。
ついでだから、シューも交換しちゃおうかな…。

ともかく大課題はクリアできた。
FrontSuspensionOverHaul@8109km20150518 181318.JPG
この夏はキミと走れそうだぞ、コヤマ君^^。
posted by REI at 22:00| Comment(2) | TL125−サスペンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした!
脚回りはいろいろと大変ですね。
安全にも直結しますし。
”たおやかな神”に行きましょう!
Posted by mucchi at 2015年05月21日 23:13
ありがとうございます(^-^)。
ただ、インナーシールの落ち込みにちょいと乱暴な事をしたので、ひょっとしたら再交換もあるかもしれません。
手順は分かったので、もう怖くないですが(笑)。
梅雨入り前にもう一度「たおやかなネ申」走りたいです^^。
Posted by REI at 2015年05月22日 02:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。