2015年04月23日

CG125 バルブクリアランス調整@23814km

久しぶりにCG125赤タフどんのタペット調整をした。

積算走行距離23814km。
BulbClearanceAdjustment@23814km15042320150423 161312.JPG

前回作業は4年半前
4000kmしか走ってないんだけど、なんかちょっとタペット音が大きくなった気がするんだよね…。
もっとも、CG125の場合、どれがどれだか分からないくらい色んな音がするんで、ひょっとしたらタペット音じゃないのかもしれないけどさw。
ま、やってみよう。

まずはエンジン左下部のシフトペダルとフライホイールカバーを外す。
BulbClearanceAdjustment@23814km15042320150423 162515.JPG

フライホイールやドライブスプロケットなど、普段見えない部分を点検。
BulbClearanceAdjustment@23814km15042320150423 162556.JPG
スプロケはさほど減ってないね。
BulbClearanceAdjustment@23814km15042320150423 162545.JPG
うん、これなら大丈夫。

エンジンヘッドカバーを外す。
BulbClearanceAdjustment@23814km15042320150423 162758.JPG

フライホイールにある「Tマーク」をケース側の切り欠きに合わせて、「ピストンが上死点にいて、バルブは吸排気とも閉じている状態」にする。
BulbClearanceAdjustment@23814km15042320150423 163207.JPG

それでは、バルブクリアランスの点検・調整にかかろう。
なお、作業方法としては、前回同様「1/8回転戻し法」を基本に、シックネスゲージを使わず行なう
この方法、目分量っぽいと言えば目分量っぽいけれども、それなりの根拠はある
僕自身はその根拠に納得しているし、前回それなりの結果が出たのだから、変える必要もあるまい。

まずは、キャブレターからつながる吸気側。
BulbClearanceAdjustment@23814km15042320150423 163641.JPG
ロッカーアームをつまんで軽く上下させてみて、極々ほんのわずかなカタつきを感じる。
クリアランスはゼロではない。
しかし、極々ほんのわずか。
このへんは数値化できないし、文章にもできない。
でも、これが「異常無し」の手応えなのだ。
うん、吸気側のタペット調整は要らないな。
このままでいい。

次に、排気側。
BulbClearanceAdjustment@23814km15042320150423 163624.JPG
ロッカーアームをつまんで、軽く上下に力を入れる。
BulbClearanceAdjustment@23814km15042320150423 163632.JPG
あ、明らかに吸気側よりクリアランスが大きい。
コッチは調整しよう。
10mmレンチで固定ナットを緩め、アジャストボルトの四角い頭を指でつまんで回しながら調整。
こんなとこかな…という所で、ナットを締める。
BulbClearanceAdjustment@23814km15042320150423 164545.JPG
極々ほんの少しだけど、アジャストボルトを締めた事になった。

コレでエンジンノイズ減るかな?
ただ、排気側のロッカーアームって、横方向のカタカタ感も感じるんだよね…。
ま、深追いするまい。
このあたりは実用上問題無ければ、シロートは良しとしておくしかない。

フライホイールとスプロケ回り、そしてカバー内側の汚れを拭き掃除。
BulbClearanceAdjustment@23814km15042320150423 170715.JPG
そして、組み直して作業終了。

エンジンをかけてみる。
うーん、あんまり大きな変化は無いみたいだ。
やっぱり色んな音がするw。
ま、悪くなってはいないようなので、すっとんおしまい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。