2014年12月12日

ぬかるみは続く

14時半に一旦帰宅。
夜の西東京仕事へ再出勤する前に、ザックスにトモスCDIを取り付けてみた。

ザックスからCDIコイルを外し、トモスのものと比較してみる。
TomosCDI1526yen20141212 152140.JPG
ユニットはトモス用の方が一回り大きい。
TomosCDI1526yen20141212 152211.JPG
だが、取り付け穴の大きさや位置は同じなので、フレームへの取り付けは簡単。
TomosCDI1526yen20141212 154303.JPG
また、ユニットからのリード線の長さもザックス用よりトモス用の方が短いが、茶色いアース線は、アースポイントをエンジンブロックではなくユニット裏にすれば、とりあえずイケる。
TomosCDI1526yen20141212 154225.JPGTomosCDI1526yen20141212 154235.JPG
赤い線も、取り回しを少し変えれば、端子交換無しで付いた。
TomosCDI1526yen20141212 154244.JPG
トモス用CDIコイル、付くには付いたが、さぁ、エンジンはかかるのか?
TomosCDI1526yen20141212 154208.JPG
キーをONにして、ペダルを漕ぐ!

…。

かかりません。
トモスCDIとザックスのそれとに互換性があるか否かは分からないけれど、ともかくこの手は使えなかった。

という訳で、元々のザックスCDIを戻し付ける。
TomosCDI1526yen20141212 155613.JPG

ふう…。

こうなってくると、ココもバラして、配線全ての導通やら何やらをチェックしなきゃダメか。
TomosCDI1526yen20141212 162815.JPG
フライホイールプーラーとやらを買わねばなるまい。
Generator12V50W.jpg
どこまで続くぬかるみぞ…。
ま、趣味はダメ元でイイから気楽だけどさw。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。