2014年11月12日

拭き拭き

ザックスを磨く。

リアキャリアをクリーナーワックスで磨く。
Clean@160km20141112 161700.JPG
ほんとドイツ的な作り込みがされていて、好きだ、コレ。

フットカバーをホルツのタイヤワックスで磨く。
Clean@160km20141112 161737.JPGClean@160km20141112 162055.JPG
なかなか見事に黒々光る。

無数のポツポツ錆びの出ているフロントフォーク下部を5-56とスチールウールとスコッチブライトで磨く。
Clean@160km20141112 161825.JPGClean@160km20141112 161837.JPGClean@160km20141112 161851.JPG
錆びのひどい右側の方がどうしてもくすんでしまうけど、仕方あるまい。

ザックス純正の自転車チリンチリンを磨く。
Clean@160km20141112 161804.JPG
フタを上に引っ張り外して、樹脂部品が多用されている内部にシリコンスプレーを吹き付けた。
新品のくせにどうも動きが渋かったんだけど、引っかからなくなったぞ、めでたい。

フロントブレーキの遊び調整。
Clean@160km20141112 161952.JPGClean@160km20141112 162008.JPG

リアのコースターブレーキの遊び調整。
Clean@160km20141112 162016.JPGClean@160km20141112 162027.JPG

最後に、先日磨いたリアサスをまた磨く。
Clean@160km20141112 162119.JPG
錆との戦いは、コツコツ続けるのが一番だ。

外観的には、なんとか「中の下レベルの中古車」にはなってきたかな^^。
Clean@160km20141112 165555.JPG

今日の作業の締めに、2ストオイルの入った携帯用ボトルをポケットに突っこんで、ガソリンスタンドへ行った。
Clean@160km20141113 002618.JPG
スタンドでの混合給油は初体験。
いちおう外車なのでハイオクガソリンを入れる。
ガソリンは2.99リットル入ったので、オイルをボトルで測って20x3=60cc注ぎ込み、キャップを閉めてから車体全体を軽く左右へ20回揺すった。
なぜ20回かというと、なんとなくw。
さぁ、これでもう納車時のガソリンは、タンクの中からほとんど無くなったろう。
もっともっと本領を発揮してくれ、極小ドイツ車よ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。