2014年11月12日

【ザックス】スパークプラグ交換B6HS→B5HS@160km

久しぶりの水木連オフの1日目。
イマイチな曇天なので、今日はウチでザックスいじりに徹しよう。

まずはエンジン回りを、5-56とボロ布とブラシでちょいと掃除。
SparkPlugB5HS@160km20141112 172909.JPG
このインテークマニホールドとエンジンブロックを固定している異形頭のボルトって、どうやって外すんだろ?
[後日記:このネジは“Fächerschraube”=「うちわネジ」というらしい。]
SparkPlugB5HS@160km20141112 172953.JPG
専用工具があるのかなぁ?
[後日記:このネジはいわばワン・ウェイネジで、「頭の中央にドリルで小さな穴を開け、そこにエキストラクターを突っ込んで回し抜く」のが正式な外し方らしい。ただ現実的には、頭に貫通ドライバーを当てて金づちで叩いて回すという手もあるそうな。]

おや?
その隣りのリード線取り付け部がおかしいぞ;;;。
SparkPlugB5HS@160km20141112 173154.JPG
グラグラというか、フニャフニャというか、ともかく配線の接続部としてはあまりに怪しい状態。
で、抜いてみた。
あぁ、割れてますわ。
SparkPlugB5HS@160km20141112 173330.JPG
しかも、ちょっといじったら、ポロッとなw。
SparkPlugB5HS@160km20141112 173411.JPG
あらま、付け替えなきゃ…。
平型端子、持ってたっけ…?
物置の工具箱をゴソゴソ…。
お、いつぞやダイソーで買ってのがあった^^。
SparkPlugB5HS@160km20141112 173554.JPG
電工ペンチで作業して、ほい、付いた。
SparkPlugB5HS@160km20141112 173627.JPG
端子セットの中にあった樹脂カバーも使ったから、ほのかなアップグレードだぜ。
SparkPlugB5HS@160km20141112 173742.JPG
このブラウンの線が何だかは知らない。
SparkPlugB5HS@160km20141112 173508.JPG
でも、コイル周りからシリンダーブロックに来ている線だから、キッチリ接続されてて悪いわけなかろう。

コイルとプラグケーブルとの接続、プラグケーブルとプラグキャップとの接続部、それぞれ緩んでいないかチェック。

それから点火プラグのチェック。
挿されているのは“NGK/B6HS”。
SparkPlugB5HS@160km20141112 173822.JPG
抜いて電極回りの状態を見る。
SparkPlugB5HS@160km20141112 173858.JPG
ふむふむ、それほどひどくは無いな。
でも更に焼け型に交換してみよう。
SparkPlugB5HS@160km20141112 173943.JPG
積算走行距離160km、“NGK/B5HS”に交換。
SparkPlugB5HS@160km20141112 172829.JPGSparkPlugB5HS@160km20141112 174016.JPG

あとは、腰上と腰下を留めている左右2本ずつのボルトに緩みが無いか確認。
SparkPlugB5HS@160km20141112 141546.JPG

さぁ、少しでも安定してまわってくれよ、505エンジン。
SparkPlugB5HS@160km20141112 174214.JPG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。