2014年06月27日

濡れ豚カブ通勤

今夜の西東京での仕事へは、カブで行った。
夕刻、ウチを出る時には、空には雲が多いものの青い部分もあって雨が降る雰囲気は無かった。
だが、所沢街道を東進していると、小平あたりでポツポツ。
「あら?」と思った次の瞬間、ドバーッと豪雨!
たちまちすぶ濡れ。
走る濡れ豚。
半袖ポロがずぶ濡れになるのは仕事での大汗でしょっちゅうだから何とも思わないのだが、ズボンやパンツがびしょ濡れなのは違和感特大。
しかも色んな所がかゆい。
弱ったなぁ…、この状態で仕事かよ(>_<;)。
と、思っていたら、西東京市に入ったあたりで雨が止んだ。
路面も乾いている。
あらまぁ、スポット的な豪雨だったんだな。
走ってれば少しは乾くかな。
という訳であたりをムダにウロウロ走って、仕事開始5分前に会場着。
Tsuukin20140627.JPG
ズボンはまだ濡れてはいるけれど、足にペターッと貼り付く状態は脱して、生乾きになったので、これならなんとか我慢できるぞ、ホッ(^。^)。

それにしても、RED FOXを入れたカブのエンジンは、ほんと超絶好調。
Oil@31880km20140622 174516.JPG
また繰り返しになるけど、エンジン音も回り方もシフトフィールも、クルマ用オイルを入れていた時とは全然違う。
走りに何の不安も無いから、ものすごく気持ちよくて、操縦する楽しみを感じる。
この赤い狐と青カブ君の場合でも、カストロールのGTXをフェリオに使った場合でも、エンジンと相性の良いオイルを使う事ってものすごく大切な事なんだと、あらためて思い知らされたよ。

あ、そだ。
どっかへ行ってしまったと思われていた青いキーホルダー付きの青カブ君のキー、今日、居間の隅から発見された。
SampoAikagi20140626 223022.JPG
もうちょっと色んな事をキチンとしないとダメだな、オレ。
反省。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。