2014年06月01日

とりあえず走ったぞザックス@74km

日曜オフ日。
午前中から昼過ぎまでは、樹脂製パイプ支えが変形破損してしまった古い洋服ダンスの修理と、これまた樹脂製の穴が破損した家人用のクルマのリモコンの加工をして過ごした。
室内作業だが、夏のような暑さのため、Tシャツ2枚が汗でびっしょり。
うん、両方とも上手くいったので、これはこれで充実した作業だったな^^。

そして14時過ぎ、こんどは青カブ君に乗って西東京の実家へ。
SachsRuns@74km20140601 141137.JPG
ザックスのエンジンがかかるか否かを確認するためだ。
こないだキャブ交換をした際にキーを忘れてしまったものでね(>_<;)。

実家に着いてすぐ、バイクカバーをめくってザックスの足元をチェック。
SachsRuns@74km20140601 145251.JPG
ふむふむd(^-^)。
燃料コックは敢えて「AUF=開」のままにしておいたけど、1週間経ってこの様子なら、キャブレターからの漏れは直ったと考えて良いだろう。

では、エンジンをかけてみよう。
今回は忘れずに持ってきたキーを挿してひねる。
SachsRuns@74km20140601 154653.JPG
そして、キック!
SachsRuns@74km20140601 154713.JPG
よし、かかったぁ(^o^)/。

一旦エンジンを切り、近所の都所有空き地まで押して行って、走行テスト。
おぉ、走る走る!
なかなか力強いエンジンじゃん、コレ。
ただし、少しやかましくて、乗り心地が硬くて、操作法がややこしくて怖いw。
左手クラッチ&グリップシフターも、ペダルを逆回転方向に踏んでかけるリアのコースターブレーキも、そうとう慣れが要るだろうなぁ。
でも、慣れたらこっちのもんだ!w
こんなヘンな原付乗ってるオッサンなんて、日本にそんなにたくさんいないだろうから、すこぶる立派な変わり者になれるのは間違いない(o^-')b。

あ、そうそう。
このオプティマ50、エンジンを切って、グリップシフトの位置を「2」に少し入ったあたりにすると、自転車のようにペダルをこいで走れる。
SachsRuns@74km20140601 155127.JPG
ただ、重くて遅い。
これで1km走れと言われても、僕はたぶん断る。

空き地をぐるぐる1km少々試走。
SachsRuns@74km20140601 172103.JPG
キャブといっしょに交換したスピードメーターも、ちゃんと機能してるぞ、めでたい。

そんなわけで、とりあえず走るようにはなった。
ただ、アイドリングはイマイチ安定しない。
もっとちゃんと調整しなきゃダメみたいだな。
でも、ほのかに明るい明日が見えてきたぞ^^。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。