2014年04月24日

青カブ君のリアスプロケットを36Tに戻した@31610km

昨年9月以来、フロント15T-リア35Tという青カブ君史上最もハイギアなスプロケット設定で乗ってきたのだが、先だってのカブ遠足では、やはり山道に入るとかなり走り難さを感じた
思惑としては「ハイギアードにして2速を多用」だったのだが、実際には2速でも苦しくてアップアップする局面が頻発。
エンジンやミッションの為にも良い設定とは思えないので、リアスプロケットを35Tから36Tへ変える事にした。

手持ちの36Tのドリヴンスプロケットは、青カブ君がウチに来た当初に付いていたもの。
SprocketRear35Tto36T@31610km20140418 013415.JPGSprocketRear35Tto36T@31610km20140418 013446.JPGSprocketRear35Tto36T@31610km20140418 013454.JPG
コレを外したのは2004年6月末
メーター上の積算走行距離は約3200km。
もしメーターの表示が本当なら、この純正36Tスプロケットは3200kmしか使われていない物のはずなのだが、あらためて歯を観察すると、どうも怪しい。
SprocketRear35Tto36T@31610km20140418 013523.JPGSprocketRear35Tto36T@31610km20140418 013820.JPG
当時はハッキリ分からなかったけど、今は断言できるぞ。
「このスプロケットは3200kmしか使っていない物ではない!」と(^o^)/。
少なくとも1万kmは使ってるよなぁ…。
という事は、10年前に青カブ君がウチに来た時の1555kmという積算走行距離も、本当じゃないだろう。
ヤフオク出品者が、おそらく走行距離を誤魔化す為というよりメーター不動を直すために、メーター交換したのだろう。
本当の積算走行距離は「表示プラス1万km」だと思おう。
「プラス2万km」でも良いのだが、めんどくさいので「おしるし程度」の加算だ。
そして、その加算も、あくまで心の中でつぶやくだけにする…。

青カブ君の現在の積算走行距離は31610km。
SprocketRear35Tto36T@31610km20140524 134904.JPG
何も足さない、何も引かない…。
うん、分かっているから、これでいいのだ。

さて、ポカポカな春の青空の下、リアスプロケット交換作業開始。
SprocketRear35Tto36T@31610km20140524 134833.JPG

青カブ君の場合、まずは水本マフラーのタイコ部を外す。
SprocketRear35Tto36T@31610km20140524 135103.JPGSprocketRear35Tto36T@31610km20140524 135202.JPG
この安物のスプリングプーラーは、買っといて良かったと思える工具のひとつだわ。

タイコを外すと、リアホイールの取り外し作業は、スペースがある分、純正状態よりずっとラク。
SprocketRear35Tto36T@31610km20140524 141048.JPGSprocketRear35Tto36T@31610km20140524 141106.JPG
ほい、取れた。

リアスプロケットは、ホイールを寝かせた状態で固定ナットにレンチをかけて、取り外す。
SprocketRear35Tto36T@31610km20140524 141243.JPG

2011年の暮れから3259km走った“JOMTHAI ASAHI”の35Tスプロケット。
SprocketRear35Tto36T@31610km20140524 141433.JPGSprocketRear35Tto36T@31610km20140524 141453.JPGSprocketRear35Tto36T@31610km20140524 141554.JPG
まだ新品同様だ。
今まで使ってきた35Tと、これから付ける純正36Tを、並べて目視比較。
SprocketRear35Tto36T@31610km20140524 141719.JPG
直径の差が、わずかではあるけれど、しかしハッキリと分かる。

スプロケ取り付け前に、ハブをお掃除。
SprocketRear35Tto36T@31610km20140524 142806.JPGSprocketRear35Tto36T@31610km20140524 142817.JPG
こういう物って、こういう時じゃないと掃除できないし、こんなイイ天気でしかも気分もヤル気モードじゃないとやれないからねw。
そして、ハブをホイールに載せて、36Tスプロケットの取り付け。
SprocketRear35Tto36T@31610km20140524 143903.JPG
サービスマニュアルに、固定ナットの締め付けトルクは2.7〜3.3kg-cmと記されていたので、トルクレンチを使って3.3kg-cmで締めましたよ。
普段はずさんなオッサンも気が乗ると妙にマメだ。

良い機会なので、リアブレーキ周りを点検。
SprocketRear35Tto36T@31610km20140524 145200.JPG
ブレーキパネル側は、汚れを落として、摺動部にグリースを塗った。
ブレーキシューは順調に減っているので、次のタイヤ交換の時には前後とも新品交換しよう。
SprocketRear35Tto36T@31610km20140524 145236.JPGSprocketRear35Tto36T@31610km20140524 145303.JPG
ライニングが減れば当然カスはドラム内に溜まるので、こちらもお掃除。
SprocketRear35Tto36T@31610km20140524 145625.JPGSprocketRear35Tto36T@31610km20140524 145916.JPG
最後にもう一度、油が付いてはいけない場所を、パーツクリーナーブシャーッと洗浄した事は言うまでも無い。

タイヤも、減ってはきたけど、今年いっぱいは大丈夫だろうな。
SprocketRear35Tto36T@31610km20140524 150536.JPG

かくして、あとは36Tスプロケの付いたハブとリアホイールを元通りに組み付ければいいだけなのだが、ここでいつも僕はちょっと迷うのだ;;;。
えっと…、このスペーサーの刻線は、車体の外側に来るんだっけ?
内側だっけ?
SprocketRear35Tto36T@31610km20140524 151106.JPG
急いでウチの中に入って、サービスマニュアルを確認する。
SprocketRear35Tto36T@31610km20140524 151023.JPG
あ〜、線は内側ですな。
「線は〜ウチ〜!」
「線は〜ウチ〜!」
「線は〜ウチ〜!」
「線は〜ウチ〜!」
「線は〜ウチ〜!」

忘れないように大き目の声で独り言を言いながら、取り付け作業。
はい、間違えずに付けられましたd(^-^)。
SprocketRear35Tto36T@31610km20140524 152807.JPG
「線は〜ウチ〜!」(^o^)/

苦手なチェーン張りも、1発オッケー。
SprocketRear35Tto36T@31610km20140524 152849.JPG
この作業にもだいぶ慣れたな。
石の上にも三年。
生まれながらの長老無し。
野菜もたくさん食べよう。

これで、フロント15T-リア36T。
SprocketRear35Tto36T@31610km20140524 153419.JPG
チェーンカバーの内側をボロ布で掃除して、取り付け。
SprocketRear35Tto36T@31610km20140524 155743.JPG
はい、誰にも分からなくなりましたw。

様々な変遷を経て、カブ70の純正状態からフロントスプロケだけを1Tアップしただけに戻った青カブ君。
減速比は、純正2.571や青カブ史上最高ギア2.333から、2.400へ。
この夏は、これで行く。

+++++

なお、カブの前後スプロケット交換による減速比の変化については、コチラも参照あれ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。