2014年04月12日

50ccもいいなあ

今夜は大学OB男声の指導。
駅までK50まほろば号で出た。
CA3I0043.jpg
数週間ぶりの始動だったけれど、チョークを引いてキック数回で目覚めた。
シリンダーブロックとクランクケースとの接合部からのわずかなオイル滲みは相変わらずだが、走行中のエンジンフィール自体は快いもの。
普通の道を普通に走る分には、昨年の焼き付き補修の影響は全く感じない。
ちょっと振動の大きい電気モーターのようで、すごく楽しい。
むしろ回転の上がり方がスムーズすぎるくらいなので、エンジン保護の為には、フロントスプロケットを1T大きくした方が良さそうだ。
現在は、リアのドリヴンスプロケットを1T大きくして、「コレダ50スクランブラー」と同じスプロケ設定にしてあるので、フロントを1T上げればK50純正状態より少しだけハイギアで丁度良くなる気がする

あ〜ぁ、それにつけても、早くエンジンをキチンと直してやらなきゃ。
50cc原付のこんなに小気味良い走行感を近場限定でしか楽しめないなんて、もったいない(>_<)。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。