2013年08月22日

CG125 バッテリー交換@22680km

午後、チャチャッと赤タフどんのバッテリー交換をした。

積算走行距離22680km。
BatteryNewSetting@22680km20130822 133801.JPG


“KAMIKAZE”という全く以って生産国不明なバッテリーを使い始めたのは、2010年1月4日16404km時。

BatteryNewSetting@22680km20130822 134148.JPG
あれから3年8ヶ月。
走行距離こそわずか6200kmだけれど、だからなおの事、恵まれない環境の中で良くもったよなぁ、この2108円バッテリー。
おつかれさまでしたm(_ _)m。

さ、これからは台湾生まれの日本メーカー製品に頑張ってもらおう。
BatteryNewSetting@22680km20130822 135009.JPG
よろしく頼む。
BatteryNewSetting@22680km20130822 135800.JPG
この記事へのコメント
私も以前はツーリング時はパンク修理剤を積んでいたのですが最近は自転車のパンク修理道具と簡易空気入れにしました
原付だと自転車のパンク修理みたいにタイヤを外さずにやっちゃいます 
チューブ入りタイヤはいつもパンクの心配しないといけないのでたいへんです
中華製バッテリーですが以前にネット購入して使い物にならずショックでした
台湾ユアサはやっぱりよかったです
次回のブログ楽しみにしています
Posted by よっぱらい at 2013年08月23日 06:39
してみるとKAMIKAZEは結構もった(年数的には)んですねえ。
台湾ユアサは良いんですが、使っていないとヘバるのが早い印象があります(@べスパ)。もっともCGはセル無いから影響は少ないかもしれません。
Posted by mucchi at 2013年08月23日 10:18
> よっぱらいさん

10年前のバイク復帰時にパンク修理剤か修理キットか迷ったのですが、夜間の山間部でパンクした場合の事を考えて、ともかくすぐ走れるようになる修理剤をチョイスしました。
修理剤を使うと、その応急処置後はチューブもタイヤも新品交換しなきゃならないのですが、ま、原付ならとんでもない値段にはならないですし^^。

バッテリーは、たしかに中国製は当たりハズレが大きいですよね。
僕も色々試しましたが、最近では日本メーカーの海外工場製か台湾メーカー製に落ち着いてます。

> mucchiさん

ほんと、予想外にもちましたよ、KAMIKAZE。
正直言って当初は「ネタ」のつもりで使い始めたのですが、いつしかバッテリーの事なんてすっかり忘れてしまうくらい問題無く使えました。
たしかに、セルモーターの付いているバイクだと、バッテリーの重要性はもっと大きいんでしょうねぇ。
ウチのは全部セル無しだし。
あ、TLなんてバッテリーすら付いてないかw。
Posted by REI at 2013年08月24日 01:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。