2013年06月09日

K50 補修用ピストン到着

今日は朝10時から浜松で混声合唱団の日曜練習だった。
6時起きで電車移動。
10時から17時までびっちりと練習して、その後20時少し前まで団員Nさんのお宅でのBBQに参加。
このNさんについては、ちょうど1年前、GN125Hについてこのブログにも書いた
その後、俄然バイクに目覚めたNさんは、中型二輪免許を取ってしばらくエストレアに乗り、その間に大型二輪の免許も取り、今月初めに新しい大型バイクに乗り換えた。
BMW/R1200GS
ガレージで拝見して、ちょっとまたがらせてもらってエンジンかけたけど、水平対向だから、セルが回ると一瞬車体が左右にブルッとするんだよね。
各部のクオリティーが高いのはもちろん、溶接なんかは明らかに職人の手作業によるハンドメイド感を残した仕上がりにしていて、なんとまぁ魅力に満ちた「趣味物」なんだろうと感服させられた。
やっぱりイイなぁ、デカいバイクも欲しいなぁ(笑)。

大汗かいた後なので、やたらビールやワインの回るのが速く、軽い頭痛と睡魔に襲われ始めたところで私は帰路へ。
新幹線〜山手線〜西武池袋線〜タクシーで、23時40分帰宅。
するとパソコンの前に小さな少しひしゃげた箱が置かれていた。
PistonSetOS0.5Touchaku20130609 235916.JPG
おやおや?
これはひょっとして…。
開封。
やっほー!
来たぞ、OSピストンキット^^。
PistonSetOS0.5Touchaku20130610 000239.JPG
白い外箱はひしゃげていたけど、プチプチにくるまれていた中身はたぶん無事。
ピストンと、ピストンピンと、ピストンリングと、サークリップ2個。
PistonSetOS0.5Touchaku20130610 000503.JPG
ピストンの頭には、.50の刻印有り。
PistonSetOS0.5Touchaku20130610 000535.JPG
5/31に発注して、6/9に到着。
ほんと便利になったよなぁ。
ポーランドなんて、今日び、すぐそこだわw。

ま、私は今しばらく小さいバイクで遊んでいこう(^-^)。
さてと、安心して、シャワー浴びて、屁ぇこいて、寝よっと。
posted by REI at 23:59| Comment(9) | K50−エンジン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ、つるこうでオマ!

ポーランドから1週間くらいで届くなんて、すごい事ですね。
部品は全部揃ったのですか?
いよいよ手術が始まるのでしょうか。
その際は写真と共に詳しくお願いします。
参考にさせて頂きます。

Posted by つるこう at 2013年06月10日 20:57
お。たのしみですねえ。
Posted by mucchi at 2013年06月10日 21:51
> つるこうさん

こんばんは、もうかりまっか?^^
半月以上は当然かかるものだと思っていたので、この発注先のレスポンスの素早さには感動しました。
ほんとうに便利な世の中になりましたねぇ。
まほろば号、「手術」というほど大げさな事にはならないです。
シリンダーとヘッドカバーとを外して、OSピストンキットと、各部のクリアランスデーター等が記載されたサービスマニュアルのページのコピーといった物を持参して、新座にあるエンジン工房に行ってみるつもりです。
加工費用を訊いてみないとハッキリした事は言えませんが、いちおう今の予定としては、@シリンダーのポーリング&ホーニング加工,Aヘッドカバーの接触面にわずかな歪みがあるみたいなのでその平坦化のための面研磨をやってもらうつもりです。
ただ工賃が高かったら@だけにするかも。

> mucchiさん

エンジン屋さんって入った事無いので、いいトシこいてちょっとドキドキしてますw。
Posted by REI at 2013年06月11日 02:05
私はボーリングの経験ないんでわからないんですが、
OSピストン入れた場合ジェッティングとかは必要なんでしょうか。

こんな単純な計算じゃないとは思うんですが、ピストン径から計算した旧ピストンとの面積比で5%ぐらい差があるので空燃費が変わってこないのか疑問です…
Posted by mucchi at 2013年06月11日 11:58
僕も0.5mmオーバーサイズの影響がどのくらいになるのか気になったので、計算してみました。
K50エンジンは、ボア41.0mm、ストローク37.8mm。
排気量49.9ccです。
0.5mmボーリングすると、ボア41.5mm、ストロークは変わらず37.8mm。
排気量は51.1ccで、2.5%の増加になります。
ただ、予定通りシリンダーヘッドの面研を行なうと、増加分は少し減るはず。
まぁ、たかだか50ccのエンジンの0.5mmボーリングだと、現実的な変化は小さいものでしょう^^。
もっとも、キャブレターのオーバーホールの準備はしてあるので、ひょっとしたら将来的にMJ交換も有りや無しやw。
このボーリングでパワーアップはまったく狙っていなくて、あくまで修理として以前の電気モーター感が取り戻せたらなと思ってます。
Posted by REI at 2013年06月12日 02:30
お久しぶりです。まほろば号、主人に色々やってもらって嬉しく思っていることでしょうね!
( ^ω^ )

実は僕が今回コメントするのは、大変失礼なのですが自分のコレダの事なのですが…よろしいでしょうか?
(T ^ T)
実は最近まで元気に走っていたのですが、今日のまさに今さっきなのですが、ヘッドライト、テールランプ共に点灯しなくなったのと、エンジンが全く動かないのです。
ライトに関しては、配線やらなにやら見て見たのですが、これと言った不備は見つからないのです。それにウインカー、ブレーキランプなどのバッテリーから出力している灯火類に関しては問題ないのですが、発電機から電源をもらっているヘッドライト、テールランプだけつきません。

さらに、エンジンも全くキックしても動きません。押しがけも試して見たのですが、完全に火が飛んでいないか、イグニッションコイルか、どこかに不良があると思われますが、ここは経験の多いREIさんにお聞きするのが良いのではないかと思いコメントさせていただきました。

記事とは全く関係のないコメントで大変失礼いたしました。
Posted by いってぃ at 2013年07月11日 01:58
こんな異常な暑さでは、クルマでもバイクでも、走っていてパッタリ止まるなんて事も少なくないでしょうね…。
お気の毒に…;;;。

症状から考えると、発電機からの電気が通らなくなっているんでしょうね。
サービスマニュアルを眺めつつ、原因として考えられるのは…
@イグニッションSWの不良
Aフライホイールマグネットの不良
Bイグニッションコイルの不良
CCDIの不良
Dレギュレートレクチファイアーの不良
Eどこかのケーブル断線
…って感じかなぁ。

誰か、もっと確かなアドバイスを、いってぃさんにしてあげられませんか?
おねがいしますm(_ _)m
Posted by REI at 2013年07月11日 03:26
遅れました(´Д` )ありがとうございます!

ご丁寧に項目ごとで助かります!
エンジンは見事かかりました!原因はイグニッションスイッチから出ているコードの断線でした(´Д` )まさかとは思いましたが見事に切れてました。最初にここから調べようと思ったらタイミング良く見つかりました!

続いてリアのテールランプのポジションとヘッドライトなのですが、球切れでした。フロントリア共に両方だったので、まさか球切れなんてと思ってもいなかったのですが、実は新しく買った球も一日で切れました。
これは整流してるレギュレータの問題ですかね?過電圧がかかってブチンっと切れてるのかという問題が出てきました。
問題だらけの問題児です。(´Д` )
Posted by いってぃ at 2013年07月14日 12:39
トラブルシューティング成功、おめでとうございます!^^
暑い中、スピーディーに取り掛かったヤル気が、見事に当たりくじを引き当てましたね(^-^)。
僕も見習わなきゃ…;;;。

原付バイクのヘッドやテールのタマ切れが頻発した時は、レギュレーターの異常を疑うのはもちろんですが、バッテリーの劣化も疑ってみましょう。
古い設計の原付の電装系って、バッテリーが単なる充電器としてだけではなくて、コンデンサーとして電源の安定化のために働いているので、バッテリーがヘタった時に気持ち良く全開走行していると、いつの間にかストップランプやテールランプが点かなくなったりする事が良くあります。
僕も、青カブ君でそんな事がありました^^。
Posted by REI at 2013年07月14日 19:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。