2013年06月03日

K50 コンロッド小端ベアリング入手

今日は珍しい月曜オフ日で、天気も梅雨とは思えないような快晴だったのだが、昨夜から何故か変な咳と喉の痛みが出てきた。
いかんなぁ、季節の狭間のマイ名物、喉風邪だわ。
今日はバイク遠足は自重して、ウチや近場で過ごすか。
あ、そうだ!
金曜日の午後に発注したまほろば号のベアリングを取りに行こう。
Bearing for ConRodSmallEnd20130603 150020.JPG
ほんとイイ天気だ。
近いんだから半袖Tシャツで行っちゃいたいところだけど、やっぱり薄手の作業着ジャケット羽織るあたりが、転倒経験有りのオッサンなのだ。
ズル剥けキズは痛いからイヤなのだ(T_T)。
ほい、着きました、「スズキワールド所沢」。
Bearing for ConRodSmallEnd20130603 150601.JPG
いいなぁ、もう少し大きいバイク…。
将来、子等が独り立ちした暁には、趣味のクルマとして軽の2シーターに乗りたいので、大排気量のバイクにはまったく興味が湧かないのだけれど、でも250の高速道路も走れるバイクも1台欲しいのは確か。
新車など買える経済状況では無いのも、更に確か。
そして最近250の中古車相場が高騰しているのも確かだし、買ったところで置き場所が無いのも確か。
そんな分厚く硬すぎる現実の只中に生きるオッサンに、389円のパーツの優しさが目に沁みる。
Bearing for ConRodSmallEnd20130603 161609.JPG
あぁ、素晴らしきかな、原動機付き自転車!(^0^)
そういえば昼メシを食っていなかった…。
心と内臓のひもじさに気付いた哀れな中年男は、単身、イオンを訪れた。
Bearing for ConRodSmallEnd20130603 152827.JPG
そして、フードコートの「築地 銀だこ」の前に単身並び、焼き上がるのを20分くらい単身じっと待ち、「てりたま 8個」600円と「銀だこ烏龍茶」100円を単身買い、イートスペースで単身食したのだった。
Bearing for ConRodSmallEnd20130603 154946.JPG
うむ。
「築地 銀だこ」のたこ焼きは、揚げタコ焼きに近いので、周りはパリッとしていて、中はジュワトロなのだ。
アチアチである^^。
ウマウマである^^。
ん…、何か視線を感じる…。
あ、ペットボトルに描かれたたこ焼きちゃんのつぶらな瞳が、そっとこちらをチラ見しているのだ。
そのわずかにずらされた視線は問いかける。
「オッチュン、おいちいでちゅーか?さびしいでちゅーか?」
私は心の中で返答する。
「おぉ、両方とも答えは然りである。」
そして、「“はい、アーンして^^”“おいちいね〜^^”なんてバカップルにも、一生に一度くらいはなっときゃよかった」などと、もはや考えても見事に無駄な反省をしつつ、あっという間にたこ焼きを食い尽くしたのであった。
ごちそうさまでした(-人-)。
さてと、いつもながらの遅昼食を摂り終えたところで、さっき受け取ったベアリングを観察してみるかな。
Bearing for ConRodSmallEnd20130603 161734.JPG
小さいながらに、存在感の妙に強いパーツだなぁ、ベアリングって。
Bearing for ConRodSmallEnd20130603 161807.JPG
人類と摩擦抵抗との闘争から生み出された結晶。
Bearing for ConRodSmallEnd20130603 161815.JPG
肉眼ではただの内壁や細い棒に見えても、実はオイルを抱える凹み付きだったりする。
Bearing for ConRodSmallEnd20130603 161900.JPG
こういう物を作るための経験やデーターやノウハウは、まだまだ日本は世界の最先端のはず。
これからどんどん人口が減り、当然衰退していく国ではあるのだが、出来る限りがんばろう日本!
南北に長いぞ日本!
ほんとは梅雨だぞ日本!
関東人だって時々むしょうにたこ焼きが食いたくなるんだ日本!
でも粉物のコストパフォーマンスの高さでは関西には全くかなわないぞ日本!
話は飛ぶけど、ペアリング君、キミをこの生地に入れて焼いたら「ベアリング焼き」になるんだろうか?
サイズ的には普通のたこ焼き器で作れるね。
金属を食すのが好きな命知らずは、是非お試しあれ。
個人的には、「カナブン焼き」やら「幼虫焼き」を食すよりは、何千倍もマシだと思う。
と言うか、虫はダメだ、虫はっヾ(`^´)!
ま、そんなわけで、小さなエンジンの小さなコネクティングロッドの小さい方のエンド用のベアリングとの貴重な会話を果たした百貫デブなオッサンは、再び小さな原付バイクにまたがって走り出したのだった。
ただ、今日は近場だけ。
Bearing for ConRodSmallEnd20130603 164838.JPGBearing for ConRodSmallEnd20130603 165120.JPGBearing for ConRodSmallEnd20130603 170534.JPG
さわやかな風。
でも残念ながら、やっぱり本調子じゃないわ、エンジン(T_T)。
いちおうフルスロットルじゃなくても50km/h以上出るような気はするけど、以前の絶好調時の電気モーターみたいな感じとはかなり違う。
発熱量もなにやら少し多いようで、これで長距離走ったらまた抱きつくのは想像に難くない。
無理し過ぎてもっとひどい事になる前に、オーバーサイズピストンセットが届いたらすぐにボーリング屋さんに加工依頼しなきゃな。
ま、そんな風に、梅雨の晴れ間の貴重なオフ日はグダグダと過ぎていったのであった。
posted by REI at 19:14| Comment(2) | K50−エンジン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コンロッド用は規格が違うんですぜ(内燃機用って強化品なのです)

昔ウサギの偉い人が大端に代替品としてゼンコロ突っ込んで・・・走行中に粉砕したそうです。
怖いですよおw

ボーリング出す際はマニュアルでピストンクリアランス等をご確認ください!
おまかせで!っていう手もありますが。

ピストンを預けてっていうやり方もあるようです。
Posted by chanch at 2013年06月03日 22:46
わぁ、やっぱりそうなんだ、内燃機用規格品。
そりゃそうですよね。
あんな過酷な所、次の世でベアリングに生まれ変わったとしても、絶対に配属されたくないもの…。

粉砕って、それも怖いけど、代替品として全コロ入れるってw。
ウサギ飼いの皆さんの執念は、すごい^^。

ボーリングの時には、シリンダーブロックとオーバーサイズピストンと持っていきます。
初めてなので、できたらついでに色々教えてもらうつもりです^^。
ピストンクリアランスっていうのが、手持ちの資料の中で今のところ発見できていないのですわ…;;;。
工賃次第では、シリンダーヘッドの面研も頼むかもです。
なんか少し平面が狂ってるみたいなんですよね、アルミ製のシリンダーヘッド。
Posted by REI at 2013年06月04日 00:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。