2013年05月10日

K50 オイルポンプコントロールケーブル調整@13955km

午前と夜の仕事の狭間、急いで帰宅して、K50まほろば号のオイルポンプ調整をした。

積算走行距離13955km。
OilPumpAdjust@13955km20130510 154534.JPG
この作業は以前やった事があるので、わりと気楽だ^^。

まず、エンジン右下に4本のネジで留まっているキャブレターインスペクションキャップというフタを外す。
OilPumpAdjust@13955km20130510 150908.JPG
キャブレターのボアを見ながらアクセルグリップを少しひねり、スロットルバルブの丸い凹みマークの上端とボア上端とが一致する位置で、グリップをガムテープなどで固定しておく。
OilPumpAdjust@13955km20130510 151032.JPGOilPumpAdjust@13955km20130510 151211.JPG

次に、車体左側に回り、エンジン左下後方のスプロケットカバーを外す。
OilPumpAdjust@13955km20130510 151444.JPG
ネジ1本で留まっているオイルポンプインスペクションカバーを外す。
OilPumpAdjust@13955km20130510 152018.JPG
上方からのケーブルと繋がったオイルポンプのコントロールレバーがある。
OilPumpAdjust@13955km20130510 152349.JPG
マニュアル通りだと、このレバーの刻線とポンプボディーの刻線とが一致するように上のアジャスターで調整するのだが、今回はオイル供給量を少し増やしたかったので、短い方の刻線に合わせてみた。
OilPumpAdjust@13955km20130510 152752.JPG
以前やった時にも思ったんだけど、このレバーにいくつもある刻印や長短の刻線ってどういう意味があるんだろうね?
OilPumpAdjust@13955km20130510 152818.JPG
サービスガイドにも、サービスマニュアルにも、そこらへんの事は詳しく書かれていないけど、ともかく短い刻線に合わせた方がレバーを少し引っ張る形になるからポンプの咄出量は増えるだろう。

さぁ、これでどうかな?

それにしても、以前の記事を見直すと、まほろば号って、ウチに来た時点ではえらくオイル量絞ってあったんだなぁ。
OilPumpCable12406km2011_0918_141324.jpg
このあたり、面白いような怖いような中古車の醍醐味だね^^。
この記事へのコメント
>まほろば号って、ウチに来た時点ではえらくオイル量絞ってあったんだなぁ。

有名な「マフラー詰まり」(CCISによるオイル供給過多)の対策ですかねえ?
Posted by chanch at 2013年05月10日 19:53
>「マフラー詰まり」(CCISによるオイル供給過多)の対策ですかねえ?

う〜ん、その割には、バッフルはそこそこ詰まっていたような(笑)。

最初の頃に書きましたが、そもそもこの個体、車体番号とエンジン番号が大きく違うんですよ。
色々と謎はあるのですが、もう詮索しても仕方ない。

もしまた抱きついたら、今度はボーリング屋さん持って行って、シリンダーを削るというか磨いてもらおうと思ってます。
近場では、新座にエンジン工房があるみたいなので。
で、ピストンは新品に。
まだまだコイツに乗りたいですから^^。
Posted by REI at 2013年05月10日 22:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。