2013年02月01日

なかなか良いぞ スキー手袋

今夜の西東京仕事へはK50まほろば号で行ってきた。
20130201.JPG
メットは、マルシンのXLジェット。
ウェアは全てモノタロウで買ったもので、裏フリースハイネック長袖シャツに、NEOソルジャーブルゾンに、生地厚めのワークパンツ。
そして両手には、先日買ったサロモンのスキー用グローブ。
靴は、昨年11月に買ったプラ先芯セフティだけど、これは2か月半ほぼ毎日履いてたら底の一部が剥がれてきたので、もうぼちぼちお役御免だな。

さて、全くいつも通りのこんな華やかならざる恰好でのライディングだったが、今夜はこれでまったく寒くなかった。
気温自体がここ数日では一番高かったせいもあるけれど、感覚的には手が冷たくならなかった事か大きい。
効くわ、スキーグローブ^^。
全開で走っても、手に隙間風が入ってくる感じは皆無。
ヒーターみたいに発熱するわけではないから「温かい」と言ったら嘘になるけれど、でも冷え方が今までとは相当違う。
手元が冷たくならない分、温かいと思っていたソルジャーブルゾンの胸元が少し寒く感じた。
こんなのは初めてだ。
よし、当分これでいこう。

あぁ、なんか奥多摩あたりに冬道ツーリング行きたくなっちゃったな。
次のオフ日は、14日かぁ。
今日みたいな暖かい晴天だったら、絶対行こっと^^。
この記事へのコメント
胸元の冷え感に勝ったのならバッチリですね!
覚えておこ^^
Posted by しろやぎ@同系統 at 2013年02月02日 07:54
少なくとも、60km/hそこそこの原付領域では、グローブ内部への冷気侵入は無かったです。
ただ、手の平へのフィット感はイマイチなので、操作性にはやや難ありです。
このあたりは、バイク専用冬手袋の方が上なのでしょう。
お値段も、ぐっと上でしょうがw。
Posted by REI@K@同系統 at 2013年02月02日 12:09
私は、ハンドルカバーがついていれば夏グローブでも大丈夫という事実に気付いてしまいました…
Posted by mucchi at 2013年02月04日 14:47
ハンドルカバー、以前カブにも使ってみましたけど、私ダメなんですわ;;;。
手元が見えないと、怖くて(>_<)。
Posted by REI at 2013年02月04日 22:16
私もハンドルカバーあまり好きじゃないんですが、今使っているのはスイッチ回りもろともハンドルカバーの中に入ってしまう方式の物なので、操作そのものに違和感がない(しかし見えない)のです。
スイッチが見えないとなぜかウインカーを戻し忘れやすいのが困り物です。

それにしても、風防+ハンドルカバー+レッグカバー(通称おこた)の組み合わせは強力だ…
Posted by mucchi at 2013年02月09日 00:07
変な話なのですが…以前カブにハンドルカバーを付けて走り始めた時、数分後からずうっとおかしなイメージが頭から離れなくなりました。
それは、両手をハンドルカバーに突っ込んだまま抜く事が出来ず、何かの拍子にコケて左肩から地面に激突するというもの…。
違和感と言うより、恐怖に近いイメージ。
幼い頃にそういう類のトラウマになるような事あったのかなぁ?
そんなわけで、もう二度と試したくないんですw。

おこたも、怖そうw。
Posted by REI at 2013年02月09日 01:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。