2012年12月07日

キックの鬼

昨日の夕方、久しぶりにコヤマ君TL125のエンジンをかけてやろうと思った。
8月8日に実家から戻ってきて以来もう4ヶ月もノータッチだったから、いくらバッテリーレスで、いくらキャブOHしたばかりでも、エンジンかかんなくなっちゃったらマズイからね。

久しぶりにバイクカバーを剥がす。
Check20121206-160216.JPG
うん、スポークとかに錆びは少し戻ってきてるけど、特に汚れが溜まったりはしてないな。
Check20121206-160435.JPGCheck20121206-160454.JPG
相変わらず手付かずで放置されたままのフロントフォークは痛々しいけどね;;;。
Check20121206-160517.JPGCheck20121206-160507.JPG
来年の春までには絶対に直すぞ!
…って、当たり前だw。

さてと、エンジンかけてみよっと^^。
キーoFFのまま空キックを10回ほどしてから、キーON。
キャブのチョークレバーをいっぱいに上げて、キ〜ック!
…。
あら、うんともすんとも言わないわ;。
キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!
…。
見事にかかりませんw。
もうこうなるとあとはひたすら蹴り続けるのみ。
キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!
キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!
…。
キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!
キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!
キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!
…。
いやぁ、蹴りましたわぁ。
15分以上はやったよなぁ。
こんなの初めと思うくらい、蹴りまくり。
寒いのに汗だく;;;;;;;;;。
右足、攣りかけ;;;;;;;;;。
このままかからないんじゃないかと、不安になってきた;;;;;;;;;。

でも、軽い初爆がプスッと1発来た時って、やたら感動するものなんだね^^。
♪キ〜ック、キ〜ック、キックの鬼〜だ〜♪ってか。
どうにかかかったよ、よかった(^-^)。

オイルが行き渡って、暖まってきたら、今度はなんかやたら快調な様子。

赤タフどんCG125よりもイイくらいじゃん^^。
この冬は、せめて半月に1度くらいはエンジンかけてやらなきゃ。
コヤマ君だけじゃなくて、他の連中もね。
posted by REI at 15:55| Comment(2) | TL125−整備一喜一憂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。
キャブレターから吹いたガソリンを圧縮して燃やすだけなのに、
うっちゃっとくとグズる。機械なのに不思議ですねえ。
Posted by mucchi at 2012年12月07日 23:45
バッテリーレスなんで安心してたら、あんまりなかなかかからないので、今回はかなり焦りました;;;。
やっぱり寒くなったらマメにチェックしてやらないとダメですね。
特に旧車は。
Posted by REI@K at 2012年12月08日 14:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。