2012年10月11日

青カブ君のバルブクリアランス調整@29752km

久々連オフ2日目。
午前中けっこう雲がでいたのでバイク遠足を自重したのだが、昼前からなんかキレイな青空が広がりやがったよ。
ValveClearanceAdjust@29752km20121011-PICT0003.JPG
なんだバカヤロー!
まったく、女心と秋の空、だ。
女のバカヤロー!

そして寂しい中年男は、独りでゴソゴソと始めたのだ。
カブのタペット調整を。
積算走行距離19752km。
ValveClearanceAdjust@29752km20121011-PICT0002.JPG
4年前にやってから1.2万kmくらい走って、さすがに最近ちょっとカチカチ言う。
こういう作業にはうってつけの天気と気温だから、この機会に勢いでやっちゃおうw。

まずは、レッグシールドを外す。
ValveClearanceAdjust@29752km20121011-PICT0010.JPG
オーバーホールして以来のキャブ周りだが、キレイなままなのが嬉しい^^。
エンジンは、以前のガソリン滲みのせいで茶色いけどさ;。

スパークプラグを外す。
ValveClearanceAdjust@29752km20121011-PICT0019.JPGValveClearanceAdjust@29752km20121011-PICT0021.JPG
0.1トンのオッサンを乗せて常時過積載状態だから、どうしても黒くなっちゃう。
ま、まだ使えるわな。

左クランクケースカバーを外し、フライホイールのTマークとクランクケース側の切り欠きとを一致させて固定する。
ValveClearanceAdjust@29752km20121011-PICT0016.JPGValveClearanceAdjust@29752km20121011-PICT0030.JPG
今回は古歯ブラシ君が頑張ってくれたよ、ありがとう^^。

そして、17mmのレンチでタペットアジャスティングホールキャップを外す。
ValveClearanceAdjust@29752km20121011-PICT0011.JPG
あとは、タペット調整。
ValveClearanceAdjust@29752km20121011-PICT0027.JPG
カブのバルブクリアランス規定値は0.05mm±0.02mmなのだが、今回はシックネスゲージを使わずに調整してみた。
というのも、ここまで古いエンジンだと色んな所が色んな風に摩耗しているから、シックネスゲージを使ったからといって正確な計測ができるとは限らないからだ。
それに、私のようなシロウトでは、こんな狭い所でゲージを正確に使うのはとても難しいという事を、以前の作業で痛感したから。
で、思い切って、目分量、いや指先分量にトライ。
ロッカーアームの端を指先でつまんで、軽く揺すってほんのかすかにカタつきを感じる程度に調整して、固定。
インもアウトも、冷間ゼロではないけれど、0.01〜0.07の間のどこかには入るであろう。
要するに、イヤな感じのカチカチ音が消えて、そこそこスムーズに走れぱ、私としてはいいのだ。
バカボンのパパなのだ。
だから、この記事を読んでいる貴方は、絶対に真似しないでください。

そんなわけで、こんな音になりました。

これでいいのか?
いいとしておこう。
いいと思うのだ。
いいと思う故にいい在り。
だから、これでいいのだ。
この記事へのコメント
ムービーの音を聴く限りではよさげですネ!
CGを降りて以来久しくタペットの調整をしてませんが、
当時はアジャスターボルトを新品に交換する勢いでした。
CGは追い込んでいくと本当に静かになりました…CBTはチェーンがあるからうるさいですが。

ちなみに私は規定の中心値ドンズバで合わせてすこし音を出す派です。

いろんな流派があって面白いですね(笑)
Posted by mucchi at 2012年10月11日 22:11
まだ走ってないんで、今回の調整が上手くいったか否かは断言できないんですが、アイドリングに関する限り、以前chanchさんが言ってた「足踏みミシンの音」に戻ってるように感じます。
やっぱり1万キロくらいでタペット調整はした方がイイみたいですね。

CGの音も、悩ましいです^^。
今は実家で寝てますが、この秋の間にタペット調整やるつもりです。

あ、ちびT、ヤワと入れ替えかと思ったら、復活に向かったみたいで、なんか安心しました^^。
Posted by REI at 2012年10月12日 00:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。