2012年07月04日

青カブ君のキャブ分解整備@28526km

17時頃、仕事より帰宅。
暑いけれど晴れているので、勢いで青カブ君のキャブOH取りかかった。

積算走行距離28526km。
CarburetorOverhaul@28526km20120704-171847.JPG
青カブ君がウチに来た時、積算距離計は1555kmという信じ難い数値を表示していた。
それを信じようと信じまいと、私が乗るようになってから2.7万km走ったのはたしかだ。
そして、キャブレターOHはまだ。
やってみて損はないだろう。

マフラー交換とそれに伴うメインジェット交換調整の間に、すっかり茶色く汚れてしまったキャブレター。
CarburetorOverhaul@28526km20120704-172241.JPG

エアクリチューブバンドを外し、インテークマニホールドとの間の2本のボルトを抜き、キャブトップを外せば、キャブ本体は外れる。
CarburetorOverhaul@28526km20120704-175156.JPGCarburetorOverhaul@28526km20120704-175353.JPG

どこから見ても茶色いわ;;;。
CarburetorOverhaul@28526km20120704-175458.JPGCarburetorOverhaul@28526km20120704-175428.JPGCarburetorOverhaul@28526km20120704-175415.JPGCarburetorOverhaul@28526km20120704-175508.JPG

さぁ、分解。
CarburetorOverhaul@28526km20120704-181225.JPG
キャブレター内部は、外側ほど汚れていないのは喜ばしい^^。
CarburetorOverhaul@28526km20120704-181306.JPGCarburetorOverhaul@28526km20120704-181246.JPG

では、先だってのTL125コヤマ君のキャブ清掃同様、ヤマハのクリーナーで清掃。
CarburetorOverhaul@28526km20120704-182304.JPGCarburetorOverhaul@28526km20120704-182314.JPG
繰り返しになるけれど、ほんと良く落ちるわ、コレ^^。
汚れのひどい所は、歯ブラシでゴシゴシ。
穴という穴を、爪楊枝や待ち針や竹串やクリーナーやエアスプレーで、徹底清掃。
最後はパーツクリーナーで汚れを流し落とす。

本体、ヨシ!
CarburetorOverhaul@28526km20120704-215333.JPGCarburetorOverhaul@28526km20120704-215353.JPGCarburetorOverhaul@28526km20120704-215509.JPG
チョークレバーの所は分解せずにクリーニングしたのだけれと、ちょいと色々やり過ぎて、チョーク弁の細いバネが外れてしまい、戻すのにかなり苦労。
CarburetorOverhaul@28526km20120704-215533.JPG
機能的には問題無いだろうけど、金具部分にキズが付いちゃったわ^^;。

スロットルバルブ、ジェットニードル、ニードルジェット、ニードルジェットホルダー、
スロージェット、メインジェット、いずれも入念にクリーニング。
CarburetorOverhaul@28526km20120704-215913.JPG

フロート周りも、問題無し。
CarburetorOverhaul@28526km20120704-220748.JPGCarburetorOverhaul@28526km20120704-220852.JPG

では、組み付けていこう。
CarburetorOverhaul@28526km20120704-221216.JPG

お釜周りのパッキン類は、フュエルフィルターも含めて、全交換して組み付け。
CarburetorOverhaul@28526km20120704-221624.JPGCarburetorOverhaul@28526km20120704-222829.JPGCarburetorOverhaul@28526km20120704-225542.JPG

キレイになって読み易くなった刻印。
CarburetorOverhaul@28526km20120704-225828.JPG
組んでて気づいた事がある。
C70cのキャブレターはPB62Aで、べンチュリー径Φ15相当。
C90cのキャブはPB58Aで、ベンチュリー径Φ16相当。
良く分かんないけど、エンジン側出口の径も違うのではないだろうか?
それなのに、キャブとエンジンのインテークマニホールドとの間に挟まれた樹脂製インシュレーターは、C70cもC90cも同一。
だから、キャブ出口とインシュレーターとにはこんな段差がある。
CarburetorOverhaul@28526km20120704-230014.JPGCarburetorOverhaul@28526km20120704-225933.JPG
シロート考えでも、削ってツライチにした方が良さそうな所だよね、ココ。
でも、しない…というかできない(笑)。
CarburetorOverhaul@28526km20120704-225850.JPG
だからそのまま組んじゃうぜぇ。
ワイルドだろぉ。

ま、そんなこんなで、キレイになりました^^。
CarburetorOverhaul@28526km20120704-230124.JPGCarburetorOverhaul@28526km20120704-230147.JPG

青カブ君本体への取り付けは、明日やります。
上手くいきますように(-人-)。

あ、そだ。
今回の作業で、ニードルジェットを押し抜くのに、ずいぶん前にダイソーで何の気なく買った105円のポンチが役に立った。
CarburetorOverhaul@28526km20120704-231204.JPG
まことダイソーはディズニーランドより偉大なり。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。