2011年12月04日

青カブ君のフロントタイヤ交換@28351km

日曜オフ日。
よし、昨日ほどは寒くないぞ。
何より晴天なのがありがたい^^。
よっしゃ、青カブ君のタイヤ交換やっちゃおう。

まずはフロントから。

積算走行距離28351km。
FrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-123839.JPG

今まで履いてきた“Vietnam YOKOHAMA/SPEEDLINE 500”は、2009年4月29日20571km時に装着した物。
約2年7ヶ月7780km走って、トレッド面はこんな具合。
FrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-125215.JPG
イイ感じの減り方^^。
いやぁ、8000km弱もったねぇ、大したもんだ。
以前履いていた“SPEEDLINE 400”では、4000km足らずでサイドウォールに細かいヒビが出てきたけれど、“500”ではそれは無し。
FrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-125337.JPG
この違いは、“400”と“500”の差なのか、あるいは「カイゼン」の成果なのかは分からない。
いずれにせよ、“SPEEDLINE 500”は、私が今まで青カブ君に履かせてきたタイヤのうち最も気に入った物だったと断言しておく。

…だったら、素直にまた“500”使えばいいのにね;;;。
ま、アレだよ、アレw。

さて、ホイールとタイヤを分離。
FrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-130134.JPG
リム内側の錆は、以前と同じく、大きな物が2ヶ所。
FrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-130207.JPGFrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-130220.JPG
例によってスチールや真鍮のブラシとCRC5-56で、赤錆をできる限り落とす。
そして、パーツクリーナーで患部を脱脂した後、今回は錆止めを吹いてみた。
FrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-005335.JPG
モノタロウから取り寄せた「トラスコ中山/αアエンコートスプレー」。
旧デザイン缶のためか1本889円。
FrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-133812.JPGFrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-133011.JPG
さぁ、どのくらい防錆効果があるのかな?
また次のタイヤ交換のお楽しみだ^^。

亜鉛スプレーが乾くまで、しばしコーヒー休憩。

そして、いよいよ“SPEEDLINE 300”の装着作業。
“400”より“500”は装着が大変だった。
でも今回は“300”だから、少しラクなんじゃないかな、なんてタカをくくっていた。
ところが!
やっぱり硬いわ^^;。
“500”ほどではなかったけれど、“400”と同じくらい難航。
ようやく入ったけど、大丈夫だよな…。
チューブに穴開いてないよな…。
FrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-145715.JPG
明日、パンクしていない事を祈ろう(-人-)。

あ、そだ。
今回初めて、今までの物より長くて先端の幅広いタイヤレバーを使ってみた。
FrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-145758.JPG
これ、タイヤ外しには有効だったけれど、タイヤをはめ込むのにはかえって使い難くて、結局今までの黒いヤツを使った。
道具の使い分けってのも、円滑な作業には大切なもんだね。

さて、なんとかタイヤ交換の終わったところで、あとはブレーキ周りの作業。
FrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-145954.JPG
ブレーキシューは、当面、今使っている“ALBA”が販売している台湾製を使い続ける事にしたので、今日は清掃とグリースアップだ。
ブレーキパネルを分解して、パーツクリーナーやら古歯ブラシやらで掃除。
FrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-152027.JPG
先日のフロントサス交換の際にザッと掃除してあったから、今日は楽勝^^。
そして、組み付けには、これまたモノタロウから取り寄せた「ダイゾーニチモリ/ブレーキグリース」というのを初めて使ってみた。
FrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-152113.JPG
見た目は普通のモリブデングリースと同じ黒いペーストなんだけど、こっちの方がベタベタ感が強い。
「粘度が高い」って言うんだろうね。
そして、たぶん高温時にも溶けたり流れ出したりし難いんだと思われる。
そんな新グリースを要所要所に適度に塗布して、これまたパーツクリーナーで入念にクリーニングと脱脂をしたブレーキシューと組み合わせる。
FrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-154638.JPG
ほい、また2年ぐらい、頑張ってくれよ^^。

あとは元通りにして、作業終了。
FrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-160532.JPG
残念ながら、今日のタイヤ交換はフロントだけで終わっておこう。
リアタイヤは、スプロケット交換などと共に、また後日。
この記事へのコメント
やっぱり堅かったんですね(笑)
はめるのに苦労した記憶があります。
Posted by mucchi at 2011年12月05日 22:29
硬かったです;;;;。
ベトナムのヨコハマはん、数字がちごても、なめてかかったらあきまへんわ。
Posted by REI at 2011年12月05日 23:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。