2011年01月27日

青カブ君がGIVIを背負う

木曜オフ日。
薄曇りで肌寒いが、幸いにして風が無いので、屋外作業もさほど辛くは無さそう。
さぁ、青カブ君のリアキャリアにGIVIケースを取り付ける作業にかかろう。

まずは、リアボディー上面への、自作のゴム緩衝材の貼り付け作業。
GIVICaseSouchaku2011_0127_143919.jpg
貼り付け位置は、色々検討した結果、リアキャリア直前の場所になった。
GIVICaseSouchaku2011_0127_144332.jpg
そして、キャリアにベースを取り付ける。
GIVICaseSouchaku2011_0127_151929.jpg
取り付けてて初めて知ったけれど、中古で購入したベースだから、取り付け用のボルトがプラス頭とヘキサゴンと2本ずつだった。
ま、実用上は問題あるまい^^。
緩衝材とベースとの関係は、こう。
GIVICaseSouchaku2011_0127_152005.jpg
うん、これなら、少なくとも無意味では無さそうだw。
そして、ベース固定金具を本締めし、カバーを小ビス2本で留めて、ベース設置作業完了。
GIVICaseSouchaku2011_0127_152434.jpg

これからは、樹脂製キャリアのみのこんな形で走る事も多いだろうな。
GIVICaseSouchaku2011_0127_152616.jpgGIVICaseSouchaku2011_0127_152530.jpg
なんかスッキリ〜♪。

新しい66cmWシート後端と、GIVIベース前端との位置関係は、こんな具合。
GIVICaseSouchaku2011_0127_152639.jpg
ピッチリではなく、少し隙間がある。

だが、“GIVI/E20N”を付けると、こんな感じ。
GIVICaseSouchaku2011_0127_152837.jpgGIVICaseSouchaku2011_0127_152831.jpgGIVICaseSouchaku2011_0127_152802.jpg
給油等の為にシートを跳ね上げるには、これがギリギリなのだ。

かくして、“E20N”装着時は、こんな感じ。
GIVICaseSouchaku2011_0127_152742.jpgGIVICaseSouchaku2011_0127_152912.jpg

“E260N”装着時は、こう。
GIVICaseSouchaku2011_0127_153110.jpgGIVICaseSouchaku2011_0127_153233.jpg

今までの「バスケットスペシャル仕様」と見比べると…。
SampoOkutamaBurabura2011_0115_153947.jpg

う〜ん、やっぱりリアオーバーハングは、少し大きくなっちゃったかな;;;。
ま、我がゴムダンパーたちの活躍に期待しようw。

積算走行距離25203km
GIVICaseSouchaku2011_0127_153626.jpg
新しい黒/青66cmWシートとGIVIケースを付けた2011年仕様の青カブ君、スタートだ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。