2010年11月04日

‘1/8回転戻し調整’の敢行@19540km

こないだCG125赤タフどんのバルブクリアランス調整をしたのだが、やっぱりタペット音がどうしても気になる。
完全に消えるとも思わないし、完全に消えたらそれはそれでマズイのも知っている。
でも、このカチカチ音はやっぱりデカ過ぎるよ;;;。

で、この際、思い切って、アレをやってみる事にした。

‘1/8回転戻し調整’。

シックネスゲージを使わずに、タペットアジャスティングスクリューを1/8回転戻す事で、バルブクリアランスを決めてしまうやり方だ。
これなら、ロッカーアームを指でつまんで軽く上下にゆするとかすかにカチカチ言うくらいの隙間はできる。
が、それが数値的にいくつになるかについて明示した資料は無い。
そう、これはいわば‘民間療法’なのだ。
メーカー推奨の方法などでは、まったく無い。
しかしまた、論理的には明快かつ説得力がある…。

+++++
タペット調整とは、タペットアジャストスクリューエンドとバルブエンドの隙間を、適切な間隔に調整する事である。
この時、アジャストスクリューとバルブエンドがまったく同一の太さでズレも凹凸も無い平面のまま磨耗しているならば、その隙間の調整はシックネスゲージでできる。
けれど、実際にはバルブエンドの方が太いため、スクリューとの接触を繰り返すうちに凹状に磨耗してくる。
このため、シックネスゲージを使った調整では、バルブエンドが凹磨耗した分、アジャストスクリューエンドとの間隔を大きくとってしまう事になるのだ。
この‘凹分の隙間の付加’を回避するには、バルブエンド凹部の底とスクリューとが実際に接している状態から出発した調整法が必要となる。
そのひとつが、‘1/8回転戻し’なのだ。
まずメガネレンチでアジャストスクリューのロックナットを緩め、指先でアジャストスクリューをバルブエンドと接するまで締める。
そして、そこからアジャストスクリューを1/8回転戻し、バルブエンドとアジャストスクリューエンドにわずかな隙間を残したまま、丁寧にロックナットを締める。
1回で上手くいくか否かは作業者の技量と経験によるが、この調整法によってタペット音が改善した話はしばしば耳にする。
+++++

これらを理解した上で、エンジンが壊れても惜しくない人だけが、完全無欠の自己責任のもとに行なうべき方法だろう。

平日オフ日の今日、午前中に作業。

そして、昼前からR407〜R122〜R407〜R140〜R299といった感じで、バイパス系を230kmほどテストラン。
101104-1.jpg101104-2.jpg101104-3.jpg
さて、結果は…。

これがだな、予想以上の改善が見られたぞよv(^-^)。

カチカチ音はまだ残っているけれど、我慢できる程度にまで小さくなった。
そして、エンジンの回り方が、下から上までずっとスムーズになった。
現実的安全確保の為の80km/h巡航でも、エンジンにストレスを感じない。
実に滑らか。
以前、C70c青カブ君のタペット調整を初めてやった時、エンジンフィールの改善ぶりに驚かされたが、あの感じを思い出した。
CG125のエンジンって、こんなに軽やかに回るんだなぁ。
耐久性重視のOHVとはいえ、なるほどホンダのエンジンだわ^^。

そんな感覚的変化以上に、次の数値が今回の調整の‘成功’を示しているのかもしれない。
燃費44.08km/l。
うわぉっ!
こんなデーター、いつ以来だろう。
今回は山道を走っていないせいもあるだろうけれど、それにしたって素晴らしい^^。

いわば‘目分量’的なこの調整法が、どのくらい恒常的な成功をもたらすものなのか、私には分からない。
しかし、少なくとも今日、この寒めの気温の中での‘1/8回転戻し’は、間違いなく「うまくいった」と言える。
バンザーイ\(^O^)/。

よし、これで赤タフどんも紅葉狩りスタンバイ完了だぞ^^。
この記事へのコメント
岐阜から下記のカブミーティングにとりあえず参加しようと思います。

「第14回カフェカブミーティングin青山」について (2010年10月29日更新)

催事主催 Hondaウエルカムプラザ青山

催事企画 カフェカブ運営事務局

開催期日 2010年11月7日(日) 雨天決行

開催場所 Hondaウエルカムプラザ青山 (東京都港区青山2−1−1)
       サテライト〜1Fショールーム〜2Fロビー

参加条件 カブユーザーの自走参加を原則とします。
       自走参加以外のカブ&ホンダファンも大歓迎です。
       *今年はスポーツカブ発売50周年に因みまして、C110からベンリースポーツまで広く参加を受け入れます。
       注意:公序良俗に反する違法改造車両と赤い郵政カブはご参加を自粛してください。

参加費用 無料

参加特典 フリードリンクサービスと参加記念特製ピンズのプレゼント。
       (車両と共にご参加された方に限ります)

催事内容
       09:00 開会。
             参加受付けを開始。(スタッフの誘導に従ってください)
             フリードリンクサ−ビス&サテライトカフェを開始。
             カフェカブコンテスト人気投票を開始。
       10:00 2Fロビーを休憩エリアとして参加者に開放。(ここでの飲食はできません)
       11:00 参加受付けを終了。
       12:00 カフェカブコンテスト人気投票を終了。
       13:00 1Fショールーム・ステージにてバイクフォーラムを開始。
             今回のテーマは「カブのデザイン概論」についてです。
             詳細はこちらをご参照ください。
       14:20 バイクフォーラムを終了。
       14:30 カフェカブコンテスト表彰式を開始。
             (主催事務局選出の特別賞、最遠来賞、最年長賞、レディース賞、ベストタンデム賞、働くカブで賞、
                                ゲスト賞、協賛企業各賞、他。自薦他薦による人気投票:6位〜1位。)
       15:30 カフェカブコンテスト表彰式を終了。
             参加記念品をプレゼント。
             閉会。

Posted by C70C at 2010年11月05日 23:13
カフェカブですね^^。
この土日は天気も良さそうですから、良かった。
楽しんできてください^^。
Posted by REI at 2010年11月05日 23:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。